運営者 Bitlet 姉妹サービス
446件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-26 宗像市議会 宗像市:平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年02月26日 部落差別については、議員がおっしゃるように、解消されてきたところも多く見られますが、解決していかねばならない課題もまだ残されていると考えています。例えば一例を申し上げますと、昨年度には市役所に、宗像市には同和地区がありますかという電話での問い合わせや、人権問題啓発事業として実施している市内の企業訪問においても、同様な質問がなされるなど、部落差別につながりかねない市民等の言動が散見されます。 もっと読む
2018-12-21 宗像市議会 宗像市:平成30年第4回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年12月21日 結果的には、福岡の業者が入札で全部落としたわけです。この苦い経験からも、今回の審議の中で、地場業者さんの参入をどう保証するのかという質問が随分出されてまいりました。今回採用するPFI方式の中では、それをまず受ける特別企業が出された後、地元業者さんとの下請契約、こういった形式の中で地元業者さんの参入を促していきたいという説明がございました。   もっと読む
2018-12-14 嘉麻市議会 平成 30年12月定例会(第4回)-12月14日−05号 嘉麻市においても、実際に、4年前に中学校での部落差別事件や部落問い合わせ事象が発生をしております。 もっと読む
2018-12-12 嘉麻市議会 平成 30年12月定例会(第4回)-12月12日−03号       │       ││  │            │・嘉麻市の政策決定の場へ │      │       ││  │            │ の具体的な対策について │      │       ││  │            │・人権相談体制の充実につ │      │       ││  │            │ いて          │      │       ││  │・部落差別解消推進法 もっと読む
2018-11-29 福津市議会 平成 30年12月定例会(第6回)-11月29日−02号 平成28年には、ヘイトスピーチ禁止法並びに部落差別解消推進法もできまして、この部落差別解消推進法に基づいて条例を制定したところもあります。  福津市は障がいにつきましては、終期を持った障がい者計画並びに障がい福祉計画、それから地域福祉計画等、計画は持っておりますし、全体的なこの差別をなくすということでの人権の計画もあります。 もっと読む
2018-09-21 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月21日−06号 先ほどの補助金、部落解放同盟への補助金、総事業が2,800万円のうち、嘉麻市は1,600万円余りを補助している、これは、ほかの団体、例えば老人会、753万円という補助金に比べても余りにも補助金の額としては大き過ぎるという指摘をしました。本来、あるべき補助金の姿に変えるべきだという意味を私は指摘するものでございます。   もっと読む
2018-09-20 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第6日 9月20日) 平成29年度の交付実績は、市長部局からは部落解放同盟久留米市連絡協議会へ1,089万1,000円、全日本同和会久留米支部等へ568万3,000円、福岡県地域人権運動連合会へ43万7,000円となっております。  また、教育委員会からは、部落解放同盟久留米市連絡協議会へ685万8,000円、全日本同和会久留米支部等へ343万1,000円となっております。   もっと読む
2018-09-19 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月19日−05号 このことが部落差別を受ける人々であるというふうに認識しております。この法における人権教育・人権啓発に関する施策の推進については、「国、地方公共団体及び国民の責務を明らかにするとともに、必要な措置を定め、もって人権の擁護に資することを目的とする。」とあります。 もっと読む
2018-09-14 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月14日−03号 部落差別問題も同じだと思います。部落差別はないのだという意識で見れば、何も見えてこなくなるのではないかと思うわけであります。部落差別解消推進法の制定された意義は、部落差別は存在するという客観的事実があり、部落差別は許されないとする法的に明記したことであります。   もっと読む
2018-09-10 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第3日 9月10日) しかしながら、2000年には人権教育啓発推進法が制定され、その目的の中に部落問題を指す社会的身分による差別が真っ先に挙げられていたり、部落差別解消推進法が策定されたことからも明らかなように、部落差別はまだ歴然と存在しており、そればかりか差別をあおるような言動が後を絶たないのが現実です。   もっと読む
2018-06-21 嘉麻市議会 平成 30年 6月定例会(第2回)-06月21日−04号 部落の差別解消推進法が一昨年できております。これは部落差別、障がい者の差別解消推進法、あるいはヘイトスピーチ法ができております。これは嘉麻市のみずからの課題として取り組んでいくべき問題でございます。  そのためには、人権のまちづくりが一番嘉麻市にとっては必要ではないだろうかと、そういうきょうは議題で質問をさせていただきたいと思います。   もっと読む
2018-06-20 嘉麻市議会 平成 30年 6月定例会(第2回)-06月20日−03号   │・学校行政について   │・学力向上について    │      │教育長    ││  │            │・子どもの貧困について  │      │関係課長   ││  │            │・学校給食無償化について │      │       ││  │            │・道徳教育について    │      │       ││  │            │・部落差別解消推進法施行 もっと読む
2018-06-15 大牟田市議会 平成30年  6月 定例会(第499号)-06月15日−02号 小さな1、部落差別解消推進法施行後の展望なんですが、これは理念法ですが、幾つか努力義務があります。平成8年にできた大牟田市あらゆる差別の撤廃をめざす人権擁護条例の内容と非常に似通っていますが、まず、法が施行した後の対応状況をお聞かせください。 ○議長(境公司)   中村市民協働部長。 ◎市民協働部長(中村珠美)   部落差別解消推進法の施行後の対応状況について御答弁いたします。   もっと読む
2018-06-12 久留米市議会 平成30年第2回定例会(第3日 6月12日) 近年、国内におきましては、部落地名総鑑を復刻し販売しようとする事件や、部落差別を助長するインターネットの差別的サイトなど、情報化の進展に伴う新たな部落差別や外国人に向けられた差別的言動、障害者への合理的配慮を欠いた差別的取り扱いなども起きております。   もっと読む
2018-06-08 嘉麻市議会 平成 30年 6月定例会(第2回)-06月08日−01号 このような中、国では個別の人権課題を解決するための法整備を進めるなどの取り組みが進められており、特に部落差別解消推進法は部落差別の文言が明記されたことで、国が部落差別の存在を認め、差別解消のための国及び地方公共団体の責務を明らかにしたことに大きな意義があります。   もっと読む
2018-06-07 久留米市議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月 7日) 部落差別解消推進法や障害者差別解消法などの法施行を踏まえ、同和問題を初めとするさまざまな人権課題の解消を目指し、市民の皆様への啓発や人権・同和教育及び市職員・教職員への研修の充実・強化を図ります。  また、女性のための起業支援セミナーや女性のまちづくり参画講座など、女性が活躍できる環境づくりを推進しますとともに、DV対策や性暴力被害者への支援の充実を行います。   もっと読む
2018-06-01 大牟田市議会 平成30年  6月 定例会(第499号)-目次 ………83      将来を見据えたこれからのまちづくりについて       これからのまちづくりのあり方とレジリエンス(しなやかな強さ)の向上       立地適正化計画と地域公共交通網形成計画とこれからのまちづくり       これからの市保健所のあり方       市庁舎整備       これからの防災・減災のまちづくり      人権関係諸法への対応と人権のまちづくりについて       部落差別解消推進法施行後 もっと読む
2018-03-23 小郡市議会 平成30年 3月定例会-03月23日−06号 する条例の制定について(議案第17号)     2 保健福祉常任委員長報告と質疑、討論、採決      (1) 小郡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について(議案第5号)      (2) 小郡市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について(議案第6号)      (3) 小郡市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定について(議案第7号)      (4) 小郡市部落差別撤廃 もっと読む
2018-03-23 遠賀町議会 平成30年第 2回定例会−03月23日-04号 部落差別の解消の推進に関する法律が成立しましたが、この法律を運用させないことこそが肝要であり、この不公正な同和対策費を廃止することこそが同和問題の真の解決につながるということを述べまして、反対討論とします。 ○議長(古野修) ほかに討論はございませんか。仲摩議員。 ◆8番議員(仲摩靖浩) 私は、賛成の立場から討論させていただきます。 ○議長(古野修) マイクを使ってください。 もっと読む
2018-03-15 田川市議会 平成30年第1回定例会(第4日 3月15日) また、同和対策事務費において、部落解放同盟田川市協議会に対する補助金として400万円が計上されております。  委員からは、同協議会は国や県等に対する要望活動を行い、地域の発展に一定の成果を上げてきたと考える。これまでも同協議会に対する補助金の増額について要望しているが、検討状況について回答があっていないとの意見があっております。   もっと読む