14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

福島市議会 2019-06-07 令和 元年 6月定例会議−06月07日-03号

また、じょーもぴあ宮畑につきましては、巨大な柱と多くの焼かれた家という2つの宮畑ミステリーをキーワードに縄文の魅力を発信するとともに、じょーもぴあ宮畑まつり等のイベントや学校教育での活用を図っておりまして、ことしの3月には東京マラソンに合わせてリレーを開催いたしまして、これは衛星放送国際的にも放映をされてもおります。  

喜多方市議会 2017-09-11 平成29年第6回定例会(2日目) 本文 開催日:2017年09月11日

また、評価の方法としては、ミステリー・ショッピングという方法が有効と言われております。これは、アメリカにおいて1940年代から行われている方法であり、小売業やサービス業に対して専門調査員が顧客に扮してアプローチを行い、その反応からサービスベルの向上を行うものであります。一部の自治体においては、窓口担当の接待態度改善のために、接遇調査という名称で行っております。  

福島市議会 2016-06-09 平成28年 6月定例会議-06月09日-04号

その後、本市におきましては、平成24年度にじょーもぴあ活用推進協議会を設立し、同協議会において宮畑ミステリー大賞を実施するなど、平成22年度の縄文シティサミットの本市での開催は、宮畑遺跡を福島の自慢の一つとして市民との協働によるまちづくりでの活用の契機になったものと考えております。  

福島市議会 2016-03-08 平成28年 3月定例会議-03月08日-03号

昨年実施しました宮畑ミステリー大賞は大きな話題を集めました。じょーもぴあ活用推進協議会の運営委員の皆様のご苦労のたまものだったと思います。さらに、その入賞作品をおさめた「縄文4000年の謎に挑む」が、ことし1月に現代書林から発刊されました。発売と同時に、東京八重洲ブックセンター本店の総合ベストセラーフィクション部門で第2位にランクインしたというのは新聞紙上をにぎわした記事であります。

塙町議会 2015-03-12 平成27年  3月 定例会(第2回)-03月12日−03号

それから、渓流も、片貝川、川上川の渓流、滝もありますし、遊歩道、これはかっぱのすり鉢遊歩道なんかあるんですが、これ私も先日ミステリーツアーのほうへ行ってきたんですが、観光会社福島で、ガイドさんも福島の方だったんですが、最後に帰るときに、このガイドの方がかっぱのすり鉢の物語を語り部してくれたんです。

福島市議会 2015-03-09 平成27年 3月定例会議-03月09日-03号

東京での記者発表として、じょーもぴあミステリー大賞、スイーツコンテスト2014を実施し、積極的なトップ講演会の開催、日本記者クラブ内外情勢調査会福島支部懇談会を開催し、記者会見の月例化、またBS全国放送番組の制作としてダニエル・カールの福島発見~古代ミステリーと雲上の楽園~が放映されました。市内外の反応はどうだったか、伺います。また、今後このような予定があれば、教えていただきたいと思います。  

喜多方市議会 2014-03-10 平成26年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2014年03月10日

今年度は全国から観光庁に対し、613件の提案があり、そのうち78の地域が採択を受けており、採択を受けた観光地と旅行会社が魅力ある旅行商品をつくり上げることが目的でありましたので、喜多方としては、市内にある古代文字の看板を謎解きしながら歩く、ミステリーウォークという旅行商品をつくり上げました。  

いわき市議会 1985-03-11 いわき市議会 会議録 昭和60年  3月 定例会-03月11日−02号

次に、オープン後約1年目の昭和57年7月9日に地球探検館を増設、さらに59年3月には人間の持つ視覚、平衡感覚を利用した「ミステリーゾーン」、そして7月1日には、間伐材を利用しての方向感覚と記憶を試す「迷路」を開設、幅広い年齢層の方々に親しみを持っていただけるように常に考え、極めて少い投資でその効果を上げようと17名の社員が本当に真剣にやっておるのであります。

  • 1