二本松市議会 > 2021-06-14 >
06月14日-05号

ツイート シェア
  1. 二本松市議会 2021-06-14
    06月14日-05号


    取得元: 二本松市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-10-02
    令和 3年  6月 定例会(第4回)          令和3年6月14日(月曜日)---------------------------------------出席議員(22人)    1番 堀籠新一   2番 坂本和広   3番 斎藤 徹    4番 佐久間好夫  5番 佐藤運喜   6番 鈴木一弘    7番 石井 馨   8番 加藤建也   9番 本多俊昭   10番 熊田義春  11番 小野利美  12番 安齋政保   13番 佐藤 有  14番 菅野 明  15番 小林 均   16番 平 敏子  17番 野地久夫  18番 平塚與志一   19番 斎藤広二  20番 佐藤源市  21番 平栗征雄   22番 本多勝実欠席議員(なし)---------------------------------------事務局職員出席者   議会事務局長   渡辺誠一     総務係長     遊佐真理   議事調査係長   鴫原久勝     書記       久保 賢   書記       田神 亮     書記       安齋友裕   書記       高野寛正     書記       斎藤大樹   書記       武田光司---------------------------------------地方自治法第121条による出席者   市長          三保恵一   副市長         齋藤源次郎   教育長         丹野 学   総務部長        中村哲生   秘書政策課長      佐藤秀大   財政課長        安田憲一   人事行政課長併任                      選挙管理委員会事務局長 岡村 厚   税務課長        土屋健二   市民部長        佐藤吉浩   生活環境課長      伊藤雅弘   市民課長        高橋祐子   国保年金課長      二階堂恵一   保健福祉部長      佐々木幹夫  福祉課長        阿部清久   子育て支援課長     加藤珠美   高齢福祉課長      大内真利   健康増進課長      騎西東五   産業部長        荒木光義   農業振興課長      遠藤吉嗣   商工課長        遊佐清作   観光課長        鈴木達也   建設部長        磯川新吾   土木課長        鈴木喜代一   都市計画課長      菊地 智   建築住宅課長      福山佳男   上下水道課長      佐藤紀行   会計管理者       篠塚 浩   監査委員事務局長    伊藤 茂   農業委員会事務局長   高根功幸   教育部長        内藤徳夫   教育総務課長      石井栄作   学校教育課長      安齋憲治   生涯学習課長      服部憲夫   文化課長        鈴木啓樹   安達支所長       高野淳一   安達支所地域振興課長  佐藤幸夫   岩代支所長       塩田英勝   岩代支所地域振興課長  下村 覚   東和支所長       佐藤正弘   東和支所地域振興課長  武田幸喜---------------------------------------議事日程第5号 令和3年6月14日(月) 午前10時開議 日程第1 加藤建也君に対する懲罰の件 散会---------------------------------------本日の会議に付した事件 議事日程に同じ---------------------------------------会議の経過 〔開議机上配付資料 議事日程第5号、懲罰動議〕 ○議長本多勝実) おはようございます。 本日は、休会の日でありますが、議事都合により、特に会議を開くことにいたしました次第であります。 これより本日の会議を開きます。                          (宣告 午前10時00分) ○議長本多勝実) 議員出席状況報告いたします。 現在出席議員22人、全員であります。 よって、会議の定足数に達しておりますので、本会議は成立いたしました。 ○議長本多勝実) 本日の議事日程は、お手元配付いたしました日程第5号のとおりであります。 ○議長本多勝実) なお、傍聴の方に申し上げます。 本日、議場内の撮影は許可しておりませんので、よろしくお願いいたします。 ○議長本多勝実) 議事日程に従い、加藤建也君に対する懲罰の件について、議題といたします。 去る6月9日、18番平塚與志一君ほか2人から、会議規則第160条第1項の規定による、8番加藤建也君に対する懲罰動議提出されました。 本件は、8番加藤建也君一身上に関する事件でありますので、地方自治法第117条の規定に基づき、8番加藤建也君退席を求めます。 暫時休憩いたします。                          (宣告 午前10時01分) ○議長本多勝実) 再開いたします。                          (宣告 午前10時01分) ○議長本多勝実) 休憩前に引き続き会議を開きます。 これより動議提出者説明を求めます。 18番平塚與志一君。 ◆18番(平塚與志一) 議長、18番。 ○議長本多勝実) 18番平塚與志一君、登壇してご発言ください。          (18番 平塚與志一 登壇) ◆18番(平塚與志一) 加藤建也君に対する懲罰動議。 次の理由により、加藤建也君懲罰を科したいので、地方自治法第135条第2項及び会議規則第160条第1項の規定により動議提出いたします。 理由。去る6月7日に、二本松市議会会議において、8番加藤建也君一般質問発言中に、議長注意を受けたにもかかわらず、会議規則に定める質問範囲を超え、特定私人人格人権を著しく毀損した発言を繰り返したことは、市議会にあってはならないことである。これらは、会議規則違反はもとより、地方自治法第132条の規定に違反し、当市議会の名誉を著しく汚したものである。また、私人名誉毀損基本的人権が著しく侵害されたものであります。 よって、地方自治法第134条、同第135条の規定により、懲罰を科し、議会の品位、秩序を維持しようとするものであります。 ○議長本多勝実) 以上で、動議提出者説明は終わりました。 ○議長本多勝実) 8番加藤建也君から一身上に関する弁明発言をしたい旨、申し出がありますので、この際、これを許可することにご異議ございませんか。          (「異議なし」との声あり) ○議長本多勝実) ご異議なしと認めます。 よって、8番加藤建也君一身上に関する弁明発言を許可することに決しました。 暫時休憩いたします。                          (宣告 午前10時05分) ○議長本多勝実) 再開いたします。                          (宣告 午前10時06分) ○議長本多勝実) 休憩前に引き続き会議を開きます。 8番加藤建也君一身上に関する弁明を許可いたします。          (8番 加藤建也 登壇) ◆8番(加藤建也) ただいま、二本松市議会議員加藤建也提出されました懲罰動議について、弁明をさせていただきます。 一つに、この動議の中には、議長注意を受けたにもかかわらず、発言を繰り返したとありますが、私は議長から注意があったときに、真摯に受け止めますと言って発言をやめているので、この指摘には当たりません。 次に、特定私人人格人権を著しく毀損したとあるが、特定の人の名前を私はあげていないので、この指摘にも当たらない。給与の問題は、誰が要請して、誰が起案して、誰が決裁して理事会にかけたのか、市の対応を聞いたので、私の私人の問題ではありません。DMO内の暴言の問題は、その方は、私は市長スポークスマンで、私の言葉市長言葉だと言っていることについては、私はその方にスポークスマンとしての権限を与えたのかと市長にただしたのであって、その方を毀損することは言っていません。その暴言女性蔑視発言については、私は追及するものではないと明確に言っています。さらに、市からの人材派遣と事務所の問題については、あくまでも市の内部の事務処理について質問しました。だから一般質問範囲内であります。 最後に、私は個人名もあげていませんし、議長注意を真摯に受け止めたし、それから全ての質問市内部事務処理対応について質問したものであり、一般質問範囲内であると思っております。 よって、懲罰には値しないと考えます。 以上です。 ○議長本多勝実) 以上で、8番加藤建也君一身上に関する弁明発言は終わりました。 加藤建也君退席を求めます。 暫時休憩いたします。                          (宣告 午前10時09分) ○議長本多勝実) 再開いたします。                          (宣告 午前10時10分) ○議長本多勝実) 休憩前に引き続き会議を開きます。 これより動議提出者説明に対する質疑を許します。 質疑なさる方ございますか。          (「質疑あり」との声あり)
    議長本多勝実) 質疑なさる方がございますので、質疑通告を受けるため、暫時休憩いたします。                          (宣告 午前10時10分) ○議長本多勝実) 再開いたします。                          (宣告 午前10時11分) ○議長本多勝実) 休憩前に引き続き会議を開きます。 動議提出者、18番平塚與志一君、ご登壇ください。          (18番 平塚與志一 登壇) ○議長本多勝実) 質疑通告がございますので、順次発言を許します。 17番野地久夫君。 ◆17番(野地久夫) 議長、17番。 ○議長本多勝実) 野地久夫君。          (17番 野地久夫 登壇) ◆17番(野地久夫) 加藤建也君に対する懲罰動議説明に対する質疑を行います。 1点目、会議規則に定める質問範囲を超え、特定私人人格人権を著しく毀損した発言を繰り返したとはどのようなことか、どの部分か。 続きまして2点目、地方自治法第132条の規定に反し、当市議会の名誉を著しく汚したとはどのようなことか、どの部分か伺います。 ○議長本多勝実) 17番野地久夫君の質疑に対する動議提出者答弁を求めます。 ◆18番(平塚與志一) 議長、少しお待ちください。 ○議長本多勝実) はい。 暫時休議します。                          (宣告 午前10時15分) ○議長本多勝実) 再開いたします。                          (宣告 午前10時16分) ○議長本多勝実) 暫時休憩いたします。 ちょっとお待ちください。 再開は10時30分といたします。                          (宣告 午前10時16分) ○議長本多勝実) 再開いたします。                          (宣告 午前10時30分) ○議長本多勝実) 休憩前に引き続き会議を開きます。 先ほどの17番野地久夫君の質疑答弁動議提出者に求めます。 ◆18番(平塚與志一) 議長、18番。 ○議長本多勝実) 平塚與志一君。          (18番 平塚與志一 登壇) ◆18番(平塚與志一) 質疑の1項目め会議規則に定める質問範囲を超え、特定私人人格人権を著しく毀損した発言は、どのようなことかにお答えいたします。先ほども理由に申し上げたとおり、一私人の名誉を毀損基本的人権が著しく侵害されたと判断したからであります。 また2番、地方自治法第132条の規定に違反し、当市議会の名誉を著しく汚したとは、どのようなことか、どの部分かについても、私人の名誉を毀損基本的人権が著しく侵害されたと判断したからであります。 以上です。 ○議長本多勝実) 野地久夫君、再質疑ございますか。 ◆17番(野地久夫) 議長、17番。 ○議長本多勝実) 野地久夫君。          (17番 野地久夫 登壇) ◆17番(野地久夫) ただいま答弁いただきました。 私は、具現的に議事録等でどの部分を値するのかと聞いたわけでございますが、次の質疑はいたしません。 ○議長本多勝実) 以上で、17番野地久夫君の質疑を打ち切ります。お戻りください。          (17番 野地久夫 自席へ移動) ○議長本多勝実) 以上で、質疑は終わりました。 動議提出者説明に対する質疑を終結いたします。 ○議長本多勝実) お諮りいたします。 懲罰動議につきましては、その提出とともに、委員会条例第7条第1項の規定により、懲罰特別委員会が設置されたこととなり、また、会議規則第161条の規定により、委員会付託を省略して議決できないことになっております。 よって、本動議懲罰特別委員会に付託して審査することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。          (「異議なし」との声あり) ○議長本多勝実) ご異議なしと認めます。 よって、本動議については、懲罰特別委員会に付託して審査することに決しました。 ○議長本多勝実) 8番加藤建也君除斥を解きます。 暫時休憩いたします。                          (宣告 午前10時32分) ○議長本多勝実) 再開いたします。                          (宣告 午前10時34分) ○議長本多勝実) 休憩前に引き続き会議を開きます。 懲罰特別委員会委員の定数は、委員会条例第7条第2項の規定により、8人となっております。 特別委員選任を行います。 ただいま選任第2号を配付いたさせます。          (選任第2号 配付) ○議長本多勝実) 配付漏れはございませんか。          (「なし」との声あり) ○議長本多勝実) 懲罰特別委員会委員については、委員会条例第8条の規定により、お手元配付いたしました選任第2号のとおり8名の諸君を指名いたします。 この際、委員会条例第10条第1項の規定により、懲罰特別委員会を招集いたしますので、直ちに議会運営委員会室にご参集の上、委員会条例第9条の規定により、委員長及び副委員長互選をお願いいたします。 なお、人選決定次第、報告をお願いします。 議事運営都合上、暫時休憩いたします。                          (宣告 午前10時35分) ○議長本多勝実) 再開いたします。                          (宣告 午前11時00分) ○議長本多勝実) 休憩前に引き続き会議を開きます。 この際、諸般報告を行います。 懲罰特別委員会から、委員長及び副委員長互選の結果が報告され、お手元配付いたしました議長提出報告第2号のとおりであります。 この際、懲罰特別委員会委員長及び副委員長就任挨拶を許します。ご登壇ください。          (懲罰特別委員会委員長及び副委員長 登壇) ○議長本多勝実) 順次発言を許します。 ◆懲罰特別委員長堀籠新一) 一言ご挨拶をさせていただきます。 ただいま特別委員会が開催されまして、委員皆さん互選によりまして、委員長選任をいただきました堀籠新一でございます。 もとより、そのような器ではございませんが、委員会皆さん方のご協力ご指導の下、また、私の体験したことのない委員会でございますが、皆さん方のご指導をいただきながら、職を全うしたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ◆懲罰特別副委員長鈴木一弘) ただいま副委員長選任をされました鈴木一弘でございます。 委員長をしっかりと補佐し、慎重審議に努めてまいりたいと考えております。 よろしくお願いいたします。 ○議長本多勝実) 以上で、懲罰特別委員会委員長及び副委員長就任挨拶は終わりました。 ○議長本多勝実) 以上で、諸般報告は終わりました。 ○議長本多勝実) 以上で、本日の日程は終了いたしました。 これより懲罰特別委員会であります。 なお、本会議再開は、明日15日午後2時からであります。 ○議長本多勝実) 本日は、これをもって散会いたします。                          (宣告 午前11時02分)...