555件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎町議会 2019-06-04 令和元年度第3回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年06月04日

さらに、学校教育の充実を図り、基礎学力を向上させるとともにICT教育を取り入れる等、町内すべての小中学校の学力が県平均以上になることを目指していきます。また、きめ細かな障がい者福祉の充実のために、障がい者の方々が、自立した生活を送ることができるように就労支援にも努めてまいります。  第3の柱は、「活力あるまちづくり」でございます。まず、農業においては、新規就農者支援、営農支援を進めてまいります。

行橋市議会 2019-03-26 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月26日−05号

なお、タブレット導入に伴うICT支援業務委託料については、平成32年度から平成34年度までを期間とする債務負担行為が、また、小・中学校タブレット等機器賃借料については、平成32年度から平成36年度までを期間とする債務負担行為が、それぞれ新たに設定されております。  次に、学校管理課では、児童福祉費として、児童クラブ事業に係る経費などが計上されております。

大野城市議会 2019-03-19 平成31年第2回定例会(第5日) 報告・討論・採決 本文 2019-03-19

その後、委員会を二つのグループに分け、出前議会の実施と議会のICT化の促進を主なテーマと定め、調査・研究を進めました。  結果、出前議会等の実施については、昨年8月に本議場において全議員参加のもと、初めての試みでありました中学生模擬議会を開催いたしました。この模擬議会については、学校関係者や議員の皆さんからもいい評価をいただいたと認識いたしております。  

糸島市議会 2019-03-18 平成31年 第1回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2019-03-18

国はTPP対策を見ますと、産地パワーアップ事業などという名称で、ICT活用の高性能機械導入や輸出の拡大を図ることなどを打ち出していますけれども、これではコストがかかり過ぎる。輸出なんていうのは、とても小規模な生産者で独自にやるわけにはいかない。果たして小規模な生産者に生かせる対策なのか、疑問があるわけですね。

田川市議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第4日 3月14日)

次に、教育振興費では、小学校ICT教育環境整備事業費として、3,104万1千円が計上されております。  執行部からは、これまでのデジタル教科書等の整備に係る経費等に加え、市内全小学校のコンピューター教室におけるパソコンの入れかえに伴い、新たにタブレットパソコンを導入する経費を計上しているとの説明があっております。  

北九州市議会 2019-03-14 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号

次に、議案第53号のうち所管分について委員から、保育所等におけるICT化による業務の効率化等について質疑があり、当局から、保育業務支援システムの導入等により、書類作成など保育士の負担軽減が図られており、現場の保育士からも好評である等の答弁がありました。  なお、委員から、障害児と保護者への支援について、子ども家庭局や教育委員会などと連携して、今後も取り組まれたい。  

大野城市議会 2019-03-14 平成31年第2回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2019-03-14

ICT環境について、平成25年度末までに実施した学びのイノベーション事業が一つの区切りを終え、今後のICTを活用した教育の推進に向けて、平成26年4月にICTを活用した教育の推進に関する懇談会を開催しております。学識経験者、学校関係者、地方公共団体、民間事業者、団体等の意見交換を行い、平成26年8月に報告書が中間としてまとめられております。  

大野城市議会 2019-03-14 平成31年第2回定例会(第4日) 名簿 2019-03-14

各学校において、コ │ │         │            │  ンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手 │ │         │            │  段を活用するために必要な環境を整え、これらを │ │         │            │  適切に活用した学習活動の充実を図り、「教育の │ │         │            │  ICT化」に向けた環境整備

福岡市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第6日)  本文 開催日:2019-03-13

子どもの学力向上に向けた施策の充実強化につきましては、31年度から小中学校などの普通教室に常設のプロジェクターや指導者用タブレットを整備するなど、ICTを活用した教育に取り組むとのことであり、次代を担う子どもたちの学力向上のため、また、授業の質の向上のため、今後も計画的に教育ICT化の推進に取り組むよう要望いたします。  続いて、支える福祉の推進についてです。  

行橋市議会 2019-03-12 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月12日−03号

前定例会におきまして、私はALTによる部活、ICTによる教育の共有、小学校高学年から中学生の弁当の日について、質問いたしました。まだ記憶に新しいと思います。前回に引き続き、今回もALTについて質問をいたします。  中身に入る前に、教育長にお尋ねをいたします。JETプログラム、今から説明をさせていただきいたしますけれども、このJETプログラムは御存知だと思いますが、いかがでしょうか。

行橋市議会 2019-03-11 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月11日−02号

また音楽の授業などで使う楽器類が老朽化しており、数も少なく、また理科においては実験器具、体育でも体育用具の劣化、そして各教室においては、窓、外側ですとか廊下側を含めて閉まらない鍵、開かない窓、破れたカーテン、これらはICTを導入した今、電子黒板が見えづらい原因にもなっていないでしょうか。  今年度、ICT環境整備のハード面が全て完了するとのことでしたが、教室環境はとても大切です。

北九州市議会 2019-03-08 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月08日−05号

ICT化が進んでも、首都圏に企業の本社機能が集積しているため、情報セキュリティー産業など、企業にサービスを提供する側もその周辺に集積するのは現状ではやむを得ないことかもしれません。しかし、災害リスクなども考慮し、本社機能の一極集中を見直す動きもあり、本市もそこに着目して誘致活動等に取り組んでいるものと思います。

北九州市議会 2019-03-07 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号

AIやICTの活用では、例えば、人型ロボットの活用の可能性を探るとともに、読み書きが苦手な児童生徒に対しては、タブレットを利用して文字の強調や読み上げの機能を活用した読解の指導を行ったり、知的障害のある児童生徒に対して、学習支援アプリを活用してコミュニケーションの指導を行ったりする、こういった先端技術を導入した、いわゆる個に応じた指導に既に着手をしているところであります。  

春日市議会 2019-03-05 平成31年予算審査特別委員会 本文 2019-03-05

その下、教育用ICT導入事業、新規です。小学校全校にタブレット型パソコンと液晶モニターの設置を行うものです。  その下、市民図書館管理事業(指定管理)でございます。継続です。引き続き、市民図書館の管理を指定管理者で行ってまいります。  その下、地中レーダー探査事業、新規です。須玖岡本遺跡の整備に向け、地中レーダー探査で地下の状況を把握するものです。  次に、19ページをお願いします。