1340件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小郡市議会 2020-12-17 12月17日-04号

今後も学校また家庭、関係機関十分協議を持ちながら、配慮を必要とする子どもたちの力を伸ばすことができますよう教育環境整備充実に努めてまいりたいと思っております。 ○入江和隆議長 小坪輝美議員。 ◆3番(小坪輝美議員) ありがとうございます。 では次に、性暴力から身を守るための教育についてです。 福岡県では性暴力根絶条例が制定されました。

みやこ町議会 2020-12-16 12月16日-03号

◎町長(井上幸春君) 既に庁ではそういった会議を持ちながらやっているんですが、おっしゃるように専門職ということになってくると、まだそういう方はいらっしゃいませんけども、将来そういう方が必要であれば、そういうことも考えていかなければいけないのかと思っております。 今の段階では、庁ではいろんな形で、役場ではいろんな形でそういう話は進めているところです。 ○議長田中勝馬君) 内田直志議員

北九州市議会 2020-10-01 10月01日-09号

また、暴力のない日本一安全・安心な町を目指し、県警察、市、事業者市民一体となって暴力追放動きを力強く加速させ、本市拠点を置く暴力団の総本部事務所撤去を実現しました。 4つ目の柱、住みよい町の実現、元気発進北九州プランの総仕上げでは、幼児教育・保育の無償化を10月から実施し、子育て環境のさらなる充実を図られました。 

北九州市議会 2020-09-14 09月14日-04号

具体的に抜粋いたしますと、感染しやすさは成人と変わらない、感染していても無症状である可能性も指摘されている、家庭で感染している例が多い、成人と同じように発熱が続き肺炎になる例も報告されている、子供は正確に症状を伝えられないことがあり注意は必要などです。これまでの見解とは転換し、注意を促す記述が目につきます。 子供自身の健康や安全、後遺症なども心配です。

春日市議会 2020-09-08 令和2年市民厚生委員会 本文 2020-09-08

3款2項1目児童福祉総務費説明欄は一番上の丸、母子家庭等自立支援給付事業費です。前年度実績報告に基づき返還金を計上するものです。  次に、その一つ下の丸、児童福祉事務費です。内容会計年度任用職員関連のみです。  次に、その一つ下の丸、ひとり親家庭等日常生活支援事業費です。内容は前年度実績報告に基づき返還金を計上するものでございます。  以上です。

北九州市議会 2020-09-03 09月03日-01号

 丈   25番 本 田 忠 弘  26番 岡 本 義 之   27番 森 本 由 美  28番 世 良 俊 明   29番 福 島   司  30番 三 宅 まゆみ   32番 中 村 義 雄  33番 河 田 圭一郎   34番 浜 口 恒 博  35番 白 石 一 裕   36番 大久保 無 我  37番 奥 村 直 樹   38番 藤 沢 加 代  39番 高 橋   都   40番 山  

春日市議会 2020-06-26 令和2年第2回定例会(第5日) 本文 2020-06-26

審査の過程で、タブレットの納入予定はいつか、との質疑が出され、執行部から、年度納入を目指し早急に手続を進めたい、との説明がなされました。  また、障がいがある児童生徒への入出力支援装置整備はどうか、との質疑が出され、執行部から、インクルーシブ教育の観点から配慮は必要である。国庫補助装置内容等確認していきたい、との説明がなされました。  

春日市議会 2020-06-23 令和2年第2回定例会(第4日) 本文 2020-06-23

ただいま述べてまいりました支援とともに、各学校においては、来談者へのカウンセリングを中心としたスクールカウンセラーや、家庭環境行政機関社会資源を結ぶソーシャルワークを中心にしたスクールソーシャルワーカーによる保護者支援を行っています。また、このような専門職と緊密に連携を図りながら、各担任を中心に、家庭訪問学校における教育相談など様々な方法で保護者への支援に取り組んでいます。

春日市議会 2020-06-18 令和2年市民厚生委員会 本文 2020-06-18

ですけど、その後、ちょっと報告というか、いろんなのがなくなったんですけど、その一方では、クラブでの様々な出来事、情報、そういったものは一切外部に出してはいけないという箝口令がしかれている。まして、議員には一切しゃべってはいけないというようなことがなされているというふうに伝え聞いているんですけど、これは支援員さんから直接ではありません。

行橋市議会 2020-06-15 06月15日-02号

一般競争入札は、66件の1件が不落札でしたので、成立した入札は65件になります。その、最低制限価格落札されたもの、要するに最低制限価格落札額同一のものは53件です。率にしまして81.5%に当たります。また、指名競争入札500万円以上の事業は40件ありますが、その、落札金額最低制限価格同一のものは26件、率にして65%となっております。