723件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2019-06-10 令和 元年 6月定例会議−06月10日-04号

本市におきましても、東京2020大会を契機に、オリンピック・パラリンピックにおける共生社会の理念のもと、多文化共生のまち福島に向けた誰にでも優しいまちづくりの実現を目指し、まちのバリアフリー化や手話言語条例に基づく取り組みなどを進めてまいります。  

福島市議会 2019-03-18 平成31年3月18日予算特別委員会建設水道分科会-03月18日-01号

また、福島駅西口周辺において、歩道の段差解消などの福島駅西口周辺バリアフリー整備事業を実施いたします。  市民との協働によるまちづくりでは、地域住民の提案の中から事業効果の即効性が見込まれる事業を行う地域生活基盤整備事業を引き続き実施いたします。  なお、内容等の詳細につきましては次長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。

福島市議会 2019-03-13 平成31年 3月定例会議−03月13日-06号

今もホームページ等で見ていますと、市内に31カ所オストメイト対応があるということでございますけれども、それらハードの整備とともに、心のバリアフリーというものも必要でございます。  そこで、お伺いをいたします。コミュニケーションがとりにくいと回答された方は95人で全体の16%、他人の目が気になると回答された方は99人で全体の17%を占めております。

福島市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会議−03月12日-05号

2点目は、アンケートの最後の部分に取り入れていただいた町内会所有の集会所のバリアフリー化の調査項目についてです。集会所は、育成会から敬老会まで各年齢層の地域住民が利用している地域のコミュニティー拠点であり、災害時には避難所としても使われます。しかし、多くは畳敷きで座卓という状況です。高齢化社会の進展の中で、集会所においてはバリアフリー改修がおくれております。  

須賀川市議会 2019-03-11 平成31年  3月 生活産業常任委員会-03月11日-01号

公共交通の上位計画の方向性として、都市の利便性の向上、新たな公共交通システムの導入、バリアフリー化、持続可能な地域公共交通体系の構築とあります。また、立地適正化計画における方向性として、コンパクトな市街地を形成するとともに、持続可能な公共交通網を再編するとあります。  

福島市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会議−03月08日-03号

また、共生社会の実現に向け、ヘルプマークの普及やバリアフリー化の推進など、誰にでも優しいまちづくりを推進するほか、福島駅東口再開発等の事業が本格的に始まる前にもにぎわいを形成していくため、福島駅前広場マルチビジョン等を設置するなど、大会後のレガシー創出に向け、取り組みを進めてまいります。  

福島市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会議−03月07日-02号

8つ目の観光客受け入れのためのバリアフリーを含めた環境の整備については、NPO法人ふくしまバリアフリーツアーセンターと連携し、バリアフリー旅行商品の造成やバリアフリー観光対応マニュアルの作成、トイレ等のバリアフリー状況調査などを実施してまいりましたが、今後は受け入れ側の心のバリアフリー等、誰もが快適に滞在できる環境づくりが課題であると考えております。  

須賀川市議会 2019-01-21 平成31年  1月 建設水道常任委員会-01月21日-01号

◆委員(横田洋子) 今、都市公園の幾つかでバリアフリー化の工事が進められていると思いますが、どんな工事でどのぐらいの箇所、箇所というか、場所をお示し願えれば、お願いします。 ○委員長(関根保良) ただいまの横田委員の質疑に対し、当局の答弁を求めます。 ◎都市整備課長(山寺弘司) 公園のバリアフリー化、来年度で最終ということになりますが、大体3分の2程度完了しております。

会津若松市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−一般質問−04号

いずれにいたしましても、視覚障がいのある方への移動支援につきましては、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律、いわゆるバリアフリー新法に基づき、公共施設敷地内に点字ブロックを設置するとともに、地域自立支援協議会において移動支援のあり方について協議を行ってきたところであり、引き続きこうした取り組みを継続してまいります。  

福島市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会議−12月11日-04号

最初に、公共施設トイレ洋式化改修事業でありますが、これも先ほどから申し上げておりますが、東京2020オリンピック・パラリンピックに向け、バリアフリーとユニバーサルデザインを踏まえ、重要な意味を持つ事業でございます。特に、いざ自分もこうやって足の骨を折ってみますと、本当にありがたいし、やはりユニバーサルデザインということを非常に考えさせられるところでございます。

福島市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会議−12月07日-02号

バリアフリーやエレベーターの設置、トイレなど、障害者の方々の利用にはさまざまな対応が必要とされますが、障害者の方々の利用についてどのように対応しているのか、それに伴う施設備品等も含めてお伺いいたします。 ◎市長(木幡浩) 議長、市長。 ○副議長(粟野啓二) 市長。 ◎市長(木幡浩) お答えいたします。  

喜多方市議会 2018-12-06 平成30年第10回定例会(5日目) 本文 開催日:2018年12月06日

もう一つ、障がい者の雇用が成立した場合、企業内のバリアフリーやトイレの改装、送迎などの環境整備、これは同時進行で行っていかないと難しいのです。そういうところの環境整備について、いわゆる雇用関係を結ぶと同時に整備していくということに関してはいかがでしょうか。 ◯議長(佐藤一栄君) 答弁を求めます。  

喜多方市議会 2018-12-04 平成30年第10回定例会(3日目) 本文 開催日:2018年12月04日

3階建てであるにもかかわらず、当時はバリアフリーの設計などもなかったので、階段の踏み面や蹴り上げの設計も厳しくて、かなりきつい階段になっているのです。エレベーターもありません。ですから、やはり2階、3階のフロアを使う利用者にとっては非常に使いづらい施設であると私も感じます。  また、やはりいろいろと構造上の問題も上げられていまして、運営側からも意見が上がっているのです。

須賀川市議会 2018-09-21 平成30年  9月 決算特別委員会−09月21日-01号

◎都市整備課長(山寺弘司) 今の公園のバリアフリー化対策に関する質疑にお答えいたします。  それに関しては、全ての40公園に関しまして、対象公園36公園が対象となっております。  減額の理由としましては、国からの補助の内示率が悪いということで、減額ということになっております。  以上でございます。

福島市議会 2018-09-12 平成30年 9月定例会議−09月12日-05号

一般住宅のバリアフリーの促進により、さらに生活の質の向上を図るため、本市の住宅改修事業の課題について、対策も含めて伺います。 ◎健康福祉部長(加藤孝一) 議長、健康福祉部長。 ○議長(半沢正典) 健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(加藤孝一) お答えいたします。