21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

春日市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第4日) 本文 2019-06-25

これを具体的に実現するための一つが、行政事務の生産性向上を、人工知能(AI)やRPA等を活用した業務改革であり、市長が施政方針でおっしゃられたICT技術を活用した業務改善の集中的検討であると理解しております。  そこで1点目の質問は、市民子育てに対する質問に人工知能(AI)が答える子育てAIサポートを導入することを要望したいのですが、その考えについて見解をお尋ねいたします。  

春日市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第1日) 本文 2019-06-13

AIやRPAなどのICT技術を活用した生産性向上の動きが社会全体で活発に進んでおりますが、本市においてもICT技術を活用した業務改善を集中的に検討してまいります。また、業務改善を職員の働き方改革の側面でも推進するとともに、職員健康を増進し、士気を高め、その能力を十分に発揮できる組織づくりに努めてまいります。  

筑紫野市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第2日) 本文 2019-06-13

次に、働き方改革については、時間外勤務の適正化、職員健康維持にも資する取り組みとして、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用した業務の効率化、既存事業の見直しによる事業のスリム化などに取り組んでまいりたいと考えております。  次に、産業雇用をつくるについてでございます。  

久留米市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第3日 6月13日)

今年度、そういった技術のうち、久留米市ではRPA試験導入について予算が計上されましたので、今回はまずはRPAについてお聞きをいたします。  RPAとは、Robotic ProcessAutomation、この頭文字をとった言葉です。これは、パソコンやサーバー上のソフトウエア型のロボット事務作業を自動で行うというものです。

福岡市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第6日)  本文 開催日:2019-03-13

持続可能で質の高い市民サービスの実現については、RPAやAIなどの先端技術を積極的に活用し、本市職員の働きがいと市民サービスの両立の観点から取り組まれたいとの要望。  財源としての基金については、一括運用で得られる収益は大きくなるため、管理方法などを研究するとともに、運用の状況について情報開示を進めるべきとの意見。  

北九州市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号

他方で、最近では一定のルールに従って人間の作業を自動化するツール、RPA、ロボティック・プロセス・オートメーションを活用し、作業の効率化や紙ベースの業務をデータによる運用に移行するなどの取り組みが、民間のみならず自治体でも見られるようになってきました。  そこで、今回はRPA自治体業務に活用できないかという点に注目して2点お尋ねします。  

宮若市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年03月04日

施政方針の2ページの下から5行目、建設中の新庁舎は、来庁者への窓口サービスの利便性向上をコンセプトに窓口業務のシステム構築を行うとともに、継続してAIやRPAなどの活用による先進的な最新情報処理機能を活用した事務処理の実現に取り組んでまいりますというところなんですが、どういうものなのか、もう少しわかりやすく教えていただきたいと思います。  

宮若市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年03月01日

建設中の新庁舎は、来庁者への窓口サービスの利便性向上を図るため、歩かせない、待たせない、書かせない等をコンセプトに、窓口業務のシステム構築を行うとともに、継続してAIやRPAなどの活用による先進的な最新情報処理機能を活用した事務処理の実現に取り組んでまいります。  

古賀市議会 2019-02-28 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第1日) 本文

5)行政事務の効率化を図るため、RPA──ロボティック・プロセス・オートメーション──ソフトウエアロボットによるオフィス業務の自動化・効率化の導入による効果検証を行います。  6)市民サービス向上のため、確定申告時の支援体制を強化し、待ち時間の短縮を図ります。  7)地方創生の継続的な推進を図るため、「古賀市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の改定を行います。  

福岡市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第5日)  本文 開催日:2019-02-27

行政におけるICTなどの先進的な技術の活用については、これまで実証実験を実施したキャッシュレス決済やAIを活用した粗大ごみの収集受け付け、定例的、定型的な事務作業をパソコン上で自動的に行うRPAなどの本格導入に向けて取り組むとともに、データ活用推進計画を策定し、市民の利便性の向上や業務の効率化を推進してまいります。  

久留米市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2日 2月27日)

今回、示されている平成31年度の予算案の中にも、早速、文書管理・電子決裁システムの導入、さらには、RPAの導入など、約1億3,000万円を投じてのe‐市役所環境構築事業を予定されておりますが、その取り組みの究極的な狙い、目的について改めてお聞かせください。  次の項目に移ります。  セーフコミュニティについてです。  

宗像市議会 2019-02-26 宗像市:平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年02月26日

また、健全財政の堅持のための行財政改革や働き方改革などの具体的な内容についてですが、既存事業の見直しのほかに、公共施設等の長寿命化や複合化、集約化、公有財産の利活用推進、ICT化やRPA──ロボティック・プロセス・オートメーションの実証実験による内部実務の効率化などについて進めてまいりたいと考えております。

福岡市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第4日)  本文 開催日:2019-02-26

また、市職員の働き方改革に関連し、業務時間の短縮とミスの少ない的確な情報処理が期待できるRPA、パソコン自動処理導入は、他の業務に費やす時間を確保し、市民サービスの向上につなげられると思いますが、御所見をお伺いいたします。  入札制度等についてお尋ねをいたします。  

福岡市議会 2019-02-15 平成31年第1回定例会(第1日)  資料 開催日:2019-02-15

                       (議長決定分) ┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┓ ┃   派遣議員    │        派遣目的         │  派遣場所   │  派遣期間  ┃ ┠───────────┼─────────────────────┼─────────┼────────┨ ┃           │奈良県奈良市におけるRPA

春日市議会 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第4日) 本文 2018-09-19

次に、ITを使った事務の効率化という点で、近年、RPAが注目されています。RPAとは「Robotic Process Automation」の英語の頭文字をとった略称です。パソコン操作の一部もしくは全部をソフトウエアロボットが自動化するもので、将来の労働人口の減少、長時間労働の是正などから、業務の効率化が至上命題となり、民間企業ではRPAの導入が進んでいます。

  • 1
  • 2