運営者 Bitlet 姉妹サービス
42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-06-19 大牟田市議会 平成29年  6月 定例会(第495号)-06月19日−03号 しかしながら、今年度の学童保育所等の利用希望者の増加、待機児童もそうですけれども、そういった点を踏まえまして、待機児童の解消に向けた施策の検討が必要ということで認識しております。  議員御要望のアンケートの対象者や内容とあわせまして、実施時期の前倒しにつきましても、現在、検討を行っているところでございます。 ○議長(境公司)   徳永議員。 もっと読む
2017-03-08 北九州市議会 平成29年 2月 定例会(第1回)-03月08日−07号 具体的に、愛媛県の松山市では、調査の結果、40歳以上が65%を占めているということでもありますし、他の自治体でも約過半数が40歳以上ということで、ここの支援が国としても置き去りにされているような、そんな現状があるようです。ひきこもりの御本人が40歳、50歳となると、多分、親御さんはもう70歳、80歳となってまいりまして、年金に移行してまいります。 もっと読む
2016-09-16 川崎町議会 平成28年度第3回定例会(第3日) 本文 開催日:2016年09月16日 竹林の廃材を活かし、太鼓を制作したり、色んな事をしている企業が、愛媛県の松山市にあります。 もっと読む
2016-03-07 北九州市議会 平成28年 2月 定例会(第1回)-03月07日−05号 子育て支援の最後に、子供の虐待防止対策等について尋ねます。  最近の子供の虐待をめぐる深刻な事件の報道が相次いでおり、多くの市民が心を痛めております。2014年度に児童相談所が対応した児童虐待は、全国で過去最高の8万8,931件に上り、大きな社会問題になっております。児童相談所は、児童虐待の防止、虐待を受けた子供の心のケアなど、極めて重要な役割を担っております。 もっと読む
2015-12-17 福岡市議会 平成27年第5回定例会(第4日)  本文 開催日:2015-12-17 次に、いじめや不登校児童生徒に対しての対応として、スクールカウンセラーの役割は重要かと考えます。長期欠席児童生徒の中には、病気や経済的理由など、理由が複数あり、不登校の原因が特定できない児童生徒も大勢います。これは本人の情緒不安定のほかに発達障がいや家庭の問題、いじめや問題行動など、そのきっかけや要因はさまざまなようです。 もっと読む
2015-09-10 大牟田市議会 平成27年  9月 定例会(第487号)-09月10日−03号 そのような中にありまして、核家族化、それから、少子化などの社会環境の変化から、悩みを抱えたまま孤立をしてしまう親子がふえてきており、また、産後鬱、この予防や児童虐待の未然防止、それから、早期発見・早期対応ということが大きな課題となってきております。   もっと読む
2015-06-11 北九州市議会 平成27年 6月 定例会(第2回)-06月11日−04号 本市においては、法に基づく定期接種を前提とし、副反応による健康被害が生じた場合には、法に基づく救済制度により対応してきたことは承知していますが、この子宮けいがん予防ワクチンについては、我々市議会も任意接種のころから積極的な接種勧奨を行った経緯もあり、健康被害が生じた方には大変心を痛めています。 もっと読む
2014-12-05 久留米市議会 平成26年第4回定例会(第3日12月 5日) 現状では、交通事故以外にも、通学中の児童生徒が不審者に遭遇する事案も起きていることから、市立小・中学校におきましては、日没前の下校を促すとともに、警察などと連携した防犯教室の実施や、集団での下校、不審者に遭遇したときの対応等、児童生徒への指導を実施し、通学の安全確保に努めているところでございます。   もっと読む
2014-06-16 久留米市議会 平成26年第2回定例会(第5日 6月16日) これらを取りまとめた上で、子ども・子育て会議にて御審議いただくとともに、市議会の御意見もいただきながら、今年度中に策定することとしております。以上でございます。 ○議長(原口新五君) 國武健康福祉部長。 ○健康福祉部長(國武三歳君) 3項目め、障害者手帳の交付についての御質問にお答えをいたします。   もっと読む
2014-03-05 北九州市議会 平成26年 2月 定例会(第1回)-03月05日−04号 続きまして、放課後児童クラブに関して、指導員は正規2名以上が必要、国の専門委員会が示した児童おおむね40人を基準に条例化すべきとの御質問にお答えいたします。  平成24年8月の子ども・子育て関連3法の成立により児童福祉法が改正され、放課後児童クラブの質の確保を図るため、市町村においては放課後児童クラブの設備及び運営について、国が定める基準を踏まえ、条例を定めることとされました。 もっと読む
2013-03-04 久留米市議会 平成25年第1回定例会(第4日 3月 4日) あんまり余計なことは言わないんですけども、恐らく議長席に女性が座るということは、久留米市議会が始まって以来だと思うので、褒めるわけではありませんけれども、光栄だなというふうに思っております。(拍手)  さて、1番、国の一連のデフレ脱却政策を受けて、どう対応するか。  (1)格差社会か平等社会か。   もっと読む
2012-12-06 田川市議会 平成24年第5回定例会(第2日12月 6日) ちょっと視点を変えまして、本市における児童虐待相談件数、そして虐待種別、例えば身体的虐待とか、性的虐待、これがわかればお尋ねしたいと思います。  (「議長」と呼ぶ声あり) ○副議長(加藤 秀彦 君) 総務部長。 ○総務部長(犬丸 哲男 君)  件数につきましては、現在、今、手持ちがございませんので、また後ほどお知らせしたいと思います。   もっと読む
2012-12-06 田川市議会 平成24年第5回定例会(第2日12月 6日) ちょっと視点を変えまして、本市における児童虐待相談件数、そして虐待種別、例えば身体的虐待とか、性的虐待、これがわかればお尋ねしたいと思います。  (「議長」と呼ぶ声あり) ○副議長(加藤 秀彦 君) 総務部長。 ○総務部長(犬丸 哲男 君)  件数につきましては、現在、今、手持ちがございませんので、また後ほどお知らせしたいと思います。   もっと読む
2012-11-27 行橋市議会 平成24年12月 定例会(第4回)-11月27日−01号 お手元に配付いたしております報告事項の中で、10月5日に北九州市で開催されました福岡県北部市議会議長・副議長会及び10月16日に飯塚市で開催されました福岡県市議会議長会の内容について、簡単に補足説明をさせて頂きます。   もっと読む
2011-12-12 古賀市議会 2011-12-12 平成23年第4回定例会(第4日) 本文 簡単に待機児童ゼロといっても大変なことだろうと思います。これからはさらに保育の向上や休日保育の充実、虐待ゼロを目指して取り組みが充実していけばと思います。  ここで一応部長に決意の一つもいただければと思います。 もっと読む
2011-12-05 行橋市議会 平成23年12月 定例会(第18回)-12月05日−02号 わが国のDV状況は、社会の大きな変動の中で問題が複雑化したり、緊急性を要することが多かったり、時には子どもの虐待との連動も指摘されております。そこで本市における相談件数や実態を鑑みますと、現在の相談員の2人体制では限界があるのではないかと考えております。今後さらなる相談体制の充実をする必要があるのではないかと思われますが、市長の考えをお聞かせ下さい。 もっと読む
2011-03-02 北九州市議会 平成23年 3月 定例会(第1回)-03月02日−02号 市議会議員や地元団体、市内の関係団体の皆様から意見を聴取いたしまして、それらの意見を踏まえて慎重に検討した結果、市が取得して再生に取り組む方針を決定したところであります。 もっと読む
2010-06-17 久留米市議会 平成22年第2回定例会(第5日 6月17日) これまでの本会議の答弁や平成22年2月12日の教育民生常任委員会では、不登校の理由は、生活の困窮、生活リズムの崩れ、児童虐待、母子分離の未確立等の複合的なものであると言われ、だから、生活支援が不登校解消への大きな要素だと説明をされました。  税金をばらまいている民主党政権のもとで、不登校は解消するという結論に達します。どうでしょうか。   もっと読む
2008-06-12 北九州市議会 平成20年 6月 定例会(第2回)-06月12日−02号 3点目に、全国的に児童虐待の報告が増加傾向にある中で、本市においても児童虐待の件数が、児童虐待防止法が施行された平成12年の194件から平成18年の456件へと2~3倍に増加しています。中でも、先日市内の保育所の入所児童虐待を受け、重体となる痛ましい事件が発生したことは記憶に新しいところです。   もっと読む
2007-09-19 小郡市議会 平成19年 9月定例会-09月19日−04号 次に、18年度末で本市の学校図書館図書標準の達成率の状況でございますが、小学校におきましては8校中7校が図書標準の100%以上を達成しており、児童数増加の関係で1校のみが77%という現状でございます。一方、中学校では5校中図書標準を100%以上達成している学校が1校、90%台が2校、80%台が2校という現状でございます。 もっと読む