4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

久留米市議会 2013-12-05 平成25年第4回定例会(第3日12月 5日)

自然の中で宇宙森羅万象を体感させることが大切。それにより知情意、真善美の調和的発達がなされると思います。  以前のこの質問では、大分県安心院町のツーリズムを中心に質問しましたが、本日は熊本県小国町、北里柴三郎の生家があるとこでありますが、ここと北九州市八幡区の中学校との交流を引例といたします。  この農村体験は、小国町うるるん体験教育ツーリズムと称されています。

久留米市議会 2010-12-07 平成22年第4回定例会(第5日12月 7日)

私は、ゆとり教育とは時間的余裕を与えることが本義ではなく、それ以上に大切なことは、子供を大自然に触れさせ、浩然の気を養い、宇宙、森羅万象のなりわいを体感させることではなかろうかと思っております。  また、文明の発達によって、昭和30年以降生活様式が変わり、大変便利に生活できるようになりました。

春日市議会 2008-03-13 平成20年第1回定例会(第4日) 本文 2008-03-13

子供たちがこのように考えているとしか思えない罪への意識や反省心なき態度は、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、自分という人間の自愛の精神の欠落、自分自身しか持ち得ないアイデンティティーの欠落、森羅万象、万物に対する感謝の心の欠落、信仰心の欠落、身近で尊敬できる人々の減少等々、その要因は一つとは言いあらわせませんが、これらの心を養うだけの倫理感、規範意識、道徳心が培われずに社会体験不足

福津市議会 2005-11-25 平成 17年12月定例会(第6回)-11月25日−01号

博物館活動の対象は能登川町やその周辺の人文や自然、森羅万象すべてで、図書館と一緒にあることで、本・モノを見て、触れて、体験しながら学ぶことができる。  埋蔵文化センターは、能登川町内にある102カ所の遺跡を発掘調査し、土器や鉄器・木器など出土した資料は約6,000箱近くあり、これらの資料を適正に保管・整理し、遺跡調査を効率よくするための施設である。  

  • 1