ツイート シェア
  1. 須賀川市議会 2020-05-12
    令和 2年  5月 予算常任委員会−05月12日-01号


    取得元: 須賀川市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-06-26
    令和 2年  5月 予算常任委員会−05月12日-01号令和 2年  5月 予算常任委員会             須賀川市議会予算常任委員会会議録 1 日  時  令和2年5月12日(火曜日)         開 会  11時39分         閉 会  11時45分 2 場  所  須賀川市議会議場 3 出席委員  石 堂 正 章     深 谷 政 憲     堂 脇 明 奈         斉 藤 秀 幸     高 橋 邦 彦     浜 尾 一 美         熊 谷 勝 幸     小 野 裕 史     鈴 木 洋 二         大 柿 貞 夫     大河内 和 彦     溝 井 光 夫         横 田 洋 子     佐 藤 栄久男     安 藤   聡         本 田 勝 善     大 寺 正 晃     広 瀬 吉 彦         佐 藤 暸 二     加 藤 和 記     市 村 喜 雄         鈴 木 正 勝     大 内 康 司 4 欠席委員  なし
    5 説明員   財務部長      野 沢 正 行   市民福祉部長    野 崎 秀 雄         財政課長      和 田   靖   社会福祉課長    伊 勢 邦 宏 6 事務局職員 主任主査兼調査係長 島 田   聖   主任        藤 田 昌 利         会計年度任用職員  石 澤 友 美 7 会議に付した事件  別紙のとおり 8 議事の経過  別紙のとおり                        予算常任委員長   石 堂 正 章      午前11時39分 開会 ○委員長(石堂正章) 改めまして、おはようございます。  委員並びに当局の皆様には、御参集いただきまして誠にありがとうございます。  それでは、ただいまから予算常任委員会を開会いたします。  出席委員は定足数に達しております。 ───────────────────── ◇ ──────────────────── ○委員長(石堂正章) 本日、当委員会に付託された事件は、お手元の審査事件に記載のとおり、議案第59号であります。  ここで、本委員会における審査方法についてお諮りいたします。  付託された議案を議題とし、議案の説明を省略し、質疑を行います。  付託議案に対する質疑終結後、討論、採決を行います。  以上を補正予算の審査方法とすることに御異議ございませんか。      (「異議なし」の声あり) ○委員長(石堂正章) 御異議なしと認めます。  それでは、議案第59号 令和2年度須賀川市一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。  本案については、先ほど議場において説明を受けておりますので、直ちに質疑に入ります。  質疑ありませんか。 ◆委員(溝井光夫) これから申請とかの事務が始まるわけなんですけれども、辞退しますという場合は辞退で終わるんでしょうけれども、もし寄附しますという申出があった場合に、そういった受皿的な考え方というのは、どのように、何かお考えがあるのか伺います。 ○委員長(石堂正章) ただいまの溝井委員の質疑に対し、当局の答弁を求めます。 ◎社会福祉課長伊勢邦宏) 今回、申請書を出していただくことによって支給ということになりますが、自主的な辞退の場合は、申請書を出していただかない場合は辞退という形に認められると思いますが、寄附につきましては、従前の市での受入れの形を取るというふうになるかと考えております。  以上であります。 ○委員長(石堂正章) ほかにありませんか。 ◆委員(大河内和彦) 同じく特別定額給付金給付費の部分なんですけれども、基準日が4月27日ということで、それ以降、残念ながらお亡くなりになられた方とか、そういった場合の取扱いというのはどういったふうになるのでしょうか。 ○委員長(石堂正章) ただいまの大河内委員の質疑に対し、当局の答弁を求めます。 ◎社会福祉課長伊勢邦宏) ただいまの御質疑にお答えをいたします。  今般、世帯主が基準日以降に申請を行うことがなく死亡した場合については、その世帯のうちから、新しい世帯主となった方が申請をして給付を受けることになります。ただし、単身世帯の場合には、世帯主が死亡した時点で実務的には給付は発生しないということになります。  また、申請をした後にお亡くなりになった場合には、当該世帯主に対しての給付は実施されます。その部分については、通常の相続財産という形になる予定でございます。単身世帯の場合も同様でございます。  以上であります。 ○委員長(石堂正章) ほかにありませんか。      (「なし」の声あり) ○委員長(石堂正章) なければ、これにて質疑を終結いたします。  これより議案第59号の討論に入ります。  討論ありませんか。      (「なし」の声あり) ○委員長(石堂正章) なければ、これにて討論を終結いたします。  これより、議案第59号 令和2年度須賀川市一般会計補正予算(第4号)を採決いたします。  お諮りいたします。  本案については、原案のとおり可決すべきものと決することに御異議ありませんか。      (「異議なし」の声あり) ○委員長(石堂正章) 御異議なしと認めます。  よって、本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上で、当委員会に付託となりました議案の審査は終了いたしました。  この際、お諮りいたします。  本日の会議結果の正副議長報告及び審査の経過と結果についての委員長報告については、正副委員長に御一任いただきたいと思います。これに御異議ありませんか。      (「異議なし」の声あり) ○委員長(石堂正章) 御異議なしと認め、そのようにさせていただきます。  これにて予算常任委員会閉会いたします。  お疲れ様でした。      午前11時45分 閉会 ───────────────────── ◇ ──────────────────── 須賀川市議会委員会条例第32条の規定により署名する。   令和2年5月12日        須賀川市議会 予算常任委員長     石  堂  正  章...