運営者 Bitlet 姉妹サービス
97件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-18 嘉麻市議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月18日−04号 ピロリ感染は、胃がんの発生に深く関与しておると認識しております。ピロリは主に幼少期に感染し、長年胃の中に住み着いて胃粘膜にダメージを与え、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となり、一部は胃がんを引き起こす細菌です。 もっと読む
2018-06-01 糸島市議会 平成30年 第3回糸島市議会定例会(第1日) 本文 2018-06-01 そこで、市民協働の健康づくりとして、小学校区単位での健康づくり事業を推進し、特定健診やがん検診の受診率向上を目指すとともに、30年度からは、新たに「胃がんリスクのピロリ検査」や「胃内視鏡検査」を実施します。   もっと読む
2018-03-19 糸島市議会 平成30年 予算特別委員会(第2日) 本文 2018-03-19 463 ◯7番(並里弘二君)  133ページ、13.委託料の5番目、胃がんリスク検査委託、これはピロリのリスク検査の件だと思うんですけれども、本年度の新規事業と思います。 もっと読む
2018-03-05 福岡市議会 平成30年第1回定例会(第4日)  本文 開催日:2018-03-05 ピロリ感染による胃がん予防に向け導入された除に関する保険適用の拡大に伴い、公明党福岡市議団は平成28年4月に9万8,690名にも及ぶ署名とともに、ピロリ検査の実施及びその助成を求める要望書を提出いたしました。   もっと読む
2018-03-03 古賀市議会 2018-03-20 平成30年第1回定例会(第4日) 本文 4、小中高生に対する公費によるピロリ検査と除治療の導入。  以上、市長並びに教育長に答弁を求めます。 361 ◯議長(結城 弘明君) 市長。                      もっと読む
2018-03-03 古賀市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会(第2日) 本文 最近では、小・中・高校生にピロリ検査を拡大する自治体もふえてきました。施政方針には、子どもや若者の姿が映し出されているでしょうか。そこで、子ども、若者を守り、彼らにとって古賀市が魅力あふれるまちとなるため、市長の認識や対応をお聞かせください。  第4のテーマは、わかりやすい情報の発信です。情報は、民主主義のビタミン剤と私は常々申し上げています。 もっと読む
2018-02-23 福岡市議会 平成30年第1回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-02-23 また、健康寿命の延伸を目指し、胃がん予防のためのピロリ検査や生活習慣病の発症リスクを予測する新たなシステムを導入するとともに、福岡ヘルス・ラボにおいて、産学官民が共働し、健康に関する新たなサービスの創出に取り組みます。  さらに、保健、医療、福祉に関する情報を一元的に集約、管理する地域包括ケア情報プラットフォームの活用を進めます。   もっと読む
2017-12-12 古賀市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第3日) 本文 1つ目は、市民をがんや災害から守るにはどうすればいいのかという観点から、1点目は、昨年末から始まった二十歳のピロリ無料検査が該当者644人中受診者が89人、残念な結果でした。しかし89人の胃がんに対するリスクはなくなったと言えます。結果は結果として受けとめていかなければなりません。がんに対する認識、また知識の薄さが招いた結果と思います。 もっと読む
2017-09-13 糸島市議会 平成29年 第3回糸島市議会定例会(第4日) 議事日程・名簿 2017-09-13 3) タイムラインの作成について          3.胃がん撲滅~ピロリリスク検査導入について          (1)3年前の6月議会でピロリリスク検査導入について質問を行い、調査研究             を行うとの答弁をいただいていたが、その後の経過について伺う。          もっと読む
2017-09-13 糸島市議会 平成29年 第3回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2017-09-13 胃がん撲滅ピロリリスク検査導入についてでございます。  私は3年前の議会で、ピロリリスク検査導入について次のような質問をいたしました。我が国では胃がんの罹患者数は12万人、これは第1位でございます。そして、そのうち約5万人が胃がんにより死亡をしている。そして、罹患者の数%を除く大半がピロリが原因であることが判明されてきた。ピロリ感染者は日本人の約半数6,000万人と言われている。 もっと読む
2017-06-21 春日市議会 平成29年第2回定例会(第4日) 本文 2017-06-21 3点目ですが、胃がん検診へのピロリ検査の導入については、同じ公明会派の同僚議員とともに一般質問を幾度となくさせていただいて要望いたしてまいりましたが、執行部の御回答は、胃がんリスク検診、いわゆるABC検診は胃がんリスクを判定するもので、胃がん検診のかわりになるものではない。 もっと読む
2017-06-19 大牟田市議会 平成29年  6月 定例会(第495号)-06月19日−03号 ◆12番(今村智津子)   ピロリ検査の導入と検診費用の個人負担の軽減。  胃がんは、ピロリでなくせるという第2弾の本で、北海道医療大学学長の浅香正博博士と秋野公造参議院議員(医学博士)とが対談されている中から一部を御紹介します。  ピロリ治療の保険適応範囲を慢性胃炎にまで拡大がなされてから、明らかに死亡者数が減少してきています。 もっと読む
2017-06-01 大牟田市議会 平成29年  6月 定例会(第495号)-目次 の新卒者及びUターン希望者等)       子育て支援の方向性      職員配置適正化方針2016について       進捗状況と類似団体との職員数比較       職員及び嘱託員等の適正配置の考え方    今村智津子議員……………………………………………………………………… 122      がん対策について       がん検診の受診率の向上       命の尊さを学ぶがん教育       ピロリ もっと読む
2017-03-21 嘉麻市議会 平成 29年 3月定例会(第1回)-03月21日−06号 次に、ピロリをしたこの費用の総額と胃がん発症後の医療費との費用対効果というのはどのようになるのか、教えていただければと思います。 ○議長(宮原由光) 石松課長。 ◎健康課長(石松香織) お答えいたします。  まず1点目のピロリをした費用の総額でございますが、ピロリ感染診断の保険適用上の対象は、胃の内視鏡検査にて胃炎の診断がなされた患者とされております。 もっと読む
2017-03-16 嘉麻市議会 平成 29年 3月定例会(第1回)-03月16日−04号 関係課長  ││  │・保健行政について  │・がん対策について    │      │市長    ││  │           │ ①がん検診(受診率)に │      │関係課長  ││  │           │ ついて         │      │      ││  │           │ ②胃がん検診について  │      │      ││  │           │ ③ピロリ もっと読む
2017-03-10 糸島市議会 平成29年 第1回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2017-03-10 例えば最新の検査方法として、ALAという、アミノ酸ががん細胞にだけ反応し、形を変え、蓄積されたものが尿から排せつされるという性質を利用し、アミノ酸の摂取、その後の尿検査だけでがんのリスクがわかるALA検査というものや、また、以前より黒田議員が何度も取り上げていらっしゃいますが、ピロリ検査、がんのABCリスク検査、こちらもございます。 もっと読む
2017-03-03 古賀市議会 2017-03-16 平成29年第1回定例会(第3日) 本文 昨年、平成28年11月から29年の2月末まで、二十歳のピロリ無料検査を実施していただきました。以前述べましたが、国立国際医療研究センター理事、国府台病院長の上村直実氏が胃がんの99%がピロリ感染が原因と日経新聞のインタビューで答えられておられました。ピロリ感染がベースにあり、ピロリに感染している人は感染していない人に比べると、20から30倍も胃がんになる確率が高いとされています。 もっと読む
2017-02-28 直方市議会 平成29年 3月定例会 (第2日 2月28日) 日本ヘリコバクター学会理事長であった浅香正博北海道大学教授らの研究によると、胃がんの原因の95%はピロリであり、感染症であるということがわかってきました。1994年には、世界保健機構の国際がん研究機関は、ピロリを発がん因子であると認定し除治療を進めています。 もっと読む
2016-12-12 古賀市議会 2016-12-01 平成28年第4回定例会(第1日) 本文 次、予防健診課、健診指導係から、特定健診、がん検診と20歳への胃がんリスク、ピロリ検診について、健康づくり係から、ヘルス・ステーション事業の進捗状況、次期ヘルスアップぷらん及び食育推進計画の策定準備状況の概要、予防健診課長から古賀市の健康寿命、結ネットいきいきの構想及び平成28年度地域における医療・介護連携強化に関する調査研究の実施について、資料に基づき詳しい説明を受けた。   もっと読む
2016-06-20 田川市議会 平成28年第3回定例会(第2日 6月20日) 私は、田川市や田川地区の地域性や生活習慣などが大きく影響しているのではないかと思いますが、一般的には、胃がんはピロリや塩分の多い食事、大腸がんは加工肉などの欧米型の食事、肝がんはC型肝炎ウイルスなどの肝炎ウイルス、肺がんはたばこの喫煙などが原因だと言われていますが、なぜ田川地区は、田川市は他の地区に比べてこれだけ肝がんや肺がんによる死亡率が高いのか、その原因を早急に分析し、そして具体的な対策を実施 もっと読む