運営者 Bitlet 姉妹サービス
673件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月05日−01号 そのときに、事故の相手方、被害者は首の痛みについての治療を継続されていたため、人身分の和解が成立次第に議会報告を行う旨の説明をしていたところでございます。今回、その和解が成立したため専決処分を行いましたので、議会の承認を求めるものでございます。  専決処分の日は平成30年11月5日、賠償示談金額は146万4,824円ということです。 もっと読む
2018-09-11 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月11日−04号 また、初日の代表質問でも御答弁されておりましたように、このまま何ら対策を講じなければ32年度には財政調整基金が底をつき、33年からは9億5,000万円余りの赤字になるという試算になるため、選択と集中により、取り組みがなされるということで、当然そこには市民の痛みも伴うものになるかと思います。   もっと読む
2018-09-06 岡垣町議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月06日−02号 これ以上、痛みを強いるやり方は許されません。  町長の答弁では、3割負担の方が28名いらっしゃるということですので、その方への通知は行っているのでしょうか。また、3割負担になったことで、相談に来られた方などはいらっしゃいますでしょうか。 ○議長(太田強君) 船倉長寿あんしん課長。 もっと読む
2018-06-06 遠賀町議会 平成30年第 4回定例会−06月06日-03号 要介護状態となった際には、本人に加え、家族などの関係者の自由な生活を阻害することになり、リハビリを行うことも大変な痛みや苦労を伴うこととなり、金銭面での負担も発生してまいります。そのため、要介護状態となることを予防する介護予防事業の充実を重要視し、次に、もう既に要介護状態等となられている方の状態軽減、悪化の防止に向けた施策に取り組んでいきたいというふうに考えております。  以上でございます。 もっと読む
2018-05-21 春日市議会 平成30年総務文教委員会 本文 2018-05-21 お医者さんに私どもも面談した結果、胃の痛みとかで、投薬は当然必要なことにしてもですね、仕事を休むほどではないというようなことでございます。  以上でございます。 13: ◯委員長(武末哲治君) 北田委員。 もっと読む
2018-03-12 嘉麻市議会 平成 30年 3月定例会(第1回)-03月12日−04号 現在、国のほうでは、アベノミクス効果で経済は回復基調にあるとは言いましても、その実感が全ての人々に行き渡るにはまだまだ時間がかかるとされている中、消費税が5%から8%に上昇し、さらには10%になるのも間近という状況で、今後予想されるさまざまな負担増という市民への痛みや、それに対応する市職員のご苦労を考えると、まず、我々議員自身が率先して身を切る改革を断行し、さらに切磋琢磨することが市民の負託に応える もっと読む
2018-03-09 久留米市議会 平成30年第1回定例会(第5日 3月 9日) それゆえに私としては、先生は反対かもしれませんが、10%に上がることになりまして、市長としては非常にしっかりとこれを使っていきましたら、消費税の痛みよりも効果のほうが大きいんじゃないかと。こういった観点であります。  そこで御質問でございますが、この場合に、中小企業者にとって相当大きな影響があるんじゃないかと。私も全くそのとおりでありまして、そこは丁寧にやらないといけないと。 もっと読む
2018-03-07 嘉麻市議会 平成 30年 3月定例会(第1回)-03月07日−03号 まず、健康課で把握をいたしております、喉の痛みなど自覚症状がありました体調不良者の人数につきましては、まず健康相談で延べ108人、それと、火災周辺3行政区で戸別訪問をいたしまして25人、妊婦に対します聞き取り調査で3人、合計の延べ136人、これはあくまでも健康課で把握している数字でございます。   もっと読む
2018-03-05 大牟田市議会 平成30年  3月 定例会(第498号)-03月05日−02号 ◆15番(森竜子)   今、おっしゃったように、手数料の点とか、市民の税金の納入という点というのは、本当に市民の皆様からも御協力いただかなければ、そして、市民の方の痛みも伴わなければならない部分、また、サービスの縮小なんかも含めて、そういうところの市民の方に御協力いただかなければならない部分もある一方で、やはり定住・移住、企業誘致というのは長いスパンで効果があらわれるのも待たなければいけないという、 もっと読む
2018-03-03 古賀市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会(第2日) 本文 皆同じく痛みを分ける、同じように削減する、適正かどうか、適正というか、表現が合うのかどうかわかりませんが、いわゆる大岡裁きのようなことが不可能なのか。そこから生み出された財源を用いて、子どもたちに投資しませんか。できない話ではないと思います。無駄をなくす、経済の大原則ではないでしょうか。 もっと読む
2017-12-12 行橋市議会 平成29年12月 定例会(第8回)-12月12日−03号 このアニメを観まして、この問題、いつどこで起きるか分からない、そういった問題であり、残された家族、連れ去られた人の痛みなどを自分の問題、また身近な問題としてとらえることが必要であると、改めて認識をいたしました。  今後、様々な人権問題、人権課題の解決のため、まずは身近な問題としてとらえ、行動していくことが人権尊重のまちづくりにつながると考えているところでございます。以上です。 もっと読む
2017-10-10 福岡市議会 平成29年決算特別委員会 本文 開催日:2017-10-10 メスを入れた途端にその症状が出ればすぐ対応できるようにしなければならないし、また、痛みが最小限におさまるように、スピードを持って事業を進めていかなければならない。当初から私はそのように述べてきたにもかかわらず、既にかなりの時間が経過している。 もっと読む
2017-09-20 嘉麻市議会 平成 29年 9月定例会(第3回)-09月20日−05号 そのほかの通知といたしましては、子宮頸がん予防ワクチン接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関や、接種後の慢性の痛み対策研究事業を推進している研究班の所属医療機関等についての情報提供の通知等もございました。  以上です。 ○議長(山倉敏明) 田中議員。 ◆10番(田中日本明) 現代の医学では、数多くの化学薬品が製造をされております。 もっと読む
2017-09-20 遠賀町議会 平成29年第 8回定例会−09月20日-05号 2008年、後期高齢者医療制度導入担当した厚生労働省の当時の課長補佐が、医療費が際限なく上がっていく痛みを高齢者に直接感じてもらうためにこの制度をつくったと公言し、大問題となりました。高齢者に際限のない保険料の値上げを押し付け、負担増を我慢するか、医療を受けるのを我慢するかを迫るという、制度本来の害悪が高齢者に襲いかかっております。 もっと読む
2017-09-14 春日市議会 平成29年第3回定例会(第4日) 本文 2017-09-14 軽病度のI度は脳血流が減少して起こるもので、目まい、失神、また塩分濃度が低下すると筋肉に痛みを伴い、けいれんを起こします。中等度のII度になりますと、脱水により脱力感、頭痛、吐き気を引き起こし、重症度のIII度になりますと、体温上昇のために中枢機能に異常を来し、意識障害が起こりまして、死亡率が高いと言われております。   もっと読む
2017-09-09 古賀市議会 2017-09-08 平成29年第3回定例会(第4日) 本文 住環境中に存在しているさまざまな種類の微量化学物質に反応し発症する化学物質過敏症の初期症状として、目がかすむ、ちかちかする、目まい、喉の痛みなど、さまざまな症状があります。思春期の時期での影響は、神経系への症状が悪化することも近年判明し、学習機能障がい、不眠など深刻な問題を引き起こす場合もあります。初期段階では、化学物質過敏症を発症したと気づかず、体調の不調に悩んでいることもあります。 もっと読む
2017-09-06 岡垣町議会 平成 29年 9月定例会(第3回)-09月06日−01号 これにより、相手方は車両を損傷するのみならず、首に痛みを生じ、その治療のため通院を余儀なくされました。相手方の車両の修理代といわゆる物損分については、修繕費及びレンタカー費用を負担することで、昨年11月10日に相手方から了承が得られました。相手車両の賠償金額は60万5,340円で、これは町が加入しています全国自治協会の自動車損害共済保険から全額を支払っています。   もっと読む
2017-06-06 古賀市議会 2017-06-20 平成29年第2回定例会(第4日) 本文 244 ◯予防健診課長(中村 由果君) 3名の方につきましては、やはり体の痛みであるとか、さまざまな発作であるとか、そういった症状に対しての受診をどのようにしたらいいかという御相談が主でございます。 もっと読む
2017-03-29 福津市議会 平成 29年 3月定例会(第2回)-03月29日−06号 給付と負担の自覚、痛みを強いて医療費を削るか負担を我慢するかを迫る、うば捨て山制度です。  後期高齢者医療事業に係る総額を、公費5割、若年者支援金4割、高齢者の保険料負担1割となっており、医療費が増えれば必然的に保険料が上がる仕組みであります。実際、この間、値上げをされてきました。したがって、もとの老人健康保険制度に戻すよう国、県に求めるべきと考えています。   もっと読む
2017-03-21 岡垣町議会 平成 29年 3月定例会(第1回)-03月21日−05号 制度の導入時、厚生労働省の担当幹部は、医療費が際限なく上がる痛みを、後期高齢者がみずからの痛みで感じてもらうと明言しました。これは、75歳以上の人口と医療費がふえればふえるほど、保険料に跳ね返る仕組みであるからです。  安倍政権は2017年4月から、低所得者の保険料を最大9割軽減している特例措置、特例軽減を段階的に廃止しようとしています。 もっと読む