61件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2019-12-02 令和 元年12月定例会議−12月02日-01号

11月には、ふくしま・ベトナム友好協会をはじめとする民間団体との連携により、スイスベトナム両国の食や文化など、それぞれの特色を生かしたホストタウンフェスティバルを開催し、多様な交流を実施したところであります。  また、10月にはスイス連邦を相手国として、共生社会の実現を図る共生社会ホストタウンに応募いたしました。誰にでも優しいまち福島の実現に向けた取り組みも進めてまいります。  

福島市議会 2019-09-02 令和 元年 9月定例会議−09月02日-01号

ホストタウンとの交流につきましては、本市にとって2カ国目のホストタウンであるベトナム社会主義共和国のサッカー女子代表が7月下旬から8月上旬にかけて合宿を行ったほか、11月にはスイスベトナムそれぞれの特色を生かしたフェスティバルを同時開催するなど、両国との多様な交流を進めてまいります。  

福島市議会 2019-05-31 令和 元年 6月定例会議−05月31日-01号

また、現在ホストタウン交流を行っているスイス連邦については、4月にスイスから柔道を学ぶ中高生が来福し、交流事業を実施したところであり、7月には合唱団等の来福による交流コンサートの開催を予定しております。  今後も文化スポーツなどの多様な分野での交流を進め、未来につながる国際都市を目指してまいります。  次に、中心市街地のまちづくりと公共施設の再編整備について申し上げます。  

福島市議会 2019-03-18 平成31年3月18日予算特別委員会総務分科会−03月18日-01号

内訳といたしましては、福島駅前広場駅前通りを統一的に装飾するシティードレッシングなど、野球、ソフトボール競技開催準備経費として1,403万5,000円、日本代表及び海外代表の誘致活動や受け入れに係る支援など、事前合宿の誘致実施に係る経費として1,802万2,000円、スイス柔道を学ぶ中高生を招いての交流やスイス合唱団のコンサート開催など、ホストタウン交流事業に係る経費として1,557万円、カウントダウンイベント

福島市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会議−03月01日-01号

開催まで1年半となった東京2020オリンピック・パラリンピック関連につきましては、本市で開催する野球、ソフトボール競技の開催準備や、その他競技の事前キャンプ誘致を進めるとともに、スイス連邦とのホストタウン交流事業などを通じて、大会本番に向けた機運醸成に取り組み、大会成功に向けてオール福島で取り組みを強化してまいります。  

福島市議会 2018-09-19 平成30年9月19日決算特別委員会経済民生分科会−09月19日-01号

観光コンベンション推進室長 まず、スイスのホストタウン事業であるとか、その部分については、観光のほうでターゲットとしております国が台湾であったりとかタイという部分がございましたので、まだ連携というところまでは正直なところ至っていないところが現状でございます。  

福島市議会 2018-09-10 平成30年 9月定例会議−09月10日-03号

スイスは、観光立国で永世中立国、どの国とも親密な、隔たりのない関係を築いております。そのスイスを本市がホストタウンとして受け入れたことから、スイス紹介することは重要ですが、それと同時にやはり相互交流を図り、スイス国内で本市をいかにアピールして、震災から復興を図る本市の認知度をいかに高めるかも重要であります。

喜多方市議会 2018-06-12 平成30年第6回定例会(3日目) 本文 開催日:2018年06月12日

また、旧甲斐家蔵住宅を訪れた外国人の方々の主な国別につきましては、中国、タイ、スイスオーストリア、ジョージア、ポーランドポルトガル等であります。  蔵の里の入場者数は、4月は前年比771人増の1,527人、ゴールデンウイークは前年比14人増の359人。  喜多の郷の入場者数は、4月は前年比2,127人減の4万319人、ゴールデンウイークは前年比8,800人減の1万2,107人でありました。  

福島市議会 2018-03-14 平成30年 3月定例会議-03月14日-07号

また、ホストタウン相手国のスイス連邦については、スイスオリンピック委員会や各競技団体に対して合宿施設等の情報を提供している状況でありまして、このほど県の柔道連盟を通じてスイス柔道連盟との交流の可能性が生まれつつあります。  今後も野球、ソフトボール競技開催地やホストタウン登録地等の強みを生かしながら事前合宿誘致に取り組んでまいります。 ○副議長(粟野啓二) 川又康彦議員

福島市議会 2018-03-13 平成30年 3月定例会議-03月13日-06号

東京2020オリンピックでスイス連邦のホストタウンである福島市として、大事な玄関口の福島駅西口広場喫煙所を見直し検討すべきと思いますが、見解をお伺いいたします。 ◎都市政策部長(鈴木和栄) 議長都市政策部長。 ○議長(半沢正典) 都市政策部長。 ◎都市政策部長(鈴木和栄) お答えします。  

福島市議会 2018-03-12 平成30年 3月定例会議−03月12日-05号

福島市は、この間、環境最先端都市を目指すとして、ドイツスイス再生可能エネルギーの視察を行ってきました。議会の答弁でも電力地産地消の取り組みを進めていくとありましたが、質問です。  スイスドイツ等の視察から再生可能エネルギーの取り組みを福島市にも取り入れる検討をするという方針は今後も続けるのか伺います。 ◎環境部長(渡辺千賀良) 議長環境部長。 ○副議長(粟野啓二) 環境部長。

福島市議会 2018-03-08 平成30年 3月定例会議-03月08日-03号

本市では、野球・ソフトボール競技開催準備事業ですとか事前キャンプ誘致事業、スイス連邦とのホストタウン交流事業、大会本番に向けた機運を醸成するための事業等を実施する予定であると聞き及んでおります。  そこで、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた本市の今後の取り組みをお伺いいたします。  また、オリンピック当日のみならず、その前後は特にさまざまな方々が本市を訪れると思います。