運営者 Bitlet 姉妹サービス
490件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-28 古賀市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第1日) 本文 歳入においては、市で前年度比2.1%増の69億6,300万円を見込み、地方交付は前年度比0.6%増の28億9,300万円を計上しています。そして、ふるさと応援寄附金は前年度同額の10億円を見込み、市債は前年度比1.9%増の10億2,600万円としました。 もっと読む
2019-02-26 宗像市議会 宗像市:平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年02月26日 水産業においては、価格の低迷、燃料の高騰に加え、漁獲量の減少などから所得増につながらず、ともに将来の後継者不足は深刻化してくると考えます。現状と課題、その対策はどのように考えているのかお伺いいたします。  (4)スポーツの推進について。   もっと読む
2018-09-07 古賀市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第4日) 本文 30 ◯議員(4番 平木 尚子君) 今は家族で、親が近くに住んでいる、または同居している御家族というのはそう多くはありません。しかも、引っ越してきて悩み事があっても、誰に相談してよいかわからないという方も少なくないと思います。アンケートの中にも、親としての心配事を抱えている方も多く、子育てについて相談できる相手が身近にいないとの回答もありました。 もっと読む
2018-06-18 糸島市議会 平成30年 第3回糸島市議会定例会(第6日) 本文 2018-06-18 原発を稼働させてから出るのごみの処理についても、もんじゅが廃炉になった今、全く不透明な状態であり、このまま原発を稼働させ続ければ、あと6年でのごみを保存しているプールが満杯になってしまうと言われています。これらのことを考えても、玄海原発3号機の稼働を停止し、4号機の再稼働中止を求めるのは当たり前ではないでしょうか。   もっと読む
2018-06-07 岡垣町議会 平成 30年 6月定例会(第2回)-06月07日−02号 国は要保護者に対して補助を行っていますが、平成17年度より準要保護者に対しては地方交付に変更され国の補助金は廃止となり、各自治体で行っています。このことから、自治体の財政負担が重くなってきていることについては十分理解していますが、就学援助制度は、義務教育は無償とした憲法第26条などの関係法に基づくものであります。   もっと読む
2018-06-01 糸島市議会 平成30年 第3回糸島市議会定例会(第1日) 本文 2018-06-01 日程第5 議案第42号       専決処分について(糸島市条例等       の一部を改正する条例)      議案第43号       専決処分について(糸島市国民健康       保険条例の一部を改正する条例)      議案第44号       専決処分について(訴えの提起) もっと読む
2018-03-19 糸島市議会 平成30年 予算特別委員会(第2日) 本文 2018-03-19 歳入予算では市が92億6,538万円で、全体の27.4%を占め、続いて地方交付が79億円で23.4%、続いて国庫支出金、県支出金、市債の順となっております。  市などの自主財源の割合は36.3%で、前年度より1.3ポイント増加をしていますが、地方交付や国県支出金などの依存財源の割合、63.7%を大きく下回っている状況でございます。  続きまして、歳出予算でございます。   もっと読む
2018-03-19 古賀市議会 2018-03-19 平成30年第1回定例会(第3日) 本文 多くの人が安心して生活できる古賀市にするために、市民が負担するさまざまなや使用料の負担増は市民の生活に大きな影響を与えます。今議会で市民生活に直結する国保や介護保険料、水道料金の改定が提案されています。そこで質問いたします。  1、福岡県単位の広域化が実施される国民健康保険制度の改正に伴い、保険を改定し国保税を引き下げることが提案されています。 もっと読む
2018-03-15 糸島市議会 平成30年 第2回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2018-03-15 このタイトルは、シニアクラブ発展についてとしていましたので、そのを担っていただくのは任意クラブではございますが、シニアクラブ連合会並びに単位シニアクラブになろうかと思います。仮称ではありますが、糸島シニアクラブ憲章は条例と捉えていただいて構いません。   もっと読む
2018-03-14 糸島市議会 平成30年 第2回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2018-03-14 玄海原発については、玄海原発3号機が2月16日から原子炉に燃料を装着する作業を開始し、2月21日に完了しています。九州電力は3月23日に再稼働を予定し、4月から営業運転に入る考えを示しています。また、4号機については4月に燃料の装填、5月に再稼働、そして、6月に営業運転を目指すともしています。  先日の日曜日、3月11日は、東日本、そして、福島第一原発事故から7年目を迎えました。 もっと読む
2018-03-08 久留米市議会 平成30年第1回定例会(第4日 3月 8日) やはり、ここで申しておりますように、固定資産という内部情報の活用ができる道があるといったことで、市でできることを一つ一つやっていってるという状況でございます。  また、議員のほうでいろいろな建設的な意見がございましたら、ぜひ検討してまいりたいと思います。   もっと読む
2018-03-05 福岡市議会 平成30年第1回定例会(第4日)  本文 開催日:2018-03-05 その後も大都市財政制度確立推進協議会に出られていたこと、直前には大雪という悪天候の中で、地元で市政報告会を行っていたこと、命尽きるまで議員として公務を休まないと職務を最後まで全うしようとした姿勢には、同じ議員として頭が下がる思いであります。   もっと読む
2018-02-27 古賀市議会 2018-02-27 平成30年第1回定例会(第1日) 本文 また、近隣自治体である宗像市、福津市においては、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群が世界文化遺産に登録され、遺産群をとした地域経済の活性化を図ろうとする機運が盛り上がっております。   もっと読む
2017-12-21 行橋市議会 平成29年12月 定例会(第8回)-12月21日−05号 その仕掛けの第一歩、及び牽引役となる施設が図書館をとした複合施設、と述べています。  論議すべきは、活性化についてです。例えば、JR行橋駅東側にまちの活性化を目的とした、こういう施設を造りたい、予算はこれくらいで、こういう規模だ、ということであれば、一定の判断がつくかもしれません。 もっと読む
2017-12-13 古賀市議会 2017-12-13 平成29年第4回定例会(第5日) 本文 この要因に家族化、経済的な問題があると考え、仕事をする母親はパートやアルバイトによる就労が多く、育児休業給付金を受給できる就労環境ではないこと。生活のために乳児期から保育所に預けて働かなくてはいけない。また、正社員であっても、育児休業を取得できる事業所も少なくない実態が見受けられたということです。この状況は古賀市においても大きくは変わらないと思っております。   もっと読む
2017-12-12 古賀市議会 2017-12-12 平成29年第4回定例会(第4日) 本文 授賞式では、被爆者のサーロー節子さんが、世界の全ての国が条約に参加し、による絶滅の危機を除去するよう訴えておられます。11月3日は、1946年、昭和21年に日本国憲法が公布された日です。国民が平和と文化を基調とする新しい憲法を手にした日から70年余りがたっております。ことし5月3日、安倍総理は2020年を新しい憲法が施行される年にしたいと言明いたしました。 もっと読む
2017-12-12 糸島市議会 平成29年 第4回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2017-12-12 このほかに国の税金、市県民、上下水道料金、電気代、そういうや公共料金があるわけで、これも払わなきゃいけない。実際とても払える金額ではないと私は思うんですね。   もっと読む
2017-11-30 古賀市議会 2017-11-30 平成29年第4回定例会(第1日) 本文 保護世帯に高齢者が半数を占める原因はの問いに、正確な分析ではないが、家族化と子ども自身が自分の家庭で経済的に精いっぱいで援助ができないと推察される。困窮者自立支援の年代分布の問いに、40代が8人、約29%、次いで30代が6人、約21%等。ケースワーカーの保護世帯の受け持ち数の問いに、6人で1人当たり83世帯、外国人保護世帯の問いに、10人程度、生活再生支援対象で1人ある。   もっと読む
2017-09-12 大牟田市議会 平成29年  9月 定例会(第496号)-09月12日−04号 現在、緊急防災・減災事業債として70%の交付措置があります。30%は本市が負担しなければなりませんが、逆に言えば、こういう措置があるうちに非常用電源を設置するというのも必要な整備の仕方であろうかと思いますが、この点についてお聞かせください。 ○議長(境公司)   井田企画総務部長。 ◎企画総務部長(井田啓之)   非常用電源の設置ということでございます。   もっと読む
2017-09-08 田川市議会 平成29年第4回定例会(第3日 9月 8日) この周知方法につきましては、一昨年から固定資産の賦課の封筒の中に、こういう事業がございますと、空き家バンク制度だとか、改修というようなものの御案内を、不動産をお持ちの方に向けては発信していっているという状況でございます。  (「議長」と呼ぶ声あり) ○議長(吉岡 恭利 君) 陸田議員。 もっと読む