609件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2020-10-06 10月06日-10号

次に、議案第148号について委員から、全国共通ICカード導入による今後の負担額増収見込み等について質疑があり、当局から、年間の維持管理経費が2,000万円程度かかると想定しており、ひまわりバスカードプレミア率の見直しによる経費で賄う予定である。大幅な利用者増加は難しいと考えるが、これまで以上に利便性向上が見込まれ、1%程度の増収は期待している等の答弁がありました。 

行橋市議会 2020-09-25 09月25日-05号

また一方で、教員に対しては、効果的あるいは効率的にIC機器活用して授業校務が遂行できるよう、ICT支援員全面協力のもと、偏りなく、技術面、及び運用面のサポートを行っていただきたい、との要望が出されております。審査終了後、取りまとめ、採決の結果、議案第62号につきましては、委員、賛成なしで、否決すべきであると決しました。

春日市議会 2020-09-24 令和2年第3回定例会(第5日) 本文 2020-09-24

審査過程で、公募型プロポーザルによる随意契約であるがその理由は、との質疑が出され、執行部から、安定的、効率的かつ効果的なIC環境構築について、事業者から提案を受け比較検討を行うことができること、資材調達初期設定など、期限に間に合わせることが最優先であることなどから、公募型プロポーザルによる随意契約とした、との説明がなされました。  

みやこ町議会 2020-09-20 09月20日-03号

IC機器を利用して課題や情報焦点化ですね、あと共有化可視化などをして、個人や集団の考え方をわかりやすく表現したりというふうな活動を日ごろから行っております。また伊良原学園専科授業を取り入れておりまして、また7時間授業を行っている関係もありまして、それを活用して学力の向上を行っております。小学校では現在、完全な複式学級のところを中学校専科教員によります指導を行っております。

春日市議会 2020-09-17 令和2年総務文教委員会 本文 2020-09-17

審査過程で、公募型プロポーザルによる随意契約であるが、その理由はとの質疑が出され、執行部から、安定的、効率的かつ効果的なIC環境構築について事業者から提案を受け、比較検討を行うことができること、資材調達初期設定など期限に間に合わせることが最優先であることなどから、公募型プロポーザルによる随意契約をしたとの説明がなされました。  採決の結果、全員原案に同意することに賛成いたしております。  

春日市議会 2020-09-16 令和2年第3回定例会(第4日) 本文 2020-09-16

この朝の会などへの児童生徒参加状況につきましては、取組の当初は、家庭IC環境がなく参加できない児童生徒がいました。これらの参加ができなかった児童生徒には、教員オンライン学習支援等を録画したDVDを届けるなどの代替策が講じられています。その後、8月上旬にはタブレット端末1,300台導入と、通信契約を付したモバイルルーター108台の配置が完了しました。

北九州市議会 2020-09-14 09月14日-04号

とともに、このコロナを契機に、今までなかなか進まなかった分野の革新、具体的にはIC分野について、改革必要性に我々は迫られています。そこで、まずは足元の改革から挑んでいくべきではないでしょうか。 例えば、役所内のテレワーク、いつでもどこでも効率よく働く環境を整えていくべきです。災害時における職場待機なども、テレワーク環境が整えば効率化できます。AIやRPAもそうです。

行橋市議会 2020-09-10 09月10日-03号

オンライン学習のための端末機器などの整備など、GIGAスクール構想関連事業等との連携、さらには児童生徒、学生や教員が、学校自宅で行うIC環境整備は急務と考えますが、この部分の進捗状況及び今後の展望にいて、お伺いいたします。 ○議長澤田保夫君)  米谷教育部長。 ◎教育部長米谷友宏君)  お答えさせていただきます。

春日市議会 2020-09-09 令和2年総務文教委員会 本文 2020-09-09

予算該当科目は、この欄の下から3行目の充電保管庫設置と一番下の行の教育用IC機器です。この二つ予算については中学校関連がございます。  次の65ページ、二つ目の丸、中学校管理費事務局の下から3行目の充電保管庫設置、一番下の行の教育用IC機器、この2点についても、補正予算計上の主旨、内容、予算科目の合成は小学校と同じですので、配付している資料に沿って併せて説明したいと思います。

春日市議会 2020-06-26 令和2年第2回定例会(第5日) 本文 2020-06-26

また、IC機器活用について各学校格差があるようだがその解消はどうか、との質疑が出され、執行部から、各学校で創意工夫しつつ進めているところであり、今後教育委員会でもタブレット活用について手引を作成して支援していく予定である、との説明がなされました。  採決の結果、全員原案を可決することに賛成いたしております。  

春日市議会 2020-06-24 令和2年総務文教委員会 本文 2020-06-24

また、IC機器活用について各学校格差があるようだが、その解消はどうかとの質疑が出され、執行部から、各学校で創意工夫しつつ進めているところであり、今後、教育委員会でもタブレット活用について手引を作成して、支援していく予定であるとの説明がなされました。  採決の結果、全員原案を可決することに賛成いたしております。