716件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宗像市議会 2019-03-01 宗像市:平成31年第1回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年03月01日

それから、ランドセルメーカーのセイバンが、2018年3月に小学生の母子2,000組を対象に調べた結果によれば、最も荷物が重い日が、平均で約4.7キログラム、ランドセルを含めると、約6キログラムの荷物を背負っていたということ、それから、子どもたちに、首などに何らか痛みを訴える、そういった子どもたちが約3割いたという調査になっています。  

宗像市議会 2018-12-21 宗像市:平成30年第4回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年12月21日

最後に、本議案に対する総括的な反対意見として、国、特に地方自治体においては、人口減少に伴い財源の効率的分配が喫緊の課題として上げられる中、さらに来年には消費税の増税という国民、市民に一層の負担が求められる状況において、公職者に対する待遇改善は痛みを伴う住民に対して説明できるものではなく賛成することはできません。

筑紫野市議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 2018-12-18

最後になりますが、片足立ちを5秒保持できない、前屈ができない、しゃがむことができないといった運動不足による問題と、関節に痛みがある、肘を曲げ伸ばしすることや上に上げることができないといった運動過多による問題などがあります。運動器検査の結果をどのように学校や家庭での指導に生かしているのか、お尋ねいたします。 174: ◯議長(横尾 秋洋君) 教育部長。

春日市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 2018-12-12

しかし現行のワクチンについては、過去の接種から5年以内に再接種をした場合、注射部位の疼痛──つまり、ずきずきとうずくような痛みでございます──そういった痛みなどの副反応が起こるケースが初回接種よりも頻度が高く、程度が強く発現する場合があるという報告がなされているため、任意で再接種をする場合には、議員御案内のとおり十分な間隔を確保する必要がございます。  

北九州市議会 2018-12-07 平成30年12月 定例会(第4回)-12月07日−03号

まさに、今8%を10%に引き上げられることによって、特にこの北九州市で市民所得が政令市で最も低いレベルにあるという中で、10%の増税がどれだけ市民に痛みをもたらすかということについて市長は認識を持ってないんでしょうか。先ほどの答弁では、10%はもう仕方がないから容認するというふうに聞こえましたが、そういう立場に立っているということなんでしょうか。  

岡垣町議会 2018-12-05 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月05日−01号

そのときに、事故の相手方、被害者は首の痛みについての治療を継続されていたため、人身分の和解が成立次第に議会報告を行う旨の説明をしていたところでございます。今回、その和解が成立したため専決処分を行いましたので、議会の承認を求めるものでございます。  専決処分の日は平成30年11月5日、賠償示談金額は146万4,824円ということです。

田川市議会 2018-12-03 平成30年第4回定例会(第1日12月 3日)

したがって、市民だけに痛みを与えるということは議会としてはできませんということで、市長以下4役、議会の20人が当時の0.05月分を辞退したんです。それが、今、そのままずっと回復してない。原形回復してないんですよ。いまだに皆さん方、もうお忘れかもしれません。  だから、私は金目のことを言っているわけじゃないんです。

福津市議会 2018-11-29 平成 30年12月定例会(第6回)-11月29日−02号

◎健康福祉部長(髙橋美幸) 水泳や水中運動というのが高齢者にとって、特に足とか腰に痛みのある方にとっては、非常に有効な運動であるというふうに思っておりますが、今、議員おっしゃったとおり、うちにはプールがございませんので、市といたしましては、今、健康増進室の利用料について減免の措置をとって利用しやすい健康づくりをやっていただけるような措置としてはやっておりますが、他市町村の施設に、プールに通われる方についての

春日市議会 2018-11-27 平成30年総務文教委員会 本文 2018-11-27

負傷の状況でございますが、事案発生前に部活動中に右膝、右下腿に痛みを生じたために病院で受診し、右前脛骨筋挫傷による歩行障害の診断を受けています。その負傷している右足を蹴られたことにより痛みが増したものであり、外科の診断に加え、心因的なものとして内科の診断が出ております。10月中に通院を終えておりますので、今後、健康保険などの負担分を確認し、損害賠償額の積算など対応を進めてまいります。  

北九州市議会 2018-09-19 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月19日−05号

あるランドセルメーカーの調査では、1週間のうち最も重い日の荷物の重量は平均約4.7キロで、ランドセルの重さを含むと平均約6キロ、小学生の約3割がランドセルを背負ったときに痛みを感じているといいます。文部科学省は、学校の状況もそれぞれ違うので、各学校でどう工夫ができるのか参考にしてほしいとしています。  私も小・中学校の児童生徒の保護者の方から相談を受けることがあります。  

北九州市議会 2018-09-13 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月13日−02号

こうした中、我が会派では被災者の方々から多くの声をいただき、その現状をじかに見ることで、被災者が抱かれている痛みや不安をつぶさに感じてまいりました。その被災者の切実な声を行政に届けるべく、7月27日、会派13人全員で市長に対し、14項目にわたる要望書を提出させていただきました。

大牟田市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月11日−04号

また、初日の代表質問でも御答弁されておりましたように、このまま何ら対策を講じなければ32年度には財政調整基金が底をつき、33年からは9億5,000万円余りの赤字になるという試算になるため、選択と集中により、取り組みがなされるということで、当然そこには市民の痛みも伴うものになるかと思います。  

岡垣町議会 2018-09-06 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月06日−02号

これ以上、痛みを強いるやり方は許されません。  町長の答弁では、3割負担の方が28名いらっしゃるということですので、その方への通知は行っているのでしょうか。また、3割負担になったことで、相談に来られた方などはいらっしゃいますでしょうか。 ○議長(太田強君) 船倉長寿あんしん課長。

北九州市議会 2018-08-17 平成30年 8月17日 保健病院委員会-08月17日−01号

先ほど申しましたとう痛とか、生理痛とかひどい痛み、そういうふうな副反応が出たということで、9件の副反応報告が上がっております。  それと被害の救済の申請でございますが、定期接種におきまして、1件の申請を受けております。相談については、相談窓口を設けておりまして、これまで8件ほどの相談を受けておりまして、どこの医療機関で診療を受けられるのかとか、そういうふうなことの相談を主に受けております。  

田川市議会 2018-07-04 平成30年第2回定例会(第4日 7月 4日)

にもかかわらず、他市に比べてラスパイレス指数が低いということを理由にして、特別昇給等の調整は、たとえ職員のモチベーションの向上や有能な人材確保を目的とするものであっても、本市の極めて厳しい財政状況と、あわせて行財政改革の推進中で、多くの市民に多くの痛みを与えておる中で、市民の理解と協力が得られるとは到底考えられません。  

福津市議会 2018-06-22 平成 30年 6月定例会(第3回)-06月22日−06号

永山議員の一般質問を少し引用をさせていただきますが、前小山市長が将来の福津市、福津市民のため、待ったなしで取り組まれた行財政改革、市民にも大きな痛みを伴うが、避けては通れないと強い思いで向き合われた。福間駅内のエンゼルスポット、大和保育園、わかたけ広場、夕陽館など、廃止や民営化をうたわれていました。原﨑市長は、これの全部に反対する形を公約に掲げ、選挙の大きな争点として当選されました。

大野城市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2018-06-14

また、住宅リフォームは、住宅の所有者みずから、築年数や痛みぐあい、資金面等を考慮した上で住宅のリフォームや建てかえ時期を計画され、実施されているのが現状だと考えております。このことは、居住空間の改善や個人の財産価値を高めることを目的とするものであり、自分の財産は自分で守ることが基本と考えていることなどから、現在のところは住宅リフォーム助成制度の創設は予定しておりません。  

福津市議会 2018-06-14 平成 30年 6月定例会(第3回)-06月14日−04号

市民にも大きな痛みが伴いますが、避けては通れないと政治生命をかけての断行でありました。原﨑市長は、これに反対する形で公約を掲げ、選挙の大きな争点とし、市長に当選されました。  このことによって、福津市行財政集中改革プランはリセットされ、なかったもののように多くの市民が思っております。

福津市議会 2018-06-11 平成 30年 6月定例会(第3回)-06月11日−01号

◎都市整備部長(福嶋良和) 調査につきましては、大がかりな調査といたしまして、先ほどの道路ストック事業、これは市道の主だった路線につきまして、舗装の痛みぐあい、そういったものを調査し、その36路線について、今後計画的に改修を行いたいと考えているところでございます。