本宮市議会 > 2020-06-19 >
06月19日-04号

ツイート シェア
  1. 本宮市議会 2020-06-19
    06月19日-04号


    取得元: 本宮市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-06-11
    令和 2年  6月 定例会(第5回)          令和2年第5回本宮市議会定例会会議録(第10日目)◯議事日程(第4号)                    令和2年6月19日(金)午前10時開議     開議宣告日程第1 委員長報告委員長報告に対する質疑、討論、採決     (議案第45号から議案第62号までの18件、並びに陳情第2号及び陳情第3号の2件)◯本日の会議に付した事件  日程第1まで議事日程に同じ追加日程第1 議案第63号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決       議案第64号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決       発議第4号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決       発議第5号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決追加日程第2 閉会中の継続調査申出について◯出席議員(20名)     1番  磯松俊彦君      2番  根本利信君     3番  遠藤初実君      4番  馬場亨守君     5番  菊田広嗣君      6番  斎藤雅彦君     7番  石橋今朝夫君     8番  三瓶幹夫君     9番  菅野健治君     10番  橋本善壽君    11番  円谷長作君     12番  渡辺秀雄君    13番  渡辺善元君     14番  川名順子君    15番  伊藤隆一君     16番  作田 博君    17番  渡辺忠夫君     18番  国分勝広君    19番  三瓶裕司君     20番  渡辺由紀雄◯欠席議員(なし)◯説明のため出席した者  市長       高松義行君   副市長      渡辺正博君  教育長      青田 誠君   総務政策部長   柴田久幸君  財務部長     鈴木弘治君   市民部長     荒川貞伸君  保健福祉部長   坂上清彦君   産業部長     増子宗一君  建設部長     渡辺兼野君   白沢総合支所長  菅野安彦君  会計管理者    菅野秀昭君   教育部長     渡辺裕美◯事務局職員出席者  議会事務局長   柳内正美    主席主幹局長補佐議事係長                            矢吹ひろみ  主査       渡辺幸子    主事       渡邉亮太 △開議 午前10時00分 △開議の宣告 ○議長(渡辺由紀雄君) おはようございます。 出席議員が定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。 ただいまより本日の会議を開きます。-----------------------------------会議録署名議員の指名 ○議長(渡辺由紀雄君) 会議録署名議員は、前回同様   9番 菅野健治君  10番 橋本善壽君 を指名いたします。----------------------------------- △諸報告 ○議長(渡辺由紀雄君) 会議に先立ち、議長より申し上げます。 福島民報社、福島民友新聞社より、本日の会議取材のため撮影等の許可申出があり、本宮市議会傍聴規則第8条の規定に基づき、これを許可いたしましたので、ご了承願います。 また、本日の日程に追加議案として、付議案件、発議及び閉会中継続調査申出書を提出する予定であります。議会運営委員会に諮り、本日の日程に追加する予定でありますので、あらかじめ申し添えます。 次に、諸般の報告を行います。 第96回全国市議会議長会定期総会に当たり、表彰規程により、本市では正副議長表彰一般表彰において、正副議長4年以上の功績に対し渡辺秀雄議員、不肖私も、議員表彰一般表彰において、議員15年以上の功績に対し川名順子議員、また感謝状が私に授与されたところであります。 なお、表彰の伝達につきましては、議会の運営に関する基準第163の規定により、休憩の上、行いたいと思います。 ここで、表彰の伝達を行うため、暫時休憩いたします。 再開は表彰伝達終了後といたします。 △休憩 午前10時01分 △再開 午前10時11分 ○議長(渡辺由紀雄君) 休憩前に引き続き会議を行います。----------------------------------- △日程第1 委員長報告委員長報告に対する質疑、討論、採決 ○議長(渡辺由紀雄君) それでは、日程に従いまして委員長報告を行います。 所管常任委員会に付託しておりました議案第45号から議案第62号までの18件並びに陳情第2号及び陳情第3号の2件についてであります。 初めに、総務文教常任委員長に報告を求めます。 10番、橋本善壽君。     〔総務文教常任委員長 橋本善壽君 登壇〕 ◆総務文教常任委員長橋本善壽君) 令和2年6月定例会において、当総務文教常任委員会に付託されました議案6件、陳情1件について、6月17日に全委員出席の下、審査いたしましたので、その経過と結果について報告いたします。 まず、陳情第2号 地方財政の充実・強化を求める意見書提出陳情書について、執行部の出席を要請し、説明を受け、審査をいたしましたが、審査において、特に報告すべき質疑、意見等はありませんでした。その後、本陳情の取扱いについて諮ったところ、採択の上、意見書を提出すべきであると全委員の意見の一致を見た次第であります。 次に、議案第45号について執行部から説明を受け、審査いたしましたが、審査において、特に報告すべき質疑、意見等はありませんでした。 次に、議案第47号について執行部からの説明を受け、審査いたしました。 委員が、令和元年東日本台風及び新型コロナウイルス感染症緊急経済対策に係る固定資産税支援措置重複適用が可能かとただしたのに対し、執行部からは、令和元年東日本台風においては、本宮市税条例に基づき固定資産税等減免措置を行ったものである。一方、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策において、収入減となる市民、事業者の方々の支援措置として、固定資産税を含む全税目について、令和2年度においては無担保及び延滞金なしによる徴収猶予を行い、また、令和3年度においては、同経済対策にて中小企業事業者の所有する事業用資産分固定資産税軽減が可能となっているが、支援措置の年度は重ならないため、適用条件が合えば、それぞれ支援を受けることは可能であるとの答弁がありました。 次に、議案第53号について執行部からの説明を受け、審査いたしましたが、審査において、特に報告すべき質疑、意見等はありませんでした。 次に、議案第54号について執行部からの説明を受け、審査いたしました。 委員が、関連工事の入札結果についてただしたのに対し、執行部からは、入札の結果、本宮第2保育所機械設備工事については、オオナミ株式会社本宮営業所が1億780万円、落札率98.80%で、本宮第2保育所電気設備工事については、渡辺電機工業株式会社が8,250万円、落札率96.92%で、それぞれ契約の相手方に決定しましたとの答弁がありました。 次に、議案第57号について執行部から説明を受け、審査いたしましたが、審査において、特に報告すべき質疑、意見等はありませんでした。 次に、議案第58号について執行部からの説明を受け、審査いたしました。 財務部所管の審査の中で、委員が、ウェブ会議におけるモバイルルーター運用方法についてただしたのに対し、執行部からは、モバイルルーター携帯性により、様々な場所からの会議参加が可能となり、特に密になりやすい庁舎内等での会議をウェブ会議とすることで、3密を避けることを目的としているとの答弁がありました。 次に、総務政策部所管の審査の中で、委員が、記者会見での手話通訳についてただしたのに対し、執行部からは、本市で行う定例及び臨時での記者会見において、一般財団法人福島聴覚障害者協会に依頼し、年間48時間分の予算を計上しているとの答弁がありました。 次に、教育部所管の審査の中で、委員が、児童・生徒へのタブレット端末導入後の学校外での活用に向けた方針はとただしたのに対し、執行部からは、タブレット端末の活用については、プログラミング学習や調べもの学習などを前提としているが、今後、緊急時等の活用を想定し、各家庭のネット環境の有無についてアンケート調査を行っているとの答弁がありました。 最後に、討論、採決を行った結果、全ての議案に対し全委員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。 以上で、総務文教常任委員会の報告といたします。 ○議長(渡辺由紀雄君) それでは、委員長報告に対する質疑を行います。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。 次に、生活福祉常任委員長に報告を求めます。 14番、川名順子君。     〔生活福祉常任委員長 川名順子君 登壇〕 ◆生活福祉常任委員長川名順子君) 令和2年6月定例会において、当生活福祉常任委員会に付託されました議案9件について、6月17日に全委員出席の下、審査いたしましたので、その経過と結果について報告いたします。 まず、議案第45号のうち当委員会付託分について執行部から説明を受け、審査いたしました。 委員が、乳幼児健診の対応方法についてただしたのに対し、執行部からは、集団健診から施設健診とさせていただくため、医療機関と事前に入念な調整をした上で、保護者へ案内を行い、今後は状況を見ながら適切な対応を進めていくとの答弁がありました。 次に、議案第48号について執行部から説明を受け、審査いたしました。 委員が、県内の保険税統一の見通しについてただしたのに対し、執行部からは、現状では各市町村の保険税算定方式の違いや医療費水準に開きがあるため、保険税は異なっているが、将来的には県内の保険税の統一を目指すこととしているとの答弁がありました。 次に、議案第49号のうち、執行部からの説明を受け、審査いたしましたが、審査において、報告すべき質疑、意見等は特にありませんでした。 次に、議案第50号について執行部から説明を受け、審査いたしました。 委員が、減免措置の対象と期間についてただしたのに対し、執行部からは、東日本大震災により避難を余儀なくされた浪江町などの方で、本市に住民登録をしている方が対象となり、期間については、今のところ令和2年度末までとなっているとの答弁がありました。 次に、議案第51号及び議案第52号について執行部から説明を受け、審査いたしましたが、審査において、報告すべき質疑、意見等は特にありませんでした。 次に、議案第58号のうち当委員会付託分について執行部から説明を受け、審査いたしました。 市民部所管の審査の中で、委員が、新型コロナウイルス感染症に対応した避難所設置についてただしたのに対し、執行部からは、体育館などの大きな施設に誘導することや、間仕切りパーティションやテントによる飛沫感染の防止、非接触式体温計の配備、消毒の徹底などによる感染予防を図ってまいりたいとの答弁がありました。 次に、議案第59号及び議案第60号について執行部から説明を受け、審査いたしましたが、審査において、報告すべき質疑、意見等は特にありませんでした。 最後に、当委員会付託の議案9件について採決を行った結果、出席した全委員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。 以上、生活福祉常任委員会の報告とさせていただきます。 ○議長(渡辺由紀雄君) それでは、委員長報告に対する質疑を行います。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕
    ○議長(渡辺由紀雄君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。 次に、産業建設常任委員長に報告を求めます。 9番、菅野健治君。     〔産業建設常任委員長 菅野健治君 登壇〕 ◆産業建設常任委員長菅野健治君) 令和2年6月定例会において、当産業建設常任委員会に付託されました議案7件、陳情1件について、6月17日に全委員出席の下、審査いたしましたので、その経過と結果についてご報告いたします。 まず、陳情第3号 市道堀ノ内西明内線(市道120号線)及び市道高木和田線(市道17号線の一部)拡幅整備陳情書について、執行部の出席を要請し、説明を受け、審査いたしました。 委員から、本陳情箇所整備状況についてただしたのに対し、執行部からは、全延長の約3.3キロメートルのうち、市道堀ノ内西明内線県道本宮・岩代線との交差点箇所から200メートルの区間については、整備済みとなっている。残り約3.1キロメートルの区間については歩道がなく、センターラインも引かれていない状況であるとの答弁がありました。その後、執行部同行の下、市道堀ノ内西明内線及び市道高木和田線現地調査を行い、道路幅員等の確認を行いました。 本陳情の取扱いについて諮ったところ、委員から、カーブや市道との交差点箇所等の一部区間において幅員が狭まる箇所があり、拡幅整備必要性は理解できる。しかし、市全体の道路環境と比較検討した場合、ほかに整備や拡幅が必要な路線が多くあり、早急に本陳情箇所拡幅整備を実施することは困難であると考えられるため、当面は舗装修繕等の現道の維持管理を行い、安全確保を図るべきであるとの意見が出されました。 採決の結果、当委員会としては、本陳情は不採択とすべきであると全委員の意見の一致を見た次第であります。 次に、議案第45号における当委員会付託分について執行部から説明を受け、審査いたしました。 産業部所管の審査の中で、委員から、事業継続奨励金交付事業における農業者からの申請状況についてただしたのに対し、執行部からは、商工業者と同様に、新型コロナウイルス感染症により経済的影響を生じている農業者に対して支援を行うものであるが、5月8日の申請受付開始から6月17日現在までで5件となっているとの答弁がありました。 次に、議案第46号、議案第55号、議案第56号、議案第58号における当委員会付託分、議案第61号、議案第62号について執行部から説明を受け、審査いたしましたが、特に報告すべき質疑、意見等はありませんでした。 その後、当委員会付託議案7件について討論、採決を行った結果、全委員異議なく原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。 以上、産業建設常任委員会の報告といたします。 ○議長(渡辺由紀雄君) それでは、委員長報告に対する質疑を行います。 17番、渡辺忠夫君。 ◆17番(渡辺忠夫君) 委員長報告のうち、陳情第3号 市道120号線及び市道17号線の拡幅整備陳情審査の結果について質問します。 審査の結果は不採択との報告でしたが、幾つかお聞きします。 委員長報告は、委員長自らが作成したんですか、お聞きします。第1点目。 2つ目は、現地調査をしたとの報告ですが、陳情した方々の立会いの下に行ったのかどうかお聞きします。 3つ目、委員長報告は不採択との報告、審査結果の報告は、採択すべきもの、不採択にすべきものに区分して報告することになっていますが、陳情・請願の採択に当たっては、一般的には願意が妥当であるかどうか、次に実現の可能性、実現の可能性については、議会には執行権がありませんから、願意が妥当かどうかが一番の着眼点と思います。いろいろな意見が出されたのを理由に、拡幅整備必要性は理解できるとしながら、不採択にするのはおかしいと思います。 意見をつけることができるという、会議規則でうたっています。ですから、こういう場合、採択として意見をつけるべきではなかったのではないでしょうか、お聞きしておきたいと思います。 ○議長(渡辺由紀雄君) 産業建設常任委員長。     〔産業建設常任委員長 菅野健治君 登壇〕 ◆産業建設常任委員長菅野健治君) それでは、渡辺忠夫議員の質問に対しお答えをいたします。 まず、今回の委員長報告委員長が作成したのかというお話がありました。今回、併任書記と打合せをさせていただきまして、今回、私の確認の下、今回、委員長の報告を作成いたしました。併任書記と一緒に作成させていただきました。 また、陳情者で立ち会う方がいたかどうかという件に関しましては、今回、現地調査を行いましたけれども、陳情者が立ち会うことはありませんでした。 あと、3点目につきましてお答えいたしますが、私の、ちょっと補足説明を今回、再度させていただきたいと思います。 本陳情の審査に当たりまして、執行部から、本陳情箇所整備状況についての説明がありました。執行部同行の下、現地調査を行いました。現地調査においては、車窓及び3か所、1つが県道本宮線との交差点箇所から200メートル整備済みの区間、旧和木沢中学校跡地周辺であります。 2つ、東陽工業株式会社前、諏訪並びに二ッ池地内であります。 3点目、市道堀ノ内西明内線市道高木和田線接合箇所、この箇所が道路幅員も狭く、見通しも悪いところなんですけれども、道路幅員等の確認を行いました。 先ほど委員長報告で述べましたとおり、市全体の道路環境と比較検討した場合、ほかに整備や拡幅が必要な路線が多くありまして、また、本宮地区白沢地区各地区において、年次計画により幹線整備を行っており、早急に本陳情箇所拡幅整備を実施することは困難であると委員会の中で考えました。 先ほど、渡辺忠夫議員から、意見の集約、議論があったのかどうかというお話もありましたが、当面は舗装修繕等の現道の維持管理を行い、安全確保を図るべきであるのではないかということから、本常任委員会としては、本陳情については不採択とした経緯であります。 以上であります。 ○議長(渡辺由紀雄君) 17番、渡辺忠夫君。 ◆17番(渡辺忠夫君) 委員長が責任を持って書いたみたいな報告でありましたが、ただ、反対だという理由は、今委員長がお答えになりました、市全体の道路環境と比較検討した場合、他に整備や拡幅が必要な路線が多くありと、このくだりがあるわけですが、このことからいくと、大体陳情する道路というのは、地域の皆さんが願いを出すわけですね。ですから、そういうことを言った場合、何路線も採択要件はなくなると同時に、こんなことを反対の理由にするというのは、委員会としての対応のやり方が間違っているんじゃないかと思うんですね。 つまり、先ほど質問しました、願意が妥当性があるかどうか、そこによって採択か不採択か決めるというふうになっているんですよね。それをいろいろな理由をくっつけて不採択にするというのは、委員会の審査の上で、やっぱり正しくない、それは間違いの方向じゃないかと思うんですが、委員長としてはどういうふうに考えますか。 ○議長(渡辺由紀雄君) 渡辺議員に申し上げます。報告に対する質疑でありますので、その他の意見につきましては討論の中で、できればお願いしたいなと思いますので、よろしくご理解のほどお願いします。 答弁を求めますか、今の件に関して。討論でやってください。 それでは、日程に従いまして、各常任委員会に付託いたしました議案第45号から議案第62号までの18件について、討論、採決を行います。 議案第45号から議案第62号までの18件については、討論の通告がありませんでしたので、一括採決するに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議ありませんので、一括採決を行います。 議案第45号から議案第62号までの18件については、原案のとおり決するに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議なしと認め、議案第45号から議案第62号までの18件については、原案のとおり可決確定をいたしました。 以上で市長提出議案の採決は終わりました。 続いて、陳情についての採決を行います。 陳情第2号 地方財政の充実・強化を求める意見書提出陳情書は、討論を省略して採決するに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議なしと認め、採決を行います。 本陳情は、総務文教常任委員長報告のとおり採択とすることに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議なしと認め、本陳情は総務文教常任委員長報告のとおり採択と決しました。 次に、陳情第3号 市道堀ノ内西明内線(市道120号線)及び市道高木和田線(市道17号線の一部)拡幅整備陳情書は、討論を省略して採決するに異議ありませんか。     〔「異議あり」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議ありの発言がありますので、討論を行います。 初めに、産業建設常任委員長報告のとおり不採択とするに反対の諸君の発言を許します。 17番、渡辺忠夫君。     〔17番 渡辺忠夫君 登壇〕 ◆17番(渡辺忠夫君) 私は、陳情第3号について討論をいたします。 委員長報告は不採択ですが、採択すべきだと思います。委員長の報告に反対の立場ですが、第1は、陳情第3号の陳情内容は、地域の皆さん方の願いが込められ、早期に、時間はかかってもお願いしたいというような、そういう陳情者の声もあり、ぜひとも採択をすべきだと。 第2は、陳情に対する議会の対応、在り方の問題です。今回の委員長報告によると、いろいろ出された意見で不採択にするとしたわけですが、陳情の採択とは、議会が陳情内容に賛成することであります。当然ですが、不採択とは、請願内容に反対ということになるわけであります。 賛成できない理由に、陳情路線は市全体の道路環境と比較検討した場合、ほかに比べれば、もっともっとやるところがあると、幅の狭いところもある、そういうことを理由に不採択、賛成できないんだと。このことについては、交わされた意見の結果、不採択になったというふうな結果でありますけれども、この理由では、何を陳情しても不採択になってしまう、駄目になってしまう、そういうことになってしまうんではないかと。いわゆる陳情した路線が他の路線に比べて、それよりも多少ましだということになれば、採択の可能性はなくなるわけであります。 議員活動の重要な部分は陳情活動でございます。議員としての陳情や取りまとめなどをしても採択にならない、これでは活動がそがれるわけでありまして、また、当局のほうとしても、その関係道路が反対の議会の態度であれば、そこを少し工事などするかなどと思っても、議会が反対なんだからと、手も出せなくなるというふうなことになってしまうんではないかと思うのであります。 ですから、こういう場合の議会の対応というのはどうするか。それは、両者が思いどおりに活動ができるような結論の出し方でなければならないと思うわけであります。ですから、この場合、地域の願意は妥当性があると、じゃこれは採択にしようと。しかし、実際する場合には、いろんな意見が出された、その意見をつけて議会に報告をすると。こういうやり方をしなければ、議会も当局も手足が縛られたようになって、住民の願いに応える活動ができなくなってしまうんではないかと思うんですね。 そういう意味では、今回採択として、そして、意見は意見としてつけて報告をすると、こういうふうな処理の仕方が、議会の処理の仕方としては最適な仕方でないかと思うわけであります。 議員の皆さん、今回こういうふうなことで本会議に報告になったわけですが、なかなか難しいと思うんですが、ただ、願意は妥当性があるということで理解をして、委員長報告どおりではなくて、採択をするというというような方向でやって、意見は意見としてつけて報告をすると、こういう処理をするように、ぜひとも議員の皆さん方の適切なご判断をお願いして討論を終わります。 ○議長(渡辺由紀雄君) 次に、産業建設常任委員長報告のとおり不採択とするに賛成の諸君の発言を許します。 7番、石橋今朝夫君。     〔7番 石橋今朝夫君 登壇〕 ◆7番(石橋今朝夫君) 私は、陳情第3号 市道堀ノ内西明内線(市道120号線)及び市道高木和田線(市道17号線の一部)拡幅整備陳情書を不採択とすることについて、賛成の立場で討論いたします。 本陳情は、近年の交通量の増加に伴い、高齢者や子どもたちの通行の安全性が心配されることから、安全確保を図るため、拡幅整備を求めるものであります。 本陳情箇所の一部区間においては、幅員が狭まる箇所があり、拡幅整備必要性は認識しておりますが、市道全体の中で整備や拡幅が必要な箇所との道路環境を比較検討した場合、早急に全延長の拡幅整備を実施することは困難であると考えられます。そのため、当面は舗装修繕などの現道の維持管理を行うことで、高齢者や子どもたちの安全確保を図るべきであると考え、本陳情を不採択とすることに賛成するものであります。 議員の皆様方には賛同賜りますようお願い申し上げまして、賛成討論といたします。 ○議長(渡辺由紀雄君) ほかに反対討論はありませんか。     〔発言する人なし〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 次に、賛成討論はありませんか。     〔発言する人なし〕 ○議長(渡辺由紀雄君) ほかに討論はありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) これで1回目の討論を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議ありませんので、1回目の討論を打ち切ります。 それでは、2回目の討論を行います。この発言は、1回目の討論に対しての反論であります。討論に際しては、冒頭に、誰々議員の討論に反論いたしますと述べるように申し上げます。 討論はありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) これにて討論を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議ありませんので、討論を打ち切り、採決を行います。 お諮りいたします。 本陳情を産業建設常任委員長報告のとおり不採択とするに賛成の諸君の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 着席願います。 起立多数。 よって、本陳情は産業建設常任委員長報告のとおり不採択と決しました。 暫時休憩いたします。 再開は、おおむね10時50分頃といたします。 なお、休憩中に議会運営委員会を開催いたしますので、委員の方は第1・第2常任委員会室にご参集を願います。 △休憩 午前10時42分 △再開 午前11時00分 ○議長(渡辺由紀雄君) 休憩前に引き続き会議を行います。----------------------------------- △議会運営委員長報告 ○議長(渡辺由紀雄君) それでは、休憩中に議会運営委員会を開催しておりますので、日程の追加につきまして委員長より報告をいたさせます。 15番、伊藤隆一君。     〔議会運営委員長 伊藤隆一君 登壇〕 ◆議会運営委員長伊藤隆一君) ご報告申し上げます。 休憩中に議会運営委員会を開催し、議長より諮問のありました件について協議を行いました。 その内容は、付議案件2件、議員発議2件並びに各常任委員会の閉会中の継続調査申出について3件であります。 協議の結果、この際、日程に追加して審議すべきとの結論に達しましたので、何とぞご賛同賜りますようお願い申し上げ、報告といたします。----------------------------------- △日程の追加 ○議長(渡辺由紀雄君) お諮りいたします。 ただいま委員長報告のとおり、本日の日程に追加し、直ちに上程することにしたいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議なしと認め、上程することに決しました。 それでは、付議案件、発議及び閉会中の継続調査申出書案を配付いたさせます。     〔付議案件、発議及び閉会中の継続調査申出書案配付〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 配付漏れはありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 配付漏れなしと認めます。-----------------------------------委員会付託の省略 ○議長(渡辺由紀雄君) お諮りいたします。 ただいま配付いたしました議案第63号及び議案第64号並びに発議第4号及び発議第5号については、会議規則第37条第3項の規定に基づき、委員会付託を省略したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議なしと認め、委員会付託を省略することに決しました。-----------------------------------追加日程第1 議案第63号及び議案第64号の一括上程、提案理由説明、質疑、討論、採決 ○議長(渡辺由紀雄君) お諮りいたします。 議案第63号及び議案第64号を一括上程したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議ありませんので、一括上程をいたします。 書記をして朗読いたさせます。     〔書記朗読〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 提案理由の説明を求めます。 市長。     〔市長 高松義行君 登壇〕 ◎市長(高松義行君) それでは、追加議案の議案第63号の提案理由の説明をさせていただきます。 防災行政無線(固定系)本宮地区システム更新工事請負契約について。 本議案につきましては、防災行政無線(固定系)本宮地区システム更新工事の請負契約を締結するため、本宮市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。 本工事につきましては、6月11日に指名競争入札により入札を執行いたしました。入札の結果、郡山市喜久田町字双又39番地1、情報コネクト株式会社が1億6,014万200円、落札率99.8%で契約の相手方に決定いたしました。 詳細につきましては、議案第63号資料をご参照くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。 続きまして、議案第64号につきましても説明をさせていただきます。 令和2年度本宮市一般会計補正予算(第5号)について。 本議案につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響により子育て生活が困難な状況にある低所得のひとり親世帯を支援するための経費及び令和元年東日本台風により浸水被害を受けた本宮第1保育所の建築に係る経費について、早急に予算措置が必要となったため、補正をさせていただくものであります。 補正予算の内容でありますが、歳出予算においては、1つに、ひとり親世帯臨時特別給付金と、その支給に係るデータ作成等業務委託料であります。 この給付金は、国の第2次補正予算で6月12日に成立したもので、児童扶養手当を支給している世帯に対し1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円を支給するものであります。さらに、感染症の影響で家計が急変し、収入が大きく減少した方で、本年2月以降の年間収入見込み額が365万円を下回る場合なども支給対象となります。 子育てと仕事をひとりで担う低所得のひとり親世帯の方へ支給を早急に行うため、追加補正をお願いいたしたく、7月10日の支給を予定しておるところでございます。 2つに、本宮第1保育所建設のための公有財産購入費と、その造成工事に係る測量設計委託料などであります。 現在、本宮第1保育所は仮園舎で運営をしておりますが、新園舎は令和4年4月の開所を計画しており、早急に工事を進める必要があることから、追加で補正をお願いするものであります。 次に、歳入についてであります。 ひとり親世帯臨時給付金給付事業の財源として、ひとり親世帯臨時特別給付金事業費補助金並びに同事業事務費補助金を、第1保育所用地取得事業の財源として、教育施設等整備事業基金繰入金及び第1保育所用地取得事業債をそれぞれ計上したものであります。この結果、歳入歳出予算のそれぞれに1億490万円を追加するものであります。 詳細につきましては、議案第64号資料をご参照くださいますよう、よろしくお願いを申し上げます。 以上、議案の提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、お認め賜りますようお願いを申し上げます。 ○議長(渡辺由紀雄君) 議案調査のため、暫時休憩いたします。 再開は11時20分といたします。 △休憩 午前11時10分 △再開 午前11時15分 ○議長(渡辺由紀雄君) 休憩前に引き続き会議を行います。 それでは、議案第63号について質疑を行います。     〔発言する人なし〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。 議案第64号について質疑を行います。 16番、作田博君。 ◆16番(作田博君) 全員協議会の中でもいろいろお聞きした経過があるんですが、用地のすぐ近くに百日川が流れているということで、橋も狭隘である、それから、周りの道路もまた未整備になっているんですね。その辺も併せて、これから伸展されていくのか、あるいは、関根橋については、県と話合いの上で、前倒しでしていただければ大変ありがたいと思うんですが、その辺、市としてはどのようなお考えをお持ちか、ひとつお聞かせをいただきたいと思います。 ○議長(渡辺由紀雄君) 市長。 ◎市長(高松義行君) それでは、作田議員の質問にお答えさせていただきます。 まずは百日川でありますが、過日、6月の定例議会を控え、県北建設事務所長はじめ担当者、本市へおいでいただき、今本宮市内で抱えている県事業の説明を受けたところであります。 その中で、百日川のあの橋については、設計測量をしているというふうなことで、うちのほうの事情も話をしまして、そこについても優先的にやっていってもらいたいというふうなことで、話は了解をいただいたというふうに私は理解をしております。 それから、本宮小学校、舘ノ越線の今改良をしておるところでありますが、引き続き、本宮第1保育所もすぐそばに来るということでありますので、あの道路についても改良を進めていきながら、対岸のほうにつきましては住宅団地もかなり張りついてまいりました。一体とした整備が必要であろうというふうに思っておりますし、今回予定されている土地周辺につきましては、下水道の配備計画にも載っている地域であります。そういう観点からして、市のほうでも整備を総合的に進めていくことによって、土地の有効利用というふうなことが図れればいいかなというふうに考えております。 今後、河川のほうに関しましては、県としっかりと調整をさせていただきまして、長年の懸案でありますので、早急な完成に向けて頑張ってまいりたいと思っております。議員各位におかれましてもご指導、ご協力をよろしくお願い申し上げます。 以上でございます。 ○議長(渡辺由紀雄君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。 それでは、採決を行います。 お諮りいたします。 議案第63号 防災行政無線(固定系)本宮地区システム更新工事請負契約については、討論を省略して採決するに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議ありませんので、採決を行います。 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定をいたしました。 次に、議案第64号 令和2年度本宮市一般会計補正予算(第5号)については、討論を省略して採決するに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議ありませんので、採決を行います。 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定をいたしました。----------------------------------- △発議第4号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決 ○議長(渡辺由紀雄君) それでは、次に、発議第4号を上程いたします。 書記をして朗読いたさせます。     〔書記朗読〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 提案理由の説明を求めます。 15番、伊藤隆一君。     〔15番 伊藤隆一君 登壇〕 ◆15番(伊藤隆一君) 発議第4号 本宮市議会基本条例の一部を改正する条例制定について、提案理由の説明を申し上げます。 本発議につきましては、台風第19号災害対策特別委員長からの提言を受け、本宮市議会が災害の発生時に継続して担うべき役割及び責務に関する計画の規定を追加するため、条例の一部を改正するものであります。 なお、この条例は公布の日から施行するものであります。 何とぞ趣旨にご賛同賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。 ○議長(渡辺由紀雄君) それでは、発議第4号について質疑を行います。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。 それでは、採決を行います。 お諮りいたします。 発議第4号 本宮市議会基本条例の一部を改正する条例制定については、討論を省略して採決するに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議ないものと認め、採決を行います。 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定をいたしました。----------------------------------- △発議第5号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決 ○議長(渡辺由紀雄君) 次に、発議第5号を上程いたします。 書記をして朗読いたさせます。 なお、朗読は件名のみとし、意見書案の朗読を省略するに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議ありませんので、意見書案の朗読を省略することに決しました。     〔書記朗読〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 提案理由の説明を求めます。 10番、橋本善壽君。     〔10番 橋本善壽君 登壇〕 ◆10番(橋本善壽君) 発議第5号 地方財政の充実・強化を求める意見書について、提案理由の説明を申し上げます。 地方自治体の果たす役割は年々拡大し、さらに、新型コロナウイルス感染症対策や近年多発している大規模災害への対応など新たな政策課題に直面しており、限られた人材の中での運営が困難となっています。 こうした中、地方財政をターゲットとする歳出削減に向けた議論は加速しており、特に地方交付税における業務改革の取組等の成果を反映した算定は、地方財政全体の安易な縮小につながることが危惧されるものであり、不可欠なサービスが削減されれば、国民生活と地域経済に疲弊をもたらしかねません。 このため、2021年度の政府予算、地方財政の検討に当たっては、地方自治体の財政需要を的確に把握し、人的サービスとしての社会保障予算の充実、地方財政の確立を目指すことが必要であります。 何とぞご趣旨にご賛同賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。 ○議長(渡辺由紀雄君) それでは、発議第5号について質疑を行います。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。 お諮りいたします。 発議第5号 地方財政の充実・強化を求める意見書については、討論を省略して採決するに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議ないものと認め、採決を行います。 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定をいたしました。-----------------------------------追加日程第2 閉会中の継続調査申出について ○議長(渡辺由紀雄君) それでは、次に、閉会中の継続調査申出についてを議題といたします。 総務文教常任委員長生活福祉常任委員長産業建設常任委員長から、閉会中の事件について、会議規則第111条の規定により、閉会中の継続調査申出があります。 書記をして朗読いたさせます。     〔書記朗読〕 ○議長(渡辺由紀雄君) お諮りいたします。 各常任委員長からの申出のとおり、閉会中の継続調査に付すことに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(渡辺由紀雄君) 異議なしと認め、各常任委員長から申出のとおり、閉会中の継続調査に付すことに決定をいたしました。----------------------------------- △市長挨拶 ○議長(渡辺由紀雄君) それでは、市長に発言があれば、これを許します。 市長。     〔市長 高松義行君 登壇〕 ◎市長(高松義行君) 令和2年第5回本宮市議会定例会最終日に当たりまして、一言御礼の言葉を述べさせていただきたいと思います。 コロナ禍の中において、市議会におかれましては、こうしてソーシャルディスタンスをしっかりと取っていただきながら、開催にこぎ着けていただきましたこと、心より感謝を申し上げます。 執行部におきましては、通常三役、部長、次長の出席のところ、三役、部長というふうな形での対応とさせていただくことになりました。満足な形での対応ができたか分かりませんけれども、こういう状況の中で、適切な対応を取っていただきましたことに、本当に心から御礼を申し上げたいと思います。また、その中において、全議案、全員一致により可決確定いただきましたこと、併せて御礼を申し上げます。誠にありがとうございます。 初日には、遅れておりました、新しく議会出席をした職員が、この壇上においてご挨拶をさせていただくことができました。挨拶をさせていただいた職員につきましては、本当に気の引き締まる思いであったろうというふうに思います。今後とも真摯に職務に精励をさせていただきたいと思います。よろしくお願いを申し上げます。 また、本日、議会開催前に、本宮市議会議長、渡辺由紀雄様、そして、前本宮市議会副議長、渡辺秀雄様、そして、生活福祉常任委員長川名順子様、それぞれのお立場の中で、栄誉ある賞を受賞されました。心から執行部を代表し、お祝いを申し述べさせていただきたいと思います。誠におめでとうございます。今後とも、長年培っていただきましたその英知を本市発展のために、どうぞご指導いただきますよう、よろしくお願いを申し上げたいと思うところでございます。 また、議会におきましては、本宮市議会の基本条例の一部改正、これについては、災害対策の対応だというふうに理解をしております。それから、地方財政の強化、本当に今大切なことであります。議会の皆様方、そういう形の中で、基本条例の改正に着手をいただいた、そして国に声を上げていただいたこと、本当にありがたく思うところであります。 本市におきましては、約1か月半過ぎました、コロナウイルスの感染者が出ておりません。これは、市民一人一人の皆様方の注意とご協力によるたまものと感謝を申し上げるところであります。議会の皆様にも適切にご指導賜りましたこと、心より御礼を申し上げます。 しかし、残念ながら、先日21日ぶりに福島県で感染者が確認をされました。本宮市は、昨日ですか、19日、首都圏、それから北海道含めて、全地域の移動が可能になったというふうなことで、より一層気を引き締めながら、ただ、片一方で、普通の生活を取り戻す努力をしていかなければならないというふうに考えております。 状況は、今までコロナウイルスに感染しないようにと、そこを目標にしていた以上に難しいというふうに思っております。感染せずに普通の生活を取り戻すこと、これを最大の目標としながら、「コロナはまだそこに!新しい生活様式で注意しながら普通の暮らし」、これをスローガンとして、市民の皆様方にご理解いただきながら、元気ある本宮市を構築してまいりたいと思っております。 議員の皆様方におかれましても、本市発展のために、さらなるご助言、ご指導、ご協力賜りますよう、そして限りないご活躍をお祈り申し上げまして、御礼の挨拶といたします。 長くなりまして大変申し訳ございません。ありがとうございました。----------------------------------- △閉会の宣告 ○議長(渡辺由紀雄君) 以上をもちまして、本議会の日程全部を終了いたしましたので、第5回本宮市議会定例会を閉会といたします。 ご苦労さまでした。 △閉会 午前11時33分地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。   本宮市議会議長   本宮市議会副議長   本宮市議会議員   本宮市議会議員...