2420件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2030-12-11 12月11日-04号

────────────────────────┼──────┼──────┤│  第13号  │信頼される政府統計を目指して更なる統計改革を求める│  6.26  │  可 決  ││      │意見書                      │      │      │├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤│  第14号  │女子差別撤廃条約選択議定書

北九州市議会 2030-06-13 06月13日-07号

本市は今年度、他都市との差別化をどのように図りながらPRを行っていくのかお聞かせください。 また、ふるさと納税のメリットとして、市域外からの財源の確保や返礼品による地元特産物PR地元企業商機拡大がある一方で、デメリットとして、他の自治体への税収流出や、税金の控除などの手続が必要となるため事務処理が発生し、職員の負担が増していることなどがあるとお聞きをしています。

北九州市議会 2021-06-07 06月07日-03号

この改定後の指針については、おおむね5年ごとに見直していくことにしておりましたが、議員御指摘のとおり、LGBTに関する新たな支援策に取り組むこと、また、大きな社会問題となっている児童虐待について、昨年市の子ども虐待から守る条例制定し、取り組みを進めていること、また、平成29年度、障害者差別解消条例制定し、共生社会実現を目指すこととしております。

大牟田市議会 2020-12-25 12月25日-05号

次に、議案第53号大牟田市あらゆる差別撤廃をめざす人権擁護条例の一部を改正する条例制定について申し上げます。 審査の過程で、1.改正により条例の名称に追加される「部落差別をはじめ」という文言については、あえて入れる必要はないのではないか。2.相談体制については、部落差別に限らずLGBT男女差別を含めて、あらゆる差別に対応できるよう充実されたい。

小郡市議会 2020-12-18 12月18日-05号

我が国では、平成28年4月に障害理由とする差別解消推進に関する法律が施行され、障害者児権利擁護法整備が一歩前進となりました。早速、平成28年6月議会でその推進について質問をさせていただきました。 また、平成28年6月には、障害者日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律及び児童福祉法の一部を改正する法律が公布され、平成30年4月に施行されました。

大牟田市議会 2020-12-13 12月13日-01号

令和年度大牟田一般会計補正予算  同 第49号 令和年度大牟田介護保険特別会計補正予算  同 第50号 大牟田選挙管理委員会が管理執行する選挙における選挙長等の報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例制定について  同 第51号 大牟田手数料条例の一部を改正する条例制定について  同 第52号 大牟田観光物産館条例の一部を改正する条例制定について  同 第53号 大牟田市あらゆる差別

行橋市議会 2020-12-09 12月09日-02号

また、第3条、職員が遵守すべき職務に係る倫理原則としまして、職員は、市民全体の奉仕者であり、市民の一部に対してのみの奉仕者でないことを自覚し、職務上知り得た情報について、市民の一部に対してのみ有利な取り扱いをする等、市民に対し不当な差別的取り扱いをしてはならず、常に公正な職務の執行にあたらなければならない、というふうになっています。以上でございます。 ○議長(田中建一君)  城戸議員

北九州市議会 2020-12-06 12月06日-03号

都市との差別化や先進事例となることを目指すため、例えば本市が高評価を得ている子育て世代などを対象としたサービスや高齢化に対応した分野は特に積極的に取り組むべきと考えますが、見解をお伺いいたします。 次に、税金納付キャッシュレス決済についてお伺いします。 年々、日常生活の中でキャッシュレス決済を使う機会がふえてきています。

行橋市議会 2020-09-26 09月26日-05号

外国人子ども虐待DV、障がい者、男女差別、同和問題などについても取り組んでいる。また、LGBTも身近な人権問題として把握しており、今後、様々な研修などを行う、との答弁がなされました。 また、委員より、インターネットの普及に伴い、人権侵害の範囲は広がっている。また、拉致問題、DV子ども虐待インターネットによる人権侵害の拡散など様々な形態の人権問題に取り組むべき、との意見が出されました。 

小郡市議会 2020-09-20 09月20日-04号

東京医大入学試験で明らかになったように、いろいろな場で女性に対する目に見えない差別が行われ、女性が能力を十分に発揮できていません。女性就業者数男性以上に増加し就業率は上がっていますが、その55.5%は非正規社員であり、男性の21.9%よりも大幅に多く、それが管理職の少なさ、給与所得の少なさを生じています。 

行橋市議会 2020-09-09 09月09日-02号

また貧困による教育差別がなくなるための教育条件整備、拡充が求められています。どのような家庭状況子どもにあっても、それぞれの子ども一人一人に対して、十分な教育を保障するのが大人社会、政治、行政の責務だと思います。 一人一人の成長、発達途上にある子ども権利、尊厳が守られているかというと、残念ながら今できていないと言わざるを得ないのではないでしょうか。

岡垣町議会 2020-08-13 09月06日-01号

この法改正の主な内容でございますけれども、成年被後見人等であることを理由に不当に差別されないよう、欠格条項を設けている各制度の見直しなどをするものでございます。 今回の町の条例改正でございますけど、この整備法改正されました約180本のうちの2本の法律ですね、具体的には地方公務員法児童福祉法でございます。この改正の影響を受ける5本の条例を一括で改正をするものでございます。 

北九州市議会 2020-06-26 06月26日-08号

廃止について第52 議案第121号 市有地の処分について第53 議案第122号 北九州市副市長の選任について第54 議案第123号 北九州教育委員会委員の任命について第55 議案第124号 北九州人事委員会委員選任について第56 直方市・北九州市岡森用水組合議会議員選挙第57議員提出議案 第13号信頼される政府統計を目指して更なる統計改革を求める意見書について第58議員提出議案 第14号女子差別撤廃条約選択議定書