運営者 Bitlet 姉妹サービス
393件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 宗像市議会 宗像市:平成31年第1回定例会(第6日) 本文 開催日:2019年03月20日 種子法の廃止によって、遺伝子組み換えなどの特許技術を有する巨大多国籍企業が特定の農薬や生産方法などとセットで種子を支配する状況が今後日本でも起こりかねません。特に種子を自家採取し、有機農業などに取り組む農家ほど大きな影響を受けます。特定の企業に種子が支配された国や地域では、農家に代々受け継がれてきた大切な種子が奪われています。 もっと読む
2018-12-04 宗像市議会 宗像市:平成30年第4回定例会(第2日) 議事日程 開催日:2018年12月04日 おもてなし」は充分か            │ │12/5 ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │    │   │       │1 学校をより良い教育の場に                │ │    │ 8 │新 留 久味子├──────────────────────────────┤ │    │   │       │2 住宅地等における農薬散布 もっと読む
2018-09-05 宗像市議会 宗像市:平成30年第3回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月05日 課題としては、GAP基準が百数十項目に及ぶなど制度が複雑であり、認証取得だけでなく、その後の工程管理にも多くの労力を要すること、また、認証取得やその後の農薬検査や水質検査などに一定の費用がかかる一方で、現状ではその労力と費用に見合うだけの高い販売価格が得られがたいことが課題であると考えています。このようなことから、現在、市内にはGAP認証を取得している農業者はいません。   もっと読む
2018-06-20 宗像市議会 宗像市:平成30年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年06月20日 輸入されたものというのは、やはり残留農薬がとても心配なものです。特にバナナが輸出されているところを見たことがある方はいらっしゃいますか。本当に農薬のお風呂につけられて、腐らないように処理されて、日本にやってきます。そういった現場を見ると、すごくバナナって農薬漬けなんだなということを実感します。   もっと読む
2018-06-14 福津市議会 平成 30年 6月定例会(第3回)-06月14日−04号 使用する薬剤につきましては、農薬取締法を遵守して、農林水産省などの登録されたものを規定の使用方法にて散布しております。  また、この安全管理につきまして、特に日蒔野地区の公園の芝生管理の際には、散布前に近隣告知や注意喚起を実施し、散布後には利用制限をかけ、翌日までの立ち入り禁止措置を講じております。 もっと読む
2018-03-23 福岡市議会 平成30年条例予算特別委員会 本文 開催日:2018-03-23 183 ◯高木委員 ドローンの活用については、他都市でも農薬や肥料の散布、農作物の生育状況調査、鳥獣被害対策、松くい虫対策、森林調査など農林業の分野で活用されている事例がある。 もっと読む
2018-03-14 福津市議会 平成 30年 3月定例会(第1回)-03月14日−04号 というのは、それにしても農家の手伝いとか、草取りとか、そういうことをどんどんやってもらったほうが農家のほうも助かるし、一例として草取りをすれば農薬を使わなくていいと、福津のブランドもありますし、そういうのが無農薬でやっている。したら、付加価値も上がると思います。そしたら、農家の収入も上がってきますし、ひいて言えば福津市大体の税制も上がってくるんじゃないかと考えます。   もっと読む
2018-03-02 直方市議会 平成30年 3月定例会 (第5日 3月 2日) 現在、ふるさと納税の返礼品として取り扱っています減農薬、減化学肥料で育てられた新入地区の元気つくしや福智山山系の清流で育てられた福智山麓名水米など、主食用米としての地域の魅力ある米づくりのサポートはもちろんのこと、先ほど申し上げました米粉用米などの非主食用米につきましても、小麦アレルギー対策やグルテンフリー食品の需要にも着目しまして、機能性や加工品としての麺用などの適正にすぐれた品種の作付を拡大するとともに もっと読む
2017-12-11 遠賀町議会 平成29年第 9回定例会−12月11日-04号 本町は主幹産業として位置づけられている農薬を節減した米「夢れんげ」や遠賀町産菜種100%の菜種油、しそジュースなど、農産物のブランド化事業に取り組み、地産地消を推進し、農業の活性化を図っていると思います。  そのような中、農業人口の減少と高齢化は避けられず、産業別就業者数の推移を見ても、平成2年から10年間で約半減しております。 もっと読む
2017-09-07 岡垣町議会 平成 29年 9月定例会(第3回)-09月07日−02号 私が、ちょっと気になるのは藻場の再生と、水が変わった、水温が上がったとかっていろいろ環境の問題もありますけど、縦割りの中で、農林業と水産業というのは同じ省庁が携わっていますけど、例えば除草剤とか、私も農薬を使うことありますし、化学肥料も使います。 もっと読む
2017-06-21 直方市議会 平成29年 6月定例会 (第3日 6月21日) 登録業者が市場で調達する野菜等に関しては、既に市場において抜き打ち残留農薬等の検査を実施しておりますし、独自で調達する品物に関しましても独自検査が実施されておりますので、安全は担保されていると考えております。  また、お米のほうでございますけれども、これは納入業者による品質、残留農薬検査を実施しております。安全性が十分保たれているというふうに認識をいたしております。   もっと読む
2017-06-20 小郡市議会 平成29年 6月定例会-06月20日−05号 こうすることによりまして、基本情報でありますほ場の情報ですか、場所とか面積、あるいは肥料の量、播種、品種、農薬、そういったもののデータを入力することによって、いつの時期に播種をするといつの時期に収穫、収量がどれぐらい見込めるか、そういったのも想定ができるということで、こういった取り組みをチャレンジ的な形で4Hクラブ、北野のほうもやられております。 もっと読む
2017-06-20 小郡市議会 平成29年 6月定例会-06月20日−05号 こうすることによりまして、基本情報でありますほ場の情報ですか、場所とか面積、あるいは肥料の量、播種、品種、農薬、そういったもののデータを入力することによって、いつの時期に播種をするといつの時期に収穫、収量がどれぐらい見込めるか、そういったのも想定ができるということで、こういった取り組みをチャレンジ的な形で4Hクラブ、北野のほうもやられております。 もっと読む
2017-06-08 宗像市議会 宗像市:平成29年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2017年06月08日 庁内掲示板には、ガイドラインとあわせまして、環境省が作成しております公園、街路樹等の病害虫、雑草管理マニュアルや農薬の飛散防止チラシなども掲載をしております。また、例年6月に施設の所管課に対しまして、市の管理施設における化学物質に関する調査をしておりますが、その際にもガイドラインの周知を行っております。 もっと読む
2017-06-06 志免町議会 平成29年第3回 6月定例会-06月06日−03号 バイオテクノロジー、遺伝子組み換え品種を生産、普及し、自社作物と農薬をセットで売りつけるのが特徴だと言われております。例えば、モンサント社の農薬、ラウンドアップの主成分のグリホサートは、発がん性が報告されております。種子法の廃止は、日本の食料主権を危険にさらす重大な問題だと、私はこのように思います。 もっと読む
2017-03-23 福津市議会 平成 29年 3月定例会(第2回)-03月23日−03号 ◎都市整備部長(福嶋良和) 消毒につきましては、もちろん農薬取締法で登録を受けた農薬をきちんと使用方法を守って散布を行うと。散布につきましては、児童あるいは通勤、そういった時間帯を避けた形で散布を行うようにしております。  あと、また通行人等があれば、その作業を中断するなど、そういったところに配慮しながら作業を行っておるところでございます。 ○議長(椛村公彦) 豆田議員。 もっと読む
2017-03-09 北九州市議会 平成29年 2月 定例会(第1回)-03月09日−08号 このドローンについて、そのGPS機能を活用した農薬散布など、農業分野でも活用が有望であると考えていますが、見解をお伺いいたします。  次に、高齢化に対応した市の交通政策についてお尋ねいたします。  ブレーキとアクセルを踏み間違えた、この言葉を昨年から何度耳にしたことでしょうか。お年寄りの自動車運転の誤操作により、とうとい命が奪われるなどの痛ましい事故が全国で多発しています。 もっと読む
2016-12-02 福津市議会 平成 28年12月定例会(第4回)-12月02日−04号 毎年、この協議会の中で調査研究を行っていただいており、平成25年度には山口大学のほうから専門の医学博士の教授先生のほうに来ていただいて、アブラナ科の根こぶ病に対する防除の考え方ということで、農薬等のことも含めて検証していただいております。   もっと読む
2016-12-01 福津市議会 平成 28年12月定例会(第4回)-12月01日−03号 また、通常の予防策でございますが、連作を避ける、また土の酸性度合いを中和する、おとり作物を植える、それから農薬はネビシンフロンサイドを土に混ぜる。また、信州大学の研究で、最近はソバ殻が根こぶ病に非常にきくというように聞いております。今後の対応策について、お伺いいたします。 ○議長(椛村公彦) 永島地域振興部長。 もっと読む
2016-09-26 小郡市議会 平成28年 9月定例会-09月26日−04号 また、28年度においても、同じ方なんですが、今度はまた違う形で無農薬の食材を使って、もち米なんですけど、そういった餅を真空で包装するような機械の購入とか、餅を切ったり、餅つきの専用のそういった機械の購入もこの補助事業でできるということで、無農薬米のもち米でつくった丸餅というふうな形で、それを今県のほうに申請中でございます。 もっと読む