12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

北九州市議会 2014-09-25 平成26年 9月 定例会(第3回)-09月25日−06号

自民党の歴代幹事長、加藤紘一、古賀誠、野中広務氏などがしんぶん赤旗に登場し、反対の論陣を張っています。改憲論者を自任する小林節慶應大学名誉教授は、安倍首相は三重の憲法違反を行ったと指摘しています。第1は、憲法9条を踏みにじったこと、第2は、憲法改正の手続を定めた96条違反、第3は、憲法99条の憲法尊重擁護義務違反です。  

宗像市議会 2014-07-10 宗像市:平成26年第2回定例会(第7日) 本文 開催日:2014年07月10日

あえて言いますと、私ども赤旗新聞には、加藤紘一あるいは野中広務、古賀誠、こうした戦争を経験した人、あるいは家族が戦争を経験した人の談話が何度も寄せられました。集団的自衛権は日本のあり方を変えるんだ、いろいろ言っているけれども、憲法9条をないがしろにするやり方だ、断固として反対だと。先日の赤旗日曜版には、公明党の元副委員長、運輸大臣の二見氏が赤旗にこういった談話を寄せていました。  

田川市議会 2014-07-02 平成26年第4回定例会(第4日 7月 2日)

安倍内閣の集団的自衛権を容認するという暴走に対し、自民党の重鎮であった元幹事長、古賀誠氏、野中広務氏、加藤紘一氏や、元内閣法制局長官、大森政輔氏、阪田雅裕氏などは、憲法解釈の今回の百八十度の変更は、立憲主義の破壊に等しく、一旦容認を認めれば歯どめがきかなくなると一斉に反対の声を上げています。  

北九州市議会 2013-09-22 平成25年度 決算特別委員会-09月22日−01号

加藤紘一、古賀誠、野中広務氏など、自民党元歴代幹事長が、しんぶん赤旗に登場し、反対の論陣を張りました。きょう、私ここに持ってきたのは9月14日付のしんぶん赤旗日曜版です。ここに載っている集団的自衛権、安倍首相は三重の憲法違反というふうに述べられているのは、改憲論者を自任をする小林節慶応大学名誉教授であります。

筑紫野市議会 2010-09-22 平成22年第3回定例会(第4日) 名簿 2010-09-22

│ │  │濱武 振一 │ (1)野中広務氏らの共著「差別と日本人」にある「災害関連の工事は │ │  │      │  早く駆けつけた業者から発注しよう」について市長の所感。   │ │  │      │ (2)昨年まで記述はなく、それも、下水道工事のみ見られる500万 │ │  │      │  円の実績という新規参入障壁の理由。             

筑紫野市議会 2010-09-22 平成22年第3回定例会(第4日) 本文 2010-09-22

野中広務氏らの共著の「差別と日本人」という本があるんですが、野中広務、辛淑玉と。部落とは、在日とは、なぜ差別とは続くのかと。だれもが語らなかった人間の暗部と、こういう本があるんですが、この中に実は特筆すべきことがあって、野中広務ですけど、いやいや、その町長は──というのは自分が町議時代の町長です。──は、一部の強力な土建業者の意思のまま動かされていたんですよと。

行橋市議会 2008-06-23 平成20年 6月 定例会(第2回)-06月23日−04号

野中広務元官房長官は、銭勘定だけで人間としての尊厳を認めていないと述べ、中曽根元首相は、至急、これは元に戻して、新しくもう1度考え直す、そういう姿勢をはっきり早くとる必要があります、と明言をしています。今、怒りの声は、行橋市民の中にも渦巻いております。こうした市民の声に応えるためにも、今回の請願に、議員の皆さんの賛同を、心からお願いいたしまして、討論といたします。

古賀市議会 2004-06-14 2004-06-14 平成16年第2回定例会(第4日) 本文

元自民党幹事長の野中広務氏の講演を聞く機会があり、地方政治を知る国会議員が少ないため、日本がおかしくなったとのお話にうなずきました。  さらに別府市で開催された自由の森大学に参加し、この国の行方と地域再生について数多くの講演を聞くことができました。地方からこの国の進路を正そうという数々の実践に触れ、勇気と自信を深めた次第です。

古賀市議会 2004-06-10 2004-06-10 平成16年第2回定例会(第2日) 本文

私、自民党市議団の皆さんより自民党内の情勢に詳しくなっているんじゃないかなというふうに自負しているわけなんですが、野中広務さんという方の声もつい最近聞くことがあったんですが、あの方は、自分は抵抗勢力と呼ばれたということでですね、小泉さんは最近もう抵抗勢力はいなくなったと言っているわけですが、そういう中で、現在の郵政公社が最終的な経営形態だという確認をされた自民党の郵政事業懇話会、今回の意見書の中には

田川市議会 1998-03-09 平成10年第1回定例会(第2日 3月 9日)

指定してもらいましてから、今度は野中広務さんが建設大臣になりました。これもまた直接皆で行って、わんわん言いながら調査費をつけてというので、やっと2千万円つけてくれたわけです。それで昨年、亀井静香さんが建設大臣で田川に来ました、麻生さんと一緒に。皆でわあわあ言った結果、6千万円調査費がついた。  それじゃあ平成10年は事業費がつくかどうか、問題はここです。

  • 1