50件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2018-09-14 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月14日−03号

また、たばこの先端から立ち上がる副流煙には、喫煙者が吸い込む煙の何倍もの有害物質が含まれており、受動喫煙による健康影響が明らかにされています。厚生労働省のたばこ白書によれば、たばこの煙には約5,300種類の化学物質が含まれており、そのうち発がん性のある物質が約70種類含まれております。たばこを吸う本人のみならず、周囲にいる人の健康も害するとされています。

福津市議会 2018-09-06 平成 30年 9月定例会(第5回)-09月06日−04号

シックハウス症候群は、今や広く知れ渡り、ある程度規制されるようになりましたが、香料による化学物質の飛散は予想できるものではなく、防ぎようのないものと考えます。  化学物質過敏については、さきの6月議会でもお話をさせていただきました。香料に含まれている化学物質は揮発性が高く、また、自ら避けることができるものではありません。香料についての具体的な法的規制はありません。

岡垣町議会 2018-09-06 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月06日−02号

職場や学校で服に残ったさまざま香りが混じり合い、特に化学物質過敏の人にとっては生活の支障になるほどの切実な問題となっています。  五、六年前から各地の消費生活センターには、近隣の柔軟仕上げ剤や洗剤等のにおいで頭痛や吐き気がするという相談や苦情が全国から寄せられています。

宗像市議会 2018-06-20 宗像市:平成30年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年06月20日

この香りというものは、通告書にも書きましたが、化学物質です。この化学物質過敏は特別な体質の人がなるのではありません。この中にも花粉の方はいらっしゃると思いますが、花粉は今まで何ともなかったのに、花粉が飛んでいる時期、ある日突然、目のかゆみや鼻がむずむずして鼻水が出るといったような症状が出ます。そして毎年その時期になると、同じ症状があらわれるようになります。

福津市議会 2018-06-14 平成 30年 6月定例会(第3回)-06月14日−04号

2003年版環境白書には、推計5万種以上の化学物質が流通し、日本において工業用途として届けられるものだけでも、毎年300物質程度の新たな化学物質が市場に投入されています。化学物質の開発、普及は20世紀に入って急速に進んだことから、人類や生態系にとって、これらの化学物質に長時間暴露されるという状況は歴史上初めて生じているものですと記されています。  

糸島市議会 2017-12-12 平成29年 第4回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2017-12-12

179 ◯1番(藤井芳広君)  連携協力していくということでしたので、その点はいいのですが、9月4日の配布訓練時に安定ヨウ素剤の配布に関して注意事項についての説明や過敏への問診の時間が、先ほどの事前配布説明時に比べて短かったのではないかと考えるんですが、それについてはいかがお考えでしょうか。

宗像市議会 2014-03-05 宗像市:平成26年第1回定例会(第3日) 本文 開催日:2014年03月05日

香料の原料には揮発性の化学物質が含まれており、みずから避けることが困難です。少量の香料でもアレルギーを引き起こす可能性はあり、一旦過敏になると、他の物質にも敏感に反応するようになります。化学物質過敏の人だけでなく、ぜんそく、偏頭痛の患者の中には、香料によって症状が引き起こされる人もいます。  

宗像市議会 2014-03-04 宗像市:平成26年第1回定例会(第2日) 議事日程 開催日:2014年03月04日

市民要      │ │望の一例として、本市で実施している健診の中には、各種のがん検診や心電図などはあるが、脳血管疾      │ │患予防に関する健診はほとんどないため、脳血管疾患の予防対策、認知の早期発見の対策として脳ド      │ │ック検診の助成事業の導入を強く求める声もある。

志免町議会 2013-03-13 平成25年第1回 3月定例会-03月13日−04号

中央環境審議会微小粒子状物質環境基準専門委員会報告、2009年環境省報告、微小粒子状物質への短期暴露及び長期暴露と循環器呼吸器疾患死亡、肺がん死亡との関連に関する疫学的証拠には一貫性が見られる。これらの健康影響の原因の一つとなり得ると考えられる。

大牟田市議会 2013-03-11 平成25年2月 定例会(第474号)-03月11日−06号

次に、この物質をとり過ぎたり暴露し過ぎたりすると起こるのが化学物質過敏です。化学物質過敏について調べたところ、他人事ではないことがわかりました。  その一つは、この化学物質過敏は、平成22年に病名としてちゃんと認定された病気であること、2つ目に、一度この病気に見舞われると抜け出せなくなるということです。  

筑紫野市議会 2011-12-16 平成23年第6回定例会(第4日) 本文 2011-12-16

しかしながら、こうした在宅介護・医療が進む中で、最近では、認知にあわせてのがんの患者であったりとか、そしてまた夫婦ともに介護を受けながら、一方はがんの患者であったりとか、こうしたケースが急速に進んでいると、こういうふうに深刻化していることを聞き及んでいるところでございます。  

田川市議会 2011-12-08 平成23年第5回定例会(第2日12月 8日)

それと、もう一つちょっと気になっていることがあるんですが、ある人から認知サポーターというのを伺いました。サポーター制度、これはどうも厚生省がやっていると思いますが、平成17年からこういう制度をつくって、日本全国に100万人の認知のサポーターをつくっていこうという施策です。現在、17年からですから、もう六、七年たちますが、目標を上回って166万人の認知サポーターという方がいらっしゃいます。

宗像市議会 2011-05-31 宗像市:平成23年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2011年05月31日

化学物質による健康被害を減らすためにということで質問します。  私たちは日常生活のさまざまな場面で、農薬、防虫剤、芳香剤、ワックスなどの化学物質に接する機会がふえており、人の健康への影響が懸念されています。化学物質の使用については、農林水産省や環境省など国の省庁からも使用制限の法令や指針が出され、その徹底が求められています。

遠賀町議会 2008-09-10 平成20年第 5回定例会−09月10日-03号

中でも本町の体育館施設利用に関することや、後期高齢者医療制度についての問い合わせなど、そのほかに私が主催しています町政報告会の中ではC型肝炎フィブリノゲン投与疑惑によるC型肝炎の救済や化学物質過敏の問題、さらには、品目横断的安定対策による農業問題など、今日政治が抱える大きな課題についても意見や要望が数多くありました。