棚倉町議会 > 2020-03-13 >
03月13日-05号

ツイート シェア
  1. 棚倉町議会 2020-03-13
    03月13日-05号


    取得元: 棚倉町議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-28
    令和 2年  3月会議          令和2年棚倉町議会定例会3月会議会議録議事日程(第5号)                    令和2年3月13日(金)午前10時開議日程第1 総務常任委員会報告日程第2 厚生文教常任委員会報告日程第3 建設経済常任委員会報告日程第4 予算特別委員会報告日程第5 議案第10号 行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律の一部改正に伴う関係条例の整備に関する条例                           (総務常任委員会付託分)日程第6 議案第11号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例                           (総務常任委員会付託分)日程第7 議案第12号 物品調達基金の設置、管理及び処分に関する条例を廃止する条例                           (総務常任委員会付託分)日程第8 議案第13号 棚倉町特定教育保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例                         (厚生文教常任委員会付託分)日程第9 議案第14号 棚倉町町営住宅条例の一部を改正する条例                         (建設経済常任委員会付託分)日程第10 議案第15号 棚倉町上水道事業設置等に関する条例の一部を改正する条例                         (建設経済常任委員会付託分)日程第11 議案第16号 棚倉町上水道給水条例の一部を改正する条例                         (建設経済常任委員会付託分)日程第12 議案第17号 令和2年度棚倉町一般会計予算                           (予算特別委員会付託分)日程第13 議案第18号 令和2年度棚倉町国民健康保険特別会計予算                           (予算特別委員会付託分)日程第14 議案第19号 令和2年度棚倉町後期高齢者医療特別会計予算                           (予算特別委員会付託分)日程第15 議案第20号 令和2年度棚倉町介護保険特別会計予算                           (予算特別委員会付託分)日程第16 議案第21号 令和2年度棚倉町簡易水道事業特別会計予算                           (予算特別委員会付託分)日程第17 議案第22号 令和2年度棚倉町公共下水道事業特別会計予算                           (予算特別委員会付託分)日程第18 議案第23号 令和2年度棚倉町農業集落排水事業特別会計予算                           (予算特別委員会付託分)日程第19 議案第24号 令和2年度棚倉町霊園整備事業特別会計予算                           (予算特別委員会付託分)日程第20 議案第25号 令和2年度棚倉町上水道事業会計予算                           (予算特別委員会付託分)日程第21 議案第26号 戸中・大岩平辺地に係る公共的施設総合整備計画の変更について                           (総務常任委員会付託分---------------------------------------本日の会議に付した事件 日程第1から日程第21まで議事日程に同じ 追加日程第1 同意第2号 棚倉町監査委員の選任について 追加日程第2 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について 追加日程第3 議案第27号 段河内平塩線法面保護工事請負変更契約締結について---------------------------------------出席議員(14名)     1番  佐川裕一議員     2番  大竹盛栄議員     3番  割栢義夫議員     4番  藤田光子議員     5番  菊池忠二議員     6番  和知裕喜議員     7番  佐藤喜一議員     8番  蛭田卓雄議員     9番  近藤正光議員    10番  古市泰久議員    11番  藤田智之議員    12番  鈴木政夫議員    13番  和知良則議員    14番  須藤俊一議員---------------------------------------欠席議員(なし)---------------------------------------地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名 町長         湯座一平     副町長        鈴木敏光 教育長        松本市郎     総務課長       緑川喜秋 税務課長       石井修司     地域創生課長     小林 弘 健康福祉課長     近藤和幸     住民課長       松崎秀昭 産業振興課長     川瀬浩二     整備課長       渡辺 守 子ども教育課長    鈴木 隆     生涯学習課長     鈴木英作 監査委員       藤田啓一朗---------------------------------------事務局職員出席者 議会事務局長     小田貴史     係長         八巻 誠 △開議 午前10時00分 △開議の宣告 ○議長(須藤俊一) これより本日の会議を開きます。 なお、職員並びに報道機関に写真の撮影を許可しておりますので、ご了承願います。---------------------------------------議事日程の報告 ○議長(須藤俊一) 本日の議事日程については、お手元に配付のとおりであります。 議案第10号から議案第16号及び議案第26号については、所管する常任委員会において、また、議案第17号から議案第25号までについては、予算特別委員会において審査されております。 これより審査結果について報告を求めます。--------------------------------------- △日程第1 総務常任委員会の報告 ○議長(須藤俊一) 日程第1、総務常任委員会の報告を行います。 審査結果について、総務常任委員会の報告を求めます。 和知裕喜総務常任委員長。     〔総務常任委員長 和知裕喜 登壇〕 ◆総務常任委員長和知裕喜) 総務常任委員会に付託されました議案を審査した結果について、棚倉町議会会議規則第77条の規定により報告します。 付託件名、議案第10号、行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律の一部改正に伴う関係条例の整備に関する条例、議案第11号、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例、議案第12号、物品調達基金の設置、管理及び処分に関する条例を廃止する条例、議案第26号、戸中・大岩平辺地に係る公共的施設総合整備計画の変更について。 付託年月日、令和2年3月4日。 審査年月日、令和2年3月5日。 審査の結果でありますが、慎重に審査したところ、議案第10号から議案第12号、議案第26号については全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定しましたので、ご報告します。 ○議長(須藤俊一) ただいま総務常任委員長から付託された議案の審査結果について報告がありました。 委員長報告に対する質疑については、議案付託前の質疑並びにそれぞれの委員会において十分議論が尽くされておりますので、委員長報告に対する質疑を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、総務常任委員長の報告に対する質疑を省略することに決定しました。--------------------------------------- △日程第2 厚生文教常任委員会の報告 ○議長(須藤俊一) 日程第2、厚生文教常任委員会の報告を行います。 審査結果について、厚生文教常任委員会の報告を求めます。 菊池忠二厚生文教常任委員長。     〔厚生文教常任委員長 菊池忠二 登壇〕 ◆厚生文教常任委員長菊池忠二) 厚生文教常任委員会に付託をされました議案を審査した結果について、棚倉町議会会議規則第77条の規定によりご報告をいたします。 付託件名、議案第13号、棚倉町特定教育保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例。 付託年月日、令和2年3月4日。 審査年月日、令和2年3月5日。 審査の結果でありますが、慎重に審査をしたところ、議案第13号については全会一致をもちまして原案のとおり可決すべきものと決定いたしましたので、ご報告をいたします。 以上です。 ○議長(須藤俊一) ただいま厚生文教常任委員長から付託された議案の審査結果に対する報告がありました。 委員長報告に対する質疑については、議案付託前の質疑並びにそれぞれの委員会において十分議論が尽くされておりますので、委員長報告に対する質疑を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、厚生文教常任委員長の報告に対する質疑を省略することに決定しました。--------------------------------------- △日程第3 建設経済常任委員会の報告 ○議長(須藤俊一) 日程第3、建設経済常任委員会の報告を行います。 審査結果について、建設経済常任委員会の報告を求めます。 藤田光子建設経済常任委員長。     〔建設経済常任委員長 藤田光子 登壇〕 ◆建設経済常任委員長藤田光子) 建設経済常任委員長報告をいたします。 建設経済常任委員会に付託されました議案を審査した結果について、棚倉町議会会議規則第77条の規定により報告いたします。 付託件名、議案第14号、棚倉町町営住宅条例の一部を改正する条例、議案第15号、棚倉町上水道事業設置等に関する条例の一部を改正する条例、議案第16号、棚倉町上水道給水条例の一部を改正する条例。 付託年月日、令和2年3月4日。 審査年月日、令和2年3月5日。 審査の結果でありますが、慎重に審査したところ、議案第14号から第16号は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしましたので、ご報告いたします。 以上です。 ○議長(須藤俊一) ただいま建設経済常任委員長から付託された議案の審査結果について報告がありました。 委員長報告に対する質疑については、議案付託前の質疑並びにそれぞれの委員会において十分議論が尽くされておりますので、委員長報告に対する質疑を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕
    ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、建設経済常任委員長の報告に対する質疑を省略することに決定しました。--------------------------------------- △日程第4 予算特別委員会の報告 ○議長(須藤俊一) 日程第4、予算特別委員会の報告を行います。 審査結果について、予算特別委員会の報告を求めます。 佐川裕一予算特別委員長。     〔予算特別委員長 佐川裕一 登壇〕 ◆予算特別委員長佐川裕一) 予算特別委員会に付託をされました議案を審査した結果について、棚倉町議会会議規則第77条の規定により報告をいたします。 付託件名、議案第17号、令和2年度棚倉町一般会計予算、議案第18号、令和2年度棚倉町国民健康保険特別会計予算、議案第19号、令和2年度棚倉町後期高齢者医療特別会計予算、議案第20号、令和2年度棚倉町介護保険特別会計予算、議案第21号、令和2年度棚倉町簡易水道事業特別会計予算、議案第22号、令和2年度棚倉町公共下水道事業特別会計予算、議案第23号、令和2年度棚倉町農業集落排水事業特別会計予算、議案第24号、令和2年度棚倉町霊園整備事業特別会計予算、議案第25号、令和2年度棚倉町上水道事業会計予算。 付託年月日、令和2年3月5日。 審査年月日、令和2年3月11日並びに12日。 審査の結果でありますが、慎重に審査したところ、議案第17号については賛成多数をもって、議案第18号から議案第25号につきましては全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定しましたので、ご報告をいたします。 以上です。 ○議長(須藤俊一) ただいま予算特別委員会委員長から付託された議案の審査結果について報告がありました。 委員長報告に対する質疑については、議会運営に関する基準95に基づき、自己の所属する委員会委員長報告については質疑しないことになっておりますので、委員長報告に対する質疑を省略します。--------------------------------------- △日程第5 議案第10号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第5、議案第10号、行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律の一部改正に伴う関係条例の整備に関する条例を議題とします。 総務常任委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第10号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程第6 議案第11号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第6、議案第11号、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。 総務常任委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第11号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程第7 議案第12号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第7、議案第12号、物品調達基金の設置、管理及び処分に関する条例を廃止する条例を議題とします。 総務常任委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第12号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程第8 議案第13号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第8、議案第13号、棚倉町特定教育保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例を議題とします。 厚生文教常任委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第13号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程第9 議案第14号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第9、議案第14号、棚倉町町営住宅条例の一部を改正する条例を議題とします。 建設経済常任委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第14号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程第10 議案第15号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第10、議案第15号、棚倉町上水道事業設置等に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。 建設経済常任委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第15号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程第11 議案第16号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第11、議案第16号、棚倉町上水道給水条例の一部を改正する条例を議題とします。 建設経済常任委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第16号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程第12 議案第17号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第12、議案第17号、令和2年度棚倉町一般会計予算を議題とします。 予算特別委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「議長」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) まず、委員長報告反対者の発言を許します。 鈴木政夫議員。     〔12番 鈴木政夫議員 登壇〕 ◆12番(鈴木政夫) 議案第17号、令和2年度一般会計予算に対する反対討論を行います。 令和2年度一般会計予算案は、歳入歳出それぞれ69億3,000万円となっておりますが、幾つかの重要な事項を指摘し、反対討論といたします。 まず、ルネサンス棚倉費として、指定管理委託料6,000万円、無利子の貸付金4,000万円、合わせて1億円の支出が今回で3回目として計上されています。この1億円は町財政を圧迫し、町民に対する施策を後退させる重大な問題であります。しかも、30年前に第三セクターとして発足した経営方針が、バブルが崩壊した今日でも継承されている問題でありますリゾートスポーツプラザが運営の基本であります。しかし、この基本方針で本当に復活できるのか、第三セクターの是非も含め、早急な見直しが必要であります。 さらに、予算案の中で大いに気になることがあります。企業誘致に関わる予算が工場誘致費として36万6,000円しか計上されておりません。今、棚倉町にとって、若い人たちが町内で働くことのできる環境をつくることは喫緊の課題であります。にもかかわらず、予算案には全く反映されておらず、真剣度が問われる問題であります。 少子化対策につきましては、子育て支援が必要不可欠であります。来年度予算では学校給食費の2割減免が実施するとの方針、大いに評価できるものであります。しかし、近隣の町村ではさらに進んだ施策が行われております。塙町では全額免除の予算が成立しております。塙町でできて棚倉町でなぜできないのか、子育て支援こんなに差があっていいんだろうかという強い思いがあります。今後、さらなる進展を期待したいと思います。 運転免許を持たない高齢者に対するタクシー券交付事業は、数ある選択肢の中でも最も適切だったというふうに思っております。しかし、その内容については改善すべき点が数々あります。しかし、今回の予算案には反映されておりません。極めて残念でありますが、引き続き十分な検討を行い、町民の要望に応えるよう、強く求めるものであります。 最後になりますが、棚高跡地の活用について、今回の一般質問でも2名の同僚議員から質問がありました。私自身もこれまでに何回か質問してきましたが、一歩も前進しておりません。極めて残念であります。 以上、令和2年度一般会計予算案に関わる問題点を指摘し、反対討論といたします。 ○議長(須藤俊一) 次に、委員長報告賛成者の発言を許します。 和知裕喜議員。     〔6番 和知裕喜議員 登壇〕 ◆6番(和知裕喜) 私は、議案第17号、令和2年度棚倉町一般会計予算に対し賛成の立場で討論をいたします。 今回の令和2年度棚倉町一般会計予算案については、歳入面では町税全般で大きく減収となり例年に増しても厳しい状況である中で、地方交付税や国・県の補助金、各種基金を有効に活用し、積極的な財源の確保に努めております。 一方、歳出面では、通学支援のためのスクールバス購入や給食費の助成、健やか赤ちゃん応援事業、小・中学校での積極的なICT活用など、子育て、教育環境の充実を図っております。 また、タクシー券助成の継続、防災計画の改定、町内の防犯灯のLED化消防施設整備森林再生事業側溝堆積物除去事業など、町民の安心・安全の強化を目指しております。 そのほか、社会資本整備総合交付金による町道の拡幅や舗装整備等の事業の継続のほか、農商工の各種産業振興事業健康増進事業修道館大学や歴史、文化、芸術等、それぞれの世代を対象とした生涯学習事業の推進を図る予算内容で、各分野における予算を確保した内容になっております。 したがいまして、厳しい財政状況はもちろん、昨年の台風災害復旧事業を行っている中でも、町民福祉の向上のため、第6次振興計画に掲げる施策実現を目指しているこの予算案を私は適切なものと考え、賛成の意を表し、討論といたします。 ○議長(須藤俊一) これで討論を終わります。 採決します。 本案は委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。     〔賛成者12名、反対者1名〕 ○議長(須藤俊一) お座りください。 起立多数であります。 よって、議案第17号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程第13 議案第18号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第13、議案第18号、令和2年度棚倉町国民健康保険特別会計予算を議題とします。 予算特別委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第18号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程第14 議案第19号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第14、議案第19号、令和2年度棚倉町後期高齢者医療特別会計予算を議題とします。 予算特別委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第19号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程第15 議案第20号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第15、議案第20号、令和2年度棚倉町介護保険特別会計予算を議題とします。 予算特別委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第20号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程第16 議案第21号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第16、議案第21号、令和2年度棚倉町簡易水道事業特別会計予算を議題とします。 予算特別委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第21号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程第17 議案第22号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第17、議案第22号、令和2年度棚倉町公共下水道事業特別会計予算を議題とします。 予算特別委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第22号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程第18 議案第23号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第18、議案第23号、令和2年度棚倉町農業集落排水事業特別会計予算を議題とします。 予算特別委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第23号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程第19 議案第24号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第19、議案第24号、令和2年度棚倉町霊園整備事業特別会計予算を議題とします。 予算特別委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第24号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程第20 議案第25号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第20、議案第25号、令和2年度棚倉町上水道事業会計予算を議題とします。 予算特別委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第25号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程第21 議案第26号の討論、採決 ○議長(須藤俊一) 日程第21、議案第26号、戸中・大岩平辺地に係る公共的施設総合整備計画の変更についてを議題とします。 総務常任委員会の審査結果は、原案のとおり可決すべきものと決定されております。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第26号は委員長報告のとおり可決されました。--------------------------------------- △日程の追加について ○議長(須藤俊一) お諮りします。 ただいま町長提出議案追加提出がありました。 同意第2号、棚倉町監査委員の選任について。 諮問第1号、人権擁護委員候補者の推薦について。 議案第27号、段河内平塩線法面保護工事請負変更契約締結についての3件であります。 この議案を日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、日程に追加し、直ちに議題とすることに決定しました。 ここで、追加議事日程表と議案の配付を行います。     〔資料配付〕---------------------------------------追加日程第1 同意第2号の上程、説明、採決 ○議長(須藤俊一) 追加日程第1、同意第2号、棚倉町監査委員の選任についてを議題とします。 議案の説明を求めます。 町長。     〔町長 湯座一平 登壇〕 ◎町長(湯座一平) 同意第2号、棚倉町監査委員の選任についてでありますが、本件につきましては、地方自治法第196条第1項の規定に基づき、議会の同意を求めようとするものであります。 このたびの選任は、今月28日をもって任期満了となる藤田啓一朗委員後任委員の選任についてであります。 藤田監査委員には、平成28年3月から、町の財務事務事業管理等につきまして、公平不偏の監査にご尽力を賜り、心から敬意と感謝を申し上げます。 さて、後任の監査委員につきましては、棚倉町大字寺山字豊岡70番地、石井重實氏、昭和29年2月5日生まれを選任いたしたく、議会の同意を求めようとするものであります。 石井重實氏は、昭和47年に東京中央郵便局に入局後、平成23年に矢祭郵便局長を退職するまで39年間、その職責を全うされました。石井氏は、会計事務等に関する知識も大変豊かであり、人格識見とも監査委員にふさわしい方でありますので、何とぞ全会一致のご同意を賜りますようお願い申し上げ、提出議案の説明といたします。 ○議長(須藤俊一) 以上で説明を終わります。 本件については人事案件でありますので、棚倉町議会運営に関する基準100の規定により、討論を行わないで採決します。 お諮りします。 本件は原案に同意することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、同意第2号は原案に同意することに決定しました。---------------------------------------追加日程第2 諮問第1号の上程、説明、採決 ○議長(須藤俊一) 追加日程第2、諮問第1号、人権擁護委員候補者の推薦についてを議題とします。 議案の説明を求めます。 町長。     〔町長 湯座一平 登壇〕 ◎町長(湯座一平) 諮問第1号、人権擁護委員候補者の推薦についてでありますが、このたび推薦を申し上げます人権擁護委員につきましては、令和2年6月30日をもって任期満了となる菅原海淳委員後任委員であります。 菅原委員には、平成23年から3期9年間にわたり人権擁護委員として基本的人権の擁護と自由人権思想普及高揚に貢献いただき、敬意と感謝を申し上げます。 さて、その後任者の推薦に当たりましては、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、人格識見ともに高く、地域の人望も厚く、広く社会の実情に精通し、人権擁護に対する理解の深い方が要請されていることから、38年間、養護学校や小学校の教員を務められ、その間校長を歴任するなど、豊富な知識と経験を有する棚倉町大字棚倉字中居野174番地5、西牧武美氏、昭和34年5月12日生まれを推薦しようとするものであります。 何とぞ全会一致のご同意を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。 ○議長(須藤俊一) 以上で説明を終わります。 本件については人事案件でありますので、棚倉町議会運営に関する基準100の規定により、討論を行わないで採決します。 お諮りします。 本案は原案に同意する意見とすることにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、諮問第1号は原案に同意する意見とすることに決定しました。---------------------------------------追加日程第3 議案第27号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(須藤俊一) 追加日程第3、議案第27号、段河内平塩線法面保護工事請負変更契約締結についてを議題とします。 議案の説明を求めます。 整備課長。     〔整備課長 渡辺 守 登壇〕 ◎整備課長(渡辺守) それでは、議案第27号、段河内平塩線法面保護工事請負変更契約締結についてご説明いたします。 本件は、令和元年6月12日、棚倉町議会の議決を受けて工事請負契約を締結した段河内平塩線法面保護工事について、下記のとおり工事請負変更契約(第2回)を締結するため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。 2、契約金額につきましては、6,009万1,900円を6,282万8,700円に変更、273万6,800円を増額しようとするものであります。 3、契約の相手方につきましては、福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字南町20番地、藤田建設工業株式会社代表取締役社長内藤勇雄であります。 主な変更の内容につきましては、伐採した支障木の産廃処分費の増及び法枠内の種子吹きつけ工について、法面の露出した岩の隆起に合わせて植生吹きつけを行うことによる施工面積の増であります。 以上で説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。 ○議長(須藤俊一) 以上で説明を終わります。 これより質疑を行います。質疑ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これより討論を行います。討論ありませんか。     〔「なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 お諮りします。 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と発言する人あり〕 ○議長(須藤俊一) 異議なしと認めます。 よって、議案第27号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------代表監査委員退任挨拶 ○議長(須藤俊一) 以上で、本定例会に付議されました案件の審議は全て終了しました。 ここで、3月28日をもって退任となります藤田啓一朗代表監査委員から退任の挨拶の申出がありましたので、発言を許可します。 藤田啓一朗代表監査委員、中央の演壇にご登壇ください。 藤田啓一朗代表監査委員。     〔監査委員 藤田啓一朗 登壇〕 ◎監査委員藤田啓一朗) ただいま議長のお許しをいただきましたので、退任に当たり、一言挨拶をさせていただきます。 私、この3月28日をもちまして、任期満了により監査委員の職を退任させていただくことになりました。 平成28年3月に就任いたしまして、今日まで4年間、監査委員として与えられました使命、行政の事務執行が条例、規則、規定を遵守し、限られた大切な町の財源が公正かつ効率的、効果的、適正に執行されているか、その扱いについて計数に誤りがないか、これらの検証、点検を全うするために私なりに最善の努力をしてまいりました。在任中、たがえなくその重責を果たすことができましたのは、湯座町長をはじめ、議会議員の皆様の温かいご指導、ご支援、ご理解をいただきまして、今日まで何とか職務を遂行させていただくことができました。心から御礼申し上げます。 また、この職をいただいてから数多くの町民の皆様に出会えたことや町のたくさんの行事に参加できたことは、私にとって宝物であります。深く感謝申し上げます。 行政におかれましても、復興対策コロナウイルス対策など、多くの諸問題に対して早期解決に邁進されることを願っています。まち・ひと・しごと創生総合戦略満了に当たり、湯座町長はじめ、皆様が町民の福祉向上、笑顔と幸せのために日々努力し、成功に導いたことは賞賛に値するものであります。 これをもって、最後の監査報告とさせていただきます。 湯座町長様、鈴木副町長様、松本教育長様、須藤議長並びに議会議員の皆様、町当局職員の皆様がご壮健でご活躍されますよう心よりご祈念申し上げ、甚だ簡単ではありますが、退任に当たり、挨拶とさせていただきます。 ありがとうございました。
    ○議長(須藤俊一) 以上で退任挨拶を終わります。 藤田啓一朗代表監査委員におかれましては、4年間、行政の監査にご尽力をいただきましたことを、私からも感謝と敬意を表する次第であります。誠にありがとうございました。 今後とも、豊かな経験を生かし、町政進展は申すまでもなく、私ども棚倉町議会に対しましてもご指導いただければ幸いと存じます。 本当にありがとうございました。--------------------------------------- △閉会の宣告 ○議長(須藤俊一) 以上で、本定例会3月会議に付議されました案件の審議は全て終了しました。 これをもって、令和2年棚倉町議会定例会3月会議を閉会とします。 長期間にわたり大変ご苦労さまでした。お疲れさまでした。 △閉会 午前10時50分地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。 令和2年3月13日        議長      須藤俊一        署名議員    割栢義夫        署名議員    藤田光子...