208件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

春日市議会 2021-06-16 令和3年地域建設委員会 本文 2021-06-16

冒頭に、議案審査に入ります前に、先日の閉会中の委員会で報告がありました上白水公園貯留施設のことに関しまして、追加の説明をお受けしたいと思います。  渡邉都市整備部長。 2: ◯都市整備部長渡邉一雄君) 令和3年5月25日の閉会委員会において、上白水公園内の雨水貯留施設説明で少し説明不足がございましたので、改めて御説明申し上げます。  

福津市議会 2021-03-23 03月23日-03号

原因につきましてはご指摘のとおり不明水、いわゆる侵入雨水で、それが汚水路へ入り込んだことが原因と判断しております。不明水発生のメカニズムは、つなぎ目のゆるみやマンホール躯体つなぎ目、それから穴の開いた古いタイプのマンホールの蓋などからの侵入が大きな原因です。 今後の対策ですが、現在、老朽路の多い東福間団地更生を集中的に行っており、次年度で完了予定です。

春日市議会 2021-03-05 令和3年地域建設委員会 本文 2021-03-05

これは小倉第3雨水貯留施設築造工事に対する新南部工場地元環境整備費交付金からの負担金でございます。  次に、3項の補助金でございます。1目の国庫補助金増額でございます。理由としましては、補助対象事業費の増加によるものです。なお、補助率は2分の1でございます。次に、3目の他会計補助金減額でございます。理由としましては、臨時財政特例債等元金償還金に対する繰入れが減額となるものです。  

春日市議会 2021-02-26 令和3年地域建設委員会 本文 2021-02-26

次に、2目1節の雨水処理負担金19万8,000円の減額は、対象経費である渠費のうち、雨水施設維持補修費手数料等減額によるものです。  次に、2目2節のその他負担金21万円の減額も、算定根拠である渠費のうち、特定施設水質検査手数料等減額によるものです。  次に、1款2項営業外収益補正予定額は8,877万1,000円の減額でございます。

春日市議会 2021-02-22 令和3年第1回定例会(第1日) 本文 2021-02-22

下水道施設長寿命化対策につきましては、老朽化に伴う事故や機能低下を未然に防止し、施設機能を保持するため、ストックマネジメント計画に基づき、計画的かつ効率的な維持管理を推進しているところであり、引き続き老朽化した汚水などの改築工事を行ってまいります。  浸水被害対策につきましては、小倉第2雨水貯留施設整備雨水排水路改良などにより、局所的な集中豪雨に伴う雨水流出を抑制しております。

小郡市議会 2020-12-16 12月16日-04号

宝満川の旧端間橋より下流の国の管理部分につきましては、昨年度に上西樋にたまっている土砂の撤去や樹木の一部伐採を、一昨年度には立ち木の撤去が実施されています。県営河川につきましては県へ要望し、減災取組を進めており、一昨年度は口無川、昨年度は築地川のしゅんせつ作業が実施されています。本市におきましても、一昨年度は三国が丘団地調整池、昨年度は美鈴が丘団地調整池立木伐採を実施しています。

北九州市議会 2020-12-01 12月01日-01号

合流式下水道とは、汚水雨水を1つの下水で処理するもので、激しい雨が降ったときなどは下水汚水混じり雨水浸水区域に広がり、川や海に流れ出ます。 そこで、2点お尋ねします。 まず、住民に対し居住地域下水道整備状況と、豪雨時に汚水混じり雨水があふれ出る危険性について周知すべきです。 また、中島の件では、住民はどこに通報し、対応を依頼すればよいのか分かりませんでした。

春日市議会 2020-11-19 令和2年地域建設委員会 本文 2020-11-19

まず、下水道施設長寿命化事業については、ストックマネジメント計画に基づき、雨水渠実施設計業務及び汚水路改築工事を実施したことにより、計画的かつ効率的な改築更新事業が進捗しました。また、浸水対策については、業務委託として小倉第1雨水幹線改良工事実施設計業務等を行い、工事としては白水第2雨水幹線改築工事大和第1雨水幹線改良工事を実施しました。

春日市議会 2020-09-24 令和2年第3回定例会(第5日) 本文 2020-09-24

また、委員から、2款1項1目20節委託料の増額理由についての質疑が出され、執行部から、雨水渠浚渫単価上昇理由である。雨水幹線浚渫が1平方メートル当たり税抜き1,000円から1,500円に上昇したこと、また、水路敷等の除草が1平方メートル当たり510円が750円に上昇したことが主な理由であるとの説明を受けました。  

春日市議会 2020-09-17 令和2年地域建設委員会 本文 2020-09-17

22: ◯委員金堂清之君) この895基、これだけ埋設してもろうて全体を網羅してもろうとうとはいいですけども、この中に水道のね、径が小さいとこに消火栓を幾つか続けてつけとるところはない。 23: ◯委員長岩渕 穣君) 分かりますか。 24: ◯委員金堂清之君) 分かる。 25: ◯委員長岩渕 穣君) 武末安全安心課長

北九州市議会 2020-09-14 09月14日-04号

まず1点目ですが、現在、小倉北区昭和町では、地下10メートルに、直径約3メートル、延長約1.5キロメートルの大規模な雨水貯留工事が進められ、完成すれば、周辺地域で発生した浸水被害の大幅な軽減に寄与すると期待されています。しかし、このような下水道施設の多くは地下に建設され、認識されにくく、供用が開始されれば、もう見ることはできません。 

行橋市議会 2020-09-10 09月10日-03号

その原因排水路のうち、主に道路等を横断している排水が小さく、その上流域冠水が発生する場合と、雨水の流れ込み先であります河川の断面が狭いため冠水が発生する場合が考えられます。道路を横断している排水を広げることで冠水を解消できる場合もありますが、道路横断部下流域において、また新たに冠水が発生する場合もあります。そのため、通常、冠水箇所の改善では一番下流側から整備しているところでございます。

春日市議会 2020-09-08 令和2年地域建設委員会 本文 2020-09-08

また、汚水渠の適正な管理を行うために、住宅建築に併せて公共桝を設置しました。  改良工事としては、老朽化が進んでいる下水道施設長寿命化を図るため、ストックマネジメント計画に基づく汚水路改築工事を行いました。また、局所的な集中豪雨による被害を軽減させるため、大和第1雨水幹線改良工事及び白水第2雨水幹線改築工事を行いました。