378件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

春日市議会 2019-03-07 平成31年地域建設委員会 本文 2019-03-07

145: ◯下水道課課長補佐(白石淳志君) 端的に申し上げると不納欠損です。 146: ◯委員(與國 洋君) ありがとうございました。わかりました。 147: ◯委員長(岩切幹嘉君) じゃあ、続いて説明をお願いいたします。  田中下水道課長。 148: ◯下水道課長(田中豊隆君) 続きまして、資本的収入について御説明いたします。4条予算の資料2の左側をごらんください。  

行橋市議会 2018-09-27 平成30年 9月 定例会(第11回)-09月27日−05号

審査の過程で、委員より、介護保険料における不納欠損の処理方法について質したところ、担当課としては、まず未納がある方に対して、自宅訪問や電話等による納付のお願いをしており、未納額が多い方などに対しては、収納課へ業務移管し催告を行っている。それでも反応がない方や不在にしている方で、2年を経過したものについては、介護保険法第200条に基づき不納欠損処分を行っている、との説明を受けております。  

春日市議会 2018-09-26 平成30年第3回定例会(第5日) 本文 2018-09-26

補正の主な内容は、下水道使用料に対する不納欠損に伴う貸倒見積額の引き直しによる貸倒引当金繰入額の減額及び貸倒引当金戻入の増額、並びに平成29年度決算による減価償却費や起債の元利償還金等の確定によるものであります。  補正予定額及び補正後の額につきましては、収益的収入が258万5,000円を減額し、総額を22億7,269万4,000円に補正するものであります。

田川市議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第4日 9月21日)

次に、第3の提言につきましては、納付率や不納欠損額の割合など納付意識の格差については、経営統合までに是正すべきであるとの内容でありました。  この対応方針につきましては、現在、各関係市町が保有する未収金、不納欠損すべき額については、新企業団の経営に影響を与えることのないよう、経営統合の期日までに、関係市町において整理するよう協議中である。

筑紫野市議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第4日) 本文 2018-09-21

また、財政課から決算の概要として、歳入歳出決算の状況、財政計画の進捗状況、一般会計から特別会計等への繰出金等について、会計課から基金の状況・残高、資金の預金先及び運用状況等について、収納課から一般会計決算収納状況、不納欠損・収入未済件数、滞納者分析、収納対策等について説明を受けました。  

春日市議会 2018-09-20 平成30年地域建設委員会 本文 2018-09-20

補正の主な内容は、下水道使用料に対する不納欠損に伴う貸倒見積額の引き直しによる貸倒引当金繰入額の減額及び貸倒引当金戻入の増額及び平成29年度決算による減価償却費や起債の元利償還金等の確定によるものであります。補正予定額及び補正後の額につきましては、収益的収入を258万5,000円減額し、総額を22億7,269万4,000円に補正するものであります。

大野城市議会 2018-09-18 平成30年決算特別委員会 付託案件審査 本文 2018-09-18

次に、1款2項営業外費用2目雑支出の水道料金過年度未収金不納欠損682万2,000円は、転出先不明、本人死亡、破産などで回収不能となったものについて、時効に基づき不納欠損としたものです。  続きまして、137ページ、資本的収支の支出についてですが、1款資本的支出1項建設改良費2目資産購入費の量水器購入253万2,000円は、新規に量水器を出庫したものです。  

春日市議会 2018-09-06 平成30年決算審査特別委員会 本文 2018-09-06

不納欠損額の現年分でございます。上の段の区分の左の欄、執行停止における即時欠損ですが、合計で39万4,581円が不納欠損額でございます。これは個人であれば、本人が死亡して相続人がいない場合、外国人が出国し帰国の見通しがない場合などで、法人であれば、破産、解散または廃業、所在地に営業実態がなく差し押さえ可能な財産がない場合などがあります。地方税法第15条の7第5項に基づき即時欠損をしております。  

小郡市議会 2018-08-24 平成30年 9月定例会-08月24日−01号

不納欠損額が671万円でございまして、収入未済額が2億4,980万3,000円となっております。徴収猶予分を除きました徴収率につきましては96.3%となったところでございます。  なお、この市民税、固定資産税、市たばこ税、軽自動車税につきましては平成25年度から平成29年度までの現年度課税分の推移を次の13ページから折れ線グラフのほうで掲載をしているところでございます。

田川市議会 2018-07-04 平成30年第2回定例会(第4日 7月 4日)

三つ目として、納付率や不納欠損額の割合など、納付意識の格差については、経営統合までに是正すべきである。  四つ目として、新企業団議会議員の選出方法については、市民のさまざまな声を新企業団に届けるという観点から、大変重要な事項であり、給水人口割合を反映したものにすべきである。また新企業団議会に議会運営委員会を設置すべきである。

川崎町議会 2018-06-05 平成30年度第2回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年06月05日

町税の滞納処理について、預金調査や勤務先調査を行ったり納付誓約等を結ぶなど、町税の確保に向けて努力をされているようですが、生活困窮者に対する執行停止や滞納から5年を経過した不納欠損の処理について、明確なルールを定め公平公正な徴収業務に努めるように、経営状況の厳しい法人に対する減免措置について検討するように要請いたしました。

小郡市議会 2018-03-15 平成30年 3月定例会-03月15日−03号

それから、不納欠損。今、滞納者が3億円か4億円ぐらいありますね、滞納している人が。何人ぐらいあって、収入がどのぐらいあって、私が言うたら本当に一生懸命払いたいけども払えない人も中にはあるかもしれません。そこまで言いません。払える能力があって払っていない人が何人おって、これは公開せないかんです、簡単に言うと。

田川市議会 2018-03-15 平成30年第1回定例会(第4日 3月15日)

本市の水道事業については、経常収支比率は類似団体平均を上回っており、累積欠損金も計上されておらず、現時点では損益計算上は良好な経営状態とも言えます。しかしながら、平成27年度の給水人口は4万7,894人であったものが、約20年後の平成48年度には4万4,040人と約8%減少し、年間有収水量においてもおおむね同様に減少することが見込まれております。  

大野城市議会 2018-03-12 平成30年予算委員会 付託案件審査 本文 2018-03-12

次に、2項営業外費用2目雑支出は478万7,000円で、水道料金過年度未収金不納欠損などを計上しています。  最後に、121ページをお願いいたします。資本的収支の支出でございます。  1款資本的支出1項建設改良費2目資産購入費の量水器購入は、新規に設置した水道メーターに係る費用として512万1,000円を計上しております。以上で料金施設課所管分の説明を終わります。

大野城市議会 2018-03-06 平成30年予算委員会 付託案件審査 本文 2018-03-06

ただ、税法に準じてしかるべき事務を経た後に、不納欠損という形もとれますので、そういったことを行いながら適正な執行をしていきたいと思っております。累積するので、過年度分のほうが多くなってくるということでございます。 413: ◯委員(松下真一) 数字はわかりました。ずっと累積した額の金額だということですね。63条はすぐわかりますよね、年金が増えるとか。

川崎町議会 2017-12-05 平成29年度第6回定例会(第1日) 本文 開催日:2017年12月05日

他の近隣の市町村で言いますと財政課、なぜならば遺産放棄をしていれば、これ不納欠損として町の債務に残っていかないんですよね。  不能欠損処理ができるので行政上も楽になるはずですし、地域コミュニティーで言えば社会福祉協議会や公民館の支援活動を行っている課が、相談窓口を設けて解消にあたっていれば、こんな事態には至っていないと思います。  

大野城市議会 2017-10-16 平成29年決算特別委員会 付託案件審査 本文 2017-10-16

次に、1款2項営業外費用2目雑支出でございますが、水道料金過年度未収金不納欠損は574万5,000円となっております。不納欠損につきましては、転出先不明、本人死亡、破産等により回収不能となったものについて、時効に基づき不納欠損とするものでございます。  次に、133ページをお願いいたします。  資本的収支の支出についてご説明いたします。  

直方市議会 2017-10-04 平成29年 9月定例会 (第8日10月 4日)

本案については、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査を行ったのでありますが、その中で、歳入1款1項1目下水道事業費負担金において受益者負担金に対する不納欠損について、その件数と主な理由についてただしたのであります。  これに対し当局より、件数としては67件であり、主な内容は、本人の死亡及び相続人不明などがある。