161件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福岡市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2019-12-11

52 ◯道路下水道局長(駒田浩良) 市内に整備している雨水貯留施設でございますが、福岡市におけるこれまでの浸水対策につきましては、平成11年の集中豪雨により市内各所で甚大な浸水被害が発生いたしましたことを受け、平成12年度に雨水整備Doプランを策定し、取り組みを進めてきたところでございます。  

久留米市議会 2019-12-06 令和元年第6回定例会(第2日12月 6日)

行政としては、国・県・市が連携し、河川の改修やしゅんせつ、雨水貯留施設の整備など、関係部署による努力によって、さまざまな施策を打ち出しておりますが、急速な地球温暖化による影響により、台風や大雨の被害は年々その想定を大きく上回り、厳しい財政事情も相まって、市民生命財産を守るための満足のいく防災減災対策にはいまだ行きついていない状況であります。  

春日市議会 2019-12-06 令和元年総務文教委員会 本文 2019-12-06

補正の主な理由は、4月1日付人事異動による職員給与費の調整及び用地取得の時期に伴う小倉第3雨水貯留施設築造工事関連事業費の減額によるものです。  1目は以上でございます。 291: ◯委員長(高橋裕子君) 質疑ありませんか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 292: ◯委員長(高橋裕子君) では、続いてお願いします。樺島都市計画課長

春日市議会 2019-12-05 令和元年地域建設委員会 本文 2019-12-05

ちょうど小学校のグラウンドの南側のほうに先ほどの雨水幹線とは別の白水第一雨水幹線というのが入っておりまして、その雨水幹線から取り込んで、小学校のグラウンド内で水をためて、一時期ためた状態で、降雨のほうがおさまってから排水するという計画というのが当然の貯留施設なんですけれども、敷地のほうの範囲もあるんですけれども、まず将来考えないといけないのは、校舎の建てかえがありまして、当然、校舎のほうも老朽化がありましたら

春日市議会 2019-10-24 令和元年地域建設委員会 本文 2019-10-24

下水道施設ストックマネジメント計画の雨水計画図です。平成29年度に実施した調査・診断の結果、改築工事が必要となる雨水幹線及び準幹線となります。この雨水幹線、準幹線は、道路等に設置させた暗渠となります。3面張りの開渠は含まれておりません。ちなみに、雨水幹線は20ヘクタール以上の排水面積雨水が流入する渠で、準幹線は10ヘクタール以上20ヘクタール未満の排水面積雨水が流入する渠です。  

春日市議会 2019-09-09 令和元年地域建設委員会 本文 2019-09-09

汚水渠の適正な管理を行うため、第161号ほか1路線側溝布設工事及び住宅建設に合わせて公共桝を設置しました。  12ページをお願いします。  改良工事としましては、局所的な集中豪雨による被害を軽減させるため、小倉第3雨水幹線築造工事、小倉第1雨水幹線掘下工事及び第1雨水幹線改良工事を行いました。  

春日市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第1日) 本文 2019-06-13

もちろん、ハード面の整備を軽視しているわけではなく、これまでに春日警察署の誘致や総合スポーツセンターの開館を初め、小中学校耐震改修や普通教室へのエアコン設置、雨水貯留施設の築造、街頭防犯カメラの設置などを行ってまいりました。また、今後も、都市計画道路の整備や西鉄春日原駅周辺の整備などを進めていく予定です。  

春日市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第6日) 本文 2019-03-22

また、平成31年度の主要な事業としては、ストックマネジメント計画に基づく汚水路改築工事が7,700万円、小倉第1雨水幹線改良工事施設計業務が2,100万円、大和第1雨水幹線改良工事が1,800万円、白水第2雨水準幹線改築工事が1,330万円、小倉第3雨水貯留施設築造工事が6億1,700万円、私道寄付等汚水枝線築造工事が1,000万円、汚水枝線築造工事那珂川宇美線関連)が2,865万円、春日原周辺整備事業

春日市議会 2019-03-18 平成31年地域建設委員会 本文 2019-03-18

また、平成31年度の主要な事業としては、ストックマネジメント計画に基づく汚水路改築工事が7,700万円、小倉第1雨水幹線改良工事施設計業務が2,100万円、大和第1雨水幹線改良工事が1,800万円、白水第2雨水準幹線改築工事が1,330万円、小倉第3雨水貯留施設築造工事が6億1,700万円、私道寄付等汚水枝線築造が1,000万円、汚水枝線築造(那珂川宇美線関連)が2,865万円、春日原周辺整備事業

春日市議会 2019-03-07 平成31年地域建設委員会 本文 2019-03-07

新南部工場関連周辺環境整備事業である小倉第3雨水貯留施設築造工事の実施等に伴い、事業費が前年度に比べ増加することで、課税仕入れが増加することによるものです。  次に、3項の特別損失でございます。5目その他特別損失は増額でございます。小倉第3雨水貯留施設築造工事に伴い、下水道施設の一部除却が発生するためです。  以上で収益的支出の説明を終わります。

春日市議会 2019-02-28 平成31年地域建設委員会 本文 2019-02-28

内訳としましては、下水道事業会計の繰入金である雨水処理負担金の増額、その他負担金の減額、他会計補助金の増額によるものです。詳細につきましては、下水道事業会計補正予算のほうで説明させていただきます。  1目は以上でございます。 74: ◯委員長(岩切幹嘉君) 1目について、質疑はございませんか。                 

宗像市議会 2018-12-04 宗像市:平成30年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年12月04日

4)学校公園公共施設において貯留施設雨水浸透緑地帯(レインガーデン)などの浸透施設の設置をすることで水害対策と同時に市民啓発もあわせて行うことができるが、これについて検討できないでしょうか。  5)一定規模の開発行為について雨水処理に関する基準の見直しや条件付加を検討できないでしょうか。  

春日市議会 2018-11-06 平成30年地域建設委員会 本文 2018-11-06

雨水施設については、下水道ストックマネジメント計画に基づき、雨水渠7,663メートルの調査業務及び1万7,066メートルの診断業務を実施し、既存施設の改築更新の緊急度を把握することができました。また、汚水施設についても、下水道ストックマネジメント計画に基づき、汚水路1,941メートルの修繕改築計画を策定することで、下水道施設の計画的かつ効率的な改築更新事業が進捗しました。

春日市議会 2018-09-07 平成30年地域建設委員会 本文 2018-09-07

これは主に維持管理費の算定のもととなる渠費のうち、修繕費及び委託料の執行残に伴い、分流式下水道等に要する経費が減額となったことによるものです。また、増額の要因として、5目1節の雑収益が34万2,694円の増額となっています。これは主に雨水幹線の占用料の増加によるものです。  以上で収益的収入についての説明を終わります。 169: ◯委員長(岩切幹嘉君) じゃあ、一旦ここで切りましょうか。

春日市議会 2018-04-10 平成30年地域建設委員会 本文 2018-04-10

145: ◯下水道課長田中豊隆君) 続きまして、平成29年度の小倉第2雨水貯留施設の稼働状況についての報告ですが、本日ちょっと資料のほうがございませんので、よろしくお願いします。  それでは説明に入ります。平成29年度は1年を通して少雨傾向であったため、貯留施設水門の稼働は1度もございませんでした。ちなみに、1時間当たりの最高降水量は4月17日月曜日でございます、の22ミリでした。