391件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

行橋市議会 2019-03-26 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月26日−05号

なお、タブレット導入に伴うICT支援業務委託料については、平成32年度から平成34年度までを期間とする債務負担行為が、また、小・中学校タブレット等機器賃借料については、平成32年度から平成36年度までを期間とする債務負担行為が、それぞれ新たに設定されております。  次に、学校管理課では、児童福祉費として、児童クラブ事業に係る経費などが計上されております。

春日市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第6日) 本文 2019-03-22

また、社会保障・税番号制度事務費における個人番号カード等関連事務負担について、公民館等でタブレットを使って説明をするということだが、例えば35地区全ての公民館等で行うなど、具体的にどのような計画なのかとの質疑が出され、詳しい内容については現在検討中である。申請に必要なツールとして持ち運びができインターネットにつながるタブレット、それと、それに伴う通信費について予算措置している。

古賀市議会 2019-03-22 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日) 本文

158 ◯経営企画課長(大浦 康志君) まず、時代の流れに呼応してということでございましたけれども、今私どもホームページでいろいろな情報を発信いたしておりますが、そのアクセス方法を分析いたしますと、最近はですね、もうスマホとかタブレットからのアクセスというのが6割を超えているという状況がございます。

春日市議会 2019-03-20 平成31年議会運営委員会 本文 2019-03-20

22: ◯委員(前田俊雄君) 先ほどの川崎委員と同じ箇所なんですけれども、議場・委員会室等の整備、充実はいいんですけども、これは一つの委員会室、議場のですね、施設の問題なんですけど、タブレットは施設じゃなくて一つの議員が使うツールの問題なもんですから、タブレットや電光掲示板の導入などと同列でいいのかなという素朴な疑問があって、ちょっとお尋ねしております。

大野城市議会 2019-03-19 平成31年第2回定例会(第5日) 報告・討論・採決 本文 2019-03-19

二つ目の議会ICT化の促進については、議会にタブレットを導入することを前提に、調査・研究を重ねましたが、導入時の財政的な面など環境整備が整っていないことなどから、導入との結論には至りませんでした。  なお、議会傍聴者のための手話通訳及び要約筆記については、既に導入済みであります。  

春日市議会 2019-03-19 平成31年予算審査特別委員会 本文 2019-03-19

また、社会保障税番号制度事務費における個人番号カード等関連事務負担金について、公民館等でタブレットを使って説明をするということだが、例えば、35地区全ての公民館等で行うなど、具体的にどのような計画なのかとの質疑が出され、詳しい内容については現在検討中である、申請に必要なツールとして持ち運びができインターネットにつながるタブレット、それと、それに伴う通信費について予算措置している、その他の部分についてはこれから

田川市議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第4日 3月14日)

執行部からは、これまでのデジタル教科書等の整備に係る経費等に加え、市内全小学校のコンピューター教室におけるパソコンの入れかえに伴い、新たにタブレットパソコンを導入する経費を計上しているとの説明があっております。  これらのICT教育環境整備事業費は、中学校においても同様の予算計上を行っているものの、タブレットパソコンの導入は一部にとどまっているとの説明があっております。  

大野城市議会 2019-03-14 平成31年第2回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2019-03-14

また、視覚的に言葉の意味を捉えることに困難を感じる子どもには、タブレットの読み上げ機能も有効に活用しております。また、タブレットを使って苦手な学習の振り返り学習などをいつでも自分のペースで学習を進めることにも活用しております。以上となります。 173: ◯議長(白石重成) 2番、大塚議員。

大野城市議会 2019-03-14 平成31年第2回定例会(第4日) 名簿 2019-03-14

          │ │         │            │   ウ ICT支援員配置は           │ │         │            │   エ 校務のICT化による教職員の業務負担軽 │ │         │            │    減及び教育の質の向上は          │ │         │            │   オ 最終的に想定しているタブレット

春日市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 2019-03-13

来年度は、インターネット接続が可能なタブレット端末を持参して地区公民館などに出向き、マイナンバーカードの申請手続を支援するなど、新たな普及事業に取り組むよう予定しております。マイナンバーカード交付率向上の取り組みにつきましては今後も継続して努めてまいります。 131: ◯議長(金堂清之君) 19番、高橋裕子議員。 132: ◯19番(高橋裕子君)〔起立〕 19番、高橋裕子です。

大野城市議会 2019-03-13 平成31年第2回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2019-03-13

総合ポータルサイトの登録方法や専用タブレット端末でのポイント付与方法などさまざまな相談等につきましては、先ほど申しましたパートナーシップ活動支援センターで行えるようにしており、団体が負担感を感じることがないよう仕組みづくりを行っております。 371: ◯議長(白石重成) 12番、松田議員。

春日市議会 2019-03-11 平成31年予算審査特別委員会 本文 2019-03-11

平成31年度は新規事業として、地区公民館などに出向き、インターネット接続が可能なタブレット端末を使用し、マイナンバーカードの申請手続を支援するなど、マイナンバーカード普及事業に取り組むよう予定しております。  この事業については、関連する財源がございます。33ページをお開きください。  15款2項9目1節総務費国庫補助金、説明欄の1行目、社会保障・税番号制度整備費国庫補助金でございます。

北九州市議会 2019-03-08 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月08日−05号

あれから約8年がたち、スマートフォンやタブレットが浸透し、私たちの生活を取り巻くインターネットの環境は大きく進化をしています。総務省の平成30年版情報通信白書によりますと、2017年調査とスマートフォン普及前の2008年の調査とを比較しますと、60歳代、70歳代のインターネット利用率はこの9年間で10%以上増加しています。

北九州市議会 2019-03-07 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号

そこで、真のインクルーシブ教育を進めるために、全ての子供を通常学級に在籍させることを基本とし、読み書き等、学習が困難な子供に対しては、本市が学校への導入を検討しているタブレットのマルチメディアデイジー図書やAIの積極的な活用を図るとともに、必要に応じて学習支援員を配置することなどを検討してはいかがでしょうか。見解を伺います。  次に、男女平等参画社会の実現について伺います。  

春日市議会 2019-03-05 平成31年予算審査特別委員会 本文 2019-03-05

小学校全校にタブレット型パソコンと液晶モニターの設置を行うものです。  その下、市民図書館管理事業(指定管理)でございます。継続です。引き続き、市民図書館の管理を指定管理者で行ってまいります。  その下、地中レーダー探査事業、新規です。須玖岡本遺跡の整備に向け、地中レーダー探査で地下の状況を把握するものです。  次に、19ページをお願いします。上段の表、新規事業一覧表をごらんください。  

北九州市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号

更    に英語版のレーシングプログラムを用意し、英語表記による競馬場の案内図、    一部の競馬場やウインズにおいては、タブレット端末を活用した通訳サービ    スを行っている。ただし、競馬場やウインズを訪れる外国人の来場者比率等    の調査については、判別することができないため実施していない。   

春日市議会 2019-03-04 平成31年議会運営委員会 本文 2019-03-04

まとめとしましては、タブレットや電光掲示の導入など、ICT化により議会活動の充実を図るというふうにまとめていますけど、よろしいですか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 234: ◯委員長(北田 織君) それでは、最後になりますけれども、事務局の機能強化につきましては、○が5会派、△が1、×が1ということですので、これは○でお願いをいたします。  

春日市議会 2019-02-20 平成31年総務文教委員会 本文 2019-02-20

平成21年度に中学校のおいては校内LANを整備し、有線LAN環境が整備されているところですが、小学校においてはLAN環境が整備されていない状況でありますので、教育用ICT導入事業にあわせまして、普通教室でのタブレット端末等が活用可能な無線LAN環境を整備してまいります。中学校におきましては、既存の有線LAN環境を活用した上で無線LANアクセスポイントを整備いたします。  

田川市議会 2019-02-15 平成31年第1回定例会(第1日 2月15日)

今後も引き続きICT教育を推進するため、平成31年度には、市内全小・中学校にタブレットパソコンを導入することといたしております。  これにより、既に導入をしている電子黒板と、タブレットパソコンを連動させ、知識・技能等の情報を活用する能力を育成するとともに、アクティブラーニングの質と量の充実を図ることが可能となります。