2102件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-07-02 令和元年 6月定例会 (第3日 7月 2日)

この豪雨により西日本を中心に多くの地域で河川の氾濫や浸水害、土砂災害が発生し、死者が200名を超える甚大な災害となった。  また、全国で上水道や通信といったライフラインに被害が及んだほか、交通障害が広域的に発生し、豪雨災害としては平成最悪の水害」と報道されました。長期間、広域に大量の雨を伴う温暖化豪雨は、過去の経験や想定が通用しないものとなっております。

遠賀町議会 2019-06-11 令和 元年第 4回定例会−06月11日-03号

しかしながら、その後の東日本大震災や熊本地震などの避難所では、依然としてプライバシーの確保や女性用品の物資不足、そして炊き出しは女性が行うものといった役割分担や決めつけなど、女性が大きなストレスを感じるような問題がたくさん起きています。これは、やはり避難所の運営や災害現場での意思決定の場に女性が十分に参画できなかった、女性の意見が反映されていなかったということが原因とされています。  

川崎町議会 2019-06-04 令和元年度第3回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年06月04日

近年、全国各地で豪雨・地震・台風災害が発生する状況を踏まえて、地域住民への迅速な情報伝達をはじめ、消防団や行政区等と連携し、自主防災意識の高揚、防災力の強化を図るとともに、台風や集中豪雨による風水害、土砂災害、火災から住民の命を守るために、関係機関と連携し、災害対策の強化に努めてまいります。  第2の柱は、「子育て・福祉のまちづくり」です。町の将来を担う子どもたちは町の宝です。

岡垣町議会 2019-05-08 令和 元年 5月臨時会(第2回)-05月08日−01号

第10条の4第1項から11ページの第4項までは、平成28年の熊本地震に伴う課税標準の特例措置の申告について規定をするものです。  次に12ページの第16条の各項については、軽自動車税のグリーン化特例に関する規定です。  第1項は、軽自動車の新規登録から14年を経過したものについて、平成31年度の軽自動車税の重課に関する規定を整備するものです。  

行橋市議会 2019-03-26 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月26日−05号

はじめに、議案第1号 行橋市いじめ問題調査委員会条例の制定について、本案は、いじめ防止対策推進法第28条第1項の規定に基づき、いじめによる重大事態が発生した場合において、その事実関係を明確にするための調査を実施するとともに、かつ、その重大事態と同種の事態の再発防止に資するため、当該調査委員会を設置しようとするものであります。なお、施行日は平成31年4月1日となっております。  

古賀市議会 2019-03-22 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日) 本文

ことしは、あの悪夢のような3月11日の東日本大震災から8年、大型地震を初めて経験した3月20日福岡県西方沖地震から14年、4月14日、16日、震度7が二度も続いた熊本地震から3年、奪われたとうとい命に思いをはせ、心より御冥福をお祈りいたします。  少し前までは、余り考えたこともなかった地震による大災害。

大野城市議会 2019-03-19 平成31年第2回定例会(第5日) 報告・討論・採決 本文 2019-03-19

地震災害は必ず来ると市長はよく言われます。安全第一という事業であるならば、せめてブロック塀等撤去費補助費をもっと手厚くすべきではないでしょうか。  また、子ども相談センター相談員の負担軽減と今後の相談事業の重要性を考えたならば、人員及び予算の増額を検討すべきと考えます。  

糸島市議会 2019-03-19 平成31年 第1回糸島市議会定例会(第5日) 本文 2019-03-19

各地で自然災害が発生している昨今、みずからの生命や生活をみずからが守るとともに、自助、共助、公助の防災協働体制を構築することは大変重要なことです。そこで、多様な人々、弱い立場の方々の視点を取り入れた糸島市の防災体制について伺っていきたいと思います。  早速入ります。

筑紫野市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第3日) 本文 2019-03-18

まず初めに、相次ぐ地震災害により亡くなられた方々や被害に遭われた方々へ、哀悼の意を表すると同時に、お見舞いを申し上げます。一日も早い復興を祈念申し上げ、一般質問に移らさせていただきます。  質問通告に従い質問いたします。  質問題目1、児童虐待の対応について、質問項目1、児童虐待が社会問題化しているが、当市の児童虐待に対する現状と今後の課題についてお伺いします。  

福岡市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第6日)  本文 開催日:2019-03-13

児童虐待について、児童虐待ゼロに向けて、事件発生の予防と早期発見、早期対応、子どもの保護体制の充実に取り組むとともに、児童虐待防止に関する条例を制定すべきとの意見。  保健福祉行政については、生活保護を受給している高齢者世帯への支援強化について、個別の課題に応じた自立支援に取り組まれたいとの要望。

大野城市議会 2019-03-13 平成31年第2回定例会(第3日) 名簿 2019-03-13

│ │         │            │  という回答があったが、何か変化事項はないか  │ │         │3.防災・防犯(安心・安 │(1) 見守りカメラ・防犯カメラについて       │ │         │ 全のまちづくり施策) │  1)「今後の設置予定として、犯罪多発地域での犯 │ │         │ について(平成27年12 │   罪発生件数の減少を目指して

行橋市議会 2019-03-13 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月13日−04号

特に海岸部に至っては、地震による高潮などの被害を受けたとき、住民はどこに避難をすればよいのか。総合計画ではこうなっています。  地域防災計画やハザードマップの見直し、さらには地域防災力の向上などが一番にあげられております。しかし問題はここですよね。住民が大体どこに避難をすればいいかと。やっぱりいざというときに避難する場所の確保が、私はやはりかなり優先度が高いと考えるんですね。

行橋市議会 2019-03-11 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月11日−02号

また防災に関する全国の世論調査では、現在、居住地域で大きな地震や集中豪雨といった自然災害に遭う恐れを感じている人が、約77%にのぼりました。これは2年前、2017年の調査結果より15ポイント上昇しており、昨年の西日本豪雨や北海道地震などの発生を背景に、自然災害への危機感が増していることが明らかになったものだということです。  

春日市議会 2019-03-11 平成31年予算審査特別委員会 本文 2019-03-11

平成30年度に実施した耐震性能照査業務では、大牟田池、須玖新池、惣利池及び寺田池の堤体の地震に対する安定計算の結果、現状において今すぐ緊急的な整備は必要ないとの判定でした。ただし、大牟田池については液状化簡易判定において液状化の詳細検討を要する判定結果となったため、耐震液状化判定業務を行うものです。  

北九州市議会 2019-03-07 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号

また、平成23年3月に発生をした東日本大震災においては、建築物の壁面等の破損により、屋内に使用されていたアスベスト含有建材が露出をし、アスベストが飛散した事例が報告をされております。今後、いつどこでどんな自然災害が発生するかわからない昨今、災害時におけるアスベストの飛散、暴露防止についても、的確な準備措置を講じておくことが極めて重要です。  そこで、伺います。