364件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 田川市議会 平成31年第1回定例会(第4日 3月14日) 委員からは、IC機器の導入により、本来の学力への効果を期待するには、例えば、タブレットパソコンは児童・生徒一人につき1台ずつの導入が求められるため、今回行う機器の整備により、一定の効果が認められた後は、整備機器の増設を求めていってほしいとの要請があっております。  次に、保健体育振興費では、市民体育大会事業費として、田川市民体育大会の開催に係る業務委託料75万3千円が計上されております。   もっと読む
2019-03-14 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号 一方で、新学習指導要領全面実施に向けた準備と対応、教員の大量退職、採用時代における人材確保と育成、教員の多忙感の解消に向けた業務改善、近年の自然災害を踏まえた防災・安全教育、学校施設の老朽化対策やIC機器の整備などの課題があり、引き続き市長の御理解をいただきながら着実な対応を進めていく必要がございます。   もっと読む
2019-03-14 大野城市議会 平成31年第2回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2019-03-14 文部科学省では、新学習指導要領の実施を踏まえ、2018年度以降の学校におけるIC環境の整備方針を取りまとめました。IC環境について、平成25年度末までに実施した学びのイノベーション事業が一つの区切りを終え、今後のICTを活用した教育の推進に向けて、平成26年4月にICTを活用した教育の推進に関する懇談会を開催しております。 もっと読む
2019-03-14 大野城市議会 平成31年第2回定例会(第4日) 名簿 2019-03-14             │  5)体育館のトイレの洋式化率は         │ │         │            │  6)小中学校のトイレは完全に乾式化になったか  │ │         │            │  7)中学校の自校方式の完全給食の導入の検討は  │ ├─────────┼────────────┼─────────────────────────┤ │ 大 塚 みどり │1.IC もっと読む
2019-03-12 行橋市議会 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月12日−03号 それから、さらに蛇足になるかもしれませんけれども、付け加えて申し上げておきたいのは、IT関連の機器の進歩、これはもう目を見張るものがありますので、将来的には物理的にいま高速道路で分断されているという悲しい現実が片方にありますので、これをもし復元するというふうな、もしそういう考えができたとしても、事実上困難でありますので、そういった際にはI関連の進歩の技術を待って、例えば3Dで画像を構成するとか、そういったかたちでの もっと読む
2019-03-11 行橋市議会 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月11日−02号 今年度、IC環境整備のハード面が全て完了するとのことでしたが、教室環境はとても大切です。いま子どもの視力低下もとても深刻な問題になっています。児童生徒の学習にとって大切なこれらの備品や設備ですが、購入、買い替え、そして修理などがそれぞれの学校の判断で十分に予算的にも対応できているのかどうか、お答えください。 ○議長(田中建一君)  米谷教育部長。 ◎教育部長(米谷友宏君)  お答えをいたします。 もっと読む
2019-03-08 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月08日−05号 昨年10月には、世界最高峰の卓球リーグを目指すリーグが誕生し、全国各地で身近にトップレベルの熱戦を見る機会がふえるなど、卓球に対する国民の関心はこれまでにないほど高まっております。  本市におきましても、昨年6月、卓球ジャパンオープン荻村杯が開催され、5日間の大会期間中に約1万2,600人もの観客が総合体育館に来場し、地元出身の早田ひな選手を初め、世界トップレベルのプレーに熱い声援を送りました。 もっと読む
2019-03-07 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号 例えば、重い障害等で入院している方や、また、不登校のお子さんも、学校には行けないけれども授業には出たいということで、こういう最新のIT、IC機器を使って通常学級で授業をするということも、だんだん技術の進歩で可能になってくると思います。 もっと読む
2019-03-06 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号 更に、これからも建築後30年以上経過した学校が全体の約8割の165校あることから、引き続き老朽化対策を進めていくとともに、特別支援学校の整備やIC環境の整備など多額の費用を要する事業に取り組んでいかねばなりません。  暑さ対策としては、当初は扇風機を設置しましたが、平成26年、まずは普通教室へのエアコン設置を決断し、教育委員会と協議しながら整備を進め、昨年12月、設置を完了したところです。 もっと読む
2019-03-05 行橋市議会 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月05日−01号 小中学校のIC環境整備につきましては、本年度をもちましてハード面の整備が完了いたします。今後は、ICTを有効的に活用し、これからの未来をたくましく生きていく子供たちを育てていくこと、子どもたちの興味や関心を高めるとともに、より分かりやすい授業を実現することを目標に、本市の公教育の魅力として取り組んでまいります。   もっと読む
2019-03-05 春日市議会 平成31年予算審査特別委員会 本文 2019-03-05 ここのページの中段のですね、備品購入費の2段目に教育用IC機器の購入がございます。これは新規増額になります。 もっと読む
2019-03-04 大野城市議会 平成31年第2回定例会(第2日) 代表質問・質疑・付託 本文 2019-03-04 各自治体は平成32年度までにIC環境整備の目標を明示するようになっています。特にタブレット端末は予算も高額なので、計画的に整備しなければなりません。学校におけるIC環境の整備を井本市長はどのように考えておられるか伺いたいと思います。  それでは、主要な施策・事業の4点目についてです。   もっと読む
2019-03-01 遠賀町議会 平成31年第 2回定例会−03月01日-01号 さらに、小中学校パソコン教室の機器更新、校内情報セキュリティ強化のための教職員向け校務用パソコン配備を実施するとともに、学校におけるIC環境整備を計画的に行ってまいります。  生涯学習機能の充実。  「遠賀町生涯学習まちづくり実施計画」における施策の進捗管理を行い、時代に即した生涯学習活動の支援を継続してまいります。 もっと読む
2019-02-28 田川市議会 平成31年第1回定例会(第2日 2月28日) 田川市では、昨年度から電子黒板導入により、IC機器を積極的に活用した教材研究の時間の削減、それから中学校の部活動における月4回のノー部活デー、平日は2時間以内、休日は3時間程度の練習におさめる制限等を取り組みました。さらにことしは、先ほど述べましたが、コンピューターによる出退勤記録をもとに、管理職が超過勤務の教職員の相談や指導等にも取り組んでいます。 もっと読む
2019-02-15 田川市議会 平成31年第1回定例会(第1日 2月15日) 電子黒板、デジタル教科書、実物投影機等のIC機器を有効活用して、学習への興味・関心を高め、わかる、楽しい授業や、子供たちが主体的に課題を追求する授業を実現し、基礎学力及び活用力を育成します。  ふるさと田川の歴史や文化に深い理解と愛着を持ち、田川のよさを発信する郷土愛いっぱいの子供たちを育成するため、全教科、全領域で、地域の人、物、事を生かした学習を進めます。   もっと読む
2018-12-21 行橋市議会 平成30年12月 定例会(第12回)-12月21日−05号 次に、指導室では、行橋小学校及び今川小学校において、2教室にプロジェクター等のIC環境を整備するための経費が計上されております。 また、市内各小中学校における、教職員用のタイムレコーダー及び外国語指導助手用のパソコンを、それぞれ設置するための経費が計上されております。 もっと読む
2018-12-13 春日市議会 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 2018-12-13 またハード面においては、タブレット等のIC機器の整備や活用が必要と考えております。 84: ◯議長(金堂清之君) 13番、與國洋議員。 85: ◯13番(與國 洋君)〔起立〕 不登校の状況にある生徒への学力の定着も大切でしょう。  教育長も御存じかと思いますが、熊本県にある、不登校であった生徒を多く受け入れておられる通信制高校である勇志国際高等学校があります。福岡市にもこの分校があるようです。 もっと読む
2018-12-12 北九州市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月12日−04号 そのような中、公正に個別化、最適化された学びを可能にするEdTechイノベーションの波が世界各国の教育現場に及び、学びの革命が進んでいますが、EdTechを学校教育現場で活用するには、IC環境の整備が不可欠です。 もっと読む
2018-12-12 行橋市議会 平成30年12月 定例会(第12回)-12月12日−04号 また、IC機器の本格的導入によりまして、一方では授業の準備、あるいは成績処理などの効率化につきましても、併せて推進をしてまいりたいと考えているところでございます。以上です。 ○議長(田中建一君)  田中議員。 ◆3番(田中次子君)  教育委員会や教育部ともに何とかしようという思いは伝わってきます。 もっと読む
2018-12-11 行橋市議会 平成30年12月 定例会(第12回)-12月11日−03号 前期では、小中学校の体育館、トイレの改修、空調整備やIC環境整備の着手などの取り組みが行われました。現在は、平成29年から2021年度までの後期基本計画の期間で、前期に引き続き、子育てしやすい環境の整備、またスポーツイベントの充実、豊富な農水産業物のブランド化、高付加価値化などの推進を図り、行橋市まち・ひと・しごと創生総合戦略に取り組む、連携を図る、となっています。   もっと読む