21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

二本松市議会 2019-12-18 12月18日-06号

今回の株式会社フクシ・エンタープライズは、全国規模で指定管理を請け負っている事業者であり、ノウハウや技術を持っている事業者であるとの説明がありました。 また、これまで運営の中で利用者、団体からクレームなどの課題はあったかとの質疑に対し、大きなクレームというものはなかった。細かな要望は出ているが、その都度改善をしており、適切に運営されてきたと考えているとの説明がありました。 

川内村議会 2019-09-13 09月13日-02号

◎村長(遠藤雄幸君) 指定管理をお願いしているところは、本村の中では実はあぶくま川内、それからプールのフクシ・エンタープライズという2社であります。バランスは必要かと思います。ご指摘の点についてもきちんと精査をして、妥当な線はどうなのか、それから今言われたように市場の中で浮き沈みしている燃料分についてもきちんと議論のテーブルにのっけていきたいと思っています。

川内村議会 2017-09-19 09月19日-02号

本来ですとこの部分が精算項目ということで追加でお支払いするところではございますけれども、指定管理を受けたフクシ・エンタープライズの受託事業者におきましては、自主努力も必要であるということで、収入の部分の欠損が416万1,000円出ております。

二本松市議会 2016-06-07 06月07日-01号

議案第59号城山市民プール指定管理者の指定については、平成29年春にオープン予定の同市民プールの管理等を行う指定管理者の公募を行ったところ、6団体からの応募があり、指定管理者候補者選定委員会において審査を行い、その結果をもとに「株式会社フクシ・エンタープライズ」を指定管理者として指定するものであります。 

川内村議会 2016-02-18 03月07日-01号

以後、村民有識者による村民プール建設検討委員会を設置して、設計に村民の意向を反映させるとともに、平成26年12月に丸川建設株式会社と本体工事請負契約締結して着工、平成27年9月に村民プール設置条例を制定するとともに指定管理者業務基準、同募集要項及び同審議会規則を制定し、これらに基づいて11月に審議会の答申を受けて、12月の定例会株式会社フクシ・エンタープライズ代表取締役 福士昌氏を指定管理者として

川内村議会 2015-12-11 12月11日-02号

その候補として株式会社フクシ・エンタープライズ 代表取締役福士昌氏を指定管理者として指定したいので、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、議会議決を求めるため提案するものでございます。 よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。 以上で、要点説明を終わります。 ○議長(渡邉一夫君) これで要点説明を終わります。 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。 7番、佐久間武雄君。

川内村議会 2015-11-20 12月10日-01号

今回の指定管理の運営に関しては、村民プールの設置の目的効果的に達成するため、プール運営等特殊業務での経験や業績と実績等から、安全を重視し、健康増進など多様なサービスを提供し、更には安定した経営を行っていくための指定管理制度を導入するものであり、川内村室内型村民プール選定審議会の審議を受け、指定管理者として東京都江東区大島1丁目9番8号、株武会社 フクシ・エンタープライズ 代表取締役福士昌氏を指定管理者

会津若松市議会 2014-12-10 12月10日-一般質問-04号

全体経費を4,800万円と計上してございますが、これにつきましてはNHKエンタープライズの多大な支援があったということで全体経費4,800万円に圧縮してあります。そこに3,000万円の補助と、またことしも職員による当日の手伝いということで、かなり660万円からの経費がかかったというふうに試算してございます。

会津若松市議会 2014-06-18 06月18日-総括質疑-04号

この差額につきましては、震災復興ということに鑑みまして、制作を担当しております株式会社NHKエンタープライズが過分の負担をしたということでございます。 3回目の開催に当たりまして、この辺を十分協議いたしました。そういった中で、まず全体の事業費を圧縮しようということで、開催を7日から4日に圧縮したというような経過でございます。

いわき市議会 2014-02-28 02月28日-06号

原発設備メンテナンス会社東北エンタープライズ会長の職にある名嘉さん72歳からのものであります。この方は沖縄で生まれて、それも離島で、小さいころは電気もない島で育ったという方でありますけど、昭和42年に建設が始まったときの当時の肩書きは主任保証技師で、原子炉の品質や東電の運転管理を掌握する責任を担っておりました。

会津若松市議会 2013-06-19 06月19日-総括質疑-04号

であるならば、これが一番最初に議論されたのが、平成24年7月にNHKエンタープライズから来たときにどういうふうに事業に計上していくのか、長期的にどうしていくのかということをやるのが観光商工部でしょう。であるならば、今回この事業費がどこから来ているかというと、平成25年2月に公表された地域活力の再生に向けた取組みの中のステージⅡ、この中で初めて出てくるわけです。

会津若松市議会 2012-12-13 12月13日-総括質疑-05号

経過からご説明申し上げますと、本年7月、八重の桜ドラマ館を担当するNHKエンタープライズ、NHKのさまざまな放送権とか、そういうのを所有している会社でございますが、そこから事業原案の提案がありました。協議をしていく中でNHKエンタープライズ、それからJTB、ワーナー・マイカルの3社による共同提案というふうになったわけでございます。 

会津若松市議会 2011-09-13 09月13日-一般質問-03号

このドラマ館に関しては、NHKエンタープライズというところが年度ごとのドラマ館を手がけてきておられます。鹿児島ですと、篤姫が非常に人気を博しまして、100万人以上のドラマ館の入館があったと聞いております。会津若松市の場合もその関係上、NHKエンタープライズと連携させていただき、準備、設置を進めていく考えであります。

会津若松市議会 2009-06-15 06月15日-一般質問-02号

また、大河ドラマにおいて会津の地が舞台になると予想される秋を中心とした事業として、会津まつりへの大河ドラマ出演者の招へいや、NHKエンタープライズ協力のもと、大河ドラマ展を「天地人会津館」として開催するなど、誘客に向け官民一丸となって取り組んでまいります。 なお、その他のご質問については主管者からお答え申し上げます。 ○議長(田澤豊彦) 観光商工部長

南相馬市議会 2004-09-15 09月15日-04号

それからあと、6番目の企業誘致でございますが、藤倉ゴムの関係でございますけども、昨年は企業誘致関係で東京のほうに赴いて企業訪問したというふうな実績はございませんが、その中で藤倉ゴムさんにつきましては原町にフジクラエンタープライズ事務所がございます。そこといろいろお話をさせていただきましたが、藤倉ゴムのほうで開発しました南工業団地につきましてはフジクラエンタープライズのほうで買収いたしました。

南相馬市議会 2003-09-18 09月18日-04号

それから、南工業団地についてでも同様でありますが、過去に聞いたお話しの中ではフジクラエンタープライズが、まもなく何らかの形で工場を建てる話も聞いたおったような記憶がしておりますが、平成14年度中の動きに関しましてどのような対応をなされて、見通しはどうなっているのか、この際お伺いしておきたいとこのように思っております。 さらにもう一点、国の経済姿勢によって思うように景気が回復しておりません。

南相馬市議会 2003-03-17 03月17日-04号

それからもう1点は、総務常任委員会の調査報告書にございました南工業団地に対する藤倉さんの子会社ですか、フジクラエンタープライズですね。現況でわかる範囲で結構でございますので、どういったことなのかもう少し具体的にお知らせ願えればとこのように思っております。 それから、もう1点ですね。友好都市の交流事業がありますけども、瀬戸内町との問題ですけども、いろいろこう見てみますと2つの事業取り入れると。

南相馬市議会 2003-03-14 03月14日-03号

また、藤倉ゴム株式会社の子会社である藤倉エンタープライズが南工業団地に工場建設の計画もあるようですが、詳細を確認しながら進めていただきたい。 e-まちタクシー補助金の増額は、これまで無料であったNTTの回線使用料などが平成15年度から有料となるためであります。経費的には本年度から平準化し、以後町からの補助金は本年度と同額で推移するものと見込んでおります。 

  • 1
  • 2