876件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

行橋市議会 2019-03-26 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月26日−05号

審査の過程で、委員より、福祉の需要が拡大するとともに、権限移譲に伴い、業務増大が人員不足を招くことを危惧しているところであるが、担当部局として職員の管理体制等について 今後の方針があるのか質したところ、担当からは、現在、所管する業務内容や業務量の精査を行っているところであり、指導や監査を専門に扱う部署を新たに設置するなど、必要な体制を整備していきたい、との答弁を受けております。  

行橋市議会 2019-03-12 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月12日−03号

行橋市消防本部では、従来にはなかった大規模工場や大型商業施設の進出による大規模な災害、火災、また東九州自動車道の開通によります多重衝突事故の発生等々、これまでに想定しなかった特殊な災害が近年危惧されることとなったことに伴いまして、消火薬剤の備蓄や高度救急資機材の導入など、これらの災害に対応するために必要な消防施設の拡充を図ってきたところでございます。  

北九州市議会 2019-03-07 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号

私も、環境水道常任委員会の所管事務調査の最後の副委員長挨拶において、間違いなく人口減少期となる時代の成長のためには、国土形成計画の指摘を受けとめた取り組み、すなわち対流促進の強化が必要であり、北九州市にある技術、市外の連携都市、国内、また、海外の需要に応え得る技術をもって対流の拠点となる必要があるし、その条件はあると意見を述べました。  

春日市議会 2019-03-06 平成31年予算審査特別委員会 本文 2019-03-06

ただ何かですね、この一時預かり事業は、もうちょっと需要があるのに供給が間に合っていないというようなお話でしたけれども、それはどうだったんでしょうか、30年度。 87: ◯委員長(野口明美君) 久保山課長。 88: ◯こども未来課長(久保山竜治君) 平成30年度もですね、やはり供給が間に合っていないというのは、保育士が不足している状況にございます。

大野城市議会 2019-03-04 平成31年第2回定例会(第2日) 代表質問・質疑・付託 本文 2019-03-04

2021年度以降につきましても、将来の保育需要を的確に見込みながら、これまで同様の方針で対応していきたいと考えております。このことから、現時点で市立保育所の増設は考えていないところであります。今後も市立保育所につきましては、現在の3園において、地域における子育て支援の拠点としての役割をしっかりと果たしてまいりたいと存じます。  

筑紫野市議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 2018-12-18

講習に入る前に、救急に関する出動件数のお話をお聞きし、平成29年は約7,600件、これは1日平均、約20件の出動に当たります。筑紫野市管内でも約4,500件。  また、平成26年からは救急隊3名に加え、必要に応じて、支援隊として計2隊での出動を行っております。救急の出動件数は、近年の猛暑や高齢化に伴う需要の増加により、10年で2倍を超え、右肩上がりで今後も増加傾向にあります。  

大野城市議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2018-12-14

救急搬送も5万2,819人で過去最多を記録し、連日続いた猛暑が災害となり、命の危機に瀕する大変な状態が浮き彫りになったとの報道が毎日のように繰り返されました。  記録的な猛暑となった今年の夏のことを受け、国は臨時国会で審議する本年度の補正予算に、全国の小中学校普通教室へのエアコン設置の費用を盛り込んでおります。  そこでお伺いいたします。

福岡市議会 2018-12-13 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13

このような中、国において平成27年度から福岡空港滑走路増設事業に着手されることとなり、より一層交通需要の高まりが見込まれるため、福岡県、福岡市、福岡北九州高速道路公社の3者で協議を重ね、平成27年3月に事業に取り組むことについて合意し、検討を開始したものでございます。

北九州市議会 2018-12-12 平成30年12月 定例会(第4回)-12月12日−04号

第1に、経営の効率化が優先され、公立病院としての救命救急、小児・周産期医療、感染症医療などの不採算の政策医療が損なわれる可能性があること、第2に、職員の身分が非公務員型に変わり、賃金、労働条件の悪化、医療内容の質と患者サービスの低下、安全性確保を後退させる可能性があること、第3に、議会の関与が大幅に後退する問題です。  

北九州市議会 2018-12-06 平成30年12月 定例会(第4回)-12月06日−02号

その中で、乗務員不足が課題となっているが、この路線は通勤通学や通院など十分な需要が見込めること、下曽根駅周辺では道路拡幅や北口駅前広場の整備により、バスと鉄道の結節が強化されることなどから、西鉄バス北九州は路線設置に向けて取り組んでいきたいとの見解を示しており、引き続き西鉄バス北九州と協議を進め、路線バスが市民にとって使いやすいものとなるように努力してまいりたいと考えております。

北九州市議会 2018-12-05 平成30年12月 定例会(第4回)-12月05日−01号

効率化優先、また、病床利用率の向上のため、在院日数の短縮による患者追い出しが起きないのか、更に、救命救急、小児、周産期医療など不採算部門の切り捨ては将来やらないと言えるのか、答弁を求めます。  2点目は、中期目標に掲げる医療の質の確保についてです。  昨年、八幡病院では救命救急の重要分野である脳神経外科の医師の体制が1人しかいなくなり、救急受け入れを制限する事態となった時期がありました。

北九州市議会 2018-10-05 平成30年 9月 定例会(第3回)-10月05日−07号

施行する農地中間管理機構関連土地改良事業に係る特別徴収金          に関する条例について第5 議案第148号 北九州市都市公園、霊園、駐車場等の設置及び管理に関する条例の一部          改正について第6 議案第149号 北九州市自転車の放置の防止に関する条例の一部改正について第7 議案第152号 北九州市教育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について第8 議案第153号 高規格救急自動車

大牟田市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月27日−06号

11.業務最適化推進事業については、これまでの取り組み内容や方向性が中間報告で整理されているが、行政需要への対応を図る上では、職員総数の減少と職員の健康管理などの状況を踏まえながら推進されたい。 12.市史編さん事業については、主な変更点を議会、市民へ報告、説明するとともに、市の歴史を正しく伝え、市民が郷土への理解を深め、誇れるようなものとなるよう努められたい。

春日市議会 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第4日) 本文 2018-09-19

しかしながら、その後の分析結果にもありましたとおり、定員増を図る際に、1歳児の需要に応える形にする、また、ハード面の整備と同時にソフト面、つまり保育士の確保の取り組みが大変重要になっているのは明らかです。  そこでまず1点目、今後、1歳児の需要にどのように応えていこうとされているのかお尋ねいたします。 45: ◯議長(金堂清之君) 筒井福祉支援部長。

嘉麻市議会 2018-09-18 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月18日−04号

各学校は、これらの危機管理体制確立の取り組みの一つとして、AEDの使用を含む救命救急研修等を行っております。  以上です。 ○議長(山倉敏明) 田上議員。 ◆8番(田上孝樹) 今、大体現状等聞かせていただきましたけども、また今までの取り組みの中で、今後の方向性についてお伺いいたします。 ○議長(山倉敏明) 大森参事。 ◎学校教育課参事(大森雅明) お答えいたします。