152件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野城市議会 2019-03-04 平成31年第2回定例会(第2日) 代表質問・質疑・付託 本文 2019-03-04

そこで、防災ラジオを提案したこともありましたが、高額なFM局開設が必要なため無理との回答でありました。FM局開設のみであれば、現在は低額でエリア限定できます。または自治体によっては、デジタル防災行政無線の戸別受信機を導入しています。確実に市民の皆様へ災害情報が伝わる体制改善の検討を進めていただきたく、見解をお願いします。  

小郡市議会 2018-09-19 平成30年 9月定例会-09月19日−05号

を使った情報伝達はできませんよというふうに当時回答をいただいた中で、今回各行政が今、これ久留米市も八女市さんも今導入しております、今回ちょっとここにお持ちしておりますけども、この防災ラジオですね、これを要支援の方の家庭であるとか、またひとり暮らしのお年寄りの方とかを今中心に配っているんですけども、これは電源を発信元から入れることができまして強制的に情報を発信できるというふうなラジオでございまして、FM

春日市議会 2018-09-12 平成30年決算審査特別委員会 本文 2018-09-12

NHK-FM「きらクラ!」公開収録、「東儀秀樹トーク&ライブ」等を実施し、毎月1回土曜シアターを開催するなど、幅広い年齢層の方々が楽しめる事業を提供しました。  次に、ふれあい文化サークル事業です。TNC文化サークルに業務を委託し、年間約130の講座を開設し、年間延べ1万8,000人が受講しました。

大牟田市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月11日−04号

その後速やかに、警察でありますとか消防、関係機関、あと報道機関のほうへ連絡を行って、会場周辺での広報車による中止であるとか、ホームページ、愛情ねっと、FMたんと、こういったものを活用しながら、中止の連絡をしたということでございます。  以上でございます。 ○議長(境公司)   森議員。

北九州市議会 2018-08-23 平成30年 8月23日 保健病院委員会-08月23日−01号

平成29年に引き続き、2回目の取り組みでしたが、実施に当たっては、新成人みずからがSNSやFMラジオなどを活用し、清掃活動のPRや参加の呼びかけを幅広く行いました。こうした努力のかいもあり、当日は約200人の新成人が晴れ着姿で清掃活動に参加いたしました。このような成人式での清掃活動はマスコミの関心も高く、新聞やテレビ番組を通じて、延べ7回紹介されたところです。

大牟田市議会 2018-06-19 平成30年  6月 定例会(第499号)-06月19日−04号

特に、本年は、三池港開港110周年の年でもありますので、この周知につきましては、広報おおむた、市のホームページへの掲載を初め、ポスター、チラシの作成、FMたんとへの出演など、さまざまな媒体を通じてPRに努めているところでございます。  本年11月3日に予定しております三池港浪漫フェスタ2018も10回目の開催となり、年々来場者も増加し、昨年度は5,500名の方々に三池港にお越しいただいております。

大牟田市議会 2018-06-18 平成30年  6月 定例会(第499号)-06月18日−03号

そこで、30年度におきましては、各課ごとにプロモーションリーダーを配置するなど、庁内の推進体制の充実を図っていきますほか、例えばSNSやFMたんとの活用、広報、報道発表に係る研修なども実施をしてまいりたいと考えております。  以上です。 ○議長(境公司)   田中議員。

福岡市議会 2018-06-18 平成30年第3回定例会(第4日)  本文 開催日:2018-06-18

文字が読めない方に情報を伝えるのは難しく、声で広報しようと、3年前、FM放送で教育委員会提供の夜間中学へのお誘いを流したそうです。直接ではなくても、学びたいと思っている方の家族や友人に幅広く情報が伝わるために取り組んでいるそうです。同じ自主夜間中学でありながら、福岡市のよみかき教室のほうは区役所も公民館も学校もチラシ設置を認めてもらえず、相変わらず設置場所は情報プラザ1カ所に限られています。

志免町議会 2018-06-11 平成30年第3回 6月定例会-06月11日−02号

昨年度の主なものといたしましては、「九州ウオーカー」の2017年冬号に掲載、それからまちの魅力推進課の担当者がFMラジオに出演し志免町を紹介、それから天神のライオン広場においてパネル展示、それからチラシ配布をしております。  また最近は、SNSによる情報の拡散や、映画やドラマ、CMやアニメなどに起用されることで、それらが起爆剤となりまして名所となる事例もふえております。

福津市議会 2018-06-11 平成 30年 6月定例会(第3回)-06月11日−01号

「光の道ウィーク」では、10月にFM福岡の公開生放送を宮地嶽神社の境内で行い、約800人が集まった。  ・第2次観光基本計画策定の方向性。  第1次観光基本計画では、観光入込客数を増加させるために、福津の魅力的な資源をどんどん紹介し、いろんな人にたくさん来てもらおうというのが目的であった。  現在、官公庁や福岡県、もしくは日本の状況として、外国人観光客も含めて、観光消費額に注目が集まっている。

久留米市議会 2018-03-08 平成30年第1回定例会(第4日 3月 8日)

また、チャンピオンには副賞として、Cボックスでの単独ライブ権や、cross fmの番組出演権が贈られているということで、ミュージシャンとしても大いに意欲が出ると思います。  今後、この音楽事業をさらに発展させるための取り組みについて、市の考え方をお聞かせください。これで1回目の一般質問を終わります。                      =〔降 壇〕= ○議長(佐藤晶二君) 大久保市長。

大牟田市議会 2018-03-05 平成30年  3月 定例会(第498号)-03月05日−02号

このほか、転入者の方々が手続に見えます市民課の窓口へのチラシの配備でありますほか、高校生を対象とした就職ガイダンスでの紹介、FMたんとなどを活用した周知、こういったものを図ってまいりたいということで考えております。  以上でございます。 ○議長(境公司)   今村議員。 ◆12番(今村智津子)   正規雇用で35歳未満の方を対象とするということですね。

大牟田市議会 2017-12-18 平成29年 12月 定例会(第497号)-12月18日−03号

5年前に比べると広報啓発の手段もふえて、ノウハウも蓄積されているようなので、FMたんとやSNSなども活用して、活動の意義とやりがいなどに重点を置いて、ぜひ積極的にこれからも育成をしていただきたいと思います。  次に参ります。 ○議長(境公司)   はい、どうぞ。 ◆19番(大野哲也)   大きな3、効果的・効率的な行政運営に向けた取り組みについて。  

小郡市議会 2017-12-01 平成29年12月定例会-12月01日−01号

防災情報の伝達には、これまでの経験から防災無線は設置せず、室内にいる市民への確実な情報伝達手段としてFMラジオを利用し、要援護者の家庭や公民館などに専用端末を配布し、希望される市民には専用ラジオの販売を行っています。さらに、フェイスブックやLINEの活用など、多様な手段を利用しての情報伝達手段を推進されていました。  

小郡市議会 2017-09-27 平成29年 9月定例会-09月27日−05号

では次に、最近FM補聴器という相手の声だけが聞き取れる、そういう補聴器があって、勉強したりするときに相手の言葉がしっかりと聞き取れて便利だというふうに伺いましたが、このFM補聴器については助成がございますか。 ○井上勝彦議長 答弁を求めます。  井手保健福祉部長。

大牟田市議会 2017-09-27 平成29年  9月 定例会(第496号)-09月27日−06号

8.FMたんとを活用した情報発信については、広く周知するためにも聴取者をふやすよう努められるとともに、その費用対効果についても十分に精査・検討されたい。 9.市制100周年記念事業については、総括・精査し、人材育成の観点や交流人口の増加につながる取り組みに関しては、今後も予算確保等に努めるとともに継続できるような仕組みを検討されたい。

北九州市議会 2017-09-26 平成29年 9月 定例会(第3回)-09月26日−06号

次に、議案第108号について委員から、乗り合いバスの輸送人員の確保対策、運転者不足への対応状況等について質疑があり、当局から、乗り合いバスの輸送人員の確保対策については、地域に密着した利用促進策が重要と考え、自治会への利用促進のお願いや、地域FMラジオやフェイスブック等で情報を発信しているほか、ハローキティバスを1台追加導入し、貸し切りやイベントで活用している。