運営者 Bitlet 姉妹サービス
142件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 さらにはFMラジオで毎週土曜日に20分間、海外旅行情報番組の配信なども行っています。福岡でも来年1月に民間で旅行イベントが開催されると聞いています。   もっと読む
2018-09-11 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月11日−04号 その後速やかに、警察でありますとか消防、関係機関、あと報道機関のほうへ連絡を行って、会場周辺での広報車による中止であるとか、ホームページ、愛情ねっと、FMたんと、こういったものを活用しながら、中止の連絡をしたということでございます。  以上でございます。 ○議長(境公司)   森議員。 もっと読む
2018-09-10 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月10日−03号 まず、1つ目の両市間を結ぶ鉄道と路線バスの運行本数の維持については、現状の体系を維持するため、減少を続けている利用者の増加を目指し、広報おおむたやFMたんとを活用した利用促進に取り組んでいるところです。 もっと読む
2018-06-19 大牟田市議会 平成30年  6月 定例会(第499号)-06月19日−04号 特に、本年は、三池港開港110周年の年でもありますので、この周知につきましては、広報おおむた、市のホームページへの掲載を初め、ポスター、チラシの作成、FMたんとへの出演など、さまざまな媒体を通じてPRに努めているところでございます。  本年11月3日に予定しております三池港浪漫フェスタ2018も10回目の開催となり、年々来場者も増加し、昨年度は5,500名の方々に三池港にお越しいただいております。 もっと読む
2018-06-18 大牟田市議会 平成30年  6月 定例会(第499号)-06月18日−03号 そこで、30年度におきましては、各課ごとにプロモーションリーダーを配置するなど、庁内の推進体制の充実を図っていきますほか、例えばSNSやFMたんとの活用、広報、報道発表に係る研修なども実施をしてまいりたいと考えております。  以上です。 ○議長(境公司)   田中議員。 もっと読む
2018-06-15 大牟田市議会 平成30年  6月 定例会(第499号)-06月15日−02号 こうした取り組みの周知方法につきましては、地域の訓練や研修会での周知を初め、広報おおむたへの特集記事の掲載、それから、フェイスブックちょうどよ課での発信、FMたんとを活用した放送、そういったものを通して周知を図っているところでございます。   もっと読む
2018-06-11 福津市議会 平成 30年 6月定例会(第3回)-06月11日−01号 「光の道ウィーク」では、10月にFM福岡の公開生放送を宮地嶽神社の境内で行い、約800人が集まった。  ・第2次観光基本計画策定の方向性。  第1次観光基本計画では、観光入込客数を増加させるために、福津の魅力的な資源をどんどん紹介し、いろんな人にたくさん来てもらおうというのが目的であった。  現在、官公庁や福岡県、もしくは日本の状況として、外国人観光客も含めて、観光消費額に注目が集まっている。 もっと読む
2018-03-08 久留米市議会 平成30年第1回定例会(第4日 3月 8日) また、チャンピオンには副賞として、Cボックスでの単独ライブ権や、cross fmの番組出演権が贈られているということで、ミュージシャンとしても大いに意欲が出ると思います。  今後、この音楽事業をさらに発展させるための取り組みについて、市の考え方をお聞かせください。これで1回目の一般質問を終わります。                      =〔降 壇〕= ○議長(佐藤晶二君) 大久保市長。 もっと読む
2018-03-05 大牟田市議会 平成30年  3月 定例会(第498号)-03月05日−02号 このほか、転入者の方々が手続に見えます市民課の窓口へのチラシの配備でありますほか、高校生を対象とした就職ガイダンスでの紹介、FMたんとなどを活用した周知、こういったものを図ってまいりたいということで考えております。  以上でございます。 ○議長(境公司)   今村議員。 ◆12番(今村智津子)   正規雇用で35歳未満の方を対象とするということですね。 もっと読む
2017-12-18 大牟田市議会 平成29年 12月 定例会(第497号)-12月18日−03号 5年前に比べると広報啓発の手段もふえて、ノウハウも蓄積されているようなので、FMたんとやSNSなども活用して、活動の意義とやりがいなどに重点を置いて、ぜひ積極的にこれからも育成をしていただきたいと思います。  次に参ります。 ○議長(境公司)   はい、どうぞ。 ◆19番(大野哲也)   大きな3、効果的・効率的な行政運営に向けた取り組みについて。   もっと読む
2017-12-15 宗像市議会 宗像市:平成29年第4回定例会(第6日) 議事日程 開催日:2017年12月15日 国民体育大会・全国障害者スポーツ大会の会場地として施設整備を図る  ・地上2階建て、メインアリーナ・サブアリーナ・観客席約3,500席等の施設を整備 3 社会体育施設の管理について (1)管理体制  ・管理手法 :指定管理者制度(公募)  ・指定管理者:合同会社草津市スポーツ振興事業体  ・管理施設 :草津市立総合体育館、草津市立野村運動公園など市内7カ所の体育施設 (2)草津市ファシリティマネジメント(FM もっと読む
2017-12-01 小郡市議会 平成29年12月定例会-12月01日−01号 防災情報の伝達には、これまでの経験から防災無線は設置せず、室内にいる市民への確実な情報伝達手段としてFMラジオを利用し、要援護者の家庭や公民館などに専用端末を配布し、希望される市民には専用ラジオの販売を行っています。さらに、フェイスブックやLINEの活用など、多様な手段を利用しての情報伝達手段を推進されていました。   もっと読む
2017-12-01 小郡市議会 平成29年12月定例会-12月01日−01号 防災情報の伝達には、これまでの経験から防災無線は設置せず、室内にいる市民への確実な情報伝達手段としてFMラジオを利用し、要援護者の家庭や公民館などに専用端末を配布し、希望される市民には専用ラジオの販売を行っています。さらに、フェイスブックやLINEの活用など、多様な手段を利用しての情報伝達手段を推進されていました。   もっと読む
2017-09-27 小郡市議会 平成29年 9月定例会-09月27日−05号 では次に、最近FM補聴器という相手の声だけが聞き取れる、そういう補聴器があって、勉強したりするときに相手の言葉がしっかりと聞き取れて便利だというふうに伺いましたが、このFM補聴器については助成がございますか。 ○井上勝彦議長 答弁を求めます。  井手保健福祉部長。 もっと読む
2017-09-27 大牟田市議会 平成29年  9月 定例会(第496号)-09月27日−06号 8.FMたんとを活用した情報発信については、広く周知するためにも聴取者をふやすよう努められるとともに、その費用対効果についても十分に精査・検討されたい。 9.市制100周年記念事業については、総括・精査し、人材育成の観点や交流人口の増加につながる取り組みに関しては、今後も予算確保等に努めるとともに継続できるような仕組みを検討されたい。 もっと読む
2017-09-26 北九州市議会 平成29年 9月 定例会(第3回)-09月26日−06号 次に、議案第108号について委員から、乗り合いバスの輸送人員の確保対策、運転者不足への対応状況等について質疑があり、当局から、乗り合いバスの輸送人員の確保対策については、地域に密着した利用促進策が重要と考え、自治会への利用促進のお願いや、地域FMラジオやフェイスブック等で情報を発信しているほか、ハローキティバスを1台追加導入し、貸し切りやイベントで活用している。 もっと読む
2017-09-15 春日市議会 平成29年決算審査特別委員会 本文 2017-09-15 また、福岡地区観光協議会の広報PR事業を利用し、「LOVE FM」のラジオ番組にて祭り開催の周知を行いました。  成果は、天候不良にもかかわらず約6万5,000人の来場があり、あんどん展示をメーンとした市民参加型の祭りとして定着してきていることがうかがえました。祭りを市民参加で実施することにより、市民の郷土愛や連帯感を高めることができました。  続きまして、20ページをごらんください。 もっと読む
2017-09-12 大牟田市議会 平成29年  9月 定例会(第496号)-09月12日−04号 だから、FMたんとも私もよく聞いてはおるんですけど、ちょっと出力が足りないのか、入らないところが結構あるんですね。そういったところも、今後、改善する必要があると、そのように思っております。  それと、大牟田市には安心・安全ということが、この間も防災訓練がありましたけども、安心・安全という観点からすると、大牟田の救急救命士さんは特別な資格をお持ちでございます。 もっと読む
2017-09-11 大牟田市議会 平成29年  9月 定例会(第496号)-09月11日−03号 こうした魅力をホームページや広報おおむた、SNS、FMたんとなどのツールを用いて積極的に情報を発信していくことで、市民の方にも自分のお住まいの地域以外の大牟田のいいところ、あるいは大牟田の魅力、そういったものをもっと知っていただき、今後も大牟田に住み続けたいと、大牟田をほかの人にも知ってもらいたい、大牟田をアピールしていきたいと思ってもらえるような、そういうシティプロモーションを展開していくことが大事 もっと読む
2017-09-08 田川市議会 平成29年第4回定例会(第3日 9月 8日) 日田市は昨年の熊本地震を踏まえて、ラジオで受信できるコミュニティFMの整備の検討を始めたところだったと言われています。専門家の話によりますと、行政は多様な情報入手手段の確保を住民に呼びかけておくべきだと指摘をされています。防災ラジオやミニFM局などで情報を得ている場合もあります。ぜひ検討していただければと思いますが、この点について考えを聞かせてください。   もっと読む