69件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2030-06-13 06月13日-07号

本市におきましても、税額控除申請受け付け事務などについてアウトソーシングRPA活用マニュアル化などの検討を進め、効率的な事務執行を図ってまいります。 本市としては、引き続き、基準を遵守した上でさまざまな観点から魅力的な返礼品の掘り起こしを進めまして、ふるさと納税を通じて北九州市を応援してくれる人の裾野を更に広げていきたいのであります。 

小郡市議会 2022-06-19 06月19日-04号

どこかで投資をしていかなきゃいけないというふうに思うんですが、RPAというソフトが今各自治体、特に私たちのような6万、7万、8万の自治体で今物すごく活用が進められていこうとしておりますが、そういうふうなRPAに関する導入に関しての検証検討などは今後されていくつもりがあるのかだけお尋ねしたいと思います。 ○入江和隆議長 答弁を求めます。 山下経営政策部長

小郡市議会 2021-12-16 12月16日-03号

職員研修の中で、これはぜひ来年度以降取り入れていただきたいなというものが1件ありまして、もう既に研修をされてたら済いません、よく今言葉だけ先行してます、RPAとかありますよね。いろんな県とか高知とかで結構先行して今入れておられます。

大牟田市議会 2020-12-13 12月13日-01号

総務費におきましては、パソコン操作自動化するRPAソフトウェアを導入し、介護保険業務等の4業務について業務効率化による費用効果検証を行うこととし、所要の経費を計上いたしております。 民生費におきましては、10月に施行された幼児教育・保育の無償化について、当初予算にその費用を見込んでおりませんでしたので、給付及び事務に係る経費を計上いたしております。 

北九州市議会 2020-12-06 12月06日-03号

これを受けて、先進的な自治体ではAIRPA導入を積極的に推進し、事務効率化、住民の利便性向上につなげる取り組みが進んでおります。 一方、報告書では、AIRPAなど先進技術の適用については、既に先進的な自治体を中心に導入が進んでいるが、多くは実証段階であり、本格導入が進んだ際の予算の確保が課題とされております。

小郡市議会 2020-09-24 09月24日-05号

AI活用を含めてクラウド活用、それからRPA活用などさまざまなものがもたらされているんですが、ここでもちろん事務事業に関するアウトソーシング1つスマート自治体の持てるアイテムだとは思っているんですが、これをするに当たっても今何が重複作業であるのか、どの作業にどれだけの時間がかかっているのかを本当に検証しなければ削減効果の期待は全くできないというふうに思いますが、そういうところで具体的に調査

北九州市議会 2020-06-26 06月26日-08号

働き方改革を推進するため、持続可能な仕事見直し一環として、AIRPA等を活用した業務効率化生産性向上が取り組まれます。北橋市長が掲げる人に優しく元気なまちづくりの総仕上げとして各種政策が推進されることを期待します。 以上が主な事業となります。現在、本市の解決すべき課題は、何といっても人口減少であります。

宗像市議会 2020-03-25 宗像市:令和2年第1回定例会(第6日) 本文 開催日:2020年03月25日

行財政改革推進費では、RPA導入による事務短縮化やLINEを活用した市政情報等の配信の実証実験公共施設のPPP、またPFI導入可能性調査を実施する。また、公共施設民活化複合化、複数の公共施設を包括して維持管理を委託する手法を検討する。SDGs取り組みは、市内外関係者を巻き込みながら関連事業予算で推進する。  定住化推進事業費では、賃貸住宅家賃補助制度新規認定を廃止する。

古賀市議会 2020-03-25 2020-03-25 令和2年第1回定例会(第4日) 本文

市民ニーズ多様化、複雑化する中、限られた経営資源を最大限に活用するため、最新技術であるAIRPAなどを駆使し、抜本的な業務効率化生産性向上を図るとのこと。意欲は評価できますが、その前提にはまずは人があっての仕事です。市職員意欲を持って行政運営に誇りを持って働きたくなるマネジメントを行っていただく必要があると思います。

糸島市議会 2020-03-16 令和2年 第1回糸島市議会定例会(第5日) 議事日程・名簿 2020-03-16

キャンパス周辺まちづくりについて            1) 経済循環について            2) 地域の呼称について            3) 糸島文化の創造について         2 徳 安  達 成 議員          1.効率的な働き方について          (1)市職員の時間外勤務の状況について          (2)今後の職員体制について          (3)RPA

小郡市議会 2020-03-16 03月16日-03号

課長が自分の課内なんだから、もうこの人がどれだけ業務してるとか把握してれば全然問題ないんですけど、その調書の中で会議時間がどれぐらいとか、例えば前回の質問のときにさせていただきましたけど、RPAとかで本来パソコン業務、こういうのを減らしていくことを今後多分されていくっていう答弁もあったんですけども、その中で会議がどれぐらいとか、そういったものっていうのは調べなかったっていうことですか。

福岡市議会 2020-03-11 令和2年第1回定例会(第5日)  本文 開催日:2020-03-11

行政におけるICTなど先進的な技術活用については、データ活用推進計画に基づき、定例的、定型的な事務作業を自動的に行うRPA対象業務の拡充やAI活用した議事録作成支援システム活用などにより市民利便性向上業務効率化を推進してまいります。  補助金については、補助金ガイドラインに基づく終期の設定や積極的な公募化などにより見直しを進めてまいります。  

糸島市議会 2020-03-02 令和2年 第1回糸島市議会定例会(第1日) 本文 2020-03-02

行財政健全化取組につきましては、業務効率化に向け、RPAというロボットによる業務自動化取り組み、5つの業務について、令和年度から業務自動化を図ります。  また、適正な受益者負担という観点から、事業所の御理解をいただきながら、事業所用ごみ袋の料金を改定させていただきました。  以上が、令和年度における主な取組になりますが、引き続き、令和年度施政方針の説明に移らせていただきます。  

古賀市議会 2020-03-02 2020-03-02 令和2年第1回定例会(第2日) 本文

このBPR導入によってしっかりと事業、我々が今やっていることを整理をした上でですね、今後、RPA等の導入によって、さらに業務効率化を図るというところに将来的には持っていけたらということも考えておりますので、まずは、この事業だけが最優先というわけではありませんけれども、経営全体にかかわるという視点からは、このBPR導入による行政経営システムの再構築というのは、SDGsの実践という観点からも重要な取