378件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

喜多方市議会 2019-06-20 令和元年第5回定例会(7日目) 本文 開催日:2019年06月20日

その議論については、引き上げる2%の使い道や本当に財政的に上げざるを得ない状況なのかということについて、国民的議論の中で国会与党により本当に時間をかけて行われてきたかと思います。かつて、仕分け作業などにより、歳出削減についての圧縮を試みてまいりましたが、思うような成果は見られないというのが現実であります。  

喜多方市議会 2019-06-12 令和元年第5回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年06月12日

その一方で、政府与党内では、5月20日に景気回復基調の証明だと受けとめが広がったとの報道が専らで、茂木経済再生担当大臣に至っては、内需の増加傾向は崩れてはいないとして、「10月の消費税10%への引き上げは変わっていない」などと述べ、環境整備を進める方針だと言われております。

福島市議会 2019-06-10 令和 元年 6月定例会議−06月10日-04号

2014年には、公費を1兆円投入し、協会けんぽ並みの負担率にすることを政府与党に求めています。  現在の国民健康保険制度が抱える課題について市の見解を伺います。 ◎市民文化スポーツ部長(横田博昭) 議長市民文化スポーツ部長。 ○議長(半沢正典) 市民文化スポーツ部長。 ◎市民文化スポーツ部長(横田博昭) お答えいたします。  

福島市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会議−12月11日-04号

そしてさらに、昨日閉会した臨時国会では、日欧EPAの承認案が政府与党などにより承認をされてしまいました。日欧EPAのGDPは世界のGDPの約28%、TPP11が約13%と、巨大な経済圏での自由化がどんどん進められようとしています。  その上、政府は、やらないと言ってきたFTAをやることにしてしまったため、日米物品貿易協定、TAGなどという名称をつけてごまかそうとしています。

会津若松市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−代表質問−02号

これは、与党野党とは違うわけです。保守の心髄というのは、民度の成熟を待つというスタンスだと思うのです。革新の意義というのは、物事を根源的に問うということにその存在意義があったわけです。そういう点でいうと、部長制のもとに市長の行政運営というのは民度の成熟を待つという覚悟が市長に必要だと思います。

会津若松市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会-09月13日−総括質疑−05号

議員の資質の問題として、私は最初から与党だというような証明をしている人たちは十分な論議もしていないと、そういうふうな……                〔「そんなこと聞いていないでしょう」と呼ぶ者あり〕 ○議長(目黒章三郎) 阿部議員……                〔「聞いたことだけ……」と呼ぶ者あり〕 ○議長(目黒章三郎) 鈴木 陽議員

福島市議会 2018-06-08 平成30年 6月定例会議-06月08日-03号

定例会議にも請願も上がっておりますけれども、主要農作物種子法は稲、麦、大豆の種子生産、普及を国が責任を持って都道府県義務づけてきましたが、昨年の通常国会与党が農家や消費者研究者などの反対の声を押し切って廃止を強行しました。しかし、批判の広がりに国も都道府県の関与を残すと言わざるを得ませんでした。  種子は農業食糧生産の基盤であり、国民共有財産です。

福島市議会 2018-03-09 平成30年 3月定例会議-03月09日-04号

こうした中で、自民、公明が合意した2018年度与党税制改正大綱と、政府国会に提出した2017年度補正予算、2018年度予算案には人づくり革命や生産性革命が多く盛り込まれております。  税制改正では、所得税改革は働き方が多様になった時代の変化に合わせて、会社員に有利な仕組みを見直す狙いがあるそうでございます。

喜多方市議会 2018-03-05 平成30年第3回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年03月05日

しかしながら、その後どのような事情があったかは推しはかることはできませんけれども、舌の根も乾かないうちに公認候補を取り消し、白紙に戻し、現内堀知事に相乗りをし、ちゃっかりと県政与党におさまりました。  このことは、自民党、そして市長として節操がないし、ある意味で政治的活動、政治的な混乱を醸し出す大きな要因の一つではなかったのかと考えております。  

会津若松市議会 2017-12-18 平成29年  総務委員会-12月18日−06号

そうすると、要は本会議に行けばいわゆる与党が3分の2以上を占めている、あるいは今回の衆議院選挙で言えばいわゆる改憲派と呼ばれる者を含めると8割を超えるというような状況において、憲法審査会で審議をすること、あるいは特に安倍さんがおっしゃった憲法第9条第3項加憲を審議するということについては極めて危険性が高いと。したがって、審査会での審議もしないでいただきたいということがあります。  

須賀川市議会 2017-12-08 平成29年 12月 総務常任委員会−12月08日-01号

その後の経過を見ますと、総選挙が終わって、今の政府与党のいろんな状況の中で、私は日本共産党に所属する市議会議員でもありますから、国の野党の皆さん方の動きを見ると、やはり野党では統一して、この俗に言う共謀罪、改正組織犯罪処罰法については廃止を求めるということで、野党でも国の今の政府に対してその申出等も行っているようなので、私は、これ意見は分かれるところだとは思うんですが、やはりそういった国民の声というか

白河市議会 2017-09-25 平成29年  9月 定例会-09月25日−03号

そもそも介護保険法は、20年前の1997年(平成9年)12月に政府与党などの賛成で可決成立し、2000年(平成10年)4月から制度がスタートしております。  介護保険介護社会化を求める世論を背景にしながらも、開始された当時の自民党政府による社会保障構造改革のもとで高齢者福祉医療費の削減、介護市場化、営利化を目的に創設がされました。  

福島市議会 2017-09-22 平成29年 9月定例会議-09月22日-06号

このような中、政府与党は、「平成29年度税制改正大綱」において、「市町村主体となって実施する森林整備等に必要な財源を充てるため、個人住民税均等割の枠組みの活用を含め都市地方を通じて国民に等しく負担を求めることを基本とする森林環境税(仮称)の創設に向けて、地方公共団体の意見も踏まえながら、具体的な仕組み等について総合的に検討し、平成30年度税制改正において結論を得る」との方針を示したところである

郡山市議会 2017-09-19 郡山市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月19日−06号

このような中、政府与党は、平成29年度税制改正大綱において、市町村主体となって実施する森林整備等に必要な財源に充てるため、個人住民税均等割の枠組みの活用を含め、都市地方を通じて国民に等しく負担を求めることを基本とする森林環境税(仮称)の創設に向けて、地方公共団体の意見を踏まえながら、具体的な仕組み等について総合的に検討し、平成30年度税制改正において結論を得るとの方針を示したところであります。

白河市議会 2017-09-15 平成29年  9月 定例会-09月15日−01号

さらに、与党から補正予算の必要性について言及する言動もあることから、今後、迅速な情報収集に努め、的確な対応をしてまいる考えであります。  次に、国民健康保険制度について申し上げます。  国民健康保険は、産業構造の変化による加入者の変遷や、高齢化に伴う医療費等の増大で、慢性的な赤字を抱えている市町村が増加するなど、さまざまな課題を抱えております。  

会津若松市議会 2017-06-19 平成29年  総務委員会-06月19日−03号

◆斎藤基雄委員 今回の配偶者控除、それから配偶者特別控除で、今小倉委員の質疑に対してのお答えで、雇用所得の増につながるという見方というのは、それは早計なのではないのかなというふうに、今の質疑があったから伺うのですけれども、就業調整を考えなくても済むようにと確かに与党税制調査会は言ったかもしれないけれども、就業調整しなくても済むようにという考え方の根底は配偶者控除、配偶者特別控除だけでは要件としてはないわけですよね

須賀川市議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会−06月15日-05号

今回の政府与党による議会制民主主義を根底から破壊する前代未聞の暴挙に、須賀川の議場からも抗議を表明し、私たちは日本民主主義を求め、更に活動を進めていくことを述べさせていただき、では、質問に移らせていただきます。  今回の通告にあります4項目につきましては、幾つかは既に同様の質問がされていることもありますが、私の視点からの質問となりますので、当局の答弁方、よろしくお願い申し上げます。