運営者 Bitlet 姉妹サービス
4697件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19 仮に利用が伸びたとしても、その利益が市民には還元されてこなかったのがこれまでの統計上の結果です。そこに莫大な税金を投入するのは、市民の暮らし、福祉を犠牲にして大企業をもうけさせるためだけのものだと言わなければなりません。  よって、我が党は本議案に反対いたします。  次に、議案第237号、第3給食センター整備運営事業に係る契約の締結についてです。   もっと読む
2018-12-14 直方市議会 平成30年12月定例会 (第7日12月14日) 本案は、現在使用している戸籍システムの契約期間が平成31年2月末で終了することから、長期的な運用コスト削減に向け、他の市町とシステムの共同利用をすることを目的に、電子情報処理組織による戸籍事務の事務委任に関する規約第1条に定められた事務を飯塚市に委託するための協議であります。   もっと読む
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 349 ◯こども未来局長(小野田勝則) 設置場所につきましては、原則として市街化調整区域を除く市域内としており、大部分の事業所が車による送迎サービスを広域に行っていることから、サービスの提供地域を特定することは現在のところ行っておりません。 もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 日程調整できないはずはありません。  神谷候補は念のために、これは回答を求めていたんだけどなかったのでね、あなたの登録住所にも内容証明郵便で申し入れ書を送付しています。何とこれは不在、保存期間が過ぎたという理由で郵便局から返信されてきました。 もっと読む
2018-12-11 福津市議会 平成 30年12月定例会(第6回)-12月11日−05号          総 務 部 長  大 賀 正 晃  総務部 理 事   井 上 廣 幸         市 民 部 長  吉 田 雅 子  健康福祉部 長   髙 橋 美 幸         教 育 部 長  溝 辺 秀 成  都市整備部 長   福 嶋 良 和         地域振興部 長  永 島 脩 助  地域振興部理事   花 田 孝 信         総 務 課 長  重 冨   隆  財政調整もっと読む
2018-12-10 直方市議会 平成30年12月定例会 (第6日12月10日) ○人事課長(末永久家)  現在、共同利用等でコストダウンを図っている例としまして、住民票等の管理をしております基幹システムは民間の施設で共同利用を行っており、年間約900万円の経費削減となっております。将来的な考えといたしまして、こういった共同利用が自治体クラウドという手法となります。 もっと読む
2018-12-10 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月10日−04号 まず、経営できる農業の育成へ向けた取り組みについて、この米政策の改革は平成30年産から生産調整の廃止とあわせて米の支払交付金が廃止され、行政による生産数量目標の配分がなくなり、農業者は主体的に需要に応じた生産・販売を行う制度に改められました。 もっと読む
2018-12-07 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月07日−03号 ウミガメ同様、アサギマダラの飛来環境を整えて、まちおこしに利用して、カワセミ、ウミガメ、アサギマダラ、岡垣町の三種の神器で売り出して、都会にはない、岡垣町の自然環境のよさをアピールして、流入人口をふやすべきです。  (2)芸術、アートによるまちおこし。  私が研修で訪れた、場所は定かではありませんが、たしか岡山県の美咲町だったと思います。美しく咲く町、すてきな名前だなと思った記憶があります。 もっと読む
2018-12-07 直方市議会 平成30年12月定例会 (第5日12月 7日) 住宅リフォーム補助金につきましては、ニーズなどを見ながら、制度の内容は必要に応じて調整を図る必要があるだろうというふうに考えておるところでございます。  また、建てかえなどの補助制度の創設につきましては、新たな財源が必要となることから、国の支援制度の動向などを見ながら、今後考えてまいりたいというふうに検討しておるところでございます。以上でございます。 もっと読む
2018-12-06 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月06日−02号 国保の国庫負担金減額調整、いわゆるペナルティーについてお尋ねをいたします。  国は全国の自治体の声に押され、平成30年度から未就学児までを対象とする医療費助成制について、国保の国庫負担金減額調整を行わないこととする見直しの方針を出しました。未就学児までに限定されたことは甚だ遺憾であります。 もっと読む
2018-12-06 直方市議会 平成30年12月定例会 (第4日12月 6日) 平成30年度は774名、現在20教室までふえており、今後も利用希望者は増加すると考えております。以上です。 ○9番(渡辺和幸)  わずかながら待機児童がいるということもありますし、今後もふえていくというのは、これまでの答弁だったと思います。 もっと読む
2018-12-05 直方市議会 平成30年12月定例会 (第3日12月 5日) 仮に、小学校の給食費から食材費を払うにいたしましても、栄養摂取基準というのが中学校とはまた異なりますので、いわゆる盛りつけの段階におきまして、また、そこで調整が必要となりますことから、現実的ではないと考えております。   もっと読む
2018-12-05 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月05日−01号 ◎長寿あんしん課長(船倉憲一郎君) まず議案59号のふれあい宿泊施設ですね、こちらの入浴施設、団体利用と申しますか、宿泊施設を利用する方については、入浴施設を利用することができるというような規定になっているということでございます。以上でございます。 ○議長(太田強君) 10番、広渡輝男議員。 もっと読む
2018-12-04 直方市議会 平成30年12月定例会 (第2日12月 4日) そのような中、頓野にある小児科の協力により平成29年6月から市の中心で事業を開始することができ、利用者数は平成28年度220名でございましたが、平成29年度は鞍手乳児院と合わせて延べ310名の利用となっております。今年度の利用者数は既に昨年を上回りつつある状況でもあります。   もっと読む
2018-11-30 直方市議会 平成30年12月定例会 (第1日11月30日) この共同利用につきましては、地方自治法第252条の14第1項の規定により協議で規定を定める必要があり、この協議につきましては、同条第3項の規定で準用する同法第252条の2の2第3項の規定で議会の議決を経なければならないとされていることから御提案申し上げるものでございます。  それでは、協議により定めようとする規約について御説明いたします。  議案書の38ページから39ページをお願いいたします。   もっと読む
2018-11-30 福津市議会 平成 30年12月定例会(第6回)-11月30日−03号 というのは、この前あんずの里に行きましたら、利用者から苦情が出ておりますということは、市役所に何回も言っておりますということを言っておられました。来られたと思うんですが、早急にやっぱり利用者が利用しにくいということは、今度はお客さんが少なくなるっちゅうことなんですよ。今4.6%減になったっちゅうことですね。 もっと読む
2018-11-29 福津市議会 平成 30年12月定例会(第6回)-11月29日−02号 ○議長(椛村公彦) 本夛財政調整課長。 ◎財政調整課長(本夛研介) 合併算定替の質問でございます。これは、本市の場合、27年度から段階的に9割、7割、5割、3割と、来年は1割という形で減額されていくことになります。  30年度の直近で申し上げますと一本算定と算定替の差が約3億1,600万円になっております。 もっと読む
2018-11-28 福津市議会 平成 30年12月定例会(第6回)-11月28日−01号 体育施設の指定管理では、現指定管理者になったことにより、民間事業者のノウハウを導入して九州プロレスなどを呼んで自主事業を行ったり、ホームページで利用状況が目に見えるようになったり、市民サービスが向上している。指定管理料の算定・積算基準は利用料金、手数料収入などからなる。両体育館の利用料は、施設が老朽化しており、他市町と比べると約半分程度とかなりの低料金である。 もっと読む
2018-11-26 遠賀町議会 平成30年第 8回定例会−11月26日-01号 平成31年2月1日から開始する住民票及び印鑑登録証明書のコンビニ交付に対応するため、印鑑登録証明書の交付時に確認が必要な印鑑登録証を、コンビニエンスストアでの交付手続きに限り、確認を省略し、個人番号カードを利用して交付申請ができるよう、所要の規定を整備するものでございます。  ご審議のほど、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(仲野新三郎) 以上で、提案理由の説明は終了致しました。 もっと読む
2018-10-04 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第8日10月 4日) これに対して当局より、平成29年度は3名の応募があり、うち1名が採択され、現在は、その報告会に向けた調整が行われている。また、今年度については、2名の応募があり、うち1名が採択されているとの答弁に接したのであります。   もっと読む