493件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-26 行橋市議会 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月26日−05号 さらに、立地適正化計画のもと、市街地の整備に重点を置きすぎずに、中心部から離れた地域にも十分に配慮し、各集落の農道整備等についても対応できるようにしていただきたい、との要望が出されております。   もっと読む
2019-03-13 行橋市議会 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月13日−04号 市道ではない通学路、例えば未舗装の農道などが通学道路の場合、どのような手続をするのかなと。幅員確保するのか、歩道工事は都市整備部でするのかとか、産業振興部でするとかとかいうのが理解できないんですよ、押し問答するんですよね。市道認定しないと舗装できない、しかし通行量が多い。   もっと読む
2019-03-11 行橋市議会 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月11日−02号 その中で、農業用施設の主な被害といたしましては、土砂崩れによる水路の埋そく、水路を塞ぐことですね、詰まることでございますが、それから農道・里道の被災、土砂流出による通行困難による通行止めが発生をいたしました。  また漁港施設におきましては、河川からの流入土砂による航路の埋そくなどで緊急を要する24箇所につきましては、平成30年7月21日の専決処分により復旧工事を行ったところでございます。   もっと読む
2019-01-25 古賀市議会 2019-01-25 平成30年第4回定例会(第5日) 本文 138 ◯市長(田辺 一城君) 高原議員御指摘のようにですね、特に農業基盤整備は、おっしゃっていただいたように農業用水路とか農道の整備とか、そうしたことももちろんやっていくべきものをどんどん──どんどんというか、限りある中でもですね、やるべきことをやっていかなければならないと認識しています。   もっと読む
2018-12-21 行橋市議会 平成30年12月 定例会(第12回)-12月21日−05号 次に、議案第82号 市道路線の認定及び変更について、でございますが、今回、認定する路線は、開発行為等に伴うもの9路線、農道格上げに伴うもの1路線、合計10路線、総延長1104.5mとなっております。 また、変更する路線は、県からの移管に伴う起点の変更1路線、延長が1367mとなっております。 もっと読む
2018-12-12 嘉麻市議会 平成 30年12月定例会(第4回)-12月12日−03号 今後の活 │・今年度補正予算(第1号)│      │〃      ││  │  性化策について   │ 6款農林水産業費の工事請│      │       ││  │            │ 負費の執行状況     │      │       ││  │            │・総合バスステーションの │      │       ││  │            │ 設計状況及び北側の農道 もっと読む
2018-12-12 行橋市議会 平成30年12月 定例会(第12回)-12月12日−04号 それは、例えば福祉予算、これは福祉的な、全てとは言いませんが、そのほとんどが、やはり今を生きる方々に直接的に還元していくような事業でもありますし、ハード事業についても、やはり道であったり農道であったり、そうした整備についても、やはり区からの陳情をいただいた事業もたくさんあるわけであります。 こうした同じ人口規模を見たときに、やはり行橋は決してその比率は少ないわけじゃないんです。 もっと読む
2018-12-11 行橋市議会 平成30年12月 定例会(第12回)-12月11日−03号 御指摘をいただきましたとおり、現状の学校の通学路につきましては、道路管理区分の段階で、市道であったり一部は農道であったり、いろんな道路の形態も、あるいは管理区分も違っているところがございます。 もっと読む
2018-11-29 福津市議会 平成 30年12月定例会(第6回)-11月29日−02号 基盤というのはため池がちゃんとしていることとか、農道が舗装されるとか、水路、用排水路がきちっとした圃場整備がされて大きな区画になって効率的に耕作ができるとか、そういったようなことでございます。これが1本大きな柱。  もう一つ、いろんなタイプの農家さんがおられまして、そこは、どう付加価値をつけて売るかというようなところ。   もっと読む
2018-09-27 行橋市議会 平成30年 9月 定例会(第11回)-09月27日−05号 次に、平成29年度の当委員会所管部分における、主な事業または新規事業としましては、ハード事業として、道路改良工事や行橋停車場線の拡幅、長井浜公園の整備、市営住宅の長寿命化改修、農道や水路等の補修整備、沓尾漁港の整備、西泉調整池築造工事、音無苑の処理能力増強工事などを実施しております。   もっと読む
2018-09-21 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第4日 9月21日) 施設等の被害につきましては、道路26件、河川5件、ポンプ7件、用水路20件、井堰5件、ため池4件、農道4件、教育施設1件、民地2件の合計74件となっております。以上です。 ○12番(阪根泰臣)  はい、ありがとうございます。被害の状況はわかりました。  それでは、開設した避難所及び避難者数をお尋ねいたします。 もっと読む
2018-09-21 田川市議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月21日) 次に、道路橋りょう災害復旧事業費では、市内27カ所の市道等の災害復旧を行う工事請負費等4,419万1千円が、農林施設一般災害復旧事業費では、市内51カ所の農道及び農業用施設等の災害復旧を行う工事請負費3,634万円が、それぞれ増額されております。  委員からは、田川市災害対応ガイドブックに土砂災害警戒区域等と指定されている山林やのり面以外にも、地域住民が危険や不安を感じている箇所がある。 もっと読む
2018-09-20 糸島市議会 平成30年 決算審査特別委員会(第5日) 本文 2018-09-20 88 ◯10番(柳 明夫君)  それでは、この事業でどんな取り組みがされているかということですが、調書には、成果は耕作放棄地増大の抑制とありますけれども、政府のパンフレットを見ますと、農業生産活動を継続するための活動として、耕作放棄予防や水路、農道の管理のほかに、多面的な機能を増進する活動を紹介されております。   もっと読む
2018-09-19 北九州市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月19日−05号 特に水田地帯では、小規模の農家が多く、水路や農道も古いため、その維持管理も高齢化により困難になっており、稲作を断念する農家がふえることが考えられます。  そこで、お尋ねいたします。   もっと読む
2018-09-19 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月19日−05号 それから、開発行為が起因する災害と防災・減災ということで以前、一般質問でもご紹介しましたが、元徳島県木頭村長、藤田恵さんが、急峻な地形や幅員が広すぎる農道の開設について「拡大造林と並行して急峻な斜面に幅員が広すぎる農林道を、崩壊しやすい地形、土質などを十分考慮しないで開設した」と。 もっと読む
2018-09-13 糸島市議会 平成30年 第4回糸島市議会定例会(第5日) 本文 2018-09-13 内訳としましては、水路が41カ所、農道15カ所、ため池が5カ所、井堰6カ所、農地1カ所となっているところでございます。  それから、林業施設の災害復旧箇所につきましてですが、林道が47路線中30路線において小規模な落石等を含めまして、合計384カ所が被災をしております。 もっと読む
2018-09-10 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第3日 9月10日) これを開発したものだが、道路は農道が確保されただけで、宅地は四、五十センチのかさ上げをしていますが、今回は道路で2メートルからの浸水があったものです。今回の水害対策本部を鳥飼コミュニティセンターに設置し、まちづくり協議会の役員や自主防災組織の役員が20名程度詰めています。  浸水後、私は鳩山二郎代議士と浸水地区を回りました。 もっと読む
2018-09-10 行橋市議会 平成30年 9月 定例会(第11回)-09月10日−02号 後、ため池、農道、林地、漁港施設、そういったところの災害が出ておりまして、それから都市整備部が対応しましたのが69箇所ございます。この中で多かったのは、道路の関係が多ございました。道路の土砂崩れがあったり、冠水。多かったのは冠水の場所がかなり多ございまして、29件くらいの冠水が出てございます。後は陥没やブロックの倒壊といったところがございます。   もっと読む
2018-09-06 岡垣町議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月06日−02号 また、河川周辺の農地へつながる農道の接点的な場所でもあります。  安全で安心して快適に住みやすいまちづくりを推進される町にとって、児童・生徒の通学、帰宅時での通学路は安全第一であり、農作業に従事される方の作業での安全性を憂慮する地点でもあり、一刻も早く国道495号線から県道岡垣宗像線バイパス整備工事の早期着工の実現が必要性を帯びているものと考えています。 もっと読む
2018-09-05 岡垣町議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月05日−01号 それから14番が農業施設単独災害復旧事業で、これは農業用水路、農道、ため池など23カ所の単独災害復旧工事費等を計上しております。災害復旧費の合計が1億6,056万6,000円ということで、計上させていただいております。  資料の1ページに戻っていただきまして、上の歳入の表でございますが、今回の補正に必要な一般財源4,661万2,000円。 もっと読む