11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

福島市議会 2020-09-15 令和2年9月15日決算特別委員会文教福祉分科会−09月15日-01号

130番、三河学習センター整備事業費につきましては、施設整備検討委員会に関わる経費でありまして、翌年度繰越額6,558万円につきましては、事業用地購入について翌年度へ繰り越して行っているものでございます。  131番、渡利学習センター整備事業費2億1,926万円余につきましては、現在進めております新センター建築工事などでありまして、翌年度繰越額につきましては逓次繰越しをした額でございます。  

福島市議会 2020-06-09 令和2年6月9日文教福祉常任委員会-06月09日-01号

6項の社会教育費三河学習センター整備事業でございますが、新学習センター整備用地取得として6,558万円を翌年度に繰り越して事業を実施しているものでございまして、現在鋭意県と土地収用法に基づく事前協議、調整のほうを進め、早期の取得に向け進めているところでございます。  72ページをお開きいただきたいと思います。一番上であります。

福島市議会 2019-03-15 平成31年3月15日文教福祉常任委員会-03月15日-01号

5節社会教育債4,353万円の減額につきましては、平成30年度に予定しておりました三河学習センター整備事業に係る用地取得事業用地に係る境界確定のおくれから、平成31年度へスケジュール変更し、本補正予算用地取得費を減額補正することに伴いまして、社会教育施設整備債につきましても減額するものでございます。  

福島市議会 2018-09-19 平成30年9月19日決算特別委員会文教福祉分科会−09月19日-01号

129番、三河学習センター整備事業費745万738円は、三河台学習センターの再整備に係る地質調査業務委託料でございます。なお、翌年度繰越額の5,130万円につきましては、建物実施設計及び造成に係る設計業務でございますが、境界確定の問題から、事業費について平成30年度に繰り越しているものでございます。  

福島市議会 2018-06-14 平成30年6月14日文教福祉常任委員会-06月14日-01号

続きまして、6項社会教育費の上段、三河学習センター整備事業は、学習センター実施設計及び造成設計でございますが、平成30年3月の本委員会で説明しましたとおり、本事業用地境界確定請求に係り現在係争中のため、平成30年3月補正予算におきまして、事業用地取得に係る事業費を減額するとともに、本事業につきましても平成29年度内での事業完了が困難であるため、事業費全額5,130万円を平成30年度に繰り越し、繰越明許費

  • 1