運営者 Bitlet 姉妹サービス
866件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 このような中、国において平成27年度から福岡空港滑走路増設事業に着手されることとなり、より一層交通需要の高まりが見込まれるため、福岡県、福岡市、福岡北九州高速道路公社の3者で協議を重ね、平成27年3月に事業に取り組むことについて合意し、検討を開始したものでございます。 もっと読む
2018-09-27 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月27日−06号 11.業務最適化推進事業については、これまでの取り組み内容や方向性が中間報告で整理されているが、行政需要への対応を図る上では、職員総数の減少と職員の健康管理などの状況を踏まえながら推進されたい。 12.市史編さん事業については、主な変更点を議会、市民へ報告、説明するとともに、市の歴史を正しく伝え、市民が郷土への理解を深め、誇れるようなものとなるよう努められたい。 もっと読む
2018-09-18 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月18日−04号 各学校は、これらの危機管理体制確立の取り組みの一つとして、AEDの使用を含む救命救急研修等を行っております。  以上です。 ○議長(山倉敏明) 田上議員。 ◆8番(田上孝樹) 今、大体現状等聞かせていただきましたけども、また今までの取り組みの中で、今後の方向性についてお伺いいたします。 ○議長(山倉敏明) 大森参事。 ◎学校教育課参事(大森雅明) お答えいたします。   もっと読む
2018-09-14 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第1日 9月14日) 特に、高齢化のさらなる進展に伴い、救急需要は増加し続けることが予想され、救急車適正利用や予防救急の啓発とあわせて救急需要対策に取り組んでいるところでございます。   もっと読む
2018-09-10 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第3日 9月10日) また、平成20年の中核市への移行に伴いまして、保育需要の増大に対する計画的な供給体制の方針を定め、既存施設の改善に加え、認可保育所の新設や認定こども園の創設も行っているところでございます。  さらに、平成27年に施行されました子ども・子育て支援新制度におきましては、くるめ子どもの笑顔プランに基づきまして、教育・保育の量の拡大を図っているところでございます。   もっと読む
2018-04-20 春日市議会 平成30年市民厚生委員会 本文 2018-04-20 各サービスに係る需要を勘案し、第7期の計画期間において整備予定のサービスについて説明します。  1番目の定期巡回・随時対応型訪問介護看護について、1事業所を整備する予定です。サービス内容は、24時間365日、日中、夜間を通じて、定期的な巡回や利用者からの通報により、訪問介護と訪問看護を行うサービスです。 もっと読む
2018-03-26 大牟田市議会 平成30年  3月 定例会(第498号)-03月26日−07号 21.野良猫不妊手術費補助について  野良猫不妊手術費補助については、事業を継続していくことで効果が現れる事業であり、需要もまだあると思われることから、今後も事業を継続し、予算もさらに増額するよう取り組まれたい。 22.動物管理センターの整備について  動物管理センターの整備については、施設建設から40年経過し、施設の老朽化が激しく進んでいることから、速やかに対策を講じられたい。 もっと読む
2018-03-13 直方市議会 平成30年 3月定例会 (第8日 3月13日) トップランナー方式とは、歳出の効率化を推進する観点から、民間委託等の業務改革を実施している地方団体の経費水準を地方交付税の基準財政需要額の算定に反映させるもので、単位費用に計上されている全ての事業、23事業ございますけども、23事業について検討の対象となっております。   もっと読む
2018-03-08 春日市議会 平成30年市民厚生委員会 本文 2018-03-08 救急車で病院に入ったと。一応、今、病院ではですね、治療、加療が必要でないということになってきたら、もう出ていってくださいということがまず起きてくるわけですよ。しかし、かといって、今、状態を見たら、家には連れて帰れないと。じゃあ、次どうしたらいいんだろうかと。当然、リハビリ病院になるわけですね。リハビリ病院を探すためには、どこに相談するんだというようなこと。 もっと読む
2018-03-08 久留米市議会 平成30年第1回定例会(第4日 3月 8日) 学校において救急時に対応するため、自動体外式除細動器、いわゆるAEDの使用や胸骨圧迫に係る知識や経験を児童生徒や教職員が身につけることが必要であると考えております。  御質問にもありましたように、学習指導要領では、小学校においては、体育科の指導内容にけがの手当が含まれておりますが、心肺蘇生法については取り扱われておりません。 もっと読む
2018-03-07 大牟田市議会 平成30年  3月 定例会(第498号)-03月07日−04号 このほか、災害情報や避難情報などの市民への情報伝達、消防・救急・救助活動、多数の死傷者が発生した場合の医療救護活動、緊急車両の通行や被害拡大を防止する交通規制、それから、火災の延焼等による避難勧告等の発令や避難所の開設といった応急活動などについても定めているところです。  以上です。 ○議長(境公司)   平嶋議員。 ◆9番(平嶋慶二)   対処の方法について答弁していただきました。 もっと読む
2018-03-06 大牟田市議会 平成30年  3月 定例会(第498号)-03月06日−03号 平成27年度を除くこれまでの5年間での補助件数は、延べ640件、補助金総額は約4,830万円、工事金額は約6億7,070万円となっており、市内の建設業等において一定の需要喚起につながったものと考えております。  しかしながら、これまでの5年間に実施したアンケートでは、改修工事の前倒し効果は認められるものの、新たな需要の掘り起こしにまでは至っていないという調査結果になっております。 もっと読む
2018-03-05 大牟田市議会 平成30年  3月 定例会(第498号)-03月05日−02号 年度ごとの事業実施に当たっては、本市の厳しい財政状況や必要な行政需要が山積していることに鑑み、実施時期や事業費の精査を適宜行っていくとともに、文化庁の補助金を活用するなど、有効な財源を検討してまいります。   もっと読む
2018-03-05 福岡市議会 平成30年第1回定例会(第4日)  本文 開催日:2018-03-05 さらに、高齢化の進展や人口増加が見込まれる中、救急需要の増加に対応するため、救急車の適正利用など救急需要対策の取り組みを強化していくよう要望いたします。  市民生活を脅かす犯罪の発生防止も、安全、安心のまちづくりを進める上で重要な課題であります。そのためにも、犯罪のない安全で住みよいまちづくり推進条例を適正に運用し、実効性のあるものとしていく必要があります。   もっと読む
2018-03-03 古賀市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会(第2日) 本文 1)救急救護経験者等の人材活用。  2)自治会(行政区)単位の防災自主訓練の誘導。  3)健康づくり推進条例で全市民的な機運の高揚。  大きく2、一層便利で潤いある古賀市活性化策、施政方針、10ページから11ページに関することでございます。  1)古賀サービスエリアスマートインターチェンジ推進状況。  2)JR古賀駅周辺の整備計画の展望は。  3)議会からの公共交通補完策の提言対応について。   もっと読む
2018-03-01 田川市議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月 1日) しかし、近年、日本の木材輸出が徐々に伸びてきており、内需である国内需要も木材の価値が再認識され、需要が高まっている背景もあり、政府もようやく林業の成長産業化と森林資源の適切な保全を車の両輪とする森林経営管理法案を通常国会に提出する予定でございます。   もっと読む
2018-02-23 福岡市議会 平成30年第1回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-02-23 ウォーターフロント地区については、顕在化している供給力不足を早期に解消するため、第2期展示場整備などMICE機能の強化やクルーズ受け入れ機能の強化を進めるとともに、コンセッション制度の活用など民間活力を最大限に生かす手法や、将来的な需要に対応するための交通対策について検討し、クルーズ、MICE、にぎわいが融合した一体的なまちづくりに向け、ウォーターフロントネクストを推進します。   もっと読む
2018-01-16 春日市議会 平成30年市民厚生委員会 本文 2018-01-16 5ページの左下の部分を見ていただければわかるように、その需要に伴ってっていうんですかね、伴って供給数もふえているという形と思いますので、近藤委員が言われるとおり、そこもあるかとは思います。 90: ◯副委員長(近藤幸恵君) ありがとうございます。 91: ◯委員長(米丸貴浩君) 近藤委員。いいですか。 92: ◯副委員長(近藤幸恵君) はい。その件に対してはそれで構いません。 もっと読む
2017-12-19 大牟田市議会 平成29年 12月 定例会(第497号)-12月19日−04号 本市は、高齢化の進展により年々増加している救急隊の出動件数に伴って、救急隊の負担も大きくなっております。また、大牟田モデルとして、認知症によって帰り道がわからなくなった高齢行方不明者の捜索等は市民を巻き込む形でも行われている一方で、入院先の病院のすぐ近くで亡くなっている状態で行方不明者が発見された事例もあります。   もっと読む
2017-12-14 嘉麻市議会 平成 29年12月定例会(第4回)-12月14日−04号 現状の把握はPDCAサイクルの起点となりますし、また、それは、情報を定量的及び定性的に把握するものでもありますし、この定量的な現状把握については、今、国保後期高齢者医療・介護保険のレセプト等のデータを収集して、在宅医療、需要とか、また供給等の分析が貴重なこの基礎資料になってくるんじゃないかと期待しておりますけども、4点目に、嘉麻市の場合、このレセプト等のデータの分析等は現在実施されているのか、この点 もっと読む