運営者 Bitlet 姉妹サービス
1351件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月12日-05号 48カ所というのは私どもも少なかったと捉えており、この結果を受けまして、市といたしましては環境省に対し、市民の不安解消に向け丁寧なリスクコミュニケーションを行うよう強く要請したところでございます。 もっと読む
2018-12-11 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月11日-04号 事前の準備の一環としまして、当市のワクチン接種率、平時における感染症の発生状況、感染症指定医療機関等の現状整理を厚生労働省が示します2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けての感染症のリスク評価をもとに実施しておりまして、風疹、麻疹については注意すべき感染症と言えます。 もっと読む
2018-12-07 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月07日-02号 近年、台風や大雨による水害の多発、激甚化、さらには大規模な地震、火山噴火など、多様な災害のリスクが高まっています。  災害に強いまちづくりのためには、ハード、ソフトの両面からバランスのとれた強化が必要であると考えております。   もっと読む
2018-09-26 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月26日-08号 費用もかさんでおり、システム改修費573万円余、導入費1,320万円余、運用費400万円余と費用ばかりかかって市民のニーズが少ない、情報漏えい等大きなリスクを持つ個人番号制度はやめて、大事な税金を本当に必要な市民サービスへと切りかえて使うべきです。  以上の理由によって議案第103号平成29年度福島市各会計歳入歳出決算認定の件について反対をいたします。   もっと読む
2018-09-21 福島市議会 平成30年9月21日決算特別委員会全体会−09月21日-01号 指定管理期間である5年間においては、期間中の収入増により黒字となる一方、さまざまな要因で収支が計画どおりには執行できない場合には赤字となるリスクも抱えているのが現状でございます。しかしながら、適切な施設の管理運営及び安定的な運営を図るためには、指定管理者の円滑な業務の執行が必要と考えております。今後におきましても指定管理者との連携を密にし、収支状況の改善について協議を重ねてまいります。 もっと読む
2018-09-21 須賀川市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月21日−02号 ◎農政課長(角田良一) 集落営農と人・農地プランの関係ということで、まさしく委員おっしゃるように、個人担い手、大規模な方の経営リスクというのはあるというふうに考えてございます。  集落営農補助事業を助成しております団体、29年度の団体ですけれども、4団体ともプラン策定中ということでございます。1団体は平成27年に、うち1団体は策定してございます。   もっと読む
2018-09-13 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−総括質疑−05号 ◎観光商工部長(佐藤光一) 企業の撤退リスクということだと思いますけれども、これにつきましては先ほどもご答弁申し上げましたように、条例の中で5年以内に撤退した場合には指定の取り消し等の対応をするとともに、奨励金の返還、全部または一部返還ということになるわけですけれども、これについては最低でも5年間は事業を継続していただきたいという考えでこういう規定を設けさせていただいております。   もっと読む
2018-09-12 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月12日-05号 高齢者の転倒のリスク要因は、病気や老化から閉じこもりによる孤立など、社会生活の変化により認知機能や身体機能の低下、日常生活の意欲の低下が挙げられます。  これらの対策のため、住民が主体的に運営するいきいきももりん体操による通いの場の立ち上げ支援を積極的に進めております。   もっと読む
2018-09-11 須賀川市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−03号 我が国は、自然災害が多発するいわば災害大国であり、気候変動によって更なる自然災害発生のリスクは高まっております。西日本豪雨災害において堤防が決壊した岡山県倉敷市小田川は、国の管理河川でした。今後の甚大なる自然災害発生のリスクを想定すれば、本市においても釈迦堂川や阿武隈川の1級河川において、堤防決壊を想定した防災危機管理体制の構築は急務となっております。   もっと読む
2018-09-11 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−一般質問−03号 このようなことが予測される中、2025年問題、介護リスクの高い後期高齢者の増加によって、医療費、社会保障費もさらに膨らむことが予想され、介護士の人手不足が心配されています。人口減少が進む中で、高齢者の人口だけはふえ続けています。65歳以上人口は、2040年代初頭にはピークとなる3,935万人に達し、さらに注目すべきは75歳以上の後期高齢者がさらに急増することです。 もっと読む
2018-09-10 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月10日-03号 吾妻開発パイロットで実施予定の新たな営農型太陽光発電、いわゆるソーラーシェアリングにおけるメガソーラー設置による水害、土砂災害等のリスクについて、福島市の見解を伺います。 ◎環境部長(遊佐吉典) 議長、環境部長。 ○副議長(粟野啓二) 環境部長。 ◎環境部長(遊佐吉典) お答えします。   もっと読む
2018-09-10 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月10日−一般質問−02号 脳血流低下によって、頭痛、四肢の脱力、意識低下を示す虚血発作、てんかん発作を起こし、脳梗塞のリスクも抱えています。このような脳血流低下を誘発する要因に、過度の高温、低温環境が挙げられます。よって、学校生活においても教室内の室温の適正化など、環境整備が望ましい。これは、この女の子の主治医が言っていることです。 もっと読む
2018-09-07 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月07日-02号 その過程において当然住民の方々には敷地内の線量がどうなっているかについてもリスクコミュニケーションを図ってきたという経過がございます。そういった中で最終的にちょっと高いホットスポットが発見されているという数字が今回の数字でございますので、非常に限定的なものというふうに理解しております。 ○議長(半沢正典) 小熊省三議員。 もっと読む
2018-06-26 福島市議会 平成30年6月26日議会運営委員会−06月26日-01号 なので、大幅に下の資料が変わってしまうと、メモがちょっとずれたりというのはもちろんリスクとしてあります。ですので、例えばこういうふうな文字が、例えば数字が間違っていたとかというふうに差しかえたら、普通にここが変わるだけですので、こっちのメモは有効に残るかなということになります。一番気をつけなければいけないのは、ページが削除されたとかというふうなときです。 もっと読む
2018-06-20 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月20日−一般質問−04号 日本語では運動器症候群と呼んでおり、その定義は運動器の障がいにより、要介護になるリスクの高い状態になることをいいます。略してロコモ症候群とも言われております。では、運動器とは何でしょうか。まず、人の体は機能ごとに分業して生命を維持しています。皆さんも聞いたことがあると思いますが、呼吸器、循環器、消化器、そして体を動かすのが運動器です。 もっと読む
2018-06-18 福島市議会 平成30年 6月定例会議-06月18日-06号 また、健康への影響が心配される放射線に関して、市民が国、東京電力と情報を共有し、対策を進めるためのリスクコミュニケーションに引き続き取り組んでいく観点からも、リアルタイム線量測定システムは重要な役割を担っている。  よって、政府においては、リアルタイム線量測定システムの一方的な撤去を行わないよう強く要望する。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。     もっと読む
2018-06-18 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−一般質問−02号 法人格がなければ、事業の失敗や事故等について代表者の個人責任が問われ、大きなリスクを負うこととなります。地域活動の深化とさらなる活性化を目指すに当たり、認可地縁団体を含めた多様な法人制度のさらなる普及、啓発を図るべきと考えますが、市の見解をお伺いし、壇上から私の質問を終わらさせていただきます。 もっと読む
2018-06-14 福島市議会 平成30年6月14日経済民生常任委員会-06月14日-01号 また、健康への影響が心配される放射線に関して、市民が国、東京電力と情報を共有し、対策を進めるためのリスクコミュニケーションに引き続き取り組んでいく観点からも、リアルタイム線量測定システムは重要な役割を担っている。  よって、政府においては、リアルタイム線量測定システムの一方的な撤去を行わないよう強く要望する。   もっと読む
2018-06-13 福島市議会 平成30年6月13日経済民生常任委員会-06月13日-01号 ◎商工観光部長 今委員おっしゃいましたように、確かに今までは10年間の継続経営が満たされなかったときは返還を求め、実際返還してもらったということですけれども、それ以外もいろんなリスクが考えられると思いますので、そのリスクがどんなリスクが想定されて、そのリスクに対してどういうふうに市として担保するように講じていくか、それについては委員おっしゃるように検討させていただきます。 もっと読む
2018-06-12 福島市議会 平成30年 6月定例会議−06月12日-05号 新規就農時のリスクを軽減させ、就農意欲の喚起と就農後の定着を図るため、新たに独立して農業経営を行おうとする青年農業者に対し資金を交付する事業であります。  そこで、農業次世代人材育成事業について、今まで取り組んできた実績評価についてをお伺いいたします。 ◎農政部長(斎藤房一) 議長、農政部長。 ○副議長(粟野啓二) 農政部長。 ◎農政部長(斎藤房一) お答えいたします。   もっと読む