5086件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

みやこ町議会 2025-06-19 06月19日-03号

幼児教育無償化対象外である給食費などの実費徴収のあり方について伺います。また、保育の質の確保についてどのようにお考えかお伺いをするところでございます。 無償化対象外である給食費実費徴収、これは、改定子ども子育て支援法消費税増税とセットで行われ、切実な子育ての願いを逆手にとって消費税増税を国民に押し付けるものです。

小郡市議会 2021-12-16 12月16日-03号

その間におきましては、例年1校ずつ小中学校の大規模改造事業を行ってきたことや順次整備を行ってきた小学校の自校式給食施設整備事業に加え、学校施設空調設置増築事業陸上競技場の2種公認事業庁舎耐震補強事業大原校区公民館、現在の大原コミュニティセンターですが、こちらの建設事業私立保育園施設施設整備補助などを行ってきました。

みやこ町議会 2020-12-23 12月23日-05号

議事日程(第5号)                         令和元年12月23日 午前10時00分開議 日程第1 審査終了事案上程委員長報告委員長報告に対する質疑、討論、採決      議案第78号 みやこ会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例制定について      議案第79号 みやこ伊良原自然体験施設設置及び管理条例制定について      議案第80号 みやこ学校給食事業基金条例

小郡市議会 2020-12-20 12月20日-06号

歳出1款1項1目議会費から10款7項3目学校給食費までの989万4,000円の増額補正は、人事院勧告に基づく給与改定分として給料表改定による給料増額分が220万9,000円、給料表勤勉手当率改定による期末勤勉手当増額分が610万6,000円、またこれらを算定基礎とする共済負担金増額分が120万5,000円などです。特別職給料減額分としては43万6,000円ですとの説明がありました。 

みやこ町議会 2020-12-17 12月17日-04号

3点目は、みやこ給食センターについてです。 町内の小中学校生徒数と1食にかかっている給食費と保護者負担は幾らかをお聞きいたします。 4点目は、みやこ職員採用についてお聞きいたします。 今回より、面接試験が先で、筆記試験が後回しにしての方法をしているが、している市町村があるかお聞きいたします。 以上4点につきまして、壇上からの質問を終わります。 ○議長田中勝馬君) 井上町長

小郡市議会 2020-12-17 12月17日-04号

また、地域との関わりということも学校給食につきましては非常に大事です。地元生産者の皆さん、それからJAみい学校行政等で組織する小郡市食と農推進協議会と連携しまして、学校給食地元農産物を取り入れるとともに地元生産者給食調理員教室を訪問しまして、児童と一緒に給食を食べるなどのお出かけ給食というような取り組み行っていただいております。 

みやこ町議会 2020-12-09 12月09日-02号

─────────────────────────────議事日程(第2号)                         令和元年12月9日 午前10時00分開議 日程第1 議案質疑      議案第78号 みやこ会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例制定について      議案第79号 みやこ伊良原自然体験施設設置及び管理条例制定について      議案第80号 みやこ学校給食事業基金条例

みやこ町議会 2020-11-15 12月05日-01号

00分開会 日程第1 会議録署名議員指名 日程第2 会期及び日程について 日程第3 諸般の報告 日程第4 行政報告 日程第5 諸報告報告第10号) 日程第6 議案上程提案理由説明      議案第78号 みやこ会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例制定について      議案第79号 みやこ伊良原自然体験施設設置及び管理条例制定について      議案第80号 みやこ学校給食事業基金条例

北九州市議会 2020-10-06 10月06日-10号

第3号 │高校無償化の復活と給付制奨学金制度の確立を求める意見書の提出について      │├─────┼────────────────────────────────────────┤│ 第7号 │小中学校全学年での30人学級の実現等について                  │├─────┼────────────────────────────────────────┤│ 第8号 │学校給食

北九州市議会 2020-10-01 10月01日-09号

●ある特定の食品添加物を摂取できない児童生徒に対し、給食時に適切な配慮 が行われるよう、教員に対し情報共有していただきたい。●防災減災教育推進については、他都市での取組を参考に、防災力を通して 地域での公助が高まるよう取り組まれたい。●危険予知トレーニングの導入を検討されたい。●長期の不登校の子供たちへの対応について、社会に適応できるよう今後も対 策を進められたい。

小郡市議会 2020-09-26 09月26日-06号

次に、学校給食課、債務負担行為、2億4,208万2,000円の補正は、小郡小学校、三国小学校のぞみが丘小学校の3校について、令和2年度から令和4年度までの3カ年間、給食調理業務業務委託契約するものです。業者については、指名型プロポーザル方式により相手方を選定し、年末もしくは年明け早々契約締結を考えていますとの説明がありました。

みやこ町議会 2020-09-20 09月20日-03号

次に、学校給食における地産地消について質問いたします。 物価や流通コストの上昇する中で、来月からは消費税も上がることは御案内のとおりです。給食センター内においても良質な食材購入に苦慮していることと思います。そこで、地元産のB級品野菜への使用を提案したいと考えておりますが、まず地産地消の割合についてお尋ねいたします。 最後に、給食費無償化についてお聞きいたします。

小郡市議会 2020-09-20 09月20日-04号

給食保育の一環という原則を踏まえ、公費負担対応すべきです。全国でも、自治体が独自で3歳以上児の副食費減額、免除するところがふえてきています。福岡県においても、1市1町が今年の4月から副食費無償化を先行実施しています。 また、安心・安全な保育、質の高い保育を行うためには保育士が必要です。保育士処遇改善を進め、保育士確保に努めていくことが急務です。 

春日市議会 2020-09-16 令和2年第3回定例会(第4日) 本文 2020-09-16

したがいまして、本市におきましては、文部科学省が示しております「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~学校の新しい生活様式~」、これに基づいて、各学校において、給食時間中の対応、授業中を問わない換気の励行、マスクの着用、教室内外消毒等に鋭意努めるよう指導しているところです。  

大牟田市議会 2020-09-15 09月15日-05号

審査の過程で、1.債務負担行為に関する調書のうち、学校給食調理業務委託については、直営拠点校4校を3校に減らすということは大きな方針転換であることから、直営民間委託併用方式実績検証議会への説明なしの方針転換は認められない。 2.令和2年7月豪雨の被災者支援については、罹災証明書の申請ができていないような被災者の把握に努め、支援に結びつくように取り組まれたいとの意見・要望が述べられました。 

北九州市議会 2020-09-15 09月15日-05号

まず、北小倉小学校跡地の現状についてでございますが、児童生徒数の減少のため、平成31年3月に閉校いたしまして、市としての利用は、現在使っております給食室の使用が終わる来年3月までとなってございます。 公共施設マネジメント実行計画におきましては、施設廃止等により生じた余剰資産民間売却基本利活用を図る、これを基本方針として掲げているところです。

大牟田市議会 2020-09-10 09月10日-04号

保育園給食調理地域包括支援センターも、このような例に挙がると思います。その辺の民営化、また、指定管理者制度などに業務が移っている、そのことへのお考え、いかがでしょうか。 ○議長境公司)  岡田企画総務部長。 ◎企画総務部長岡田和彦)  お答えいたします。 あらゆる行政事務を全て職員で行うということになりますと、当然のことながら、それだけ人件費というのがかかってまいります。

北九州市議会 2020-09-10 09月10日-02号

次に、学校給食について伺います。 もともと夏休み給食必要性がなかったため、給食調理室には空調がありませんでした。ただ、昨今は温暖化が進み夏休み前後の時期も暑さが厳しいのですが、学校施設の中でも最も温度が高いであろう給食調理室は、ほとんどの学校で冷房がありません。衛生上窓も開けられず、その中で調理員さんたちは熱い釜の前で高い湿度の中で調理をされています。

春日市議会 2020-09-09 令和2年総務文教委員会 本文 2020-09-09

243: ◯教務課長藤井謙一郎君) 10款5項4目学校給食費、説明欄の一番下の段、小学校給食管理費事務局)でございます。教務課関連会計年度職員前歴加算による増額補正を行うものでございます。  続きまして、補正予算書70ページをお開きください。  説明欄の下の段、中学校給食管理費事務局)でございます。こちらも教務課関連会計年度任用職員前歴加算による増額補正を行うものでございます。