運営者 Bitlet 姉妹サービス
219件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 北海道では海外教育旅行支援事業として、海外旅行代金やパスポート取得などの渡航費用について、中学、高校では上限を設け、自己負担額に応じて1人当たり2万円から5万円、大学や専門学校では1人当たり2万円の助成を行っています。 もっと読む
2018-09-06 福津市議会 平成 30年 9月定例会(第5回)-09月06日−04号 したがいまして、70歳以上の高齢者と障害者の運賃が、現在は、ふくつミニバスの場合半額に軽減されておりますが、夕陽館利用者につきましては、今月から募集を開始させていただきます指定管理者の応募者、この要項の中からも交通弱者に対する負担軽減策もご提言いただけるような、そういったプロポーザルの募集要領とさせていただいているところでございます。  以上でございます。 ○議長(椛村公彦) 大久保議員。 もっと読む
2018-09-06 岡垣町議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月06日−02号 平成22年度以降は、コミュニティバスの再編や西鉄バスとの相互乗り継ぎ円滑化の実施、路線バスの運賃を150円と一律化をするなど、さまざまな取り組みをしてきました。また、平成30年度はデマンドタクシーの導入や西鉄バス海老津・波津区間の減便により再編を行っていくとのことであります。  そんな中、平成30年3月、JRによる時刻表の改定で列車の減便がされ、不便になったという声が住民からも出ています。 もっと読む
2018-06-22 直方市議会 平成30年 6月定例会 (第5日 6月22日) これ、知ってる方は知ってると思いますけども、平成28年度を見ても、運賃収入があって、そして国からの補助金があって、市からの補助金があって、そして事業者負担というのがあるんですね。これ、大体25%ぐらいあるんですね。じゃあ、事業者負担の、原資ちいうの何なのかなと。考えても、これ、わからないですね。結果的には、やっぱりこれは割引になっているんです。事業者負担というのは原資がないわけですから。 もっと読む
2018-06-21 福岡市議会 平成30年第4委員会 開催日:2018-06-21 71 △ 損益の改善が投資額の増に直結するものではないが、22年度に策定したアセットマネジメント実行計画では年間投資額の上限を40億円としていた。 もっと読む
2018-06-19 大牟田市議会 平成30年  6月 定例会(第499号)-06月19日−04号 熊本港の場合、輸出、輸入、両方合わせて空が3,500、八代港では空が5,500ほどあるという状態になりますが、ほかの港と比べても空コンテナの輸送が大変多い状態にありまして、もちろん空なので海上運賃はかかっておらず、新規航路や船会社を誘致するとすれば、実入りの輸出量をふやし、三池港に進出するメリットをつくり出す必要があると考えます。   もっと読む
2018-06-18 小郡市議会 平成30年 6月定例会-06月18日−03号 解体して非住宅用地となった場合には、この特例が適用がなくなりますので、評価額の70%を上限として課税標準額が設定されるということになりますので、議員先ほど申されたとおり約4.2倍程度の固定資産税に上昇するという形になっております。 もっと読む
2018-06-13 福津市議会 平成 30年 6月定例会(第3回)-06月13日−03号 ◆2番(永島誠也) 国のほうは、やっぱり全国的にみて空き家の問題というのは多々考えられていると思いますけど、これに関しての支援措置とか期限とか財政の上限というのがあると思います。  そして逆にこれ日本全国でするとしたら、やっぱり福津市は早くこういうお金を使えるような、手を挙げるべきじゃないかと思いますけど、そういうのはどう思われますか。 もっと読む
2018-03-26 福岡市議会 平成30年条例予算特別委員会 本文 開催日:2018-03-26 しかし、それ以外の場所でもベンチプロジェクトを進めていけるのであれば、本市の補助について、現在の上限5万円を10万円にすることはできないのか。 もっと読む
2018-03-26 大牟田市議会 平成30年  3月 定例会(第498号)-03月26日−07号 45.特別支援教育支援員活用事業について  特別支援教育支援員活用事業については、今後とも一律ではなく、1人1人に必要な支援に努めるとともに、支援員の勤務時間の上限についても見直されたい。 46.教職員の長時間勤務について  教職員の長時間勤務については、教職員だけでなく保護者からも心配する声が上がり、子供たちや学校の教育活動への影響も懸念されることから、改善に向けしっかりと努力されたい。 もっと読む
2018-03-23 福岡市議会 平成30年条例予算特別委員会 本文 開催日:2018-03-23 88 ◯高山委員 交通局は公営企業会計なので負担分は乗車運賃等に反映され、市民の負担となる。そうでなくても、現在は大赤字である。今回のこの件で、本市で処分を受けた人はいるのか。 もっと読む
2018-03-08 久留米市議会 平成30年第1回定例会(第4日 3月 8日) 御質問に対して調整でありますが、年齢での一定要件を満たす高齢者の皆様に対して、鉄道、バスの運賃割引や無料化などを実施する自治体があることも承知しておりますから、こういったことは十分に検討しないといけないと思ってます。  しかし、全てを手当てしたいと思いますが、例えば65歳以上の高齢者に対して、年1万円のタクシー補助をしたら幾らかかるか御存じでしょうか。8億円です。 もっと読む
2018-03-07 大牟田市議会 平成30年  3月 定例会(第498号)-03月07日−04号 ◆3番(北岡あや)   総合事業に関しては、専門性が薄められたというのと、個人の、本人の、家族の、意思決定が、選択が保障されているのかという問題と、総合事業費に上限額があるという財政的な課題があると思いますけれども、大牟田市、先ほど、緩和型の方が合計で295人利用されているということで、現行相当から緩和型へという流れが少しずつふえている、流れているなというふうに思います。   もっと読む
2018-02-28 直方市議会 平成30年 3月定例会 (第3日 2月28日) 高齢者の運賃を無料といたしますと利用者は増加するとは思われますけれども、運行収入が大幅に減少いたしまして赤字額が大きくなります。そして、市の支出も増大するということが考えられます。持続可能な枠組みの中で運行を目指しておりますコミュニティバスにとっては、いささか大きな問題でございます。   もっと読む
2018-02-02 古賀市議会 2018-02-27 平成30年第1回定例会(第1日) 本文 また、特定健診やがん検診の自己負担軽減、ヘルス・ステーション設置などの健康づくり支援や、70歳以上の方の市内路線バス運賃を一律100円にするなど、高齢者の外出促進にも取り組んでまいりました。  3点目は、豊かな自然と美しい町並みについてです。犬鳴の山並み、田園から白砂青松の海岸までつながる豊かな自然や良好な景観は、市民の宝であり未来へ引き継ぐべきものであります。 もっと読む
2017-11-30 直方市議会 平成29年12月定例会 (第4日11月30日) ただし、財源の確保のため、3歳から就学前までの自己負担の額を600円から800円に引き上げ、また拡大部分の1年生から6年生までの小学生には通院の月額を1,200円、入院は日額500円、月の上限を3,500円とする自己負担を設けております。  これを受けまして、直方市が改正しました内容は、まず、対象を従来の小学校3年生までから県の制度に合わせて6年生までに拡大したことです。 もっと読む
2017-10-11 福岡市議会 平成29年決算特別委員会 本文 開催日:2017-10-11 また、社会参加支援として、移動支援事業の対象者及び利用範囲の拡充、公共交通機関の運賃を助成する福祉乗車券と地下鉄無料パスである福祉乗車証の統合などの取り組みを行っている。 もっと読む
2017-08-01 春日市議会 平成29年議会運営委員会 本文 2017-08-01 また、政務活動費として年間15万円を支給されておりますが、公開されている領収書の額の合計と合致していないというところもありますので、その合致していない部分は、これは領収書が発行されないもの、例えば、旅費におけるJRや西鉄の運賃ですね、がありまして、市民がウエブサイトを見ても、残りの金額は何に使われたのかなど疑義を生じる、その可能性もあるという状況です。   もっと読む
2017-06-05 岡垣町議会 平成 29年 6月定例会(第2回)-06月05日−02号 次に、手帳を取得した際に受けられる負担軽減の内容については、障害の等級に応じて、税制上の優遇措置、重度障害者医療費支給制度、障害福祉サービス、タクシー初乗り運賃の助成、配食サービス、NHK放送受信料の減免、西鉄等の交通運賃割引、いこいの里入浴料の減免などがあります。  なお、これらの負担軽減の内容については、町公式ホームページで周知しているほか、手帳の交付時には、対象者へ直接説明しています。   もっと読む
2017-03-24 福津市議会 平成 29年 3月定例会(第2回)-03月24日−04号 通院の対象は小学生までで、3歳未満は無料、3歳から小学6年生までは、1医療機関につき1カ月600円を自己負担の上限としております。  そして、福岡県の制度では、3歳以上、就学前の児童は月額800円、小学生は1,200円となっておりまして、本市と県制度との差額は、市単独事業として実施しております。   もっと読む