226件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

郡山市議会 2022-12-08 12月08日-04号

また、本条例については、解説書市ウェブサイトへの掲載や公共事業従事者へのアンケート調査等を通じ、その周知を図っているところであります。 今後も指定管理者含め公契約に関わる事業者及び公契約に従事する労働者をはじめ、広く本条例の趣旨をご理解いただき、労働者の適正な労働環境確保につながるよう、様々な機会を捉えてさらなる周知に努めてまいります。 以上、答弁といたします。

郡山市議会 2022-09-22 09月22日-06号

次に、3月の常任委員会においては、引き続き事業進捗状況報告を徴し、アンケート調査等実施により、年度内の事業が完了したことを確認いたしました。 なお、委員より、システムの改善について、教員への支援体制について、質疑が交わされました。 令和3年度分の事業については、事業計画に基づき適切に実施されたと評価いたしました。 以上で報告を終わります。

会津若松市議会 2022-09-07 09月07日-一般質問-04号

まず、第7次総合計画における事務事業について、第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略に掲げる4つの柱ごとに体系し、これまでの取組検証を行うとともに、人口統計子育て世代や高校、大学生に対するアンケート調査等データを活用し、課題の洗い出しや重点施策とターゲットの絞り込みを行ったところであります。

会津若松市議会 2022-03-04 03月04日-総括質疑-06号

吉田恵三議員 消防団、分団とヒアリングであったり、アンケート、調査等を行ったという今お話がありました。改めて進め方についてお伺いするのですけれども、今回お示しいただいた資料見ますと、消防団在り方検討委員会の中の中間報告といったような形で、大きくは方向性8つの分野においてございました。

二本松市議会 2021-12-13 12月13日-02号

今後、保育者会議とかこういう方々に対しての生徒も含めてですが、アンケート調査等考えているのかどうかお伺いしたいと思います。 ◎東和支所長佐藤正弘) 議長東和支所長。 ○議長本多勝実) 東和支所長。 ◎東和支所長佐藤正弘) 東和学童保育所の移設についての今後の移転計画対応ということでございました。

南相馬市議会 2021-03-26 03月26日-06号

令和2年12月から利用者に対してアンケート調査等を行い、令和3年1月から小高区の関係団体小高老人福祉センター現状報告と今後の方針を説明し、意見を聴取しているところであるが、関係機関への説明が始まったばかりということもあり、今後については、公共施設等再編個別計画において、令和5年から令和8年の間にということで計画していることから、その間に結論を出していきたいと考えているとの答弁。 

福島市議会 2021-03-10 令和 3年 3月定例会議−03月10日-05号

児童生徒が抱える心の諸問題に対して、担任はもちろん、学年や養護教諭等とも連携し、日常的な観察アンケート調査等にも留意して、一人一人の悩みの把握対応に努めております。特にメンタルヘルスについては、専門的な見取りや対応も必要であることから、毎年、精神科医を講師とした養護教諭対象研修会を開催しております。学校では、その指導も踏まえ、児童生徒一人一人に寄り添った支援を行っております。  

福島市議会 2020-09-14 令和2年9月14日決算特別委員会経済民生分科会−09月14日-01号

なお、指定管理者制度導入施設管理運営状況にあたり、農政部指定管理者管理運営委員会による評価につきましても併せてご説明いたしましたが、評価におきましては目標値及びサービス項目達成状況を重視した評価となっておりまして、このほかにも施設管理状況サービス実施状況アンケート調査等実施状況自主事業実施及び利用者増加のための取組状況など5項目について評価しまして、5段階の総合評価を行っているところでございます

伊達市議会 2020-09-08 09月08日-02号

現在の取組でございますが、昨年度まで実施してきましたモデル事業活動実績、そして住民アンケート調査等による住民の声などを踏まえまして、モデル事業検証と新たな事業展開を検討しているところでございますが、今後の方向性といたしましては、地域による主体的な共助の取組を継続していくことができますように、年内を目途に制度設計を進めているところでございます。 以上です。 ○議長(高橋一由) 伊東議員。 

須賀川市議会 2020-06-19 令和 2年  6月 総務常任委員会-06月19日-01号

また、計画年を10年とし、中間年においては市民アンケート調査等により評価を行うとともに、計画の期間内においても、社会情勢等の変化に適応するよう必要に応じて計画見直し、修正を行うこととしております。  計画書82ページを御覧ください。  公共交通網の形成に係る基本的な方針でございますが、この基本理念としては、連携促進による持続可能な公共交通網の構築を上げております。

矢祭町議会 2020-06-19 06月19日-04号

〔「中身を」と言う人あり〕 ◎自立総務課長鈴木直人君) それで委託中身でございますが、こちらにつきましては、まずアンケート調査等につきましては町独自で、町の職員のほうで行いたいと思います。ただ、ランダムにこの抽出をする形になりますので、データのほうの抽出につきましては、こちらは委託をするという形になっております。 

郡山市議会 2020-06-19 06月19日-03号

家庭インターネット環境、タブレットを活用させていただくことになりますので、現在、アンケート調査等、家庭インターネット環境も調べさせていただいております。再度、もう少し細かい点も調査をしなければいけないものですから、今後そういったことで家庭の協力をいただくためには、やはり教育委員会のほうから学校を通しましてご家庭にお知らせ、お願いをさせていただくということで進めてまいりたいと思っております。 

福島市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会議-03月10日-04号

次に、地域協働による移動手段確保等に向けたこれまでの取組状況についての検証状況成果でありますが、大笹生地区乗合タクシーにつきましては利用者数が少なく、継続的な運行は困難であると判断されましたが、地域協議会において、運行形態見直し等地域協働移動手段確保等に向け、アンケート調査等に取り組んでおります。  

本宮市議会 2020-03-09 03月09日-03号

そこで、アンケート調査等実施して、保護者意見等も尊重しながら取り組んでいただきたいなと、こう考えております。そこで、アンケート調査実施を今後行っていく予定はあるのかないのか、ちょっとお聞きしたいと思います。 ○議長渡辺由紀雄君) 教育長。 ◎教育長青田誠君) 議員おただしの点、非常に大切な視点だと思っております。