550件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 宗像市議会 宗像市:平成31年第1回定例会(第6日) 議事日程 開催日:2019年03月20日 記 1 期 日   平成31年1月22日~同24日(3日間) 2 視察地及び調査事項 (1)愛知犬山市(1月22日)   ・議会基本条例の運用について、議会改革・市民との意見交換会の取り組みについて (2)岐阜可児市(1月23日)   ・議会基本条例の運用について、議会報告会等の取り組みについて (3)静岡掛川市(1月24日)   ・議会基本条例の運用について、議会報告会及び政策討論会の取 もっと読む
2019-03-20 宗像市議会 宗像市:平成31年第1回定例会(第6日) 本文 開催日:2019年03月20日 よって、福岡におきましては、現行の種子生産・普及体制を生かし、本県農業の主要農作物の優良な種子の安定供給や品質確保の取り組みを後退させることなく、農業者や消費者の不安を払拭するために、種子法にかわる福岡独自の条例を制定されるよう強く要望します。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。   もっと読む
2019-03-14 大野城市議会 平成31年第2回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2019-03-14 仮駅舎の下り線ホームの誘導ブロックにつきましては、供用開始後に視覚障がいのある利用者から「危ない」と申し出がありましたので、利用者本人や福岡盲人協会、福岡視覚障害者福祉協会などと現地で立ち会いまして、一部改良を行い、今の形状になったと聞いておるところでございます。  スライドをお願いいたします。 もっと読む
2019-03-07 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号 私が注目したのは、大分福祉保健部高齢者福祉課介護サービス事業班からの大分ノーリフティングケアの取り組みです。大分では行政による調査、促進に向けた支援の取り組みが始まっており、前回の私の質問で紹介した四国、高知と同様の取り組みが九州にも広がっていることを感じました。事業者ごとの取り組みも目をみはる広がりが出てきています。   もっと読む
2019-03-06 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号 これまで市長は、財源の確保が大きな課題であり、引き続き国やへの助成拡充への働きかけを行っていきたいとしていました。今回の市長選挙で市長が示した政策大綱では、中学生の通院医療費の助成など、子ども医療費の拡充については、引き続き国やへ要望しつつ検討しますとしております。引き続き国やへ要望しつつ検討というのは、仮に国やが当面助成を拡充しなくても、市独自の制度改善を検討するということでしょうか。 もっと読む
2019-02-27 宗像市議会 宗像市:平成31年第1回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年02月27日 半田市なんかでは、愛知県内にJアラートによるミサイル発射情報が発信されたらと対応まで書いてあるんですけれども、本市の防災計画の中では、抽象的なことしか書いていないんですよ。保育所長は暴風雨が強くなるおそれがあるときは、気象情報に注意するとともに災害が発生したときは、保育所児童の安全を確保するとなっているんですよね。 もっと読む
2019-02-26 宗像市議会 宗像市:平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年02月26日 平成28年11月に公表されたの整備方針では、県内3カ所での学校の新設が計画されており、が学校を設置するに当たっては、無償で用地を用意することが前提となっています。以来、本市としましては、誘致に向けまして、及び福岡教育大学と役割分担等について協議を重ねてまいりました。   もっと読む
2019-01-25 古賀市議会 2019-01-25 平成30年第4回定例会(第5日) 本文 88 ◯議員(4番 平木 尚子君) 実は愛知では、「食品ロス、家庭から減らそう」とのキャンペーンを実施し、県民から家庭での取り組みのアイデアを募集し、応募者に抽せんでプリペイドカードを進呈したり、応募フォームに食品ロス削減の工夫や、それによって減った食べ残しの量などを記入して応募する、リーフレットの一部には、家庭から出るものが半数近くを占める食品ロスの もっと読む
2018-12-18 糸島市議会 平成30年 第6回糸島市議会定例会(第6日) 本文 2018-12-18 糸島市内には、防災ハザードマップに位置が指定されていますが、福岡が定める土砂災害特別警戒区域及び土砂災害警戒区域、その他危険箇所が1,351カ所もあります。   もっと読む
2018-12-18 筑紫野市議会 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 2018-12-18 設置校の数をさらにふやしていくため、福岡に対する新設の申請はどのように認められているのでしょうか。福岡の予算も厳しいものがあると考えますが、設置状況についてお尋ねいたします。 16: ◯議長(横尾 秋洋君) 教育部長。 もっと読む
2018-12-14 大野城市議会 平成30年第4回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2018-12-14 早期の安全確保に有効であることから、例えば東京都の小平市、大阪府の茨木市、埼玉の飯能市、入間市、静岡の浜松市を初め、複数の市や町に広がっているところであります。名称とこのQRコードの情報内容はそれぞれに違いはありますが、このおでかけ見守りシールの活用は選択肢の一つとして検討されてもよいのではないかと思います。  本市としての活用と取り組みについて、お尋ねをいたします。 もっと読む
2018-12-14 嘉麻市議会 平成 30年12月定例会(第4回)-12月14日−05号 九州各、福岡以外の各は産廃物を外から持ち込むことは禁止をしています。福岡だけです。先ほど、北九のナンバーの車が通行していると言いますが、この北九のナンバーも、ほかの外から来て北九におろせば、県内のごみとみなされています。ですが、直接出てきているのは奈良と岐阜ナンバーというふうに私たちは、住民は確認しています。 もっと読む
2018-12-14 大野城市議会 平成30年第4回定例会(第4日) 名簿 2018-12-14 いざという時の経済的負担に備 │ │         │            │    えた対応の一つとして認知症保険を市民へ周 │ │         │            │    知する取り組みも必要と思うが如何か    │ │         │            │   イ 2007年愛知で認知症の高齢者が線路に入 │ │         │            │    り もっと読む
2018-12-13 糸島市議会 平成30年 第6回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2018-12-13 私の調べたところによりますと、大阪の堺市、あるいは愛知、川崎市、山口防府市、こういうところを見ると、更新の時期を70年から90年に、これは建物にもよるんですけれども延ばしている。  国も、統廃合による施設の縮減よりも長寿命化のほうが相当程度費用の増加抑制が期待できるというふうに言っています。これはインフラ維持補修更新費の中長期展望という、ことしの3月29日に内閣府が発表した資料であります。 もっと読む
2018-12-12 春日市議会 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 2018-12-12 福岡と市町村が連携して、日常生活の移動手段として利用される生活交通の将来にわたる安定的確保を図るため、諸施策をより広域的な観点から立案し、実施していくことを目的に、福岡生活交通確保対策会議が設置されております。 もっと読む
2018-12-10 行橋市議会 平成30年12月 定例会(第12回)-12月10日−02号 例えば、中には、海無しもございます。海が見たいという方がいるんですね。別に農作物がどこでもできるとは言いませんし、逆に雪が見たいという方もおられるでしょう。   もっと読む
2018-12-07 大野城市議会 平成30年福祉文教委員会 付託案件審査 本文 2018-12-07 41: ◯委員(高山やす子) ちょっと確認をしたいんですけれども、ここで言うアンビシャス運動というのは、昔、のほうが事業として補助を出したりしていました。この分については、もうこの平成31年4月からはもう0、なしということで、名目もないということで理解していいんでしょうか。 もっと読む
2018-12-06 北九州市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月06日−02号 そういう中において、議員の御指摘もよく念頭に置いて、私どもに何ができるか、これは商工会議所やともかかわることがあるかもしれませんが、よく念頭に置いて対応したいと思っております。 ○議長(井上秀作君) 14番 村上幸一議員。 もっと読む
2018-10-04 北九州市議会 平成30年10月 4日 総務財政委員会-10月04日−01号 そこで競争率が高くなるのは、しょうがない部分はあるかもしれませんけれど、おのずと市外、外に移っていく場合というのもあるんじゃないかなと思うんですよね。それで北九州の理系、工学系の大学は結構優秀でありますので、せっかくそこに入っても北九州市内で就職ができないということになると、そこに入った意味というのがなくなってくるんじゃないかなと思うんですよね。 もっと読む
2018-09-20 大野城市議会 平成30年第3回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2018-09-20 地元の区長さんから、この平野台区の山側は住民に地形的な危険区域を知らせるためのレッドゾーンやイエローゾーンの網がかけられているが、規制がかけられていることで不動産の価値が下がり困ると、早急に網が外れるよう市へに働きかけてもらいたいと強く何度も要望をいただきまして、私は市やに何度も直談判に行きましたが、は工事などにより安全が確認されない限り網を外すことはできない、のり面は市有地であるから国やもっと読む