運営者 Bitlet 姉妹サービス
3635件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-19 遠賀町議会 平成31年第 2回定例会−03月19日-03号 この議案には、繰越明許費に個人番号カード交付事業として事務経費が上がっていますが、税金の徴収強化と社会保障費削減が狙いであるこの事業は、廃止しかありません。公平で公正な社会の実現と言うならば、中小企業の半分程度となっている大企業の法人税実質負担率の見直し、富裕層への証券税制の強化や、所得税・住民税の最高税率を元に戻すことが先であると思いますので、この議案については反対致します。 もっと読む
2019-03-01 遠賀町議会 平成31年第 2回定例会−03月01日-01号 公平で公正な社会の実現に向けたマイナンバー制度の運用が行われていますが、住民情報を管理する庁内システムが情報連携できる安定した環境を維持するとともに、引き続きセキュリティ対策に万全を尽くしてまいります。また、マイナンバーカードを利用した住民票、印鑑証明書のコンビニエンスストア発行を本年2月に開始致しました。今後、さらなる利用促進に努めてまいります。   もっと読む
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  資料 開催日:2018-12-19 に よって一定の前進が図られてきましたが,同制度は平成30年度から地方消費者行政強化交付金制度に統合されるとと もに,予算額が削減されました。 もっと読む
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19 人口減少社会、超高齢化社会を迎え、経済成長が望めない状況の中で、年金の削減、医療費、介護費の負担増など国民の負担は一段と厳しくなっています。だからこそ福祉政策の充実が求められています。  国も地方も厳しい財政にあると言いますが、税金をいかに公正に再配分するかというのが政治の役割です。住民の福祉をしっかり図りながら、いかに縮小社会をつくり上げるかが重要です。 もっと読む
2018-12-14 嘉麻市議会 平成 30年12月定例会(第4回)-12月14日−05号 この空き家バンク制度は、平成30年の4月1日から運用開始、本年度から開始しておるというところでございます。制度の周知方法といたしましては、市の広報誌、ホームページ、ケーブルテレビ等を活用しておりまして、これまで多くの方からお問い合わせがあっておるという状況でございます。  なお、本制度に登録できる物件でございますが、これは個人が居住を目的として建築して、現に居住していない市内の建物。 もっと読む
2018-12-14 糸島市議会 平成30年 第6回糸島市議会定例会(第5日) 本文 2018-12-14 63 ◯9番(波多江貴士君)  社会的な制度の整備によるところが大きい、そして、それによる就職に関する意識の醸成が関係しているものと思います。  初めに、福祉的就労に焦点を当てていきたいと思います。   もっと読む
2018-12-14 直方市議会 平成30年12月定例会 (第7日12月14日) しかし、福岡県内29市のうち、議員及び長の選挙について選挙公報を発行していない市は、本市を含めて2市、また、議員のみ発行していない市は1市のみであり、その他26市においては議員及び長について選挙公報を発行していることから、県内において広くこの選挙公報制度が定着しているものと思われます。   もっと読む
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 723 ◯保健福祉局長(永渕英洋) 国民健康保険制度は必要な医療費等の経費を国や県からの支出金等の公費と被保険者からの保険料で賄う社会保険制度であり、被保険者の方にも応分の負担をお願いする仕組みとなっております。 もっと読む
2018-12-13 糸島市議会 平成30年 第6回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2018-12-13 基本的人権を保障しなければならない。これは地方自治法第244条で定められている内容です。  民間の施設であれば、誰が利用できるかを、それを運営している民間企業の都合で決めても私たちは文句は言えません。 もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 しかも、市長のこの考えでいくなら、社会保障全体が成り立たなくなる暴論です。  以上、選挙期間中の市長のうそとごまかし発言の数々の一端を見てきましたが、高島市長は有権者の前で事実をゆがめ、公正な選挙を妨げたと思いますが、御所見を伺います。 もっと読む
2018-12-10 直方市議会 平成30年12月定例会 (第6日12月10日) その工事の財源としましては、国土交通省所管の補助事業で、社会資本整備総合交付金事業のうち、都市再生整備計画事業、旧まちづくり交付金、通常まち交、まち交と呼んでおりますが、その補助事業を活用の予定でございまして、補助率はおおむね事業費の40%となっております。   もっと読む
2018-12-07 直方市議会 平成30年12月定例会 (第5日12月 7日) 人口の自然増減と社会増減の二つの要素に分けられ、自然増減は出生数と死亡数の差分、社会増減は対象とする地域における転出数、転入数の差分により規定されています。   もっと読む
2018-12-06 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月06日−02号 2、患者からの申し出や患者の生活困窮を職員が知った場合に医療相談員が面談し、公的制度社会資源の活用の可能性を検討した上で適合を判定することにしています。また、この制度の適用は生活が改善するまでの一時的な措置であり、無料診療の場合は、健康保険加入、または生活保護開始までの原則1カ月、最大で3カ月を基準に運用しています。   もっと読む
2018-12-06 直方市議会 平成30年12月定例会 (第4日12月 6日) 2015年4月、子ども・子育て支援新制度がスタートしました。この制度は、2012年8月に消費税増税法案とともに成立した子ども・子育て支援関連3法を受けたものであります。この新制度は、当初、消費税10%増税実施年である2015年4月1日を本格実施予定日としていました。実際には、この10%増税が先送りになりましたが、別途財源を確保するとして予定どおり2015年4月から実施されました。   もっと読む
2018-12-04 直方市議会 平成30年12月定例会 (第2日12月 4日) これは人口急減、超高齢化という我が国が直面する大きな課題に対し、政府一体となって取り組み、各地域がそれぞれの特徴を生かした自立的で持続的な社会を創生できるよう設けられたものであります。  具体的には、まち・ひと・しごと創生長期ビジョンとまち・ひと・しごと創生総合戦略。また、総合的かつ長期的な少子化に対処するための指針として策定された少子化社会対策大綱。 もっと読む
2018-12-03 糸島市議会 平成30年 第6回糸島市議会定例会(第1日) 本文 2018-12-03 まず、議案第110号 平成30年度糸島市一般会計補正予算については、社会保障制度に関連する経費及び当初予算編成後に生じた事務事業費などに係るものを追加計上し、人事院勧告に基づく人件費の追加及び人事異動等に伴う人件費の調整を行うものでございます。   もっと読む
2018-11-30 福津市議会 平成 30年12月定例会(第6回)-11月30日−03号 その中で、現行の郷づくりの制度であったり、その自治会制度もございますけども、この地域コミュニティに入っていきたい、並びに福津の市政に参画したい、また自分が持っている能力やこの思いを、いろいろまちづくりにも活用したいと思われるようなかた、自覚的にそう思われているかた、また無自覚にそういう潜在能力を持たれているかたがおられると僕は思っているんです。   もっと読む
2018-11-29 福津市議会 平成 30年12月定例会(第6回)-11月29日−02号 社会人口、転入から転出を引いたこの社会人口増の増加率は、東京都中央区に次いで全国で2位であります、市の中でですね。  それから、子ども世代の人口増加率ももう断トツであります。 もっと読む
2018-10-04 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第8日10月 4日) これに対して当局より、使用料の見直しについては、文化施設だけ先走るということではなく、受益者負担の原則のもと、公の施設を維持管理するための人件費及び管理運営費等のコストを勘案した上で、社会情勢を見きわめながら市全体で考えていく必要がある。現在、財政担当課の指示により使用料のコスト計算等の調査を行っている段階であり、それをもとに今後の指示等が出されると思うとの答弁に接したのであります。   もっと読む
2018-09-27 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月27日−06号 今後、高齢化の進展に伴う社会保障費の増加や老朽化した公共施設の維持改修、更新費用の増加も見込まれ、財政運営は厳しい状況が続くと考えられます。このような中、業務の見直しや公共施設マネジメントなどの行財政改革を進めるとともに、支出の抑制や助成金などのさまざまな財源の確保を図るなどして、健全な財政運営に努めながら、本市の最優先課題である人口減少対策などの積極戦略に集中的に取り組む必要があります。   もっと読む