78件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会議-03月09日-03号

私昔不動産をやっておったときに、小学生の子供さんを持つ親さんらがわざわざ福島に転居してまいりました。理由を聞くと、福島は高校もいいし、大学もあると、将来のことを考えて移住してきたと、あのとき旦那さんがそうおっしゃったのですが、ああ、これが孟母三遷の教えかなと感じたところであります。要するに福島高等教育が充実しております。  

塙町議会 2019-06-13 06月13日-02号

こういう物件がありますよという一種の空き家不動産、それを公的にやっていると、不動産みたいなことをやっているというふうに理解されたほうがよろしいのかなと。それを今度はリフォームする、あるいはそれを取得する、そういった場合には補助があるということでご理解いただければというふうに思います。 空き家バンクにつきましては、まち振興課のほうで所管しております。 ○議長大縄武夫君) まち振興課長

本宮市議会 2019-03-13 03月13日-03号

私も不動産、得意でありませんので、その辺の知識をいただきながら、これは進めていかなければならないというふうに思っておりますので、今後とも、この辺のきょうの定住促進、このことにつきましては、議論を重ねていただければというふうに思っております。 トータルでの答弁ということで、お聞きいただければと思います。 ○議長渡辺由紀雄君) 渡辺議員、よろしいですか。質問ないですか、市長に。

福島市議会 2018-09-20 平成30年9月20日決算特別委員会総務分科会-09月20日-01号

次に、法人市民税につきましては、震災復興需要の収束や燃料価格の上昇などにより、建設業不動産、電気ガス供給業が低調となったことなどを要因に、対前年度4億3,000万円余の減となっております。個人、法人を合わせました市民税合計の前年度との比較では1億7,000万円余、約0.9%の減となっております。  

須賀川市議会 2018-09-07 平成30年  9月 建設水道常任委員会−09月07日-01号

また、不動産の役割はあるか。若者等定住地域コミュニティ事業などで活性化は図られているか。空き家対策をしていて、先進的と思われる点はどのような点になっているか。  以上です。よろしいでしょうか。 ○委員長関根保良) ありがとうございます。  ただいま皆様から出されました質問事項等について、事務局のほうから発表させていただきました。  

須賀川市議会 2018-06-18 平成30年  6月 生活産業常任委員会-06月18日-01号

恐らくこれ、今ニーズがあるのは、県外ではなくて、ほとんど県内であって、各11社ですか、ヒアリングをされたところ、市として独自に例えば土壌補修修復を行っていく必要性とか、各不動産であったり、建設業との関係性から、個別に対応する必要があるんではないかとか、いろんな意見があるんですけれども、こうした様々な意見がある中で、スケジュールについては変えていくという考え方はないのか。

郡山市議会 2018-02-28 02月28日-02号

このような状況を真剣に憂う不動産宅地建物取引業事業者420社中50社でNPО法人「こおりやま空家バンク」を平成29年1月12日に設立しており、空家バンクでは地域住民生命財産、身体を保護し、安全・安心なまちづくりに寄与したいとその目的をうたっております。行政と一体となって空き家発生防止、解消、流通活用等などを進めたいとして平成29年3月22日に本市と協定書を締結しております。 

会津若松市議会 2017-12-14 12月14日-総括質疑-05号

また、屋外広告物のデザインなどは屋外広告業者計画しておりますことから、屋外広告業団体との意見交換会、それから不動産業界団体との研修会にも参加させていただきまして、条例案を周知しまして意見等をいただいた経過がございます。 ○副議長清川雅史) 譲矢 隆議員。 ◆譲矢隆議員 ということは、一定程度利害関係者である方々とも意見を交換してきたということだと思います。 

本宮市議会 2017-12-08 12月08日-03号

産業部次長商工観光課長永田達也君) 問い合わせの内訳でございますけれども、進出を考えております企業からの直接の問い合わせというのはほとんどない状況でございまして、この問い合わせのほとんどが、仲介をされております金融機関不動産、あと建設会社リース会社からの問い合わせがほとんどという状況でございまして、進出企業名も匿名がほとんどという状況でございます。

伊達市議会 2017-12-07 12月07日-04号

住宅セーフティネット法もそうなのですけれども、高齢者住宅を貸さないという問題が一方においてありまして、まず100件問い合わせても1件か2件しかないという記事がありまして、逆に今度、高齢者だけを顧客にしている不動産全国でも幾つか出てきて、その代表がR65不動産ということらしいのですね。65歳以上という意味もある65だと思いますけれども。そういうところが積極的にやっていると。

平田村議会 2017-09-06 09月06日-01号

なお、この台帳が整備されましたら、賃貸可能な物件につきましては、宅建業協会、それから不動産協会等とタイアップをしまして、空き家情報流通システム等を構築しまして、空き家取引を推進してまいりたいというふうに考えております。 なお、空き家改修助成につきましても、今後、検討してまいりたいと思います。 以上であります。 ○議長上遠野健之助君) 8番。

棚倉町議会 2017-06-15 06月15日-03号

◆5番(佐藤喜一) 現在の空き家の数を考えますと、今後とも長期的に展望していかなくてはならないと思うところでございますが、現在、町内において宅建宅地建物取引業、いわゆる不動産を営業している業者については何件の業者があり、今後ともそういう業者組織をつくって持っていくという考えでございますが、業者の中には組織が2つありまして、後ほど述べたいと思いますが、その2つの業者に対してはどういう対応を持っていく

喜多方市議会 2016-09-06 平成28年第5回定例会(3日目) 本文 開催日:2016年09月06日

◯建設部長草野秀夫君) スムーズな空き家利活用ができるようにということと、あと利活用した後に、その方々定住できるような環境といいますか、情報提供のあり方ということがございますけれども、基本的に今回の空き家対策につきましては、答弁で申し上げましたとおり、不動産との連携が重要であるという話をさせていただきましたが、まず基本的に空き家提供側需要側、つまり空き家に住みたいという方がうまくマッチング