運営者 Bitlet 姉妹サービス
122件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-20 糸島市議会 平成30年 決算審査特別委員会(第5日) 本文 2018-09-20 あと、サル、カラス、ヒヨドリなどによる被害があります。  被害の傾向といたしましては、平成28年度まではイノシシによる被害が一番多かったのですが、最近ではアナグマによる果物などの被害が増加傾向にあります。また、鳥類ではカモによる野菜の被害が増加傾向にあります。   もっと読む
2018-09-04 福津市議会 平成 30年 9月定例会(第5回)-09月04日−02号 燃やすごみが、カラスなどの鳥獣による食い破りによりまして、道路に散乱することが見受けられます。ネット、網の利用は被害を防ぐ有効な手段であります。そして、この網、ネットは高くても単価2,000円程度であります、大体。既に多くの市民の方も利用されていることから、補助金の支出は今のところ考えておりません。   もっと読む
2017-12-06 岡垣町議会 平成 29年12月定例会(第4回)-12月06日−03号 出してしまった後、猫とかカラスなどの被害が遭って、収集場所が散乱している状況も見受けられます。  今回、そのこともあって、町のホームページを見ましたら、年間のごみの休日の一覧が出ていたんですね。ああ、あるじゃないかと思って、これをもっと町民にわかりやすく、紙A4、1枚なので、わかりやすく皆さんに示せたらいいんじゃないかと思います。   もっと読む
2017-10-23 福岡市議会 平成29年決算特別委員会 本文 開催日:2017-10-23 ごみが夜間収集であるため、カラスの被害もなく、道路にごみが散乱することがないなど、本市のよいところが子どもたちに伝わっているので、うれしく思う。学校で学んだこと、感じたことを子どもたちが家庭に帰って親に伝える、例えば、お菓子の箱やティッシュの空き箱も、ごみではなく資源だと子どもから言われたら、捨てるわけにはいかなくなると思う。 もっと読む
2017-09-26 北九州市議会 平成29年 9月 定例会(第3回)-09月26日−06号 次に、環境費について委員から、北九州パワーの事業実績と将来展望、カラスによる家庭ごみの散乱被害防止策、食品ロスに対する取り組み状況等について質疑があり、当局から、北九州パワーの事業実績と将来展望については、平成28年4月に事業を開始し、現在公共施設365施設と民間企業62施設に電力を供給している。事業規模は4万3,000キロワットで、1億円を超える経常利益を計上している。 もっと読む
2017-06-19 小郡市議会 平成29年 6月定例会-06月19日−04号 実際、こういった啓発活動だけをされてあるような、例えば可燃ごみのカラスの被害防止あるいは空き缶、紙の分別方法をそういった回覧板とか便りによる地域での啓発活動を行っておる校区もございます。  また、他の部会と一緒にごみを拾うと、これは小学校校区で実際観光地も含めてウォーキングをやろうと、その際に一緒にごみ袋を持ってごみもあわせて拾っていこうと、そういった取り組みを計画されてある校区もございます。 もっと読む
2017-06-19 小郡市議会 平成29年 6月定例会-06月19日−04号 実際、こういった啓発活動だけをされてあるような、例えば可燃ごみのカラスの被害防止あるいは空き缶、紙の分別方法をそういった回覧板とか便りによる地域での啓発活動を行っておる校区もございます。  また、他の部会と一緒にごみを拾うと、これは小学校校区で実際観光地も含めてウォーキングをやろうと、その際に一緒にごみ袋を持ってごみもあわせて拾っていこうと、そういった取り組みを計画されてある校区もございます。 もっと読む
2017-03-17 糸島市議会 平成29年 予算特別委員会(第2日) 本文 2017-03-17 106 ◯農林土木課長(浦志素彦君)  そのうち約6割がイノシシによる被害で、あと2割がアナグマによる被害、あと2割につきましてがカラスなどの鳥類となっております。 もっと読む
2017-03-07 行橋市議会 平成29年 3月 定例会(第5回)-03月07日−03号 その上で、カラスの害とかもあるんです。カラスが石を落として遊ぶんです、これも検索すればすぐに出てきます。なぜかというとパネルの業者さんが自分の設備が損壊しないように、鳥を逃がすための、そういう物を売っていますから、これはカラスに効果があります。カラスの被害、出ているじゃないですか。パネルが破損して傷が入って割れました。全てに入っているわけじゃありません、カドミウムが入っていたとします。 もっと読む
2017-03-01 直方市議会 平成29年 3月定例会 (第3日 3月 1日) ○産業建設部長(須藤公二)  今年度につきましては、12月末現在までの実績といたしまして、イノシシが165頭、ドバト156羽、カラス71羽でございます。 ○16番(佐藤信勝)  それでは、次に、捕獲した獲物の処分方法、また一般ごみとして処分をしている鳥獣のにおい対策についてお聞きします。 もっと読む
2016-12-01 古賀市議会 2016-12-01 平成28年第4回定例会(第1日) 本文 有害鳥獣の対象と、それに対してどういう施策をしているのかとの問いに、主なものはイノシシ、シカ、それ以外にもタヌキ等の小動物、カラスなどの鳥類も対象とのこと。対策としてイノシシ、シカは電気柵による防除、カラス類は猟友会による駆除、小動物は猟友会にわなの設置等の依頼をしている。農家からの相談については、箱わな設置免許の取得について勧めているとのこと。   もっと読む
2016-11-29 直方市議会 平成28年12月定例会 (第2日11月29日) 有害鳥獣とは、野生成獣で農作物等に被害を与えているもので、本市におきましては、主にイノシシ、ドバト、カラス等がそれに当たります。佐藤議員が言われますように、中山間地を中心に農作物被害が深刻化してきており、また近年では住宅地にまで出没するなど、市民生活にも影響を及ぼす状況になってきているのが現状でございます。   もっと読む
2016-09-22 北九州市議会 平成28年度 決算特別委員会-目次 正規教員の割合の向上について  ●ふくおかネットの質疑……………………………………………………………………………… 58   1 児童虐待・DV被害の相談体制について  ●希望と未来の質疑…………………………………………………………………………………… 60   1 病児保育の充実について 第3分科会  ●自由民主党の質疑…………………………………………………………………………………… 63   1 カラス もっと読む
2016-09-22 北九州市議会 平成28年度 決算特別委員会-09月22日−01号 ◆委員(田仲常郎君) 私からは、カラスによる家庭ごみの散乱被害について。  カラスによる家庭ごみの散乱被害については、我が会派の佐藤茂議員が、今議会も含め、これまで何度も議場の場でお尋ねをし、議論がなされてきた問題であります。 もっと読む
2016-09-14 行橋市議会 平成28年 9月 定例会(第3回)-09月14日−04号 本市における鳥獣被害の現状につきましては、平成27年度では、シカ、カラス、スズメ、ヒヨドリ、イノシシによる被害報告を受けております。  被害の特徴といたしましては、山間部でのイノシシによる稲の倒伏、及び豆類の食害が大きな割合を占めているところでございます。  鳥獣被害の対策でございます。対策といたしましては、鳥獣の侵入防止措置と駆除を行っております。 もっと読む
2016-09-09 久留米市議会 平成28年第3回定例会(第4日 9月 9日) また、カラスによる藤山の梨への被害にも頭を痛めておられます。そして、ことしは特に4月から6月にかけて、カラスによるごみ集積所での被害が相次ぎ、たくさんの苦情をいただきました。駆けつけてみると、周囲の電線に真っ黒なカラスがずらりと並び、いつもは自然の動植物との共存共栄の立場をとる私も、さすがに身がすくみ、恐怖を感じました。 もっと読む
2016-06-14 久留米市議会 平成28年第2回定例会(第2日 6月14日) 効率的な収集に加え、夜間の防犯対策やカラス被害がないなど、ある意識調査によると福岡市民の満足度は9割を超えると聞き及んでおります。久留米市においても、カラス被害や朝方の渋滞による効率の問題、また、景観上の問題等がございます。  また、当市は特徴的に、歴史上、ごみ問題に関する大きな問題も抱えてまいりました。しかしながら、時代も移り変わり、市民の皆様のニーズや価値観も多様化しております。 もっと読む
2016-03-07 志免町議会 平成28年第2回 3月定例会-03月07日−02号 それとリンゴの実がなったときにでも、周辺にカラスなどが飛来してきて地域のほうの住民の方がある程度苦情が出ておりますので、リンゴの木はフェンスを、もう立ち枯れてきよりますので、あとあれ一層今伐採されておりますので、このときにひとつ伐採していただいて、フェンスもとっていただいて、あそこも広くすれば結構広い公園になろうかと思いますので、平らにしていただいてやるという、このときついでにやるという考えはあるんでしょうか もっと読む
2016-03-07 川崎町議会 平成28年度第7回定例会(第1日) 本文 開催日:2017年03月07日 本町の有害鳥獣は、イノシシ、鹿、アライグマ、アナグマ、カラス、ドバトでございます。捕獲員の方々が銃や罠を使い捕獲を行っています。平成28年12月現在で、イノシシ、鹿の捕獲数337頭、1頭の捕獲につき1万円、国から8,000円、町から2,000円の報償金が出ます。  朝から数名で行っても捕獲できないこともあるため、捕獲時の報奨金の増額を行っていただきたい。 もっと読む
2015-12-08 田川市議会 平成27年第6回定例会(第3日12月 8日) ○市長(二場 公人 君)  私も市内各地いろいろ通りかかるときに、全ての地域ではありませんが、やはりカラス等々があさって、ごみが散乱しているといったような状況も見受けられます。それは把握しているつもりであります。  (「議長」と呼ぶ声あり) ○議長(梅林 史 君) 補足説明ありますか。市民生活部長。 ○市民生活部長(家高 正憲 君)  お答えいたします。   もっと読む