233件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-18 筑紫野市議会 平成31年第1回定例会(第3日) 本文 2019-03-18 まず初めに、相次ぐ地震災害により亡くなられた方々や被害に遭われた方々へ、哀悼の意を表すると同時に、お見舞いを申し上げます。一日も早い復興を祈念申し上げ、一般質問に移らさせていただきます。  質問通告に従い質問いたします。  質問題目1、児童虐待の対応について、質問項目1、児童虐待が社会問題化しているが、当市の児童虐待に対する現状と今後の課題についてお伺いします。   もっと読む
2019-03-13 大野城市議会 平成31年第2回定例会(第3日) 名簿 2019-03-13 また、コミュニ │ │         │            │   ティバス「まどか号」の運休について、ホーム │ │         │            │   ページに掲載されてはいたが、コミュニティバ │ │         │            │   ス「まどか号」の欄に記載されていたので、ホ │ │         │            │   ームページの緊急情報お もっと読む
2019-03-13 大野城市議会 平成31年第2回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2019-03-13 本市におけるプッシュ型の伝達手段には、災害情報伝達システムによる屋外拡声子局からの放送、携帯電話会社から個人の携帯端末にメール配信される緊急速報メール、土砂災害警戒区域や浸水想定区域などにお住まいの方に電話やファクスで伝達する登録制の災害情報等配信サービス、福岡県が運用しております登録制の「防災メール・まもるくん」、市の広報車による巡回放送があります。   もっと読む
2019-02-28 古賀市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第1日) 本文 歴史的な豪雨災害となった7月の西日本豪雨を初め、9月には台風21号や北海道地震が発生をし、多くのとうとい人命が失われました。お亡くなりになられた方々に哀悼の意を表し、被災された全ての皆様に心よりお見舞いを申し上げます。  私も被災地支援ボランティアに参加をしてまいりましたが、近年頻発する大規模災害の恐ろしさを肌で感じるとともに、災害時における地域防災の重要性を改めて強く認識をいたしました。   もっと読む
2018-12-12 春日市議会 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 2018-12-12 なお、御指摘の公民館につきましては、当該自治会の役員の皆様方に、その緊急性とか必要性等についてお尋ねをさせていただきたいというふうに思っております。 135: ◯議長(金堂清之君) 8番、近藤幸恵議員。 136: ◯8番(近藤幸恵君)〔起立〕 8番、近藤幸恵でございます。  社会情勢の動向に注視して慎重に判断していくとの市長からの御回答でございました。 もっと読む
2018-10-03 北九州市議会 平成30年10月 3日 環境水道委員会-10月03日−01号 12款消防費1項5目危機管理費800万円は、市民に伝達する避難情報に関して、現在、緊急速報メールや防災情報北九州、登録制の防災メールなど、伝達手段ごとにそれぞれ配信作業を行っているものを、一元的に配信するためのシステム改修を行います。 もっと読む
2018-09-20 大野城市議会 平成30年第3回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2018-09-20 緊急連絡カードにつきましては、要支援者を自宅から医療機関へ緊急搬送しなければならない場面におきまして、健康保険証の番号、かかりつけ医療機関、日ごろの身体状況及び家族等への連絡先など、必要な本人情報を迅速かつ正確に救急隊へ伝えるための手段となります。  今回の災害におきましては、要支援者を医療機関へ緊急搬送しなければならない場面がなかったことから、緊急連絡カードの使用はございませんでした。 もっと読む
2018-09-18 春日市議会 平成30年第3回定例会(第3日) 本文 2018-09-18 最初に、一般質問を行うに当たり、大阪府北部の地震、平成30年7月豪雨、台風第21号、さらに平成30年北海道胆振東部地震によってお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りし、御遺族の皆様に哀悼の意を表したいと思います。そして全ての被災者の皆様にお見舞いを申し上げます。  さて、災害から生命、財産を守るためには、行政の取り組みである公助に加え、みずからの身はみずから守る自助が基本となります。 もっと読む
2018-09-18 大野城市議会 平成30年決算特別委員会 付託案件審査 本文 2018-09-18 次に、職員緊急事態等対処訓練事業は、決算額は0円となっております。これは、大野城市緊急事態等対処計画に基づきまして、自然災害のみならず、さまざまな危機事象に対する職員の危機管理対応能力の向上を目的に実施するものです。平成29年度は、窓口がある部署の職員を中心に不当要求対応訓練を実施し、73名が参加をしております。 もっと読む
2018-09-14 北九州市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月14日−03号 北九州市においても、7月5日からの大雨により市内約9万7,000世帯、19万人を超える市民に避難指示(緊急)などが出され、3,415人が避難しました。 もっと読む
2018-09-11 糸島市議会 平成30年 第4回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2018-09-11 1       (午前10時00分 開議) ◯議長(田原耕一君)  会議に入ります前に、9月4日、日本に上陸し多くの被害をもたらしました台風21号と、9月6日、北海道を襲った地震 もっと読む
2018-09-11 行橋市議会 平成30年 9月 定例会(第11回)-09月11日−03号 今回、7月6日発生の大雨の件で、各地での地震や災害などに伴い、今回10名の議員が防災や災害の対策についてお尋ねをするということで、重複する点があるかと思いますけれども、お許しいただきたいと思います。  1点目は、地震に伴うブロック塀調査についてです。 もっと読む
2018-09-10 行橋市議会 平成30年 9月 定例会(第11回)-09月10日−02号 ◆20番(豊瀬尉君)  市民は台風がくるたびに、あるいは雨季の時期がくるたびに自分の家が浸かるんじゃないだろうか、あるいは横の川が氾濫するんじゃないだろうかという、地震も怖いんですけども、行橋市は6・30の経験上、やはり水害に対する防災というのは、私は十分に行政としては考えていかなければいけないだろうと思います。   もっと読む
2018-09-07 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第2日 9月 7日) また、今回の台風21号や北海道札幌市で地震が発生し、まずは、そうした皆様方に心からお見舞いを申し上げます。  私は、7月6日夕方より10日間ほど北野の災害地に張りついていましたので、久留米市のほかの地域のことは行政情報しかわかりませんので、本日は北野地域限定で質問をさせていただきます。  久留米市では、7月5日から7日の総雨量が384ミリと、48時間雨量で県内観測史上最大を記録したところです。   もっと読む
2018-08-30 北九州市議会 平成30年 8月30日 議会運営委員会-08月30日−01号 (1)上水道道事業会計において、平成30年7月豪雨により被災しました上水道施設の復旧に要する経費として1億8,500万円、(2)下水道事業会計において、国の内示増等により、浸水対策や地震対策等に要する経費6億5,000万円と、債務負担行為の設定12億円を計上しております。  以上で、平成30年度補正予算案の説明を終わります。 もっと読む
2018-08-23 北九州市議会 平成30年 8月23日 総務財政委員会-08月23日−01号 中にある数値につきましては、ちょっとこれ速報値ということで整理をさせていただいておりまして、まだちょっと入っていないところもございますけれど、御容赦いただければと思います。今回、個別事業の状況については、時間の都合もありまして、ちょっと省略をさせていただければと思います。後ほどごらんいただければ幸いでございます。 もっと読む
2018-07-25 春日市議会 平成30年市民厚生委員会 本文 2018-07-25 本年6月18日に発生いたしました大阪北部地震により、小学校プールに設置されたブロック塀が倒壊し、その塀に挟まれた通学中の小学生が亡くなられるという痛ましい事故が起きております。本市ではこれを受け、公共施設のブロック塀について緊急に確認等を行ったところでございます。   もっと読む
2018-06-22 直方市議会 平成30年 6月定例会 (第5日 6月22日) そこで、山崩れや土砂災害は多くの場合、大雨、そして地震がきっかけとなって起こされます。ただし、今回のように引き金となる現象が見られないまま崩落することもまれではありますが、起こり得ます。どうやって突然の災害から命を守ればいいのか。地震に対しては建物の耐震化でリスクを小さくすることはできます。津波や水害、土砂災害に対しては避難することが唯一の命を守る手段であると考えます。 もっと読む
2018-06-22 福津市議会 平成 30年 6月定例会(第3回)-06月22日−06号 問題点を軽視し、工期を優先し、その上に建造物を建てれば、建物が自立できなくなり、建築後、ひび割れや地震で倒壊の危険も考えられます。とりわけ4階建ての児童生徒が学ぶ校舎であれば、なおさら安全第一の対策をとるべきであります。  生コン打設回数の増による延伸については、子どもの安全と学校運営に影響を与えないため、非常に狭い範囲であり、地域は住宅地で道路は狭い。大型ポンプ車・生コン車に制約があります。 もっと読む
2018-06-20 嘉麻市議会 平成 30年 6月定例会(第2回)-06月20日−03号 ◆3番(石原浩二) では、情報伝達ツールの活用、これ、行政報告があった九州テレ・コミュニケーションズ株式会社による活用について、ケーブルテレビでデータ放送や家庭のテレビを自動で立ち上げ、緊急情報や防災情報を効果的に伝達すると行政報告がありましたが、土砂災害特別警戒区域の508カ所において、緊急情報等の試験放送等を実施したのか。 もっと読む