5112件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-05-08 川崎町議会 令和元年度第1回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年05月08日 今後さらに充実させなければならないというところとして、新人、現職員、現議員関係なく、各個人ひとりひとりの議員としての議員力の向上のため、議員として積極的な意見交換や勉強会等の充実をより努力していかなければならないと思っております。また、時代に合った行政改革が必要だとも思っております。各委員会で検査研究を行い、分野ごとに政策提言しなければいけないというふうに思っております。   もっと読む
2019-03-26 行橋市議会 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月26日−05号 次に、地域福祉課では、65歳から100歳までの5歳刻みの年齢に該当する方を対象にした肺炎球菌の予防接種について、5年間再延長されるとの説明を受けたが、引き続き、対象者の方への周知については、徹底して情報提供に努めていただきたい、との要望が出されております。   もっと読む
2019-03-22 春日市議会 平成31年第1回定例会(第6日) 本文 2019-03-22 これは、個人市民税については、給与所得等の伸びを見込み1億9,696万5,000円の増を、法人市民税については、景気の上向きを考慮し3,343万5,000円の増を、また固定資産税については、堅調な新築数を考慮し4,740万円の増を見込んだためであります。   もっと読む
2019-03-22 古賀市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日) 本文 避難訓練の際に、避難行動要支援者台帳は個人情報の面などから、実際に活用しているところは少ないように思われます。また、自主防災組織の長が台帳を保管されていますが、毎日確認しているわけではないので誰が記載されているのか、誰が支援者になっているのかを覚えておくことは難しいと思います。   もっと読む
2019-03-20 古賀市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 それとも、反対される個人の考えを尊重されるのでしょうか、お尋ねします。 もっと読む
2019-03-20 宗像市議会 宗像市:平成31年第1回定例会(第6日) 議事日程 開催日:2019年03月20日 財政規模  247億8,834万8千円(平成30年度一般会計予算) 【調査事項】 〔議会基本条例の運用について、議会改革・市民との意見交換会の取り組みについて〕 1 犬山市議会 議会改革のあゆみ ・議会基本条例の制定(平成23年10月1日施行) ・議会人事・組織の改革(議長任期2年・各種委員報酬の廃止など) ・情報公開、情報発信、議員間討議の促進。 ・市民との意見交換、市民参加の場の設定。 もっと読む
2019-03-20 宗像市議会 宗像市:平成31年第1回定例会(第6日) 本文 開催日:2019年03月20日 市民税(個人)は、課税対象所得の増、固定資産税は、新規住宅の増により、増額する。  2)繰入金(前年度比4.6%、8,558万円減の17億8,458万円)。  減額の主な要因は、財政調整基金からの繰り入れの減である。  3)その他(前年度比2.4%、6,863万円減の28億3,455万円)。  減額の主な要因は、幼児教育無償化に伴う保育料保護者負担金の減等による分担金及び負担金の減である。   もっと読む
2019-03-19 春日市議会 平成31年予算審査特別委員会 本文 2019-03-19 それにつきまして、指導主事が分析した内容につきまして、図書委員会であるとか、あるいは学校司書の研修会とかであるとかで情報提供と、あるいは指導主事の分析した今後の課題についての協議、また、どのようにしたら今後学校図書館が活用が活性化されるのかというようなグループでの話し合いだったりっていうのを行っております。 60: ◯委員長(野口明美君) 北田委員。 もっと読む
2019-03-14 田川市議会 平成31年第1回定例会(第4日 3月14日) 市税につきましては、景気が緩やかな回復基調にあることから、個人市民税の増収のほか、市内企業の設備投資に伴う固定資産税の増収が見込まれる一方、たばこの消費本数が減少傾向にあることから、市たばこ税の減収が見込まれるなど、市税全体では51億5,497万3千円が計上され、前年度当初予算と比較して、1.2%の増となっております。   もっと読む
2019-03-14 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号 また、担当教諭が1カ所に集まり指導することにより、教諭同士の情報交換等のメリットがあると考える。来年度モデル的に実施し、有効性などを検証した上で、今後の展開について検討していきたいとの答弁がありました。  なお、委員から、自然史・歴史博物館の老朽化対策として、20周年を節目とした施設改修及び展示物の更新をされたい。また、学芸員の待遇面についても考慮されたい。   もっと読む
2019-03-14 大野城市議会 平成31年第2回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2019-03-14 こども健康課は虐待などのサインを見逃さないよう、児童相談所や警察、学校などの関係機関や市民の方などから、子どもの情報を日常的に集約し管理を行っております。その情報を整理した上で、虐待リスクが高い場合など、必要に応じまして、児童相談所や警察と情報共有を図りながら、適切に対応を進めるようにしておるところでございます。 90: ◯議長(白石重成) 16番、松下議員。 もっと読む
2019-03-14 春日市議会 平成31年第1回定例会(第5日) 本文 2019-03-14 ダイバーシティ・マネジメントとは、性別、年齢、国籍、障がいの有無といった個人の属性にかかわりなく、多様な人材の能力や発想、価値観を融合することで、会社や組織の活性化を図り、企業の経営基盤や商品提案力を強化する経営手法です。 もっと読む
2019-03-13 春日市議会 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 2019-03-13 2、図書館で子どもと直接向き合うことから個人情報に接することも多い現状での守秘義務や災害時等の活動などについては、どう考えておられますか。  3、中学校司書の民間委託ということですが、小学校司書との連携はどうなりますか。  4、現在の中学校司書の人件費の2倍以上の委託料ですが、司書の勤務形態は週何日、1日何時間勤務とする予定ですか。   もっと読む
2019-03-13 行橋市議会 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月13日−04号 庁内の情報共有、それからこの実現するための体制整備等を、今後についても引き続き十分に行い、取り組んでまいりたいと考えております。以上です。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  ありがとうございました。 もっと読む
2019-03-13 大野城市議会 平成31年第2回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2019-03-13 本市におけるプッシュ型の伝達手段には、災害情報伝達システムによる屋外拡声子局からの放送、携帯電話会社から個人の携帯端末にメール配信される緊急速報メール、土砂災害警戒区域や浸水想定区域などにお住まいの方に電話やファクスで伝達する登録制の災害情報等配信サービス、福岡県が運用しております登録制の「防災メール・まもるくん」、市の広報車による巡回放送があります。   もっと読む
2019-03-12 行橋市議会 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月12日−03号 何でこの数字を調べたかというと、私がやはり離陸のときと発進のときが、特にふっとなって怖いものですから、飛行機はどれくらい安全なんだろうというのが、ちょっと個人的に思ったという次第なんですね。その中でも特に離発着時に事故が発生することが多いと言われているのは、これも事実でありましょう。その離発着は、この行橋の上空でも行われているわけです。   もっと読む
2019-03-11 行橋市議会 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月11日−02号        │について                    ││  │        ├────────────┼────────────────────────┤│  │        │立地適正化計画について │市民が望んでいる町づくりと立地適正化計画    ││  │        ├────────────┼────────────────────────┤│  │        │学校における個人情報 もっと読む
2019-03-11 春日市議会 平成31年予算審査特別委員会 本文 2019-03-11 34: ◯地域づくり課長(小池八太君) まさしく、国、県から流れてきた情報をもとにになりますので、おっしゃられるように、それは国、県が把握しているデータをいただき調査をかけております。  以上です。 35: ◯委員長(野口明美君) よろしいですか。 36: ◯委員(與國 洋君) はい、わかりました。 37: ◯委員長(野口明美君) ほかに。よろしいでしょうか。                  もっと読む
2019-03-08 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月08日−05号 現在、卓球競技では、奇数年に個人戦、偶数年には団体戦が開催されております。これまでも数年に1度の割合で、東京や横浜など日本国内でも開催されております。本市が誘致を目指す2022年の団体戦は、大陸間予選を勝ち抜いた男女各32カ国の選手、スタッフ合わせて約1,100人、観客約3万人の来場が見込まれる世界注目の一大イベントであります。   もっと読む
2019-03-07 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号 また、既に把握できた1,000平米以上の吹きつけアスベストの対策済み及び未対応の物件については、地図上で情報を可視化させたGIS、地理情報システムにて関係部局と情報共有されており、今後、1,000平米未満の未対応等の物件についても、使用状況が把握でき次第、GISへ情報を反映させるとのことです。 もっと読む