5391件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-06-28 令和元年 6月定例会 (第1日 6月28日)

附則第15条の2の2、軽自動車税の環境性能割の賦課徴収の特例では、当分の間、県が賦課徴収などを行うとされており、第2項は税率の適用の判断は国土交通大臣認定などにより行うとする規定。  第3項は、偽って不正に国土交通大臣認定を受けたことを理由に税額不足が生じた場合に、認定の申告を行った者を所有者とみなし、不足額賦課徴収を行うとする規定。  

春日市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第5日) 本文 2019-06-28

次に、第46号議案「令和元年度春日市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について」であります。  改正の内容は、介護予防・生活支援サービス事業費の増額、それに伴う国・県交付金などの特定財源の増額、システム改修に伴う事務費の増額、それに伴う市費からの繰入金の増額であります。  

田川市議会 2019-06-27 令和元年第3回定例会(第2日 6月27日)

最初に、介護用品でございますけれども、今や専門店、インターネット経由での購入が一般的だったのが、今や全国的にコンビニエンスストアスーパーマーケットなどの売り場の拡充に力を入れております。介護用の紙おむつやつえ、栄養価の高いプリンやゼリーといった高齢者向け商品約200品種、高齢者向け商品の市場は今後も拡大していくと見られております。今回、私が取り上げたのは、介護事業の中に地域支援事業がございます。

春日市議会 2019-06-26 令和元年市民厚生委員会 本文 2019-06-26

次に、第46号議案「令和元年度春日市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について」を議題といたします。  これより討論に入ります。第46号議案に対し、討論はありませんか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 6: ◯委員長(内野明浩君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。  それでは、第46号議案について採決を行います。  

春日市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第4日) 本文 2019-06-25

2025年を境に、団塊の世代の全ての人が75歳以上の後期高齢者になることで、医療介護費用が多くなり、社会保障に必要な金額が膨張することになります。介護に関する諸問題についても、2025年には認知症高齢者の人数は1,200万人を超えるとされ、それに伴い要介護者数も増加し、介護者と要介護者が認知症という認認介護なども増加していく可能性も出てきます。

久留米市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第6日 6月24日)

柴 尾 俊 哉 君  議事調査課長           古 賀 裕 二 君  議事調査課課長補佐(兼)主査   下 川 広 明 君  書 記              澁 田 佑 美 君  書 記              山 根 尚 人 君 〇議事日程(第6号) 第 1 諸般の報告 第 2 第45号議案 久留米市市税条例の一部を改正する条例制定の専決処分について 第 3 第46号議案 久留米市介護保険条例

行橋市議会 2019-06-20 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月20日−05号

子ども支援課長    │吉 本 康 一│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│副市長           │橋 本   晃│○ │生活支援課長     │津 村 忠 幸│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│教育長職務代理者      │末 次 龍 一│○ │介護保険課長

福岡市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第4日)  本文 開催日:2019-06-18

92 ◯保健福祉局長(舟越伸一) 厚生労働省が公表しております例に倣い、要介護認定を受けている方のうち、意思疎通が多少困難で日常生活に支障を来している状態である日常生活自立度II以上の方を認知症高齢者といたしますと、2015年が3万2,000人、2025年が5万5,000人、2040年が8万3,000人となります。

福岡市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第3日)  本文 開催日:2019-06-17

8 ◯保健福祉局長(舟越伸一) 福岡市内の障がい福祉サービスの事業所数につきましては、平成31年4月1日現在で、居宅介護などの訪問系サービス事業所が298カ所、生活介護などの日中活動系サービス事業所が263カ所、入所施設である障がい者支援施設が13カ所、グループホームが83カ所、その他重度障がい者に対して包括的な支援を行う事業所などが4カ所となってございます

古賀市議会 2019-06-17 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第3日) 本文

農産品生産状況の評価につきましては、本市では認定農業者の皆さんなどによる水稲──米ですね、ミカン、イチゴ、花卉──花です──を中心とした農業経営が営まれ、農業振興に御尽力いただいております。また、青年の就農者や農事組合法人が新たな担い手となり、本市の農産品生産拡大に寄与していただいているものと高く評価をしております。

久留米市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第5日 6月17日)

        柴 尾 俊 哉 君  議事調査課長           古 賀 裕 二 君  議事調査課課長補佐(兼)主査   下 川 広 明 君  議事調査課事務主査        新 村 利 恵 君  書 記              野 田 匡 昭 君 〇議事日程(第5号) 第 1 一般質問 第 2 第45号議案 久留米市市税条例の一部を改正する条例制定の専決処分について 第 3 第46号議案 久留米市介護保険条例

久留米市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第4日 6月14日)

空き家対策の庁内体制には、建築指導課、住宅政策課、資産税課など、また、消防警察などが入っていますが、長寿支援課、介護保険課、地域福祉課、地域コミュニティ課などが空き家、老朽家屋の発生予防に資する情報市民との接点を持っているので、活用したらいかがでしょうかというのが今回の私の提案です。  あるお宅を久しぶりに訪ねたとき、郵便物がたまっていました。

福岡市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第2日)  本文 開催日:2019-06-14

私は日本共産党市議団を代表して、本市の要介護認定事務の集約化及び委託化について、ことし1月に施行された障がい者差別解消条例が生かされていない問題について質問します。  質問の第1は、要介護認定事務の集約化、委託化問題についてです。介護認定は、申請者である高齢者が安心して生活していくために、どのようなサービスがどれだけ必要なのかを決定します。

春日市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第1日) 本文 2019-06-13

また、空き家の対策につきましては、空家等対策の推進に関する特別措置法に基づき、放置することが不適切な状態にある空き家の認定を昨年度行いましたので、今年度は法に基づく助言指導、勧告、命令等の措置を所有者等に段階的に行い、生活環境の改善を進めてまいります。また、宅地建物取引に関する関係団体と連携し、総合窓口を設置するなど、空き家の利活用と適正管理の推進にも取り組んでまいります。  

筑紫野市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第2日) 本文 2019-06-13

次に、第二次健康ちくしの21の内容は、健康寿命の延伸を図り、介護認定率を下げるため、市と関係機関地域市民協働により取り組む内容となっており、健康ポイント事業は、みずからの取り組み状況をポイント化することで、健康的な生活習慣づくりを促す事業となっております。  次に、共助社会づくりについてでございます。