ツイート シェア
  1. 須賀川市議会 2019-09-12
    令和 元年  9月 文教福祉常任委員会−09月12日-01号


    取得元: 須賀川市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-26
    令和 元年  9月 文教福祉常任委員会−09月12日-01号令和 元年  9月 文教福祉常任委員会           須賀川市議会文教福祉常任委員会会議録 1 日  時  令和元年9月12日(木曜日)         開 会  13時51分         閉 会  14時05分 2 場  所  須賀川市議会委員会室2 3 出席委員  大 寺 正 晃     石 堂 正 章     堂 脇 明 奈         浜 尾 一 美     熊 谷 勝 幸     深 谷 政 憲         五十嵐   伸     加 藤 和 記 4 欠席委員  なし 5 事務局職員 庶務係長     渡 辺 靖 子    嘱託職員      石 澤 友 美 6 会議に付した事件  別紙のとおり
    7 議事の経過  別紙のとおり                        文教福祉常任委員長   大 寺 正 晃                        臨時委員長       加 藤 和 記      午後 1時51分 開会 ○臨時委員長(加藤和記) ただいまから、文教福祉常任委員会を開会いたします。 ───────────────────── ◇ ──────────────────── ○臨時委員長(加藤和記) 委員会条例第11条第2項の規定により、委員長が互選されるまでの間、私が委員長の職務を行いますので、御了承願います。  委員長の互選を議題といたします。  お諮りいたします。互選の方法は、いかがいたしますか。 ◆委員(五十嵐伸) 指名推薦でお願いいたします。 ○臨時委員長(加藤和記) 指名推薦という意見がありますが、これに御異議ありませんか。 ◆委員(石堂正章) 指名推薦も通常の方法だと思うのですが、選挙という方法もありますので、是非とも意思を示すためにも、選挙という方法がいいかなと思いますので、提案させていただきます。 ○臨時委員長(加藤和記) 今、投票との意見が出ましたので、互選の方法は投票によることに決しました。投票用紙を配布させることにいたします。  念のため申し上げます。投票は、単記無記名であります。投票用紙に、委員長候補者の氏名を記載の上、投票願います。  まず、投票箱を改めさせていただきます。それでは、順次投票をお願いいたします。  投票漏れはありませんか。      (「なし」の声あり) ○臨時委員長(加藤和記) 投票漏れなしと認め、投票を終了いたします。それでは開票をいたします。   それでは、開票の結果を報告いたします。投票総数8票。うち、有効投票数8票、無効投票数ゼロ。有効投票中、大寺正晃委員に5票。石堂正章委員が3票。以上のとおりであります。   今回、委員長に大寺正晃委員が投票で選ばれたわけですけれども、一応、大寺委員には、いろいろこれまであったわけでありますが、我が会派ではちょっと、大寺委員には自粛するべきではないのかなという意見が大変強くございましたのですが、大寺委員に対しては、その辺について話をお伺いできればと思いますので、よろしくお願いします。 ◆委員(五十嵐伸) 委員長、すみません。今、投票で決まった状況ですので、そういう部分を各委員に求めるというのは、私はいかがなものかなと思うのですけれども、就任の御挨拶という程度ではあります。大寺委員については、本人ではなくて、私ら会派のほうでも、その辺は議論してちゃんとしておりますので、就任の御挨拶をしていただくような形であればいいと思います。 ○臨時委員長(加藤和記) 分かっています。ただ、会派としては分かっているのだけど、議会として、ここで大寺委員の話を私は1回聞いてから、就任の挨拶というふうに思いますので、その辺は大寺委員はどう思っているのか、聞いておきたいなと思います。 ◆委員(大寺正晃) この委員会の場で、このような機会を頂きまして、ただこの発言が適当かどうかはちょっと分かりませんけれども、今の状況での私の考えを申し述べさせていただきます。   先日行われました市議会議員選挙、まずそこに出るかどうかから、私、大変悩んだところであります。支持者、後援会の支持者の皆さん、市民の皆さんの中で、私の支持者の方々と三度ほど、相談させていただきました。  その中で、要点を申し上げますと、もちろん、須賀川市議会という中の議員として、その家族ということで、イメージダウンには、もちろんなったというのは重々承知してますし、申し訳ないことだと思っております。  それを踏まえましても、一つはお互いに独立した大人で、弟といっても独立した大人で、お互いに別の会計、生活をしているということ。それから、もう一つは、新聞には報道になりましたが、あくまでも被疑者ではなくて容疑者であって、まだ何もそれ以上の進展がないということ。その二つを踏まえまして、私の支援者からは、是非それを払拭できるような活動をしてほしいという、逆に力強い後押しをしていただきまして、立候補させていただきました。  議員として、憲法法律、また条令を一番身近にいる身としましても、人権という問題からも、まだ容疑者という部分で、私は問題はないものと考えておりますし、また、もし何かありましたらば、そのときはおわびは申し上げますが、私としてはもう、独立した一人の大人として、ある程度の一線を引いて生活しておりますので、その辺は支援者の方々の言うとおり、問題はないというスタンスで、全力を尽くしたいと思っておりますので、委員長の会派の皆さんにも、どうぞ御理解をいただきたいと思います。以上であります。 ○臨時委員長(加藤和記) ありがとうございました。ただいまの選挙法定得票数は、2票であります。よって、大寺正晃委員が委員長に当選されました。それでは委員長より、就任の御挨拶をお願いいたします。 ○委員長(大寺正晃) ただいま、委員長を仰せつかりました大寺正晃でございます。ただいま御説明したとおり、一生懸命頑張るつもりであります。  皆さんに迷惑のかからないように、はもとより、皆さんで一致団結して、昔は教育福祉常任委員会でありましたが、そこに文化という、初めて加わった委員会でありますので、皆さんで御支援をいただきながら、運営していきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○臨時委員長(加藤和記) それでは、委員長を交代いたします。 ○委員長(大寺正晃) それでは引き続き、副委員長の互選を議題といたします。互選の方法について、お諮りいたします。副委員長の互選の方法は、いかがいたしますか。 ◆委員(五十嵐伸) 委員長指名でお願いします。 ○委員長(大寺正晃) ただいま、委員長指名という意見がありますが、これに御異議ありませんか。      (「異議なし」の声あり) ○委員長(大寺正晃) 御異議なしと認め、私から推薦させていただきます。それでは、石堂正章委員を副委員長に指名いたします。ただいまの指名に御異議ありませんか。      (「異議なし」の声あり) ○委員長(大寺正晃) 御異議なしと認めます。よって、石堂正章委員が副委員長に当選されました。ここで副委員長より、就任の御挨拶をお願いいたします。 ○副委員長(石堂正章) ただいま、委員長指名ということで副委員長に指名いただきました。謹んでお受けさせていただきます。文教福祉常任委員会、新しい名称になりましたが、精一杯頑張らせていただき、委員長を補佐しながら、一生懸命頑張らさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 ○委員長(大寺正晃) それでは、副委員長ともども、よろしくお願い申し上げます。これにて文教福祉常任委員会閉会いたします。   御苦労様でした。      午後 2時05分 閉会 ───────────────────── ◇ ──────────────────── 須賀川市議会委員会条例第32条の規定により署名する。   令和元年9月12日        須賀川市議会 文教福祉常任委員長     大 寺  正 晃               臨時委員長         加 藤  和 記...