23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

喜多方市議会 2017-03-02 平成29年第2回定例会(5日目) 本文 開催日:2017年03月02日

この協定に基づきまして、平成27年度に50トンのCO2、それから平成28年度に60トンのCO2をご購入いただいており、中野区のイベント等で発生した二酸化炭素を相殺するカーボンオフセットの取り組みに活用されております。  そのほかのご質問につきましては、関係部長から答弁いたさせます。

喜多方市議会 2016-06-08 平成28年第4回定例会(4日目) 本文 開催日:2016年06月08日

今計画にもカーボンオフセット・クレジットの発行、販売、再生可能エネルギーの導入、普及啓発の取り組みがあります。そこで、市事業者、市民それぞれの取り組みについて何点かお聞きいたします。  1)カーボンオフセット・クレジット販売実績と今後の課題についてどのように捉えていますか。  2)オフセット・クレジット販売を一般市民、イベント、観光事業などに普及・啓発し取り組む考えは可能でありますか。  

川内村議会 2014-12-10 平成26年12月 定例会(第4回)-12月10日−01号

ジェーバイアス、カーボンオフセットなんかも事業も進めて、何とかランニングコスト生みだそうという努力をしてきたのですが。ただ、諦めているわけではありません。こういうプラントがきちんと運転できる住民に不安を与えないというようなことが理解されれば、やはり考えていかなければいけない設備だと思います。  現に、かわうちの湯の設備にはボイラーついてやっているわけです。

喜多方市議会 2013-06-12 平成25年第5回定例会(4日目) 本文 開催日:2013年06月12日

最後に、カーボンオフセットについてお尋ねをいたします。  J-VER、オフセット・クレジットでございますが、認証年月日ごとの発行量についてお尋ねをいたします。それぞれの発行量を伺うものでございます。  次に、平成23年度に認証されてから現在までの販売先、販売数量及び販売金額について、年度ごとにお示しください。  

塙町議会 2012-06-07 平成24年  6月 定例会(第3回)-06月07日−02号

それで、私が考えているものは、それをもうちょっと大きくしまして、結論的には急激に進む人口減少、若者の雇用の場の減少を考慮すると、既に長期計画でお示しのカーボンオフセットの取り組みだと。もちろん取り組んでいらっしゃると思うんですが、こちらの部分を加速していただければと思います。その部分にも記載されていますように、多面的機能の活用ということであると思います。  

喜多方市議会 2011-12-07 平成23年第8回定例会(4日目) 本文 開催日:2011年12月07日

今後におきましては、引き続き市、県などのホームページへの掲載や、市内外企業への訪問、情報提供を行うとともに、来年3月7日に東京都内において環境省が主催する第8回カーボンオフセットEXPOにブースを出展いたしまして、関東地区の企業等に対し積極的にPRを行い、販売促進を図ってまいりたいと考えております。  

喜多方市議会 2011-03-17 平成23年第2回定例会(8日目) 本文 開催日:2011年03月17日

3点目なんですが、238ページなんですが、平成22年度の事業の中で、公有林の間伐事業を行ってカーボンオフセットを活用したいということで進めております。それで、平成22年度の事業の中では手挙げ方式でカーボンオフセットを利用したいという会社があったということでございますが、その内容についてどの程度の進捗状況であるのかお伺いをしたいと思います。  

喜多方市議会 2011-03-07 平成23年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2011年03月07日

このような中で、林業におきます雇用を確保していくというのは大変難しいかなと考えておりますが、最近民間事業者においてはチップを製造する機械を導入したり、市においても公有林の間伐あるいはカーボンオフセットの事業等々、いろいろなことをやっておりまして、少しずつではありますけれども、雇用の確保の芽が見えてきたのかなと思っています。

喜多方市議会 2010-09-02 平成22年第7回定例会(1日目) 本文 開催日:2010年09月02日

本市からは「地域内の産業活性化」及び「カーボンオフセットを活用した森林整備」について発言をいたしたところであります。  次に、国際交流についてでありますが、去る7月5日から14日まで、姉妹都市でありますアメリカ合衆国ウィルソンビル市から高校生使節団として引率者を含む11名が本市を訪れました。

会津若松市議会 2010-06-18 平成22年  6月 定例会-06月18日−一般質問−03号

そこで、環境省が考え出したのは温室効果ガスの排出削減、吸収の対策や長期的に持続可能な開発を実現するためのプロジェクトの資金調達の手段として、それらを後押しする形でカーボンオフセットの取り組みを進めております。カーボンオフセットとは、企業などが二酸化炭素を削減する努力をした結果、どうしても削減できなかった部分に対し、プロバイダーを通してクレジットの形で購入し、オフセットする仕組みであります。

喜多方市議会 2010-03-11 平成22年第3回定例会(5日目) 本文 開催日:2010年03月11日

喜多方市は7割が森林地域であり、さらに、その自然を生かすという観点から、カーボンオフセットは非常に大事であると思っておりますし、また、その自然を生かしながら市の財源とすることができるオフセットクレジットは大変有効であると考え、今まで何度か質問してまいりました。

喜多方市議会 2010-03-04 平成22年第3回定例会(1日目) 本文 開催日:2010年03月04日

市内外から約90名の参加を得て、山村再生支援センター事務局次長の今野知樹氏から、「カーボンオフセットを活用した山村地域の活性化を目指して~オフセット・クレジット制度を通じた森林整備の活性化~」をテーマに講演をいただき、森林資源を活用した山村地域の活性化に寄与する新たな制度について理解を深めたところでございます。  

喜多方市議会 2009-12-09 平成21年第10回定例会(4日目) 本文 開催日:2009年12月09日

農業においては、農産物の生産加工、販売、サービスを取り込んだ第6次産業化、高齢化による担い手の確保、遊休農地の解消、森林整備についてもCO2削減に効果的なカーボンオフセットなど、具体的手法の導入も必要であると考えます。また、少子化進行に伴う幼保一元化、複式学級解消のための小学校の統合、将来の職員の減少に伴う人材育成などが課題であります。  

喜多方市議会 2009-12-08 平成21年第10回定例会(3日目) 本文 開催日:2009年12月08日

カーボンオフセットについてでございますけれども、このことについては、私は9月議会でも質問をしております。その質問の中で、カーボンオフセットについての説明をしておりますからその内容については省きますけれども、ただ、喜多方市は7割が森林地域であり、さらに自然を生かすという観点からこのカーボンオフセットは非常に大事であるから、市としてどういう考えがありますかというふうに私は質問しております。

喜多方市議会 2009-09-10 平成21年第7回定例会(5日目) 本文 開催日:2009年09月10日

農業においては、遊休農地の解消、森林整備についてもCO2削減に効果的なカーボンオフセットなど具体的手法の導入も必要であると考えております。  また、少子化進行に伴う幼保一元化、複式学級解消のための小学校の統合、将来の職員の減少に伴う人材育成などの課題がございます。  

喜多方市議会 2009-09-08 平成21年第7回定例会(3日目) 本文 開催日:2009年09月08日

農業においては、遊休農地の解消、森林整備についてもCO2削減に効果的なカーボンオフセットなど、具体的手法の導入も必要であると考えております。また、少子化の振興に伴う幼保一元化、複式学級解消のための小学校の統合、将来の職員の減少に伴う人材育成などの課題があります。  

喜多方市議会 2009-06-11 平成21年第5回定例会(6日目) 本文 開催日:2009年06月11日

それから、森林が果たすCO2吸収の役割は大変大事な話でありまして、今カーボンオフセットの話がありました。私はもしかしたらこれが一つの上流部、水源の里を救済する大きな手だてになるんじゃないかと思っております。この間、知事との懇談のときにも県もこれは本腰を入れて検討してほしいと申し上げました。

喜多方市議会 2009-06-08 平成21年第5回定例会(3日目) 本文 開催日:2009年06月08日

今後はさらに中野区と連携し、空き店舗を活用したアンテナショップ開設の検討、子ども農村漁村交流プロジェクトを含む教育旅行の誘致、グリーン・ツーリズムの体験を通じての生産者と消費者の交流、二地域居住森林保全によるCO2吸収、カーボンオフセットなどの事業実施に向け努力してまいります。  

郡山市議会 2009-02-25 郡山市議会 会議録 平成21年  3月 定例会-02月25日−02号

昨年9月の定例会において、カーボンオフセットについて質問をさせていただきました。削減困難なCO2排出量を森林植林やクリーンエネルギー太陽光発電、風力発電等)に投資することで、別の場所での排出削減、吸収量でその全部または一部分を相殺(オフセット)するものです。文面や言葉での表現はさほど難しくはないのではと思うのですが、いざ行動に移すとなるとなかなか思うように進まないものです。

  • 1
  • 2