174件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

あと以前中学校に勤務していたときに、Jアラートを想定した避難訓練を行ったわけですが、昼休みに抜き打ちでやったところ、非常にパニックになりました、予告してなかったものですから。それを考えますと、直接緊急放送、Jアラート等が学校の校内放送子供たちに流れてしまうと、子供たちは余りにも不安でパニックになるおそれがあります。

矢祭町議会 2020-03-10 03月10日-02号

パニック状態です。福島県でも患者が1人出ました。他人事ではありません。矢祭町もそれに備えた対策を今から講じていただきたいと思います。 私たちの任期も今月末で満了となります。次は分かりません。あっという間の4年間でした。議会での一般質問もこれが最後となりますので、町当局の真摯な答弁をご期待申し上げます。 それでは、通告に従いまして質問させていただきます。 

須賀川市議会 2020-03-04 令和 2年  3月 定例会−03月04日-03号

この問題は大変難しく、パンデミックになるのか、それともパニックを起こし取り返しのつかない災害となってしまうのか、十分注意して事に当たらなければならないと感じております。  これからの質問につきましては1か月前の部分でありましたので、感染予防に向けたそれぞれの対応がどのようにされていたのか若干お伺いさせていただきたいと思っています。  

二本松市議会 2020-03-02 03月02日-03号

パニックを起こすことなく、冷静に事態の収束を迎えることができますように、今このときにこそ、最善の対応策を取れるよう、事前の準備を進めていただくことをお願いいたしまして、次の質問に移ります。 3つ目の項目といたしまして、水について伺います。 

塙町議会 2019-12-13 12月13日-02号

ただ、今回の場合は、実際に今までに経験のないような床上浸水等の、ある意味でパニック状態の被災者に対して、その手続の煩雑さは大変難しいというか無理だろうということで、私は、職員さん大変ご苦労かけたんですがお願いをいたしまして、その次の日ですか、1日、2日後だと思うんですが、その被災した家屋を全戸回っていただいて、その場で申請をしていただいて、そして証明書を発行するという行為をさせていただきました。 

南相馬市議会 2019-12-10 12月10日-03号

わずかな時間でも早く伝達できれば、子どもたちもパニックになることなく、事前に心構えができたり、身を守る行動に移せると私は考えます。現に、兵庫県明石市愛媛県松山市では緊急地震速報津波警報ミサイルの発射に関する情報Jアラートなどローカルエリアネットワークを使って校内放送で即時に流れるシステムを導入しております。

白河市議会 2019-09-18 09月18日-03号

つまり払えない事情があったときには、とにかくパニックになったり、いろいろ困難な状況になると、物すごく逃げるというか、払わないというふうにどうしてもなりがちで、追っかける逃げるみたいな、なるんじゃなくて、いろんな方法があって、そういうふうな手続を踏めば、いろんな、分割ができるとかあるいはしばらくは払うのを待ってもらえるとか、あと滞納処分そのものを停止することができるとか、いろんなこういうことがありますから

棚倉町議会 2019-09-12 09月12日-03号

私は、あの土地が本当に駐車場で供用されないで、現在、駐車場が困った困ったと、パニックったという声も聞かない中で、本当に3,600万円も出して、3年もたって整備されないで、必要だったのかと、伺います。 ○議長松本英一) 総務課長。 ◎総務課長(緑川喜秋) ただいまの質問についてお答えしたいと思います。 3年もたつということでございますが、現在、開発行為の申請に向けて、その事務作業をしております。

会津若松市議会 2019-03-18 03月18日-委員長報告・質疑・討論・採決-07号

ここに消防警察医療などが駆けつけても身動きがとれなくなり、パニックになる。もともと交通の流れが悪いところなのだから、200メートルも先の駐車場に置くしかないが、それで緊密な連絡がとれるとも思えない。議会や市長室は本館とどのようにつながるのかもわからず、一体感とほぼ遠い。なぜ郊外の広々とした1,000台ぐらいの駐車場が直近に置ける場所としないのか。

郡山市議会 2019-03-08 03月08日-06号

そのうちの一つに、「診察等で待つ場合、患者が待ちやすく、近くの場所で待っていただき順番がきたら電話で呼び込む」また、「電子メール、ホームページ、ファクスなど多様な媒体で情報提供、予約受け付け、案内を行う」ことや、「パニック等を起こした際に、静かに休憩できる場所を設ける」ことなどが挙げられています。 行政保健所医師会、医療機関が連携を図り取り組めば、安心の医療や生活に結びつけられると思います。

伊達市議会 2018-12-05 12月05日-03号

さて、突然の災害事故により人はパニックに陥りやすくなります。多くの人は気が動転して、最善の行動をとることができない場合が多くあります。そこでお尋ねいたします。9月議会で取り上げられた災害対策でございますが、公助として市が真剣に取り組んでいることに感謝いたします。自助、共助の部分で有効なツールはハザードマップ以外に何があるのか、お聞かせください。 ○議長(高橋一由) 市民生活部長

須賀川市議会 2018-12-03 平成30年 12月 議会運営委員会−12月03日-01号

あと、今回のテーマであります議会としての防災対策ですが、1つは、実際いざというときにどういう対応するんだということで自分で考えたところ、パニックになってしまうんじゃないかということで、今回行った中では、まず安全なところに逃げるとか、自分だけでも助かるとか、そういうことの教訓がありました。  

棚倉町議会 2018-09-13 09月13日-03号

マニュアルというと文章で何ページにもわたるような、そういったものを想像しがちですが、本当に図表を使って、パニック時でも対応できるようなマニュアルというのは、やはり必要ではないかなというふうに思いますが、どうでしょうか、ぜひ事故防止のものと緊急時のマニュアル、ぜひつくっていただきたいなというふうに思うのですが、お考えをお聞かせください。 ○議長松本英一) 子ども教育課長

伊達市議会 2018-09-04 09月04日-02号

◆15番(中村正明) 質問の中で、伊達市職員が、それぞれの自治会、あるいは町内会、それぞれの集落の担当者となる、これは非常に地域住民にとっても心強い、非常にパニックになっているときに顔もわかり、常日ごろいろいろ計画をされている職員が身近におられれば、どんなことでも相談できるし、素早い対応が可能だと私は思います。

会津若松市議会 2017-12-13 12月13日-一般質問-04号

大山享子議員 今回熊本震災の避難所パニックになった発達障がい児が周囲の理解を得られず、家族と車の中で過ごすことがあって、障がいを持った方でなく、高齢者も外出先や避難先で周囲の支援や配慮を必要としていることを知らせることや、救急で運ばれたときにカードを提示することによってスムーズに治療が行われることなど、ヘルプマーク、ヘルプカードは大変重要な役割だと思います。

いわき市議会 2017-12-12 12月12日-03号

それこそ沖縄から青森まで1カ月ほどで私のもとに100件以上の相談や告発が寄せられ、まさにパニック状態でありました。 いわきコールセンター平成26年6月末で閉鎖され、DIOジャパンは8月に業務を休止し、その後破産しました。厚生労働省の全国的な調査は、その年の6月に一部行われましたが、大規模に行われたのはDIOジャパンが業務を休止した後の8月中旬でありました。 

会津若松市議会 2017-12-12 12月12日-一般質問-03号

それで、その利用者も今3つ集約して西七日町児童館に集めようということなのですが、今西七日町児童館では児童館機能しかありませんが、これは大変混み合うときは1日に数十名というような利用者が訪れるときがあって、パニックになるときもあると。これについて3つがなくなって西七日町児童館に集約すること、そういう方向らしいよというような話ししたら、とんでもないと、できるものではないというような話も伺いました。

いわき市議会 2017-11-09 11月09日-05号

続いては、重度の自閉症である作家の東田直樹さんが書いた、自閉症の僕が飛びはねる理由の本の中で、どうしてパニックになるのですかとの問いに対して、みんなが僕たちを誤解していることの1つに、僕たちは、みんなのような複雑な感情はないと思われていることです。目に見える行動が幼いので、心の中も同じだろうと思われるのです。僕たちだって、みんなと同じ思いを持っています。

棚倉町議会 2017-09-14 09月14日-03号

また、今ほど質問のあった町全体としての計画、避難訓練というようなものも、考えていかなればならない時期になってきているんだろうなというふうには思っておりますが、いつどこで起きても、パニックにならずに、慌てずに、それぞれ避難行動できるような日ごろからの訓練等々が必要であろうというふうに思っているところでございます。 ○議長松本英一) 菊池忠二議員