運営者 Bitlet 姉妹サービス
80件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-06-20 春日市議会 平成29年第2回定例会(第3日) 本文 2017-06-20 小学校における外国語については、平成30年度及び31年度における授業時数の特例を定め、新学習指導要領の一部を加え、小学校中学年の外国語活動及び高学年の外国語科は必ず取り扱うものとするなどが示されております。この移行措置に対して、春日市としてどのように具現されるお考えでしょうか。  加えて、今年度すなわち平成29年度は、本学習指導要領の周知徹底期間とされています。 もっと読む
2016-11-30 直方市議会 平成28年12月定例会 (第3日11月30日) また、本人が死亡等で償還能力がなくなった場合は、連帯保証や遺産相続者と話し合いを行いました。以上でございます。 ○9番(河野祥子)  どういう回収をしてきたかということで、平成18年の9月議会で、当局は、「償還済額は32億1,981万5,000円で、91.1%を徴収しておりますが」と言ってますが、この時点で未収が3億円あります。 もっと読む
2016-10-20 福岡市議会 平成28年決算特別委員会 本文 開催日:2016-10-20 123 △経済観光文化局長 西新発展協議会では、現在西新エルモール・プラリバ等の閉店後の地域活性化策の一環として、平成28年4月に周辺施設等に訪れている多くの外国観光客の消費を取り込むことを目的として、地元商店街、企業、近隣大学、自治協議会、公民館やNPO法人など、地域の30を超える団体で構成する西新インバウンド戦略委員会を設置しており、現在多言語による もっと読む
2016-09-23 小郡市議会 平成28年 9月定例会-09月23日−03号 2件目は、3月に発覚しており7月に発表された事案であり、文書偽造などで補助未収や返還を招き、合計180万円余りの損害を与えたもの。3件目は、7月に発覚した事案で、保育所職員の人件費に対する補助の申請漏れにより190万円の損害を与えたものです。   もっと読む
2016-09-23 小郡市議会 平成28年 9月定例会-09月23日−03号 2件目は、3月に発覚しており7月に発表された事案であり、文書偽造などで補助未収や返還を招き、合計180万円余りの損害を与えたもの。3件目は、7月に発覚した事案で、保育所職員の人件費に対する補助の申請漏れにより190万円の損害を与えたものです。   もっと読む
2016-06-21 田川市議会 平成28年第3回定例会(第3日 6月21日) 20番   髙 瀬 春 美   10番   植 木 康 太 欠席議員   議席番号  氏   名   15番   吉 岡 恭 利 地方自治法第121条により出席した者    事務局出席職員氏名  市長          二 場 公    局長        子 正   副市長         松 村 安 洋   局長補佐     河 端   太  教育長         吉 栁 啓 二    もっと読む
2016-06-21 田川市議会 平成28年第3回定例会(第3日 6月21日) 20番   髙 瀬 春 美   10番   植 木 康 太 欠席議員   議席番号  氏   名   15番   吉 岡 恭 利 地方自治法第121条により出席した者    事務局出席職員氏名  市長          二 場 公    局長        子 正   副市長         松 村 安 洋   局長補佐     河 端   太  教育長         吉 栁 啓 二    もっと読む
2015-03-24 行橋市議会 平成27年 3月 定例会(第14回)-03月24日−05号 平成27年度行橋市・苅田町・みやこ町介護認定特別会計予        算について40.議案第34号 平成27年度行橋市介護保険特別会計予算について41. 27請願第1号 蓑島小学校の教員配置についての請願書日程第2 議員提出に係る事案の上程、議案に対する質疑、討論、採決1.議案第42号 行橋市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について日程第3 意見書の上程、質疑、討論、採決1.意見書第1号 外国もっと読む
2014-12-15 福岡市議会 平成26年第5回定例会(第1日)  本文 開催日:2014-12-15 外国の受け入れに当たっては、市民不安を解消するよう入国管理体制を整えた上で外国が日本の文化や歴史を理解しやすい環境を整備されたいとの要望。  市長の出張問題については、回数や宿泊日数が多く、危機管理上問題であり、移動時のファーストクラスやハイヤーの利用など到底市民の理解は得られず、このようなぜいたくはやめるべきとの意見。 もっと読む
2014-09-25 北九州市議会 平成26年 9月 定例会(第3回)-09月25日−06号 寄附について、委員から、ふるさと納税による寄附の使途について、市民にわかるよう明確化を検討されたい、等の意見、要望がありました。   もっと読む
2014-08-08 古賀市議会 2014-08-28 平成26年第3回定例会(第1日) 本文 環境課、第2次古賀市環境基本計画に伴う実施計画の策定、ぐりんぐりん古賀、グリーンカーテンの匠、住宅用太陽光発電システム設置補助事業、エネファーム設置補助事業についてそれぞれ説明がありました。第2次ごみ処理基本計画は、11日当たりのごみ処理量の削減と資源化率の向上を目指し、今年度からスタートした。 もっと読む
2014-06-03 川崎町議会 平成26年度第2回定例会(第1日) 本文 開催日:2014年06月03日 このことなどを協議した上、他の市町村に比べると先生の数が学校全体で2、3少ないので、生活指導もしにくいのではないかという声が上がりました。   もっと読む
2013-12-12 春日市議会 平成25年第4回定例会(第4日) 本文 2013-12-12 学校の判断で先行実施することができるとされていた小学校での外国語活動は、春日においては既に平成18年度から市内の全小学校の全学年にわたり取り入れられていました。これをさらに充実するため、外国語活動指導員の配置、ネーティブ教師の活用などに積極的に取り組まれるということに対して、関係者の努力を高く評価する者の一であります。 もっと読む
2013-06-10 志免町議会 平成25年第2回 6月定例会-06月10日−02号 @平成23年度の町税、国保税、上下水道料金(受益者負担)の未収状況。  A改善のための一方策にFP方式の取入れを。町長2.経済格差を教育格差につなげない。提案、無料学習支援室の創設を。(1) 経済的に厳しい環境下の児童、生徒を対象に分かる授業に徹し、向学心を維持、有為な人材の育成に寄与。  @国庫補助(3分の2、2分の1)の活用。  A校区毎に創設。   もっと読む
2013-03-07 田川市議会 平成25年第1回定例会(第2日 3月 7日) 補正内容の主なものとしましては、歳出では、拠出対象医療費の減に伴う共同事業拠出の減額などのほか、金額確定に伴う後期高齢者支援及び介護納付増の増額や、前年度療養給付費負担の確定に伴う療養給付費の返還が計上されています。   もっと読む
2013-03-07 田川市議会 平成25年第1回定例会(第2日 3月 7日) 補正内容の主なものとしましては、歳出では、拠出対象医療費の減に伴う共同事業拠出の減額などのほか、金額確定に伴う後期高齢者支援及び介護納付増の増額や、前年度療養給付費負担の確定に伴う療養給付費の返還が計上されています。   もっと読む
2012-12-12 古賀市議会 2012-12-13 平成24年第4回定例会(第6日) 本文 福岡県全市町村で組織され、災害への積立方式による互助共済の事務及び公営競技収益均てん化納付による基金に関する事務を共同処理し、市町村の財政運営の健全化に資することを目的とした一部事務組合です。現在、60市町村が加入。組合議会は定員14、市から7、町村から7の任期2年。古賀市長も議員の一、福津市長が組合長、副組合長は太刀洗町長です。   もっと読む
2012-06-19 行橋市議会 平成24年 6月 定例会(第2回)-06月19日−03号 最後に自主財源の確保で、未収対策についてでございます。この未収対策については、平成22年度決算時点で、16の所管に36種類の未収がございます。これらの未収の対策といたしまして、昨年春と秋の2回、副市長によります所管ごとのヒアリングを実施いたしまして、詳細な内容の聴取と今後の取り組み方法の検討、指導を行ってきております。   もっと読む
2012-06-18 行橋市議会 平成24年 6月 定例会(第2回)-06月18日−02号           要       旨         │├──┬────────┼────────┼────────────────────────────┤│ 6 │大野 慶裕   │自主財源について│① 企業誘致の取り組み                 ││  │        │        │② 債権管理課の進捗状況                ││  │        │        │③ 未収対策 もっと読む
2012-06-15 直方市議会 平成24年 6月定例会 (第1日 6月15日) 本案は、住民基本台帳法の一部を改正する法律の施行に伴い、外国住民が住民基本台帳法の適用対象とされるとともに、外国登録法に基づく現行の外国登録制度が廃止されることとなり、これに伴って外国登録原票も廃止されることによる改正でございます。   もっと読む