18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

久留米市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2日 2月27日)

50年前の懐中電灯を照らして砂利道を歩いていた、公民館まで行き交った時代とは様変わりの環境となっておりますし、今や農道までもが舗装されている状況にもあります。  30万都市の久留米市には、行政がおっしゃるような集落は存在しておりません。防犯灯1万8,000基の電気料は、全部で約2,900万円。

久留米市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第3日 9月10日)

これを開発したものだが、道路は農道が確保されただけで、宅地は四、五十センチのかさ上げをしていますが、今回は道路で2メートルからの浸水があったものです。今回の水害対策本部を鳥飼コミュニティセンターに設置し、まちづくり協議会の役員や自主防災組織の役員が20名程度詰めています。  浸水後、私は鳩山二郎代議士と浸水地区を回りました。

久留米市議会 2018-06-11 平成30年第2回定例会(第2日 6月11日)

また、農地の集約を目的に、小規模な農道、用排水路等の農業生産基盤の整備を推進する小規模農業用施設整備事業を新たに実施したいと考えております。  最後になりますが、高収益作物への取り組みの視点として、野菜等の高収益作物に適した水田の土壌改良に要する機械等の導入を支援し、経営の複合化を推進してまいりたいと思います。  

久留米市議会 2018-06-07 平成30年第2回定例会(第1日 6月 7日)

そこで、道路や橋梁、農道や用排水路など老朽化した公共インフラの長寿化対策に取り組みます。  また、快適な生活環境整備として、広域幹線道路網の整備や基幹公園等の整備、老朽化した市営住宅の建てかえ、さらには、自転車走行空間の整備やコミュニティサイクルの利用促進、放置自転車対策の強化など自転車利用の促進を進めます。  5点目は「都市開発・地域開発のまちづくり」です。

久留米市議会 2017-03-06 平成29年第1回定例会(第4日 3月 6日)

また、農道のミミズをとるため、農道を掘り起こし、軽トラックが通行できないということであり、そのほか、野菜の新芽を食い、根菜類はほじくり出して食い荒らしている。住民の方が一番心配されているのは、イノシシなどが学童たちを登下校中に襲うのではないかと懸念されています。具体的な対策はないのか、お尋ねをいたします。  2.道の駅について。  

久留米市議会 2014-06-30 平成26年第2回定例会(第7日 6月30日)

次に、第6款 農林水産業費では、職業として選択できる魅力ある農業の実現に向けた農業施策のさらなる取り組みの推進、国のこれまでの農業政策を十分に検証した上での農業施策の実施、市で行うことができる農道の交通事故防止策の早急な実施、市の基幹産業である農業を維持していくための施策のさらなる推進、6次産業化により開発した商品の販路拡大などフォローアップのさらなる充実強化について、それぞれ要望がありました。  

久留米市議会 2014-03-07 平成26年第1回定例会(第3日 3月 7日)

また、規模拡大に取り組む担い手の負担を軽減するとともに、水路や農道などの管理を地域で支えるなど、市民との協働によって、久留米市の美しい農村地域を支え、守っていきたいと考えております。さらに、集落営農組織の法人化を進めるとともに、雇用型経営や法人経営を推進するなど強固な担い手構造の確立を図ってまいります。  

久留米市議会 2012-03-06 平成24年第1回定例会(第5日 3月 6日)

農道はあるが、蛍観賞に来る人のため足場を平地にしたいということであります。  昨年、対岸が雨のために崩れたが、地域住民が総出で取り除いたということです。護岸も普通のコンクリートやブロックではだめということで、コケの生える護岸にしなければいけないということです。そして、肝心のカワニナが蛍の生息に絶対条件である。このカワニナも2月2日の雪の降るときも川の清流の中にいました。  

久留米市議会 2011-06-20 平成23年第3回定例会(第4日 6月20日)

市内では各所で道路の新設、拡張また農道や産業道路の整備が渋滞の緩和や利便性の向上のために工事が行われております。その結果の交通量の変化等については、事前に十分な調査検討が行われていると思いますが、全く想定していなかった道路に車が流れ込むような状況になることもあります。これは、どちらも小学校に通う子供さんを持つお母さんからの御相談でありました。  

久留米市議会 2011-03-25 平成23年第1回定例会(第7日 3月25日)

次に、第6款 農林水産業費では、みどりの里づくり事業のさらなる推進とグリーンツーリズムへの取り組みの検討、後継者育成のため農業者の収入増大につながる農産物の販路拡大及び販売力強化の取り組みの推進、農業の衰退につながりかねないTPP問題の十分なる検討、未整備の農道の舗装に対する柔軟な対応の実施、合併後いまだ一本化されていない農振計画の早急なる策定、食育コーディネーターなどの民間資格を職員が取得することによる

久留米市議会 2010-12-06 平成22年第4回定例会(第4日12月 6日)

2つ目の柱が、担い手の育成や生産基盤の整備による農業の基盤の強化でございまして、認定農業者、農業法人、集落営農組織などの多様な担い手を育成をしていきますとともに、農地農道、用排水路などの農業生産基盤や農村生活基盤の整備等に取り組んでまいりたいと思っております。  

久留米市議会 2010-06-14 平成22年第2回定例会(第2日 6月14日)

対応でございますが、本道路は農産物の集出荷施設への集荷や市場、消費地への出荷により利用される基幹的農道としての役割を担っており、拡幅することにより当地域の利用者の利便性、交通事故防止、渋滞緩和などに一定の効果があると考えております。しかし、整備を行うためには地域の方々の御理解と拡幅用地に対します御協力が不可欠でございます。

久留米市議会 2010-03-08 平成22年第1回定例会(第3日 3月 8日)

しかし、一方では、土地改良、流域下水道、農道、林道、街路整備など久留米市に影響が大きい事業は、受益者が限定されることにより、引き続き、負担金を求めるということになっています。この内容では、本市にとっても、さらなる見直しを要求していく必要があると思います。

久留米市議会 2009-12-04 平成21年第5回定例会(第4日12月 4日)

この農用地区域を中心としまして、農地、農道、農業用用排水路などの農業生産基盤を計画的に整備をしますとともに、大型の農業機械や園芸施設等の整備を支援するなど、さまざまな施策を実施をし、良好な営農条件を備えた生産性にすぐれた優良農地の整備に向けて実施をしているところでございます。  

久留米市議会 2009-06-11 平成21年第3回定例会(第2日 6月11日)

4点目、地域の農業事業に合わせたきめ細かな整備を支援するとして、農地有効利用支援整備事業がありますが、水路・農道の整備や、取水ゲート設置など、農業者の多岐にわたっての簡単な整備に、この支援事業で対応できると思いますが、具体的にどのような整備が支援対象となるのでしょうか。  5点目、耕作放棄地再生利用緊急対策について質問いたします。  

久留米市議会 2008-03-04 平成20年第1回定例会(第2日 3月 4日)

しかしながら、農業従事者の減少、高齢化の進行や混住化などに伴い、従来、農村地域で維持管理されてまいりました、用水路・ため池・農道などの持続的な維持が困難になることが危惧されておりまして、地域住民の参加のもと、農業・農村を維持・管理していく仕組みづくりが求められております。  

  • 1