67件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

喜多方市議会 2020-03-06 令和2年第1回定例会(6日目) 本文 開催日:2020年03月06日

予算書137ページ、家族介護者支援事業でまず家族介護者交流事業業務委託料外ということでございますが、この部分につきましては家族介護者交流事業とQRコードの部分で79万5,000円、家族介護者支援事業のほうが75万5,000円、あとQRコードの部分が3万9,000円ということでございます。  

福島市議会 2019-09-18 令和元年9月18日決算特別委員会文教福祉分科会-09月18日-01号

もう一点、176ページの包括的支援事業・任意事業費の中で地域包括センターの圏域の見直しとかもあるのですけれども、その中で認知症外出見守りQRコード登録者が81名。啓発、あと現状をちょっと教えてもらえますか。 ◎長寿福祉地域包括ケア推進室主任 QRコードについてですが、平成30年度の実績でいきますと81名の登録がございます。累計でいきますと166名ということで今登録をなさっている状況です。

福島市議会 2019-09-17 令和元年9月17日決算特別委員会総務分科会−09月17日-01号

◆村山国子 委員  成果報告書の126ページの避難所誘導標識等設置事業費だったのですが、蓬莱になんかも中学校とかに設置されているのですが、その標識の中に福島市という名称が入っていなくて、QRコードでやれば福島市というのが出てくるのですが、それを見ただけだと、どこが設置しているのかというのが一般市民の人にわからなくて、市民の人に、これは誰が設置しているのというふうに聞かれて、そのQRコードをやったらば

福島市議会 2019-09-11 令和 元年 9月定例会議-09月11日-05号

また、教科書におきましてもQRコードによる資料検索が盛り込まれているなど、積極的なICT活用が必須であります。  これら情報化社会を生きていく本市の児童生徒のICT活用の能力の向上、豊かな学習環境の実現において、タブレット端末等の整備は喫緊の課題でありますので、スピード感を持って取り組んでまいります。 ○議長(梅津政則) 根本雅昭議員。 ◆4番(根本雅昭) 以上で私からの質問を終わります。

喜多方市議会 2019-09-09 令和元年第6回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年09月09日

産業部長(小汲康浩君) 今ほどの消費者へのサービスといいますか、見える化ということになろうかと思いますが、そういったような例えばQRコードをつけて、農作物の生産履歴でありますとか、品質でありますとか、どのような農薬をどれだけ使ったかなどということは将来的にはわかるようなことにはなるのではないのかなと思っておりますが、現在のところはそういったような情報を今いろいろなところでたくさん行われているところでありますので

喜多方市議会 2019-06-11 令和元年第5回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年06月11日

にこういう健康意識しましょうということで、いろいろなものが置いてあるのですが、先ほどの答弁でも20代から40代の若い人の食に関する意識が全然少ないということで、どうしたら若い人たちに意識づけられるのかと考えたときに、私もこれは見てはいたのですが、ぱっと見ても、読んでもなかなかぴんとこないというか、ぴんとこないわけではないのですけれども、若い人はスマホなど、やはりSNSが中心なので、こういうところにQRコード

福島市議会 2019-06-10 令和 元年 6月定例会議-06月10日-04号

今年度から花見山に加え、花やしき公園、花ももの里、浄楽園等の花観光のスポット11カ所でスマートフォンのQRコードを利用したウエブアンケートを新たに実施をいたしました。  今回初の試みとなったことから、回答数は少ない状況ではございましたが、市内花観光スポットに対する満足度は、満足と回答した方は約68%、やや満足と回答した方は約28%という状況でございました。 ○議長(半沢正典) 丹治誠議員

福島市議会 2019-06-06 令和 元年 6月定例会議-06月06日-02号

次の質問なのですが、福島県が行うふくしま学力調査におけるQRコード使用目的について、市が把握している内容を伺います。 ◎教育長(本間稔) 議長教育長。 ○議長(半沢正典) 教育長。 ◎教育長(本間稔) お答えいたします。  QRコードは、児童生徒を識別する個人番号のみを管理するために使用していると把握しております。 ○議長(半沢正典) 佐々木優議員

須賀川市議会 2019-04-24 平成31年  4月 生活産業常任委員会-04月24日-01号

○副委員長(溝井光夫) あと、これ支援制度2019って書いてありますので、今後とも多分継続的に作成されるのかなと思いますけれども、その辺の確認と、あと、これちょっと気になったんですけれども、折り目のところにQRコードがあるところあるんですよね、これ。これは影響ないのかなという、そういうところ、どうなんでしょうか、幾つかこれありまして、それ、ちょっと気になったものですから。

須賀川市議会 2019-01-21 平成31年  1月 教育福祉常任委員会−01月21日-01号

さらに、この推進事業につきましては、QRコードによる発見時における迅速な連絡体制ということで、今年度からQRコードを新たに導入いたしまして、行方不明時に、発見した方がそのQRコードを読み取ることによって、連絡を迅速に行うというようなことも、今年度から新たに取り組んでいるところでございます。  

須賀川市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会−09月13日-05号

本年度からは、広報すかがわや、提案はがきにQRコードを掲載し、若い世代も提案しやすいよう工夫しているところであります。  引き続き、市ホームページや広報すかがわなどを活用するとともに、新たに開設されるウルトラFMでも広く制度の周知に努めてまいります。 ◆6番(佐藤栄久男) 昔から、三人寄れば文殊の知恵と言われますが、市政においては行政職員市民が三者であると思います。

福島市議会 2018-09-13 平成30年9月13日建設水道常任委員会-09月13日-01号

河川課管理係長 そば釜の上にあります換気扇に向かって煙突が向かっているものですから、その煙突の熱気で換気扇のコードが焼けるおそれがあるということです。 ◆村山国子 委員  9ページでナンバー10の松川の件だったのですが、ここS字カーブになっているところかなと思うのですが、このS字カーブが解消されるというふうになるのでしょうか。

喜多方市議会 2018-09-11 平成30年第9回定例会(3日目) 本文 開催日:2018年09月11日

次に、QRコードの利用促進のため、どのような取り組みをしているのか伺います。  次に、9月21日はアルツハイマーデーです。市民認知症について理解を深める取り組みが必要だと考えますが、普及啓発についてどのように進めているか伺います。  次に、障がい者支援について。  手話言語条例の制定について。  

福島市議会 2018-08-27 平成30年8月27日議会運営委員会-08月27日-01号

あわせて、機能制限や利用制限については、アンサー12のとおり、有害サイトをブロックしておくこと、さらには必ずパスコード、つまり暗証番号を設定することが重要であるということでございました。こうした紛失案件の発生率は年間4%から5%という統計もございますので、35台のタブレットを導入いたしますと、確率的には毎年1台から2台紛失したかもしれないということが発生する可能性があるということでございます。

須賀川市議会 2018-04-23 平成30年  4月 教育福祉常任委員会−04月23日-01号

更に今年度はQRコードを活用することによりまして、発見した方がスマホなどでQRコードを読み取ることによりまして、緊急時の連絡先が表示され、高齢者の速やかな保護を目指してまいります。  当事業の平成30年度重点事項といたしましては、昨年度末に設置いたしました認知症初期集中支援チームによる支援活動を各地域包括支援センターなどと連携をしながら推進しまして、認知症高齢者の支援を充実してまいります。  

須賀川市議会 2018-03-09 平成30年  3月 予算常任委員会(1)-03月09日-01号

(11)すかがわ見守り・徘徊SOSネットワーク推進事業227万2,000円は、見守り・徘徊SOSネットワーク構築に要する経費でありますが、平成30年度からは、新たに身元確認のためのQRコードを付したシールの作成費を計上しております。  137ページ、説明欄上段を御覧願います。  (12)老人クラブ活動事業243万6,000円は、老人クラブ活動事業に要する事務経費であります。  

福島市議会 2017-12-20 平成29年12月定例会議-12月20日-04号

あらかじめ県内の全中高生約12万人に対して、学校を通じて相談用LINEアカウントに登録するためのQRコードが印刷されたカードを配布したところ、約3,700人の登録がありました。結果は、14日間の開設でこのアカウントへのアクセスは1,579件に上りましたが、これは時間内のアクセス数で、時間外も合わせると約3,500件に及びました。その中で、実際相談対応をしたのは547件です。

福島市議会 2017-09-07 平成29年 9月定例会議-09月07日-02号

そのとき、早期に身元が判明できるよう、QRコードを交付する事業が本市では平成29年7月から始まりました。その福島市認知症高齢者QRコード活用見守り事業の取り組みについてお伺いいたします。 ◎健康福祉部長(加藤孝一) 議長健康福祉部長。 ○副議長(粟野啓二) 健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(加藤孝一) お答えいたします。