運営者 Bitlet 姉妹サービス
33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-03-02 直方市議会 平成30年 3月定例会 (第5日 3月 2日) その役目を曲がりなりにも果たしてきた減反、過剰生産を抑制する機能を大幅に弱めるわけですから、本来は、戸別所得補償のセーフティーネットを強化しなければならないはずです。そうでなければ米の生産量全体が野方図にふえた際の米価の激しい下落に農家は対応できず、経済的な苦境の果てに潰れざるを得なくなる危険性が高まる一方であります。 もっと読む
2017-12-19 大牟田市議会 平成29年 12月 定例会(第497号)-12月19日−04号 このようなことからも、離農する農家がふえ、農地の遊休地化が進み、全国的にも大きな課題となっております。  そこでまず、大牟田市の農業の現状についてお尋ねを申し上げます。  1の1、大牟田市の農業の現状について。  大牟田市の農家戸数の状況についてお尋ねをいたします。  以上、壇上での質問を終わり、以下は質問者席より再度質問をいたします。 ○議長(境公司)   副枝産業経済部長。 もっと読む
2017-12-12 古賀市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第3日) 本文 農地の保全につきましては、農地の有する多面的機能を維持するため、ため池などの整備に加え農業委員会が毎年行っております農地パトロールにより遊休農地の発生を抑制するなど、優良農地の確保に努めているところであります。農業者、団体の育成につきましては、認定農業者や女性農業者、集落営農組織に対し、効率的かつ安定的な農業経営を確立するため、国や県と連携した支援を行っております。 もっと読む
2016-12-06 嘉麻市議会 平成 28年12月定例会(第4回)-12月06日−02号 運営団体のほうから聞きますと、非常に高齢化等で離農される方も多く、この出荷者についても年々減少してきているということでございました。  それから、ビジョンについてのことでございますが、馬古屏についてももう既に来年で20年経過することになります。 もっと読む
2015-06-15 久留米市議会 平成27年第3回定例会(第4日 6月15日) 人口減少や超高齢社会が進展する中、都市機能の維持と市域の均衡ある発展を図っていくためには、市街地の拡大を抑制しながら、中心拠点と地域の生活拠点などが相互に機能を補完し合う、ネットワーク型のコンパクトな都市づくりを進めていくことが必要でございます。   もっと読む
2014-06-17 久留米市議会 平成26年第2回定例会(第6日 6月17日) 今回、国で制度改正が検討されたのも、増大する介護費用を抑制する方法の一つとしてです。  楢原市政2期目の課題の一つは、この介護の問題を市民との協働でどう取り組むかにあるのではないでしょうか。この制度改正がないとしても、久留米市の高齢者を取り巻く共助を強化する取り組みは必要です。  また、これだけふえた介護事業所が地域コミュニティの中で果たす役割を生かしていくことも課題となるでしょう。   もっと読む
2014-06-06 古賀市議会 2014-06-10 平成26年第2回定例会(第1日) 本文 農地利用集積促進事業は、土地利用型農業から経営転換する農業者、離農する農業者、農地の相続に対し経営転換協力金を交付するもので、対象戸数は10戸を見込んでいる。また、農業者育成事業は、45歳未満の独立・自営の就農者に対し年間150万を交付するもので、対象者を2名としている。 もっと読む
2013-12-04 久留米市議会 平成25年第4回定例会(第2日12月 4日) 同市は、このほかに保健師や看護師による訪問指導なども行い、過度の受診を抑制することもできたということでございます。  そこで、2点質問をいたします。  1点目は、ジェネリック医薬品についての取り組みです。  ジェネリック医薬品につきましては、久留米市としても、県のモデル事業に絡めて取り組みを行ったところでございます。どれくらいの成果があったのか。 もっと読む
2013-09-24 みやこ町議会 平成 25年第3回定例会( 9月)-09月24日−04号 これ、何回も言ったんですが、今もう、新しくまた木を植えりゃあいいじゃないかというような問題じゃなくて、もう離農していく人が、樹園地を持った人が今、離農していく人がかなりおります。それを歯止めをしないと、どうしようもないんじゃなかろうかと。環境問題もありますし、5年間でその事業を使ったときに、5年後はさらに激しく荒れ放題になるちゅうことはもう目に見えてますよね。   もっと読む
2013-09-05 遠賀町議会 平成25年第 5回定例会-09月05日-03号 また、後段の介護保険制度改革では、一定以上の所得のある利用者の負担は引き上げるべきと致しまして、施設での食費や居住費に対します補足給付の支給には、資産を勘案するなど、増大する介護給付費を抑制する手法が示されているところでございます。   もっと読む
2012-09-30 北九州市議会 平成24年度 決算特別委員会-09月30日−01号 今後、公共施設マネジメントを進めるに当たりましては、まずは、本市が政令市の中で人口1人当り最も多くの施設を保有していること、財政的な制約の中では、その更新費用、維持管理費用の確保が困難であること、そのため総量抑制を今後考えざるを得ないことについて、市民に共通認識を持っていただくことが、何よりも重要であります。   もっと読む
2012-06-13 川崎町議会 平成24年度第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2012年06月13日 町長の御答弁で、国もはっきりしてないとは言いながらも、なんか着実に離農農家への助成金の問題だとか、個別所得補償制度とか、そういうのがまさに国政で論議をされておりまして、国としてはそっちにいくのは必至というような状況がうかがえます。   もっと読む
2012-06-06 古賀市議会 2012-06-14 平成24年第2回定例会(第3日) 本文 特に、農業振興施策を計画的かつ集中的に実施する一方で、転用を原則として認めない区域である農用地区域については、今後とも農用地等をできるだけ保全確保することを旨として、編入要件を満たす農地の積極的な編入や除外の抑制等の取り組みを通じ、農用地区域に係る制度の適切な運用を図る必要があるとされています。本市の農業においても、さきに述べましたように非常に厳しいものであります。 もっと読む
2012-03-03 古賀市議会 2012-03-14 平成24年第1回定例会(第3日) 本文 さらに、平成24年度からは、小規模農家の離農推進による農地の集約、土地利用型農業からの経営転換による農地の集約などの経営転換協力金事業を進めていくところです。市としましては、このような国の計画に基づき、補助事業を有効に活用して、地域に合った農地集積を図っていきたいと考えております。  2)についてお答えいたします。 もっと読む
2012-03-02 久留米市議会 平成24年第1回定例会(第3日 3月 2日) この予算規模は、税収が低迷する中、前年度比2.2%減の90兆3,339億円と抑制されましたが、国債発行額については44兆2,440億円にも達しており、4年連続で国債発行額が税収を上回るなど、健全財政にはほど遠い内容であると言わざるを得ません。   もっと読む
2011-12-02 北九州市議会 平成23年12月 定例会(第4回)-12月02日−04号 また、プラスチック製容器包装の分別協力率を現状の48%から55%に向上させることなどによって、焼却量を抑制することで年間約4,000トン、約1,800世帯分のCO2排出量削減が図られる、このように考えております。   もっと読む
2011-03-01 岡垣町議会 平成 23年 3月定例会(第1回)-03月01日−01号 まず、農業振興においては、農家の高齢化や離農等により農家数は減少傾向にあり、農業後継者や新規就農者の育成が急務となっていることから、岡垣町認定・志向農業者連絡会が行う新規就農者育成に対して支援を行います。  このほか、農業基盤の整備を図るため、元松原地区のほ場整備、ため池や排水機場の維持補修を行うほか、中山間地域における農業集落への支援を行い、農業の生産性と収益性の向上に取り組みます。   もっと読む
2010-09-03 福津市議会 平成 22年 9月定例会(第5回)-09月03日−03号 また、農業担い手の減少、離農が進めば耕作放棄地の増加、荒廃を招くおそれが強く、これらの対策を講じる必要が急務でございます。   もっと読む
2010-03-03 古賀市議会 2010-03-25 平成22年第1回定例会(第5日) 本文 今回の措置がなぜ長時間勤務の抑制になるのかとの問いに、労働基準法の改正がされるときに、国の厚生労働委員会のやり取りの中で、長時間勤務をした職員の休息の確保とプラス時間単価を上げることで、命じるほうからいえば、いわゆる人件費が高くなるということで抑制効果が働くのではないかという、国での意見もあっている。 もっと読む
2009-06-15 田川市議会 平成21年第5回定例会(第2日 6月15日) しかし今では、離農業者が後を絶たないばかりか、新規就農業者もなかなか見つからない大変厳しい状況にあります。私はこれらの田川市のまちづくりを推進するに当たり、農業の振興は極めて重要であると考えます。 もっと読む
  • 1
  • 2